FC2ブログ
お世話になっております。

昨夜は東京から宇都宮に帰還しようと思いましたら、丁度、現場の飲み会でしたし、昨日ですと日盤が丙乙、景門で天禽星がはいっており、これに対して、本日は、甲丙(青竜返首)、生門ですから、これは本日のが上々ですと、本日帰還することに。時盤は微妙でしたが、まあ、日盤狙いですからいいでしょう。

家に到着すると四国にお住いの大阿闍梨様から、さつまいも「なると金時」が送られていました。ありがとうございます!おお!これはめっちゃおいしそう!

20200118_01.jpg

暫く、家で根付けして、本日の別の吉方、北西へ向かいます。

日盤は丙辛(日月相会)、休門、時盤は、壬戊(小蛇化竜)、開門です。これはきっちり根付けしないと。場所は、(参考:鹿沼温泉「華ゆらり」)さんへ。源泉は温度が低いですが、しっかりと肌をとおして源泉のミネラルが入っていくきがします。やはり、単なる沸かし湯だと一種のプールのようなもので、かえって疲れますが、温泉成分だと、全然違うのです。デトックスがとれていき、ミネラルが肌を通して体内に染み入ります。疲れの取れ方が全く違います。つまり、温泉は奇門遁甲の方位取りには一石二鳥の使える施設です。

ふと、気が付けば、今日は庚申(こうしん)の日です。この日は人の悪口はご法度です。できれば、夜の12時までは起きていましょうか。プチ庚申待ちでw それに何らかの結果が極端に出やすい日、善悪の結果が出やすい日といわれています。って、今日、明日、センター試験でしたね。

明日は、東京神田で断易NEXT科でした。これも楽しみです。

引き続きよろしくお願いいたします。


(ランキングバナークリック、記事への拍手をお願いします!)

スポンサーサイト



お世話になっております。

あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします。

写真も何もなくてすいませんが、霊符のお問い合わせがあったので、こちらにも回答しつつ、ご要望があれば1月3日に毎年日光に参りますので、霊水を取得し霊符作成は可能です。ご要望がありましたら、いきなりで申し訳ございませんが、お問い合わせからよろしくお願いします。


〇お問い合わせ内容
--------------------------------------------------------------------------------
(質問)
事例2)48歳男性。サラリーマン(失業中)。一時はメーカー系大企業に属すも、転職してから落ち目に。1年程度で転職を繰り返すようになり、失業状態でご相談。ともかく、あまりに調子が悪いので、不運からの脱却・開運と仕事、家庭の円満をご希望。

結果)彼には、開運の呪符セット、更に、北斗七星系の強力な財と家庭運オールマイティーに開運の呪符をご提供。
呪符を書いて渡す予定で調整していたのですが、不思議なことに書き上げてラインをしたぐらいに昔の上司からお声がかかり(一部上場の有名な企業)なんと、その会社の副社長に通すと。呪符を渡してすぐに面談をうけると、「来週からすぐこれるよう手配する」と、内定確定。喜びの声をいただきました。

上記の呪符と奇門遁甲北斗七星総合開運霊符【¥25,000円】は、同じものですか。
--------------------------------------------------------------------------------
(回答)
はい、ただ、額にいれてご提供していた北斗七星霊符(以下の①)を所有用にして更におまけで出世系の霊符(以下の②、③)を加えたお得版でした。

申し訳ございませんが、前回の分は完売しておりまして、同じものを作成するには次回の霊水探索時になります。また、もし、今の御状況、課題や障害などがあればそちらも併せてお教えいただけますと少しブレンドを変えることもできます。喫緊ですと、毎年1月3日に日光に参りますので、そちらの霊水で作成することは可能です。

