お世話になっております。

先日の鑑定のお客様から嬉しいご報告が。破邪顕正の事例です。荒神様、恐るべし。。。。

20171014_-1.jpg


(参考:ついに完成!「開運総合コンサルティング 人生戦略報告書 Ver.2.0」 )

以前、作成した呪符の効力があったようでした。匿名での公開OKをいただき、皆様にも展開させていただきます。

(参考:恐るべし!「悪念断破符(悪念破断秘符 )」、「怨敵盗賊退散秘符 」の力!)

の(破邪系呪符事例 3)の方の続報?wです。

大手企業にお勤めのある地方の方。どうも、パワーハラスメントを直属の上司から受けていらっしゃり、そのバイアスは休日も奪うほど、酷いもので、元々、お体が弱いわけでもない方なのに、就業中にぶっ倒れることがあるほど、ストレスをお受けになられていたようです。兎も角、大声での回りをはばからず、口舌、嫌み、嫌がらせとしか思えない言動が続いたようでした。そこで、ご依頼をいただきます。

こちらに方には、既に実績多数の「悪念断破符」を謹製。この呪符は、死霊だけでなく、生霊などの生きている者で害をなす敵、盗賊など悪党全般の目に見える攻撃ばかりでなく、目に見えないエネルギー、言わば負の気を全て反射し、的確に敵に返すようです。一寸の邪気も逃さないという感じでしょうか。その結果が全てを証明しています。

この方はその後、この上司が言われない発言をしているのが、どこからかリークされ、最終的には部署のご異動が叶い、全く攻撃を受けなくなったようです。元々、お仕事の平安を求めていらっしゃいました。その平安の符も効いているのでしょう。

そして、月日が過ぎ、以前の所属部署のことも忘れかけていた今になって、以前の問題上司がまたパワハラ騒動を起こし、今度は大いに地元で有名になってしまい、会社内でも当然有名となり、今では大人しくせざるを得ない状況になってしまったようです。勿論、この方は既に悪縁を切った後は、一切、障らぬ神で関わっておりません。勿論、情報リークしたとか全くなしで、自然現象で勝手にこんなことになっていたようです。因果応報。書いた私がいうのもなんですが凄いとしか言えません。まあ、正確に言えば自然現象ではないでしょうがw

この呪符、霊符ですが、勿論、作成の時は私の自宅の神殿の神々にご加護を願っておりますが、図に示される主祭神というか関わる神が相当、強烈な神、多分、天部神なのでしょう。細かいいわれは知りませんが、符的には日本の密教系、修験系ですね。
大概、私にご依頼いただくお客様はお人柄もよく、暴力などもってのほかでそういう悪党にいいように攻撃されてしまっていた方々が多く黙っていれば泣き寝入りされる方々です。呪符による奇瑞が発生しているときも、ご静観されるばかりでしょうが、全く動かないのに、勝手に事態が急変して敵が完全崩壊しているこの状況、つまり、ここまできっちりお返ししているのを見ると、呪符単体の戦闘力の高さに驚くばかりです。

呪符作成のプロセスでいえば、まず、どこぞの霊地、霊水を取得してきます。帰宅後、自宅神殿で硯にその霊水を流し込み、初めに阿闍梨様に伝授を受けた勤行一式をやり、神殿の諸仏に祈願として法の成就を祈念します。精神状態は一種のトランス状態です。

次にそのまま小野先生から伝授をうけた呪符作法に移ります。やはり呪符、霊符には宗教とは一線引いた呪術、魔術の面も必要なようです。先生、感謝です!

(参考:お呪い、呪符、侮れません)

墨を擦っているときなどには、目的にあった神仏のご真言を唱えております。水は音の波動を受けますし、既に儀式を通してこの波動を受けています。そして、一気呵成に書いた呪符を神仏前の香炉でお香にかざし、阿闍梨様から賜った最強の気が宿ったある法具でお加持するのです。実はこんなことをやっていますw

私の神殿における神仏でいえば、特に上に挙げたような現象を「障礙(しょうげ)が出る」、といいますが、障礙神である高野山を創生する時に弘法大師様が18日間、1,100メートルの山の上で祈り倒して味方につけたあの立里荒神様がおられます。この神は陰陽道的な神様で、大日如来、文殊菩薩、不動明王、そして、あの超強力な障礙神、聖天様の化身と言われております。破邪力だけではないのですけどね、聖天様をよく知っている方は思うはず。最強クラスの財神でもあることを。高野山創立をお支えになったのはこの面もあるでしょう。

