FC2ブログ
お世話になっております。

気が付けば、今日で11月も終わりですね。段々と年末の雰囲気になってきた気がします。

先日は、上司に奮発していただき、両国のちゃんこ鍋を賜ります。

両国駅につくと、力士像がいやー両国って感じですね。

20191130_01.jpg


で、ちょっと歩くと到着です。(参考:ちゃんこ巴潟 両国店)さん。

20191130_02.jpg


コースを選んでいただき、いやーうまい。お酒は日本酒、米所、新潟の越之八豊の(参考 Wiki様:ひやおろし)で。

----------------------------------------------------------------------
ひやおろしとは、冬季に醸造したあと春から夏にかけて涼しい酒蔵で貯蔵・熟成させ、気温の下がる秋に瓶詰めして出荷する酒のことである。その際、火入れをしない(冷えたままで卸す)ことから、この名称ができた。醸造年度を越して出荷されるという意味では、ほんらい古酒に区分されることになるが、慣行的に新酒の一種として扱われる。
----------------------------------------------------------------------

20191130_03.jpg

いやー五臓六腑に染みわたりますね!

そしてコースは進み、いよいよちゃんこ鍋へ。

20191130_04.jpg

ほどなくして鍋オープンw

20191130_05.jpg

いやー激うま!最高でした。実際にはこれにしゃぶしゃぶが投下されて、本当に美味しいちゃんこ、御馳走様でした。

この後も、更に、様々な敵と戦う男たちの語り合いは続き、場所を変えて深夜まで続くのでした。

引き続きよろしくお願いいたします。


(ランキングバナークリック、記事への拍手をお願いします!)

スポンサーサイト



お世話になっております。

先日は仕事でお世話になった上司にご自宅で招待されまして、折角だから栃木のものをあげようかと、スカイツリーのソラマチにある栃木のアンテナショップへ。宇都宮でかってくればいいのでしょうが、例の冷凍ものを検討していたため、都内で購入したかったのです。店内はハロウィン一色。

20191026_05.jpg

4Fにありますね。着きました!中々のお店ですね。

20191026_01.jpg

おお!これは、今回の天皇陛下の即位の儀式で、東日本代表の奉納米として選ばれたお米「とちぎの星」ではないですか。甘みがありかなりおいしいみたいです。

20191012_02.jpg

次はお酒。結構、栃木の地酒売れているようで。

20191012_03.jpg

そして、やっぱり宇都宮餃子、みんみんさんの餃子にて。お客様打ち合わせで外出途中で買い物したので、この後、訪問先がつまっており、ちょっと時間がかかるため、冷凍ものなので、保冷剤を多めにいれてもらいました。

20191026_04.jpg

よし、これはとちぎ「三種の神器」wとしてお渡ししよう!

多分、これなら喜ばれるでしょう!

引き続きよろしくお願いいたします。


(ランキングバナークリック、記事への拍手をお願いします!)

お世話になっております。

昨日は雨の後、神楽坂坂上で虹が。

20190824_01.jpg

吉祥ですね。宝くじでも買いますかw 飯田橋まで歩いてそのあとまた戻って、坂下からちょっと登ったあたりにあります。

(参考 食べログ様:クラフトビアサーバーランド)さまへ。

20190824_02.jpg


ここで、ポテトとサラミ&チーズ盛りが食べたくなりまして。。。。ちょっと病みつき。。。。w
まずは、本日お勧めのビール。銘柄が。。。。だって数日で樽の内容がかわってしまうようで。ともかくうまい!

20190824_03.jpg

この店はビールも最高なのですが、食べ物がうまいです。これこれ、ポテトw

20190824_04.jpg

二杯目に「前に飲んだ葡萄みたいなのある?」とお聞きしたら「あっ!樽の内容、常にかわっちゃうんです」と知ったわけでした。これは、オレンジ系だったかな?こういうのが好みかも。色が違いますよね?

20190824_06.jpg

で、このサラミが撃ウマなんです。

20190824_05.jpg

この日はこの程度で大人しく神楽坂亭に帰りました。奇門遁甲で、次の日、北方が青龍降臨でしたのでこれにのって帰還しようかと。

引き続きよろしくお願いいたします。


(ランキングバナークリック、記事への拍手をお願いします!)



