お世話になっております。

仕事の合間を縫って、横浜中華街様、(参考:関帝廟)(参考:媽祖廟)様にご参拝に参りました。

関帝様は三国志を知っている方なら知っているでしょう。あの関羽将軍が死後神になられたのです。
(参考 Wiki様:関帝)
-------------------------------------------------------------------------
関羽が高名な武将であったことから旧くは武神として、また関羽が義理や信義に厚い人物だったこと、元は塩の密売業者で算盤や大福帳を開発したという伝説や山西商人にとって地元の英雄だったことから現在は主に商業の神として信仰され、中国はもとより世界各地の中華街など華僑の町にはほぼ必ず関帝廟や祭壇が設けられている。日本では1873年(明治6年)に横浜に関帝廟がつくられた。そこでは旧暦6月24日 (8月8日)に関帝誕という誕生日の神事がおこなわれている。また、大阪や長崎の黄檗宗寺院にも関帝が祀られている。
-------------------------------------------------------------------------

続いて、媽祖様の廟も中華街にあるのです。こちらは後からできた廟ですね。

(参考:媽祖)
-------------------------------------------------------------------------
媽祖(まそ)は、航海・漁業の守護神として、中国沿海部を中心に信仰を集める道教の女神。尊号としては、則天武后と同じ天后が付せられ、もっとも地位の高い神ともされる。その他には天妃、天上聖母、娘媽がある。台湾・福建省・潮州で特に強い信仰を集め、日本でもオトタチバナヒメ信仰と混淆しつつ広まった。親しみをこめて媽祖婆・阿媽などと呼ぶ場合もある。
天上聖母、天妃娘娘、海神娘娘、媽祖菩薩などともいう。
-------------------------------------------------------------------------


さ、電車でいきます。JR京浜東北線、石川町駅到着。北口の方ですね。

IMG_9836.jpg

石川町駅から歩いていきますと、中華街の門が見えてきます。これも四神相応的な考えで設置しているようですね。こちらは延平門だそうです。

IMG_9857.jpg

左手に高校があり、すぐに(参考:天仁茗茶)さんが。ウーロン茶を買うならここにすべし!安全安心旨いの台湾製、お勧めです。自宅の道教の神様用によく買うのです。

そのまま進み、次の十字路を左手をみると、(参考:花地)様があります。今どきウェブで買えますが、中華街にいったら行ってみてくださいね。表のチャイナドレスがそそりますがw

IMG_9858.jpg

こちらの華僑の社長さんとは長いお付き合いをさせていただいております。まだ風水が全く分かっていなかったころ、丁寧に道具の使い方など教えてくれました。ご自身も自費出版的な書籍を店頭に並べておられました。八宅風水ですが、初心の頃は重宝させていただきました。勿論、社長さんご自身は、玄空飛星などお判りの方です。店内にも設置されていましたが。分かっている方なのでわかっていない店とは違います。お勧めですよ。

上記の店舗ページリンクを辿ってもらえばわかりますが、何でもあります。こんな感じですね。

IMG_9839.jpg

IMG_9838.jpg

風水とは関係ないですが、お女性に着せたいのはこちら、チャイナドレス。小野先生の金持ち前夜祭り2で全員、お女性は全員チャイドレ参加せよ将軍辞令発動!してくれないかなあ?だめですか?小野先生?w
(あぶないあぶない、ある意味、別の世界にいっとりました。戻ります!)