よろしくお願いいたします。

----------------------------------------------------------
① 鎮宅霊符 外符 北斗七星霊符
鎮宅霊符集にある特別秘録呪符の一つ。北斗七星の各星の呪符を1枚の半紙に書き込んでいます。各星とは貪狼星(とんろうしょう)、巨門星(こもんしょう) 、禄存星(ろくぞんしょう) 、文曲星(もんごくしょう)、廉貞星(れんじょうしょう)、武曲星(むごくしょう)、破軍星(はぐんしょう)の七つの星です。七つの星が司る、諸願望全てに幸運を波及します。財運・金運上昇、仕事運上昇、学力向上、恋愛・結婚縁上昇、身体健全、病気治癒、怨敵退散、悪縁切りなどの諸願成就にオールマイティに効果発揮を期待できるものです。特に家の家相、風水にも効果絶大です。徳川家康公も、平将門公も皆、北斗七星に帰依しています。いや、正確に言うと天皇家が最もその元祖であります。
(元々は北斗七星霊符として、額入りで提供していた最強系霊符で、2万5千円のものを今回、冬至につき一年の吉祥を祈願し、特別にインプラントしたものです)

② 総合開運霊符
修験道系霊符。様々な状態から、それぞれに運が開け、成功を導く霊符です。非常に強力な霊符であり、総合的に効果を発揮します。

③ 最上出世霊符
修験道系霊符。本霊符を所有すると、とんとん拍子で出世するといわれています。特に、能力はあるのにチャンスがない場合の方にとってチャンスをもたらし出世をもたらす霊符です。本霊符を所有したら、自分は必ず出世すると思うようになりますし、またそう思うようにすることが大切です。

―――――――――――――――――――――

引き続きよろしくお願いいたします。


(ランキングバナークリック、記事への拍手をお願いします!)

お世話になっております。

先日の霊符を作成したお客様から到着が若干遅かったとのお返事が。やはり、年賀状の季節に被っていることと、郵政グループ、かんぽへの業務改善命令で大激動なのが影響しているのかもw

さて、これは木曜日の夜、最後の忘年会を終え、東京駅、終電の東北新幹線です。いやあ、今年もいろいろありましたが、総じて良い年でしたね。

20191229_01.jpg

翌日は、まったりしつつ、いつもの「まるこ商店」さんで、注連飾りを購入です。店内では、店員さんが一生懸命、注連飾りや注連縄などを作っていました。この手作り感がいいんですよ。注連飾り、注連縄、輪締めを購入です。

20191229_02.jpg


2020年も激動の年となるかもしれませんが、何か、それを超えた予感も感じているのですよね。良い意味で、不幸をスルーする力がより求められていると思います。それは、身近な不幸も災害も。そして、吉のエネルギーになじみ、吉のエネルギーが当たり前となり、不幸のエネルギーが来たら、すぐに、その感覚がわかり、対処、対策を打てることが肝要だと思います。

そのために、四柱推命で喜忌をしっておく、そして喜神のエネルギーを奇門遁甲で吉をとるようにすることが予防につながると思っています。次に、様々な吉凶禍福が起きるのは当然として、そのたびに、不幸の波動に翻弄されないこと、吉の波動に気持ちを切り替えることが大切だと思います。

その役目となるのが、奇門遁甲の吉をとり深山幽谷の天地の気が凝縮された霊水を使って、神仏祈祷で作成した霊符を所有しておくことが、刀を鞘にいれるように、戦ってきたら城に戻って休むように必要かと思います。吉の波動に自分の心も戻すために。

最もいいのは、自宅の風水がそのような状態になっていることでしょう。今回、新しいアプローチとして、隕石のギベオンを使ったブレスレットを作って、ずっと装着して実験していましたが、相当な開運がありました。これもお勧めですね。左手につけています。これは、左手から気を吸い込むため、こちらから邪気の侵入を防ぐ意味でもよいです。それに隕石パワーは伊達ではないかも。

(参考:奇門遁甲、淘洗珠玉の気でパワーブレスレット作成!那須温泉神社、愛宕福神水でその場で浄化、気を注入!)

引き続きよろしくお願いいたします。


(ランキングバナークリック、記事への拍手をお願いします!)