(参考:我が家の守護神、立里荒神とのご縁)

例の阿闍梨様からも「昔、いろいろと調整事で障礙が発生したときはすぐに荒神を祈りましたよ。あっというまに障礙収まりましたね。自然とだまっちゃってね」と、細かい話は書けませんが、聞いていると、ホントですか?!とマジックみたいなお話しおっしゃられておりましたが、在家の私でも、また私のお客様でも正にその験力が発動しており、阿闍梨様!感謝でございます。

破邪系、敵がいるとかシンプルな願望は達成しやすい面もあるのでしょうか、正に、新選組、三番隊組長、斎藤一の悪・即・斬でございますw

(参考 youtube様:るろうに剣心悪・即・斬 牙突)



因みに現在のラインナップはこちらの記事をご参考の程を。

(参考:呪符について、現在対応可能メニューです)
(参考:呪符メニュー詳細について)
(参考:風水都市『東京(江戸)』における四神相応と『五帝霊符』について)
(参考:元旦(農歴の旧正月)に滝尾神社にお参り ⇒ 鎮宅霊符外符『北斗七星霊符』完成!)

呪符、霊符を奇門遁甲のように四柱推命に立体的に連携させる、ってのができたら、もっとおもしろいな!と思っております。

引き続きよろしくお願いいたします。

(バナークリックお願いします!)


スポンサーサイト
お世話になっております。

やはり、お盆のだからでしょうか。お墓の障りや霊障のご相談などが重なりました。そのうち一つは霊符(呪符)を書かせていただくことになりまして、ある日のある時間の神遁の方位を取り、お水取りに向かいます。

場所は、宇都宮より130キロ程離れた(参考:妙義神社)様に向かいます。東北道→北関東道→関越→長野道です。
個人的には妙義というと、イニシャルDのナイトキッヅ中里を思い出しますが。。。。。w

さて、雲に覆われておりますが、山塊から力強い気をビンビンに感じます。

IMG_1581.jpg

確度のある参道をあがっていきます。

IMG_1584.jpg

立派な山門です。

IMG_1587.jpg

この山全体が神域であり、修験道の道場でありました。今は登山道でありますが、鎖で登るような危険エリアもございます。

IMG_1589.jpg

社務所兼務の御札所の段から本殿を見上げます。山と一体であり迫力です。

IMG_1595.jpg

とりあえず、ご祈祷をお願いします。社務所兼務の御札所でお願いしますと、ふいに巫女様が。

巫女様「心願成就とのことですが、折角ですからご同席の方々の平安無事もいれますね?」

私「おお!それはありがたいです」

巫女様「それと、本殿左側の三本の木に注連縄ございますよね?あそこは取りたて神聖な場所で気が集まる場所といわれています。御祈祷後、是非、寄られると良いかと。またあの木の手前の曲がった枝に天狗が腰かけているといわれています」

私「ほーそれはありがたい情報を。ありがとうございます!」

祈祷を申し込んだ人には教えているのかしら。とはいえ、奇妙ではあります。というのも、隣に座っていた男性の神官がまじまじと私を見ているので何かシンクロを感じました。単にそういうのを求めている人だというのが出ちゃっているのかもしれませんがw
(先日の富山氷見の海で日焼けし、メタボ気味なので、デブ系のヤンキーにしか見えないと思いますが、短パンだしw)

祈祷場所は旧本殿です。神主様がこられました。

神主様「えっと、あなたは何年生まれ?」

とお聞きになり、答えますと。

神主様「あなたとあなた、方位除けいれときますね」

我々「ありがとうございます。」

なんとも、親切で謙虚な感じがする神社の皆様です。

祈祷が開始されますと、しっかりと祝詞をお読みになっているのは誰でもわかることですが。おお、これは違う。気を感じます。例の栃木の名草巨石群の厳島神社で味わった、体にお湯が入ってくる感じ、つまり陽気が入ってくる感じがしています。後で皆に聞きましたら、同じ感想でした。

