FC2ブログ
お世話になっております。

先週末は、また梅雨明けしない中、ゲリラ的に曇天やチラ見せの太陽を賜り、少しでも日焼して健康的になるという活動を行っておりました。奇門遁甲の日盤、東の方位はまあまあ。とはいえ、家族の四柱推命的には喜神のエネルギーではあります。時盤いけてないという状況ですが、特に海水浴ならばどこかの空間にいくわけでないですから、交通事故等だけは気を付けていきましょうか。

2時間弱で到着です。台風が来る直前ということもあり結構空いてました。でもそういう情報が出ているときこそ、チャンスですw

20190731_01.jpg

結局、晴れ渡り、良い海水浴ができました。ゲリラ海水浴成功w そして、なんと、今日は花火大会もあるそうで、このまま見ていこうということなりました。

夜店が次々にオープンしてきて、私らは芝生のある場所に椅子を並べて、じゃがバターを食べたりしながらボーっと空を眺めていました。蝶々のような不思議な雲がずっと動かずにあって夕焼けとともにピンク色になって幻想的でした。

20190731_02.jpg

そして夜のとばりがおりてきて、気が付けば花火見物客が周りに増えてきます。

20190731_03.jpg

いよいよ開始時間近くになりました。ぼーっと空を眺めつつ、夜店の食い物くいつつなんてやっていると2時間はあっという間でした。星がでてきました。

20190731_04.jpg

海水浴場なので、開けていてばっちりですね。駐車場も広いし、見る場所も広いし、これはいい花火大会見つけました。

20190731_05.jpg

大きな花火に拍手喝采。

20190731_06.jpg

フィナーレのやつは特大でした。

20190731_07.jpg

大満足して帰還いたしました。

引き続きよろしくお願いいたします。


(ランキングバナークリック、記事への拍手をお願いします!)





スポンサーサイト
お世話になっております。

昨日の夕方は、奇門遁甲の日盤の南は(丙乙、生門、丙奇昇殿)で、都内から宇都宮に帰還後、一気に南へ行軍し、目指すは近頃嵌っている南房総は館山。依然、梅雨明けはしておりませんが、ここは神頼みw こういう時はやはり不動明王さんがいいです。一昨年の海の日近辺でも、梅雨明けしておらず、雨降る高速道路の中で、超巨大な不動明王さんが太陽の6,000度の灼熱の光と炎で雲と雨を瞬時に焼き尽くす観想をしながら、只管、慈救呪を唱えていたら、だんだんと晴れ間がでてきて、日本海側に到達することにはすっかり晴れていたのでした。

「いやいやいや~いつもの出し抜きパターン、そうやすやすはいかないか?w」

いずれにしても、これも一種の奇門遁甲の吉方を取る際の反転現象の一つではあるので、大雨になろうとも天変地異があろうとも、全て吉の証明にもなるわけではあります。そして易者に吉凶なしのスタンスでもあり、これこそ、仙人のルーツにもなる中国古代、(参考 Wiki様:殷)文明、つまり殷(商)人につながる発想です。

--------------------------------------------------------------------------
商人という言葉は、商(殷)人が国の滅亡した後の生業として、各地を渡り歩き、物を売っていたことに由来するとされる。そこから転じて、店舗を持たずに各地を渡り歩いて物を売っていた人を「あれは商の人間だ」と呼んだことから「商人」という言葉が生まれたというものである。
--------------------------------------------------------------------------

などと思いながら、車の荷作りをしていると、急に晴れ間がでてきて太陽が差し込み、一気に汗をかいておりました。ふと、不動明王さんが祈りを聞いてくれた気がしました。

なんとか市原パーキングに達しますが、まだ小雨がちらちら。

20190713_01.jpg


しかし、只管、真言を唱えたり、安房神社の主祭神でもある「天太玉命(あめのふとだまのみこと)」と唱えていましたら、館山に入ると月や星がでていました。ありがたやです。

20190713_02.jpg

そして温泉。いやー疲れがいやされます。

20190713_03.jpg

さて、今朝、起きてみると雲の合間に晴れが。今回もゲリラ的な海水浴となりそうですw

20190713_04.jpg

まあそれこそ仙人的で良いかなと。とはえいまた、神頼みしていかないとw

引き続きよろしくお願いいたします。



(ランキングバナークリック、記事への拍手をお願いします!)