お世話になっております。

先日の特異日は何もなかった?と思いきや、フィリピンで、マグニチュード6連発で死者が多発の状況のようです。そして、口永良部島で噴火警報レベル3、釣られるように桜島も噴火していますね。また、京都では幻日(げんじつ)が目撃されました。

先日の記事にマークした青いエリアと、フィリピンは国外で除外していましたが、当然、台風は何故かそれており空白エリアだった。

まあね、都市伝説?wですからいいんですよ。Kirunaも一時の躍動は収まりました。

それより、表題ですが、先週末は、また温泉巡りで、勿論、奇門遁甲をしながらですけど。翌日は、東南がよかったので、真岡の白蛇弁財天へ。

20191101_01.jpg

亀さんいつもの岩の上におらず、裏ての池を泳いでいました。

20191101_02.jpg

滝のところで紙幣に霊水を浴びせます。

20191101_03.jpg

その後は、また宇都宮に戻り、ショッピングモールで買い物。しかし、怪しい雲が発達しており、すぐに元梟の湯の江戸湯さんに飛び込みます。

20191101_04.jpg

その後、数分で、スコール。これは凄い、ド雨ですよ。しかも雷雲多数。

20191101_05.jpg

しかし、温泉ついて、大雨で雷雲があると、つい、「天地の気を吸収したい」というアホな衝動にかられ、露天へ。
露天で、雨を浴びながら、瞑想し、気持ち、天空の雷雲の中に身を置き、雷が自分に降り注ぎ、体が気に漲っていく瞑想をしてみます。ギラギラですね。ふとみると、雨はあがり、地平線に夕焼け色が見えました。

20191101_06.jpg

やっぱり、奇門遁甲の象意を彷彿とさえる気象現象にあることが多い気がします。

本当、近頃、本業でもこの力が大いに発揮され、本当に神懸かりというか乗っているので、有難くてしかたないのです。そういうことが当たり前に感じてきました。

そこで思うのです。信じない人、縁が薄い人が無理して、この力の援助を受けても限界があるし、信じていないのだから、無理にその恩恵にあずかる必要はないのでは?と。ましてや、私の場合、弘法大師爾来の伝統を受け継ぐ、阿闍梨の弟子でもありまして、仏縁もなく結縁の継承もない、神仏に縁がない人がね、心底、運命を変えたく助けてほしいというのは共感するのですが、やれ、勘違いにしているのか、信じたくないけどあーだこーだいう、小僧はをね、何故に、金積まれても助ける必要あるのでしょうかね?

1%の勝利者のための覇道であり、その力を世に使うための王道であり、99%の統計学を信じるならば、無理しなくて結構です、といいたいです。これは厳しいルールみたいです。たとえ親族でも。申し訳ないけど。

そういうのは、断易にちゃんと出ますよ。あなたが知らないだけでね。

引き続きよろしくお願いいたします。


(ランキングバナークリック、記事への拍手をお願いします!)


お世話になっております。

先週末、新潟上越市、上杉謙信公の魂宿る春日山城へ往復、660キロのドライブに行った明けは、先週末に発生したトラブルの本格対応を開始したのでした。

(参考:満月に向かう月、温泉での癒し。翌日は断易に従い奇門遁甲の神遁を帯び毘沙門天の化身、上杉謙信公の御霊宿る春日山城へ)

組織の長たるもの、トラブルが発生すれば、その核心から逃げずに、発生事象、問題を正しく認識し、その原因は何故なのかを突き務め、正しく恒久的な課題を見出し、それに対して対策を打つしかありません。それが問題解決につながるからです。

火曜日の午前中には、組織トップへのエスカレーションを終え、自ら現地に乗り込む気概でおりました。まさにこれが案件炎上の『火消し』です。

しかし、私自身は、何も不安も、恐れもないのです。都内の某ビルで仕事をしても、時折感じるのは、あの霧の中の春日山城の風景がシンクロし、不思議な熱さと勇気が心の底から湧いてくるのです。謙信公の魂の波動をかんじるためなのか、はてまた、奇門遁甲の力、神遁の力なのでしょうか。

(参考 Youtube様:天と地と 始まり)