ほどなく終わりますと、宮司様「皆さん分、小さな御守もつけときました。それぞれ財布等にいれてくださいね」

なんとも、ご丁寧かつ、サービス満点の神社様です。ありがとうございます!さて、次は本殿階段をあがります。

IMG_1597.jpg

下を見ますと、本殿を背に、三本杉、大門と直線的な線を感じます。気の通り道なのでしょうか。

IMG_1599.jpg

凄い神社です。権現作りでどことなく東照宮に似ています。

IMG_1602.jpg

すっかり、パワー充足し、本殿に進みます。こちらも気がどくどくときますね。

IMG_1604.jpg

後ろに天狗の祈り場があります。こちらも強いです。しかしこの壁。東照宮の奥の院の家康公の墓所そっくり。

IMG_1606.jpg

さて、本殿向かって右側の登山道入り口があります。是非、登りたい山ですね。

IMG_1612.jpg

近くにある水神様です。こちらでお水をいただきます。冷たい。山から湧きいでる命の水です。

IMG_1611.jpg

そして、先ほどの三本杉に戻ってきて、それぞれに木に水をあてたあと、いわば、結界の中央で水を持ち、天地の黄金に輝く気が水入っていく観想をします。瞑想中、一瞬、ぴかっと輝く感じがしました。OKOK。これは凄い水です。社務所で御神籤を。大吉!ありがとうございます。

さて、ほどなくご参拝も終わり、神社からちょっと峠道を登ると、(参考 ダンベー.com様:妙義ふれあいプラザ もみじの湯)様です。何故ここに?って、勿論、温泉に入るのが目的ですが、神遁の奇門遁甲の時盤をとりませんと。丁度、一刻の境の15分前に入場。次の境目、2時間滞在でご厄介になります。

そしてこの神遁のエネルギーは、今、ご依頼いただいている鑑定書作成の最後の閃きに必要なのです。

IMG_1619.jpg

レストランからの景色です。見晴らしがよく、素晴らしい。

IMG_1620.jpg

そして、温泉。こちらは露天からの見晴らし。

IMG_1622.jpg

成分は炭酸水素系温泉。なかなかでした。

IMG_1624.jpg

さて、帰宅後は疲れてしまって(晩酌したくてw)、霊符(呪符)作成は翌朝へ。

翌朝、4時。自宅の神殿でいつもの勤行を行い、一気呵成に呪符を作成します。今回のオーダーは、武帝応用符三十番、墓の障りを消滅させる符です。

(参考:呪符メニュー詳細について )

ところで、折角のこのような素晴らしい妙義神社奥の院のお水ですし、奇門遁甲で時盤の神遁とって、しかも阿闍梨様からお伝授をうけた勤行を行って祈って作っておりますし、皆様におかれましてもこのようなお墓の障りも多いでしょうから、3枚程追加作成しておきました。ご要望があれば、頒布させていただきます。

私自身が言っても仕方ありませんが、この霊符(呪符)効果抜群のようでして、友人でもある都内のある賃貸経営者の方に頒布させていただいたところ、今までもめていたモンスター系住人が静かに立ち引きしたり、裁判になっても勝ちの流れとなり、極めつけは家屋の販売を願っていたところ、すんなり販売が進み、見事、お引越しに成功されたというお話しを伺っております。土地絡みでいろいろと込み入った状況からの成功事例ですので、是非ともご紹介させてください、とお願いしていたところ、全て決着がお着きになって、晴れてご許可をいただき、本ブログでもご紹介させていただきます。詳しい内容を見たい方は、以下、リンクまでお願いします。

(参考:談話室 ラウンジ堂 占い談話会2017年 引越一大事のこと その1) 様
(参考:談話室 ラウンジ堂 占い談話会2017年 引越一大事のこと その2) 様
(参考:談話室 ラウンジ堂 占い談話会2017年 引越一大事のこと その3) 様

引き続きよろしくお願いいたします。

(バナークリックお願いします!)