お世話になっております。

やはりお米が日本人の根本といっていいでしょうが、その中でも玄米は最高みたいです。写真は芽がでていますね。

20190823_01.jpg


玄米というのを知らない方もいると思いますが、玄米は、籾米(もみごめ)から籾殻(もみがら)だけを取り除いたお米で、玄米からさらに糠(ぬか)と胚芽(はいが)を取り除き、胚乳(はいにゅう)のみにしたお米が白米となるようです。

玄米⇒三分つき米⇒五分つき米⇒七分つき米⇒胚芽米⇒白米

の順に白くなりますが、白くなるにつれて元々あった豊富なビタミンやミネラル、食物繊維などの体に良い成分が失われてしまうようです。言ってみれば、芽を出すための機構がある頭の部分をとって、体の部分だけ食べているのが白米だからです。

この玄米を、さらにパワーアップさせたのが、発芽玄米でして、何故、発芽させるといいのでしょうね?栄養面での理由は、調べていただくと様々な効用もあり、諸説あるでしょうが、九流術師の私としては直観的に、四柱推命を思い出します。つまり、春夏秋冬の秋の実りの結果が、実であり種であります。種は堅い殻で冬を超え、春に芽を出すわけでして、堅い玄米の殻をやぶって目を噴き出したその瞬間のエネルギーをいただこうというわけです。

作り方は簡単。

①玄米を入手。
②水を張れる器に水を入れ玄米を浸して日の光があるところに置いておく。(別に直射でなくて問題なしです)
(上記の写真が芽がでたところです。わかりますでしょうか?)

③2日ぐらいで芽がでてきますので、食べ頃です。あとは、電子ジャーで焚いてください。
(最近のジャーだと、「発芽米」モードみたいなのがあるかもです。そちらで。水の量は一応芽が出たとはいえ玄米なので玄米の量がよいかと)

更に、健康運は上記で結構ですが、開運を込めて、自宅の奇門遁甲家相盤を作って、吉方にこの発芽させる皿を設置するのです。これはいいでしょう?奇門遁甲の天地のエネルギースポットで太陽と水の力を受けた開運発芽玄米、これはまさにドラゴンボールにでてくる「仙豆」そのものw

食べ方はいろいろあるでしょうが、私は簡単に、お茶漬けにしちゃいます。発芽玄米を炊いて、塩昆布、刻み海苔、梅干し、岩塩をのせ、最後に昆布茶をかけてできあがり。うまいですね、体が浄化される感じw

引き続きよろしくお願いいたします。


(ランキングバナークリック、記事への拍手をお願いします!)



お世話になっております。

(Wiki様:土用)に突入です!

--------------------------------------------------------------
五行では、春に木気、夏に火気、秋に金気、冬に水気を割り当てている。残った土気は季節の変わり目に割り当てられ、これを「土旺用事」、「土用」と呼んだ。 土用の間は、土の気が盛んになるとして、動土・穴掘り等の土を犯す作業や殺生が忌まれた。

四季を通じて平均すると、土用の期間は18.26日(=18°/360°×1年)となる。ただし地球が楕円軌道であるため季節により±3%(軌道離心率×2)程度の変動があり、春夏秋冬の順に18.49日・18.82日・18.02日・17.71日となる。

四立(冬至の約136.97日・228.28日・319.59日・45.66日後)の18日前が土用の入りである。つまり、土用の期間は毎回18日である。
--------------------------------------------------------------

毎回、へーですよねw

ともかく、江戸時代の平賀源内さんがエジソンさんよろしくブーム化したようですが、土用の丑の日は鰻ならぬ、もう土用に入ったら鰻をくっちまえwでいきますわ。

で、やはり例の神田のこの店、(参考 食べログ様:うな正)様。

ここは、浜松直輸入でうまいんです。2枚も入っているダブル丼で1800円のコスパ。それを裏付ける、11:30にしてこの行列w

20190729_01.jpg

なじゃこりゃあ!行列とは!うーむうまげだ。。。。

20190729_02.jpg

例のダブル丼か。。。。今日はずっときて玉切れだったりやっとたどり着いた、一番高い奴くっちゃる!

20190729_03.jpg

で、ほどなくカウンターに入りまして、思わず「特上!」と。なんでもお替りし放題だとかw 鰻重の松と大いに迷ったw

20190729_04.jpg

しかし、うまい!!パワーつきますね。

引き続きよろしくお願いいたします。


(ランキングバナークリック、記事への拍手をお願いします!)