IMG_9840.jpg

例えば山海鎮ですね。これは「環境を整え、財運(金運)を呼び込み、良い人材を作ったりと開運のためのエッセンスが詰め込まれています。鏡の上に、山よりいずる龍気、財に満ちた海、中央に八卦太極と神々の宿った霊符、日と月、明光、鎮宅、招財進寶、天官賜福など、すべての改運要素が盛り込まれた万能の風水アイテム」だそうです。いいでしょ?玄関においたり玄関からみた座山に置くのか。風水グッヅは楽しいです。

20170412_01.jpg

私の財運符と連携できますよ(笑)在庫まだありますので、お早めにw

(参考:今宵は満月、呪符(霊符、護符)作成に最高の時⇒ご好評、北斗七星霊符追加、發財特化霊符作成! )

いや、それはともかく、写真にある様々なアイテムが用途次第で使えます。魯班尺(ろはんじゃく)などは、小野先生も使えると仰っておりましたし。

風水道具は象徴、「相」たる「巒頭(らんとう)」を変え、場の気を徐々に変えていき、化殺したり開運したりするのです。ようは見た目、形から入る方法ですね。でも設置場所は「理気」という年、月、日、時間などがまた重要なのです。気学、八宅、玄空飛星や、今の私なら奇門遁甲家相で設置するでしょうね。そう設置する日時や家の中の設置個所が重要なのです。
これが、奇門遁甲と断易(ここでは理気に相当)の間を担うのが呪術だ、と小野先生がおっしゃったテリトリーであります。勿論、奇門遁甲自体、造作法などは魔術的以外の何物でもありません。

さて、美味しいお茶を賜り久しぶりの会話をさせていただきました。ありがとうございます!

続いて、通りに戻り、右手にいくと関帝廟通りがあります。

IMG_9859.jpg


そのまま進むと左手に関帝廟です。

IMG_9862.jpg

IMG_9863.jpg

中華式お線香と神様の世界に奉納するための金紙を買います。金紙は神様にお渡しするお金ですが、一件、中国らしいなあ、と思うかもしれませんが、日本では鎮宅霊符神、つまい妙見菩薩は道教の玄天上帝でもありまして、密教の作法でこの金紙に相当する紙幣を供物としてあげたりします。宗教なのに何故、金やら供物あげるんだ?という方もいますが、そういう方は神と人の原理が分かっていないので、とりあえずここでは、大乗仏教の六波羅蜜の一つ「布施行」の考え方と同じといっておきますね。これが分からないと、ビジネス化している新興宗教のお布施という名の料金や寄付と意味を区別できません。勿論、後者はご利益どころか実態はビジネスであり単に搾取が目的ですから奴隷になるだけです。
その他、例えば、日光の東照宮、輪王寺、二荒山神社にいくと、その辺の人々から「神社と寺がなんで一つにあるんだ?」という声が聞こえてきます。申し訳ないですが、戦後のこの国のアイデンティティ・クライシスト(自分のアイデンティティが崩壊している人、(参考 言葉バンク様:邯鄲のあゆみ)むやみに他人のまねをすれば、自分本来のものも忘れて、両方とも失うことのたとえ、 の漢文が参考になります)に一から説明するのがかなり大変ですが、やはりこうしたことにはすべて意味があるのです。まあいいです。線香は中華式で長いですね。着火します。

IMG_9846.jpg

で、右の青龍の門(右手。逆は白虎)からお堂にあがります。

IMG_9847.jpg


まずは1番香炉、中央の祭壇逆方向、天を見上げます。「玉皇上帝」様にお祈りします。名前、生年月日、住所、願い事を小声か心の中で言ってください。他の香炉、またお堂内の祈る場所でも同じです。

IMG_9848.jpg

次は、2番香炉、正面中央、「関帝聖君」様。

IMG_9849.jpg

次は、3番香炉、左手、「地母娘娘」様。

IMG_9850.jpg

次は、4番香炉、右手、「観音菩薩」様。

IMG_9851.jpg

そして、ラスト、右手、「福徳正神」様。

IMG_9852.jpg

ひとつひとつお参りしていきます。多神教、日本の神仏習合、神道や密教、修験道と同じですよ。私にはすごーくなじみますね。

そして、お線香を買った方は、お堂に入れます。お堂では4箇所の神々にそれぞれお参りできます。また、御神籤もあります。是非体験してみてくださいね。御神籤はおもしろいですよ、竹筒をふり、出た番号をパワポエというアイテムで神にこの番号でよいか尋ねるのです。以前、聖天宮の記事でも書きましたのでそちらをご参考に。