お世話になっております。

一路、宇都宮へ。ビールでのどを潤します。

IMG_9535.jpg


先日の呪符(霊符、護符)の一部は、破邪系でした。その名も「悪念断破符(悪念破断秘符 )」、「怨敵盗賊退散秘符 」修験道系の符です。

(参考:呪符(霊符、護符)の嬉しいご利生譚と八大龍王と鎮宅霊符神の元へ )

(主な効力)
・先祖が受けた恨み、生霊、死霊などの悪念波を発生源に返す。
・あなたを害する一切の者からの攻撃、陰謀、裏工作を撃破する。
・悪縁を退け、悪縁を断ち切ります。
・策謀、戦いを挑むものは自らの失敗により自滅、あなたの前から消える。

というような効力を持つものです。

この呪符の効き方が半端ないです。オーダーをいただき、こちら作成し終わった時点で、どうも効力が発動しているようなのです。
少なくても3件、驚きのお声をいただいていております。

(破邪系呪符事例 1)

(参考:お呪い、呪符、侮れません )の記事にあげた以下の事例。

53歳。男性、会社取締役の方。以前、営業部長をしていた会社で数億受注に寄与するも、社長が不正をしており、すべて成果を根こそぎもっていかれておりました。しかも、その金は中国人妻宅や自宅の修復などに経費三昧の様子。
この方は有志で独立し、実力もある方なので、なんとか事業を軌道に乗せようとしていました。
しかし、元会社の社長が裏切ったと、あちらこちらでお客に言いふらし、信用を落とすような行為に。まさに呪うような勢いとのこと。

結果)早速、生霊、怨念返しの呪符と、事例2の方と同じ、北斗七星系の財と家庭運オールマイティー開運呪符をご提供。
お渡ししてすぐに、元社長の連絡が途絶え、怨霊返しがきいたのか、社長は、社員が総崩れで辞めていき、虫の息だとか。更に、こちらの方には良い人材があつまり、大きな受注も立て続けてくるなど、喜びのお声をいただきました。

(破邪系呪符事例 2)

20代女性。会社で不当な扱いをうけ陰謀により追い込まれ、精神的に相当に追い込まれた会社員の方。その攻撃者は悪意を持って攻撃したようです。更に、根も葉もない噂を流され、孤立無援状態に。

結果)この方は厳しい中にありながら、冷静な方でした。「邪念を振り払う呪符、悪縁を切る呪符、根も葉もない噂を消す呪符」などと事細かにご依頼をいただいたのです。(勿論、性格が似た願望はできるだけまとめて賜りますが)

(参考:精神的な攻撃への呪符による防御はイージス艦のSPY1レーダーと同じようなもの)

大体の事例として、このような願望がはっきりした方は効果が発現しやすいので、作成時も何かしら安心感がありました。しかし、本当にこの呪符が劇的な戦果をあげるとはこの時は全く分かっていませんでした。その後、ご連絡いただいたところでは、呪符が届いて3日しないで、攻撃者が人事異動となり、更に謝罪までされてきたとのこと。私自身、その効力に驚いたものです。今はこうしたことは全くなくなり平穏無事な生活をされているようです。

(破邪系呪符事例 3)

今回の方です。40代女性。突然来た異性の管理職。ものすごいバイアスを職場にかけてくる人らしいです。この方も相当苦しんだ様子。更に追い込まれ限界を感じてご要望をいただきました。そしてこの呪符を書いた翌日、動きがありとあるルートから悪事が露見したようで、この上司に注意が入り、ガラッと態度が変わったとのことです。時系列にすると恐ろしい一致がみられます。(詳細は書いておりませんが、タイムチャートを書けば間違いなく関連性が見えると言って過言ではないでしょう)

以上、改めて呪符(霊符、護符)の力、伝わったでしょうか?

そうそう、例の北斗七星霊符、發財特化霊符、まだ在庫がございます。ご興味ある方は以下の記事をお読みになりお引き合いいただければ幸いです。

(参考:今宵は満月、呪符(霊符、護符)作成に最高の時⇒ご好評、北斗七星霊符追加、發財特化霊符作成! )

(参考:元旦(農歴の旧正月)に滝尾神社にお参り ⇒ 鎮宅霊符外符『北斗七星霊符』完成! )

引き続きよろしくお願いいたします。

(バナークリックお願いします!)


