お世話になっております。
先日、リークさせていただいたセミナー情報の詳細版です。再リークさせていただきます。

本セミナーは三多道長様ご登壇いただきますが、不詳、私、ノリエモンがセミナーのプランナー兼、当日のファシリテータを務めさせていただき、皆様をエスコートさせていただく所存です。何卒宜しくお願い致します。


(参考:拡散希望!】『第一回 道教セミナー 初伝 本邦初!!北斗星君を勧請する秘密科儀 』のご案内 )


ご降臨ありがとうございます、太上老君 様!

20170321_09.jpg


『(台湾文化セミナー)「第一回 道教セミナー 初伝 本邦初!!北斗星君を勧請する秘密科儀」』


20170321_05.jpg


【三多道長様が開光加持した金運アップの發財グッヅをなんと!!参加者全員にプレゼント!!その他、サプライズなプレゼントゲームや本場道教プロ仕様のグッヅのお裾分けなどこれは見逃せません!!】

驚愕!あの(参考Amazon様:「日本人が知らない本当の道教」)の著者、三多道長 様、緊急来日!経済不況、大地震、数々の受難続く現在日本!どうすれば苦難を退け、財を得て幸福を手にできるのか?!

20170321_06.jpg

本場台湾の道教の素晴らしさを日本に紹介したい思いから、今回、特別なご縁で三多道長氏の道教セミナーを開催させていただきます。ご縁を感じた方は是非とも、奮ってご参加ください。

「現代の多くの日本人が忘れてしまったこの“繁栄の法則”、すなわち「人として宇宙の法則に逆らわずに調和する道教的な生き方」を明らかにするものです。現役道士の著者でなければ知り得なかった数々の「道教の秘伝」がつまった画期的な成功のエッセンスをセミナーで遍くお伝授いたします!」

道長ご経歴:
「静岡県生まれ。中華民国道教総会奏職正一道士。
蒋氏三元地理の地理師。
遠州の天竜川上流山奥に隠れ住んだ平家藤原氏の末裔。20代で偶然に訪れた台湾で道教と出会う。その後、日本と台湾を往復しながら道士として本格的な修道の道に入る。
34歳の時に、日本人で初めて、台湾道教の最高機関である中華民国道教総会から道士長の位を授かる。
現在は、台湾を中心に、道教の最高目標である「道を得て仙と成る」ことをめざし研鑽に励む毎日を送っている。
著書に、「日本人が知らない本当の道教」講談社 がある。

20170321_04.jpg



◎セミナー名:「第一回 道教セミナー 初伝 本邦初!!北斗星君を勧請する秘密科儀」
◎ご登壇:正一派道士 三多道長 様
◎主催:Occult Navigator ノリエモン  ※当日は私、ノリエモンが皆さまをエスコートいたします。
◎開催日時:5月13日(土)10時~16時
◎開催場所:東京 神田 (解錠につきましては、 確定後 追ってご連絡します)
◎参加費用: 21,600円となります。
◎懇親会: セミナー後懇親会を予定しています。ご希望の方、セミナー応募時に合わせてご連絡ください。
◎応募方法:
こちらから直接、「【紀右衛門へのお問い合わせ】」ご連絡可能です。

もしくは、
・本ブログ、PC版なら右側の「【紀右衛門へのお問い合わせ】」より
・本ブログ、スマホ版なら下の方までスクロールしていただき、リンクより「【紀右衛門へのお問い合わせ】」
からエントリーしてください。

20170321_08.jpg

〇セミナーカリキュラム(予定)

 ①道教の基本知識「道教についての正しい認識と観念について」
 ②道教徒の礼儀や神拝作法「道教徒の挨拶や礼法、道教寺院に於ける正しい参拝法、祈願法」
 ③道教在家信徒勤行集の伝授「道長が在家勤行を伝授」
  ※道長様が特別に編纂謹製した正統道教在家勤行集を参加者様へ授与
 ④参加者様の開運納福を祈願する道教法要を道長様が厳修
  「本邦初、北斗星君を勧請する秘密科儀を予定」
 ⑤道長が開光加持した金運アップの發財グッヅを参加者全員にプレゼント!!
  ※その他、サプライズプレゼントゲームなど何が起きるか分からないアルヨ!!