組織トップより、「その火消しに強力なコンサルタントがいるんだが、癖はあるけど使ってみないか?」との打診。戦歴をみれば、おいおい、こんなキャリアの人を使わせてもらっていいのか?というほどのお方。私のようなたたき上げの者と違う方ですが、何かお会いする前から、ピンとくるものがありました。

神仏よありがとうございます。組織として応援がくるのは当たり前といえば当たり前ですが、やはり奇門遁甲の力の助力を感じざるを得ません。

お話してみるとやはりできる方ならではというか、高い志をお持ちであるため、世情で浮きがちで、この方の本当の価値を活かしきれていないようにお見受けしました。私はそもそも、組織全体に高い志をもつよう働きかけ、一人一人が指揮官と同じ情報を共有し、それぞれが独自の成長をとげるような組織運営を心掛けておりました。

それは、豊臣秀吉公の三日普請、日露戦争における秋山公と同じ考えであるし、ITにけるスクラムシップと同じスタンスです。

共に分かち合い共に戦う、といえましょうか。

ともかくコンサルさんと実際に炎上状況を共有しつつ、共に現地入りをしていきます。お客様との状況は芳しくなく、会議体も微妙な空気ながら、首の皮一枚という状態でしのぎます。しかし、やるべき方向は見えてきた。

お客様との会議が終わり、ふと、昼飯時です。

私は、「おい、みんな飯いこーぜ?」

というと、コンサルさん含め何名かがついてきました。

そこでこの辺は私は去年はうろついていたエリアでありまして、ランチマップは頭にはいっておりましたので、こっちにうまい店ありますぜ、と連れていきます。

そこで腹割で皆で会話して、意気投合したのでした。私には大きな組織目標と戦略があるのです、彼はいわば、参謀レベルなので、膝をただし、彼に話したのでした。しかし、できる方は、飲む、打つ、買うもまた凄しw

飯の後は、コンサルさんに後をお願いし、私は本社に戻ります。

その後も、お客様要望と、こちらの炎上させたPMの認識ギャップが明確になり、やっとこちらのやるべきアクションが明確になるのと同時に、社内に問い合わせすると、もっと早い段階で簡単に確認できることや、お客様の要望していることが具現化できるのに、回答しきれていなかったことが問題であることが分かってきます。

既に夕方になり、彼らとコミュニケーションツール上で状況を問診すると、コンサルさんがしっかりと作業をキャッチアップし、推進してくれていました。私は、彼とは意気投合できているし、基本、全権を委任している前提で会話していると、彼から思わぬメッセージをいただきました。

コンサルさん「皆で美味しいものを食べに行きましょう」

私「そうですね、来週の山場を越え飲みに行きましょうか」

コンサルさん「ワクワクがとまりません」

おいおい、この炎上対応中なのに、ワクワク?はっはっは、分かるぜ、どのような状況だろうと、真摯にお客様に対応しつつ、全力を尽くすべし。そして、俺らが対応すれば絶対にうまくいく、間違いない。やろうぜ!やってやるぜ!

この感じですね、物事が成就する流れの雰囲気です。チームの皆の心が結集し、一つのことを達成するように動き出す。

気が国家を生み気が国家を滅ぼす。まさにこの神の気に感ずるままに行動あるのみです。

(参考 Youtube様:川中島へ出陣じゃ)
※これはガクトさんの謙信公w



「運は天にあり、鎧は胸にあり、手柄は足にあり、何時も敵を我が掌中に入れて合戦すべし。死なんと戦えば生き、生きんと戦えば必ず死するものなり。

運は一定にあらず、時の次第と思うは間違いなり。武士なれば、わが進むべき道はこれほかなしと、自らに運を定めるべし。」


まさに、謙信公の魂の息吹をうけた神遁の力を感じつつ。

しかし、実は酸いも甘いでないですが、実は、お客様グループのトップとの営業会談の推進も成就しつつ、大勢としては、全体戦略進捗は淡々と大勝利へと駒をすすめていたのでした。

それにしても、良い仲間の粋な一言に救われました。

引き続きよろしくお願いいたします。


(ランキングバナークリック、記事への拍手をお願いします!)