お世話になっております。

嬉しいご連絡がありました。日付は遡って、土曜日、例のセミナーの日の夜です。

(参考:十傳スクール『姓名判断セミナー ②』 破字占法 と 通変、口伝(ロイ)のお伝授 )

先般作成の呪符(霊符、護符)のうち、ご親族の方々の体調不良が回復されたとのこと。また、ご自身の願望も成就しつつあるとのこと。本当によかったです。さて、やはりついている人のご家族はまたついているというか、ご本人含めて、追加の呪符作成のご要望をいただきました。流石余念がありませんね。

さて、どこの霊水をいただこうかと、早速、破字占法を使います。

所作は省きますが、浮かびあがった字は「龍」

うーん。。。。龍といえば、浅草寺も金龍山だし、日光東照宮の鳴き龍もあるし。。。。ぴかっとひらめきました。

「秩父今宮神社の八大龍王様に呼ばれている気がする!これだ!」

秩父は、例の開運スポット、秩父霊場巡りの土地です。更に、この神社は元々神仏習合の神社でり、秩父霊場発祥の神社と言われ、秩父巡りをする方が初めにお参りする神社なのです。そして、祀られるは八大龍王!

(参考:開運ツアー『秩父観音霊場』の思い出 )

また、我が家の神殿にあり、相当な恩恵をいただいている鎮宅霊符神は埼玉の秩父神社の神様で、ご近所。ついでにお礼参りに行きたい。これだ!

(参考:呪符メニュー詳細について )

善は急げ!翌、日曜、宇都宮から200キロ彼方の秩父めがけて高速を飛ばします。途中、今日は、圏央道の筑波と東北道間が貫通する日で、「これは帰りは北関東ルートかな」などと。

着きました。まずは、(参考:秩父神社)様。

-----------------------------------------------------------------------------------
(ご由来)
秩父神社のご創建は、平安初期の典籍『先代旧事紀-国造本紀-』によれば、第十代崇神天皇の御代に知知夫国の初代国造に任命された八意思兼命の十世の子孫である知知夫彦命が、祖神をお祀りしたことに始まるとされており、武蔵国成立以前より栄えた知知夫国の総鎮守として現在に至っています。
元慶2年(878年)には神階正四位下に進み、延長5年(927年)に編算された『延喜式』にも掲載されるなど、関東でも屈指の古社のひとつに数えられています。また、中世以降は関東武士団の源流、平良文を祖とする秩父平氏が奉じる妙見信仰と習合し、長く秩父妙見宮として隆盛を極めましたが、明治の神仏判然令により秩父神社の旧社名に復しました。
現存するご社殿は、天正20年(1592年)に徳川家康公が寄進されたもので、江戸時代初期の建築様式をよく留めていることなどから、埼玉県の有形文化財に指定されています。また、毎年12月3日に行われる例祭は、「秩父夜祭」として国の重要無形民俗文化財に指定され、京都の祇園祭、飛騨高山祭と共に日本三大曳山祭のひとつに数えられています。
------------------------------------------------------------------------------------------


IMG_9473.jpg

清々しい!

IMG_9475.jpg

振り返れば、北辰(北極星)の山といわれる武甲山が。

IMG_9477.jpg


秩父宮様はじめ、皇族の方々の植樹が半端ないっす。つまり皇族にゆかりの神社なのでしょう。遠く、平将門公が皇族由来の方であったことがリンクされます。

(参考:陽遁に切り替わる日に神田明神へ )
(参考:神田明神詣でたあと梯子で成田詣、そして易を立てていただきました )

IMG_9478.jpg

IMG_9482.jpg


ありゃ、ご神木に一筋の光が。

IMG_9480.jpg

本殿をお参りし、全ての神様をお参りします。北側の一切神祇が凄い。

IMG_9488.jpg

ここもぬかりなくお参り。そして、北辰の梟。

IMG_9493.jpg


ついで、つなぎ龍。

IMG_9496.jpg

社務所にて。

私「鎮宅霊符神の掛け軸などございますか?以前、四角い型紙のお姿を買いましたが」
宮司様「相当懐かしいですね、相当前のものですね。すみません。あれはもうお分けしておりませんで。またお札形式のものはありますが。そのお姿をずっとお祀りいただいていたのですね。ありがとうございます。そのままずっとお祀りいただければと思います」
私「10年以上前ですね。左様でございますか。ありがとうございました」