○日本における道教

 道教ってご存知でしょうか?実は日本の歴史、文化は大きく道教の影響を受けているのです。分り易いところからいきましょう。

古代中国では地上からは天空のある一点を中心として星々が巡っているように見えることを知っており、そこを北辰と呼び(天の北極に該当する)、宇宙の中心と考えていました。日本の天皇陛下。実は道教の神、天皇大帝は神格化された北辰(天の北極)のことをいいますが、日本における天皇という称号の起源の有力な候補の一つと考えられています。

20170321_10.jpg


そして今回、ご縁いただいたこの会場がございます東京(江戸)を今の形にしたのは徳川家康ですね。(起源は太田道灌と言われています)

20170321_02.jpg

しかしながら実質的に東京(江戸)における自社仏閣の配列などを決めたのは、黒衣の宰相として名高い宗教政策を担ったブレーン慈眼大師、天海大僧正であり、実は風水師とも言われています。

20170321_03.jpg


家康公没後遺言に従い、栃木県日光にその亡骸を埋葬しました。当初の埋葬地は静岡県の久能山東照宮であり、ここから日光に一直線に富士山を通り直線が引かれます。
これは富士(不死)を得て、北極星の神=天帝になったことを暗示していると言われています。実際、日光東照宮の陽明門は北極星を背にしており、この北極星(北辰)信仰を使った風水陣を引いていると専門家からは言われています。

20170321_07.jpg

(参考 Amazon様:日光東照宮の謎)

(参考:風水都市『東京(江戸)』における四神相応と『五帝霊符』について )

◎道教の受難と台湾の道教

道教の生まれ故郷、中華人民共和国では毛沢東によって行われた文化大革命によって道教は壊滅的な打撃を受けました。道教や風水など古典、秘文書やお寺、仏像や法具などが全て焼き討ちにあい壊滅的なダメージをうけたのです。
しかしながら、その本流は台湾に逃れ今も悠久の歴史を継承しています。

風水や各種占い、四柱推命、紫微斗数、奇門遁甲などにも関わり深い道教について、この機会をお見逃しなく、お伝授いただければ幸いです。

引き続きよろしくお願いいたします。

(バナークリックお願いします!)


スポンサーサイト
お世話になっております。

昨日はお彼岸、お墓参りへ。

しつこい雑草を釜で切りながら根っこごと抜いていきます。毛細血管のように細かいですね。春の雑草の根は。まさに乙木はしつこく根を張り巡らし、その人生に花がさかないなら地下に侵食しおかしなところに花を咲かせてしまうの八字の理通り、庚たる釜でざっくり体裁しないといけません。次は墓石です。一旦、水をかけ、墓石用シャンプーとスポンジで洗っていきます。流しますと元の輝きを取り戻します。
お水には、阿闍梨よりいただいた大日真言や光明真言を浴びせ、これを皆でかけていきます。最期はお茶などをあげて、お線香をあげ、皆でご真言などを唱えます。私は一方でお水のところからそうですが、墓域が輝く光に包まれるような観想をしております。終わりますと清々しいです。

さて、その後は、日も傾き、温泉へ。途中で腹ごなしでラーメン屋(参考 食べログ様:焙り味噌ラーメン 政宗)様へ。

IMG_9676.jpg


ふと、窓を見ますと夕日に傾く日輪(太陽)が。

IMG_9671.jpg

そして目を落とすと、このような店内POPが。TKGって何?

IMG_9672.jpg

なんだ、生卵掛けごはんなのね!