お世話になっております。

先週末、宇都宮に帰ってきて、小雨が止んでふと撮った一枚が、新幹線と虹。

20190701_01.jpg


よく新幹線の高架下を通った時に新幹線が通ると運がいいなんて俗説がありましたが、これはどうなんでしょう?w

でも、類は友を呼ぶとは本当のことのようで、運気、つまり気の強さ、そして、質の高さに応じて、縁がある人も変わるようです。
そして、良い方位を取り続けると、良い方位を取りやすくなり、悪い方位を取り続けると、悪い方位ばかり取るようになる。これは大きな差になりますよ。

曰く、客観的に運がいいエネルギーと同化できるか?そのエネルギーの根源は宇宙の波動、道(タオ)に通ずる覇道です。ワクワクして暖かく、清々しく、勇気に満ちている。

ふとお客様からご相談があり、ある日程のある方位を聞かれたので、調べてみたら、ゲッ!前の回に書いていた、「獄神得奇」の日盤でないかい!!ちょっと、できすぎかもw

(参考:『大丈夫です。東郷は運がいい男です』 丁字戦法は「T(ティー)」にあらず、獄神得奇「辛丁」の「丁(テイ)」である。 )

なるほど、乗ってきた方は、更に乗るわけですね。いい感じです。

引き続きよろしくお願いいたします。


(ランキングバナークリック、記事への拍手をお願いします!)





お世話になっております。

先日はふと、地元の沼に散歩に行きましたら、いきなり蛇の抜け殻を発見!おお!これは得難いw しかもつるに絡んで天日干し状態。

20190611_01.jpg


持ち帰って、家庭用洗剤を入れたぬるま湯で綺麗にして、エタノールで消毒してラミネートフィルム加工にして、財布にいれておきましょうw

その先に進みますと牛蛙の声が聞こえてきて沼が忽然と現れました。中々美しい。遠くに雉の声も聞こえる。なんとも清々しい。

20190611_02.jpg


よく見ると、しっかりと灌漑が整備されていて、水は濁ることなく、留まることなく、腐ることなく、流れ続けていました。水は力がありますのでこれが重要ですね。

ふと瞑目し、近頃は四柱推命と漢方の関りを勉強しておりまして、漢方を使った健康法や開運法もおもしろだろうなと。人間の心と体は密接にかかわっているようで、天地の理と人体の理は表裏一体のようなのです。つまり、大地治水の灌漑で堤防で制御し水をつつがなく流すように、人体においても気をとどめることなく、血をとどめることなく綺麗に流すことが大切なように。

つまり東洋五術たる「命(めい)・卜(ぼく)・相(そう)・医(い)・山(ざん)(※)」のうち命の領域と医の領域のマッピングです。医食同源、食べることと医療することは同じという言葉もありますので。

※補足:
命:生年月日時間で運命座標を推し量る占い/四柱推命、紫微斗数など
卜:易者が求める答えを偶然の一致(集合的無意識)に問いかける占い/易(周易、断易)、タロットなど
相:形状のパターンから運命を推し量る占い/手相、顔相、家相、風水など
医:今でいう東洋医療/漢方、針、お灸など。その人の実証状況を基に五行をマッピングさせて治療する。
山:仙人になる法/気功法、内丹法などの呼吸と動作、瞑想などを伴うもの

引き続きよろしくお願いいたします。


(ランキングバナークリック、記事への拍手をお願いします!)






お世話になっております。

痛ましい事件が起こりましたね。やはり不吉な日だったのでしょうか。

先日は懲りずにマリアージュさんで、新作のハモを頂戴しました。これまた絶妙。

20190529_01.jpg

そしてこちらも新作の自家製、柚子胡椒ソースを鳥皮焼きにつけて食べると確かに絶妙。これは病みつきになるかも。

20190529_02.jpg

こちらは週末にふと遊びに行った近くの池。黄色の花のコントラストが絶妙。

20190529_04.jpg

そして、食パンをちぎって、鯉に餌を与えます。勿論、小声で光明真言を唱えながら、回向しつつ、放生ですね。陰徳を狙って積むのではないのですが。行為自体が重要です。

20190529_03.jpg

例のお母様を高野山、結縁灌頂にお連れした方のお母様からなんと、お礼の一品を頂戴しました。既に初夏です。ありがとうございます。有難く使わせていただきます。結縁灌頂は七代の福を培うようなものです。吉祥吉祥、これも絶妙。

20190529_05.jpg


そして、気が付けば、絶望の峡間から絶妙の連鎖が続き、一筋の光が差し込んでくるように思えるのでした。

ふーっとうまくいきそうな道が見えてくるような、そんな感触です。この気の感覚が重要かもです。

引き続きよろしくお願いいたします。


(ランキングバナークリック、記事への拍手をお願いします!)