ああ、あのお姿今は売ってない。これだけでまたプレミアw

次は水みくじなどを。水につけると文字が浮かんできますw

IMG_9498.jpg


さて、次は(参考 wiki様:秩父今宮神社)様。秩父神社様から車で5分程度です。

------------------------------------------------------------------------------
(ご由来)
古来より霊泉の地として伊邪那岐大神・伊邪那美大神が祀られていたところで、そこへ大宝年間(701年 - 704年)に、役小角が神仏混淆の考えに基づいて八大龍王を祀る『八大宮』を建立したとされる。さらに天長2年(825年)に当所を訪れた弘法大師が大日如来を宮中八神と結びつけたことにより仏教寺院としての性格を強め、『大宮山満光寺』『長岳山正覚院金剛寺』と呼ばれていた時代もある。天文4年(1535年)、流行する疫病への対策として京都の今宮神社から須佐之男命を勧請して今宮神社を創建、永禄13年には全体を『長岳山今宮坊』と称するようになった。明治に入って神仏判然令に従って仏教寺院として今宮観音堂を切り離し、今宮神社となった。
------------------------------------------------------------------------------

うお!いつ来ても凄い!

IMG_9504.jpg

まずはご本殿で我が法術の成就を祈念。

IMG_9503.jpg


次に、八大龍王様の住処といわれるご神木に祈念。

IMG_9521.jpg

IMG_9515.jpg

IMG_9517.jpg

IMG_9525.jpg


そして、滝場へ。ここで霊水をいただきます。この水は武甲山からくる伏流水の湧水です。ついでに、我が家の龍神がもつ、巨大な水晶(25cmぐらい)なども清めます。

IMG_9509.jpg

IMG_9513.jpg

布でくるみ、八大龍王の住処にいき、水晶にご神木を映す。お力お裾分けいただきました。

IMG_9516.jpg

役行者堂があります。神仏習合ならでは。

IMG_9506.jpg


さて、あとはデトックスを抜けねば!温泉です。いつもなら(参考:満願の湯)様ですが、本日は、こちらは(参考:梵の湯)様。関東屈指の重曹温泉らしいです。

IMG_9527.jpg


なかなかの湯でございました。帰りはやはり圏央道方面が込んでおり、しかも事故渋滞。これは、迷わず北へ、北関東道から帰還です。帰宅後は急いで神殿で勤行。そして呪符を5枚ほど謹製します。御願望は2個ですが、徹底を期すためこの陣立てです。さらに、秘密の和歌の呪文もお教えを。これらいつものPDF版マニュアルに記載してお送りします。

(参考:精神的な攻撃への呪符による防御はイージス艦のSPY1レーダーと同じようなもの )

終わりますと、2時間はやっていましたが、酒のつまみをほう張り、満願成就の酒を。うまい!

引き続きよろしくお願いいたします。

(バナークリックお願いします!)


お世話になっております。

今宵は満月です。お客様からのオーダーもあり、今宵もまた呪符(霊符、護符)の作成です。

そうそう、例の北斗七星霊符は先週で完売となりました。皆様、誠にありがとうございました。引き続き良いものをラインナップさせていきたいと考えております。よろしくお願いいたします。

(参考:元旦(農歴の旧正月)に滝尾神社にお参り ⇒ 鎮宅霊符外符『北斗七星霊符』完成! )

さて、霊水を賜りに、宇都宮北方の霊山、(参考 wiki様:羽黒山)へ。


(参考:デイダラボッチがいた里山 )

田舎なので、満月が地平線から上がってくるのが見れます。そして、また美しいです。写真に美しくとるのが中々難しいです。

例の激しい、狭く、杉林の真っ暗なワインディングを車で駆けあがり、例の山頂駐車場の夜景です。この角度からだと満月が見れません。下を走っているときは見えたのですが。

IMG_9422.jpg

さて、ここからは結構、怖い、鳥居から本殿までの階段。雪が残り凍っています。明かり一つなしで、両方は杉林と、神社の旗がずらっとあります。
案の定、登っていくと、急に風が吹いてきて旗がはためきます。「あーこれは感応されているな」と、怖さをうちけすためにも、阿闍梨から伝授をうけた大日真言を心で唱えつつ、邪念を祓いつつ登っていきます。