これは食わないとw 「すいません、TKG追加で!」日輪を食ってしまえ!

IMG_9675.jpg


ラーメンは激辛の鬼紅の政宗味噌ラーメンです。こちらにも夕日がw でも卵のおかげで辛過ぎない、ほどほどで抑える工夫を感じてます。

IMG_9673.jpg


さて、ぎりぎりで、奇門遁甲の日盤、時盤の境目で日帰り温泉(参考:ロマンの湯)様に入ります。良い方角はいろいろ邪魔が入ります。危ない危ない。

IMG_9678.jpg


かなり良いお湯です。すっかりデトックスを抜きました。勿論、一刻の境を取り切り、根付けしてから施設を後にしました。

引き続きよろしくお願いいたします。

(バナークリックお願いします!)


お世話になっております。

先週も仕事で霞が関近辺を徘徊しておりました。ふと、移動中、タクシーから皇居二重橋を撮影です。大分、春が近づいている感じですね。そうえいば田中角栄さんも、かつて通称「角栄通り」と呼ばれる早稲田通りを毎日国会まで通ったんだろうなあ、などとふと思いました。

(参考:押し迫る冬の神楽坂)

しかし皇居周辺はいつも空気が違います。

20170319_01.jpg


さて、気が付けば週末です。昨日は、小野十傳先生ご開催の『十傳スクール 四柱推命卒論科』の上半期分の最後の授業の日でした。場所は神田です。

(参考:本日は、十傳スクール四柱推命卒論科の授業日でした)

(参考:本日は、十傳スクール、四柱推命卒論科、2016年最後の日でした)

本日も引き続き、乙日の寅月からの網羅的な解説が始まります。
季節を基本とする調候用神を基本として、五行を中心とする扶抑用神を、鑑定する四柱推命盤、八字盤に合わせて駆使していきます。
重要な観点として、四柱推命(八字)や断易、奇門遁甲などは歴史が深く、いろいろな始祖、諸先輩方によってブラッシュアップされつつも、一個一個の理論や所作がどういう出典で混ざってきているのかなども、授業では織り込みながらご解説してくれます。ある理論が混ざって継承されている例があり、ある地方では成立する理論でも四季がある日本では通用するのか?といったケースもあるようです。自分が習った法が正しいと信じるのは良いことですが、知見を広げ、どういう歴史的な流れの中でその法が存在しているのか?を知ることが結果的に正しい法の運用につながるのではないかと考えました。

その点、断易、奇門遁甲においても一つの柱をしっかり継承されていらっしゃるので、どの科目を受講しても、その違いや混ぜてはいけないレシピを教えていただけます。もちろんすべてを受講すればそれらが一つ一つの柱を歴史的な経緯や原理、哲学から編み出されており、俯瞰して理解すべきところと混ぜてはいけない観点がありつつも、先生曰くの御言葉をお借りすれば大きな運命学の『一本のロープ』でつながっていくことが理解されていく形です。

授業後は、有志の方々と懇親会に参加させていただきました。皆さん、レベルが高いですし、先生の門下生の皆様なので、内容が濃密にならざるを得ませんねw
様々なお仕事の方がおりまして、十傳スクールの師範候補の先生やご自身の別の才能以て開運の絵を描く方、今回も占い師実業の方で美魔女姉貴の霊能者的な方など。美魔女姉貴様からはまたヒーリングを受けてしまいました。いろいろとりついているようでw 信仰や呪術、ヒーリングなどと占いとは厳密に分けておりつつも、実際問題としていろいろな怪現象に見舞われたりしますので、上記にあげた出典、原理は厳密管理するスタンスを堅持しつつも、実運用上は併用したり、その道のプロに餅は餅屋でお力お借りすることは大切かと考えたりします。

次回は下期に入っていきます。更に、先生に学ばせていただき、術の精度を高めていきたいと存じます。

引き続きよろしくお願いいたします。
(バナークリックお願いします!)