(参考:奇門遁甲ドライブ、「樺崎八幡宮」、「聖天宮」、「サイボクハム」 )

IMG_9864.jpg

最期に、金紙をこの巨大な金紙専用の焼却炉で燃やして神の世界にお送りするのです。

IMG_9865.jpg

関帝廟、完了です。次は媽祖廟です。

IMG_9860.jpg

また線香を購入し、それぞれの神々にお祈りしていきます。

IMG_9861.jpg

無事完了です。

さっ!次は、再び、神保町、あの「占い師の聖地」に赴かねばなりません。

無事成功を祈念しまして、こんな歌を。(参考 youtube様:和楽器バンド 起死回生)



引き続きよろしくお願いいたします。

(バナークリックお願いします!)


スポンサーサイト
2016.10.25 三脈の法
お世話になっております。

早速ですが、気が乱れてきているようです。今朝方、気になることがありました。必ず天変地異の前には兆候現象が起きると、いろいろ注視していると、気づきがあると思っています。
どうも、太陽系の星の配列、先日お話しした実星の並びが11月ぐらいまでよろしくないようです。
(参考:アナログとデジタル、占いでの実星と虚星について )

このような状態ですと、当然、人間も地球も影響を受けますが、鈍い人は良い意味影響を受けないが、天変地異に巻き込まれる可能性がある、敏感な人は良い意味気づいて何らかのアクションをとれますが、影響を受けすぎて生活に影響が出る、など、四柱推命ではそうした影響の強弱も分かるようです。

さて、皆様は三脈の法というのをご存じでしょうか?

参勤交代


今から300年程前、江戸時代、元号は元禄です。
筑後(福岡県)柳川藩が(wiki様:参勤交代)で江戸へ向かう途中のことです。今の静岡県あたり、遠州の新居宿に宿泊を予定していました。
ところが、同行の一人が、何気なく三脈の法を行ってみると、脈が一致せず、危険が迫っていることがわかりました。試しに、他の人にもやらせみると、同じように脈が乱れます。急ぎ、殿様にも確認すると、これまた乱れる。夜半でしたが、この殿様は優秀だったんでしょう。急ぎ、撤退し、また脈をとると、まだおかしい。繰り返していくうちに、白須賀の宿まで撤退しました。それでも、全員脈がおかしいので、さらに二川宿まで戻り、脈をとると、今度は全員が正常な脈になったので、やっと落ち着いて宿をとりました。
 その夜、新居宿付近一帯に大きな地震が起こり、新居宿、白須賀の宿場は大津波に襲われ住民が全員死亡。
 まさに三脈の法で九死に一生を得たお話しです。

安政の大地震
画像は(Wiki様:安政の大地震より)

☆三脈の法のやり方

頚動脈(左右2個所)と手首の動脈の3個所の脈は必ず一致しているといわれます。ところが一致しない場合があり、これは自分を含めた周辺に命の危険が迫っていることを暗示しています。
時間的には、24時間程度以内に発生するといわれています。   

①左手の親指で右手首の動脈を探します。
②右手で首の頸動脈を探し当てます。
③右手の親指と中指で頸動脈を押さえて脈を確認します。
④3カ所の脈を確認します。
右手の親指と中指を頚動脈を押さえ、右手首の動脈を左手の親指で押えて脈をとります。通常、3カ所の脈は一致します。
もし一致していない場合は、24時間以内に命の危機に関わる事が起こるとされています。
※手は逆の手でも結構です。ようは三か所とることなので。

この法で、脈が乱れる、死脈という状態らしいですが、その場を離れる、乗り物に乗っていたら降りる、乗る前ならやめる(日航機墜落事故にあわなかった方がこの法で防げた話もあり)、建物の中にいたら出る。など、空間環境を変えることをお勧めします。

ちょっと気づいた時にはこの法をやってみるとよいかもしれません。

引き続きよろしくお願いいたします。

(バナークリックお願いします!)