山頂近くにくると不思議なことにピタッと風が止みます。「やっぱりなあ、天狗さんかなあ?」

IMG_9421.jpg


さて、本殿に祈り、我が法術のためにお水賜ること、そして法術の成功を祈念します。隣の御神籤を一応引きます。おっ!大吉。

IMG_9419.jpg

海抜400メートルぐらいあり雪が残っています。

IMG_9418.jpg


ここの高さで沸き上がる霊水は素晴らしい。頂いてまいります。この神域のしかも満月の夜のこの霊水なら間違いない、素晴らしい呪符(護符、霊符)を作成できるでしょう。手水舎の裏手にわずかに夜景が広がります。

IMG_9420.jpg

さて、さっさと下山します。不思議なことに帰りは全く風がない。結構、兆候がはっきりしているので不思議です。やっぱり何らかの感応があるように思えます。

戻ってきて展望台のわきから見ると、満月が眩しいです。ん?またあの緑のオーブが?iPhone7だと1秒ぐらい動きが映るのですが、改めて見るとふわっと動いています。光の反射か、それとも天狗さんが月に帰って行かれたのか?

IMG_9424.jpg

(参考:夜景とオーブ?火の玉君を撮影w)

折角の霊水なのでまた良い呪符を書かねばと、長いワインディングを降りていくのでした。


帰宅後、明けて早朝。
自宅神殿に籠り、まずは燈明、お香を立て、勤行です。法術、呪符(霊符、護符)作成の成功を祈願します。
真言大阿闍梨からいただいた勤行法を行った後、小野十傳先生から頂いた呪符作成の作法を行います。

今回は、お客様オーダの呪符を書き上げた後、折角の霊水ですので、また以下の呪符(霊符、護符)を作成しました。今回の物はいずれも額入りの設置版のものとなります。

1.北斗七星霊符 3部

(参考:元旦(農歴の旧正月)に滝尾神社にお参り ⇒ 鎮宅霊符外符『北斗七星霊符』完成! )

鎮宅霊符外符、北斗七星霊符はこの世の五行の根本であり、人生の吉凶回復を司り、魂魄、肉体に気力を与え、破邪、開運、設置することで風水的にもその土地を安定化させる最強系の呪符(霊符、護符)です。是非ともこの機会におかれまして、北斗七星の霊力にご縁いただける方がいればと存じ、再び作成致しました。前回は、「發財特別設置法(※1)」を付けましたが、今回は、北斗七星の向きによって戦う方位を占う「北斗指尾法(※2)」、「踏斗(とうと※3)」もつけようかと思っています。(既にご購入の方には後日別途お送りします)

※1:「發財特別設置法」は、風水、家相要素を取り入れた設置法で呪符の設置と組み合わせることにより効果倍増の設置法となります。

※2:北斗指尾法とは真言宗に伝わるポピュラーな手法ですが、上記の呪符と組み合わせることにより、一種の兵法として利用できるものです。現在では仕事での重要な打ち合わせや、デート、勝負事などに活用できるかと存じます。

※3:踏斗(とうと):道教における呪術的歩行術で、禹歩(うほ)というものがあります。伝説によれば古代中国夏王朝の始祖、禹が伝えたとされる歩行術でということで、最古の記述は抱朴子にあるといいます。日本においては天皇または貴人が外出のとき、道中の無事を祈って陰陽家(おんようけ)がまじないを唱えながら舞踏する作法となりました。反閇(へんばい)とも呼ばれます。この法の発展形で、北斗七星の形に歩く技法が踏斗(とうと)です。この法を日々やっていると、本来あっていた天地の軸である北斗七星と波動が再びリンクし始め、鬼神達の加護を得るだけでなく、魂魄を安定化ならしめ、吉祥をもたらす法となります。

※以下の画像はイミテーション版となります。

20170129_01.jpg


2.發財特化霊符(鎮宅七十二霊符と武帝応用霊符の發財セット) 3部

(参考:呪符メニュー詳細について )
(参考:呪符について、現在対応可能メニューです )

鎮宅七十二霊符と武帝応用霊符(道教の神、許真君、感天上帝)の呪符となりますが、両者の金運、財運ようは發財する呪符を2枚組み合わせ上、「發財特別設置法(※1)」をお付けします。


以上、満月の霊水での作成版でして、在庫限りとなりますので、ご希望の方はお早めにリンクの問い合わせ、もしくはブログコメントで非公開でメール等をいただくなどされてご連絡お願いします。
 
引き続きよろしくお願いいたします。

(バナークリックお願いします!)