FC2ブログ
お世話になっております。

本日は、奇門遁甲の南の方位は、日盤は、天盤:丁、地盤:壬(丁奇得使)、八門は生門、時盤は、天盤:丙、地盤:戊で、格は(丙奇得使だけでなく、なんと天遁)を形成。八門は生門です。

天遁とは、小野十傳先生の(参考 Amazon様:最新 奇門遁甲術入門 世界の華僑に巨万の富をもららし続ける秘中の勝占)から引用させていただきますと。

-------------------------------------------------------------------
太陽が大地をあまねく照らし、その光で万物がすくすく育つように、商売などの景気が良くなる格である。金運に対する直観力が働き、驚くような素晴らしいアイデアが次々と湧き出すだろう。しかも夢物語のようなアイデアでなく、すぐに役立つ現実的なアイデアが浮かぶことが特徴である。さらに有力者とのネットワークが密になるなど、交際関係のバックアップを得て金運の上昇が容易になるだろう。ただ、構成が複雑であるため、中々出てこない。その意味も含め非常に貴重な格である。
-------------------------------------------------------------------

今まで、月盤、日盤、時盤にしろ、◎遁という格で取得したことがあった格は、鬼遁、神遁、地遁、人遁、竜遁、虎遁、風遁、雲遁で、今回、天遁は初めて取得します。ふと現れたのでこれだ!と。

とはいえ、いつもの寺社仏閣巡りばかりにすると、家族から「おいおい、あんたのマニアックなスピリチャル紀行にずっと付き合うのは嫌だぜ?!」との反発がきますので、前半は、サービスに徹しないといけませんw

向かったところは、東武動物公園の東武スーパープールさんです。いやー凄い人です。

20190812_01.jpg

でも、波のプールで音楽とともに巨大な水鉄砲で打ちまくるイベントや滑り台も充実なので、混むのだけはきついですが、お勧めかもですね。

でも、今日行く神社は竜神だから、雨来そうだなと思っていたら、晴れていたのに、いきなりにわか雨が。

20190812_02.jpg

なんとかやんだものの、雨雲レーダーで見ると、次はもっとでかい雲が接近中!

20190812_03.png

さて、これをネタに神社へ行こうと、2時ぐらいにはプールを後にしました。でも降った後はずっと晴れていましたけどw

向かった先は(参考 Wiki様:氷川女体神社)さまへ。

20190812_04.jpg

こちらは大宮の氷川神社同様、崇神天皇の御代からの神社で相当古いです。そして、更に凄いのが、この付近に、見沼と呼ばれた大きな沼があり、氷川神社、中山神社が、直線上に並び、太陽は夏至に西北西の氷川神社に沈み、冬至には東南東の氷川女体神社から昇るという、配置になっているというのです。

そして、タイトルにありますが、「関東一之宮レイライン」結界の重要な一角を占めているです。以下の図にあるように、この関東を護るように各県の一之宮に我当する神社が暦、二十四節気の分岐点たる、春分、夏至、秋分、冬至、立春、立夏、立秋、立冬などの太陽が通る道、つまり光の道=レイラインとして繋がっているというお話です。これは日本だけの現象ではなく、世界的にみてもあるお話のようで、イギリスなどで、山岳の頂上と重要な教会などの宗教施設が直線上に並ぶことを研究されたから出たワードが、レイラインというそうです。そのレイラインが日本にはたくさんあるようです。

「日光二荒山神社中宮祠→貫前神社→氷川女体神社→香取神宮→鹿島神宮→寒川神社→玉前神社→安房神社」のラインですが、実は、氷川女体神社さんには行ったことがなかったのです。氷川女体神社から北西をみれば、中山神社、氷川神社が並び、そしてそのずっとさきに群馬の貫前神社が。東をみれば、ずっとさきにある茨木県の香取神宮との接続点にあたる神社でした。

20181006_20.jpg

※レイライン関連の記事は以下ですが、今までの行ったことがある神社で上記のネットワークが完成します。そのほかの記事が気になる方は過去記事探してみてください。

(参考:レイライン一之宮ネットワーク 貫前神社でびっくり仰天 自動車博物館に立ち寄り)
(参考:レイラインハンティング、光の道を追う )
(参考:夏至に奇門遁甲最強方位、鬼遁日盤を取得する その1 )
(参考:夏至に奇門遁甲最強方位、鬼遁日盤を取得する その2)

いよいよ参拝です。本殿で、は神道灌頂で伝授いただいた印や真言を。良かった!

20190812_05.jpg

しかし、正直、陰気が強くなっているかもですね。(吉方の反転現象かもしれませんが、蚊の大軍、ダンゴムシが本殿裏に大量に!ちょっと変かも。。。。)
※もしそういう直観があったなら、無理に御守りなどを買ったりする必要はありません。

続いて、中氷川神社といわれた中山神社さんへ。氷川神社さんへは行ったことがありますから、これでネットワークが貫通しますからw 車で10分ぐらいです。

20190812_08.jpg

おおおおお!結界が完成することを暗示しているのか?なんて清々しい!しかも雲がいっきにひいて、熱い!これは何かきてますね。

20190812_09.jpg

御火塚というものらしいです。

20190812_10.jpg

ここでも、印と真言。ここは凄く強い気を感じます。ついに一之宮レイライン結界完成!

20190812_11.jpg

「神砂」ですね。地鎮祭に使われるそうで、それに神事につかう麻をいれているようで。これは得難い。

20190812_12.jpg

無事完了!っとっとと。時盤の根付けをしないと。これは、(参考:天然温泉 森のせせらぎ なごみ)さんへ。

20190812_13.jpg

飯を食べましたが、うまい!それに温泉は最高でした。お湯もいいし、洞窟風呂とか、塩釜サウナ(巨大なドーム内に炭場の上に塩が米俵ぐらいまかれていてサウナ全体に塩っけが広がります)とか。

時盤ながら天遁取得完了!そして、一之宮レイライン完成!

充実して、宇都宮に帰還いたしました。

引き続きよろしくお願いいたします。


(ランキングバナークリック、記事への拍手をお願いします!)



スポンサーサイト
お世話になっております。

先週末は小野十傳先生スクール「奇門遁甲家相」の授業の日でした。

場所はいつもの神田。この日は宇都宮へ持っていくバックなどがたくさんあり、しかも9時を過ぎていたので「めんどくせえ、タクでいっちまえ」と神楽坂からタクって神田入りでした。土日の都内の道路は朝は空いていて気持ちがいいですよね。

20190710_01.jpg

この日は特に重要な伝授の日でした、それも家相(陽宅)における奇門遁甲盤をどのようにして作るか?というテーマだったからです。いやーこれは素晴らしいです。新しい家を作ったり、勿論、中古でも購入して造作したり、この方法を持っているか?そして、やるのとやらないのでは絶対に運勢に開きがでるのは間違いないと感じました。

そして風水、陽宅である家相の影響は住む人全員の人生に影響しています。それはこの盤で俯瞰することができるようです。その家の運勢の履歴書というべきでしょうか、凄いけど怖すぎる。だって、駄目な理気しかこない家と知らずに、何十年も住んでしまって、知ってしまったらこれはこれで恐怖かとw まあ、でも全てはご縁ですから、絶対に縁を持った方がいいに決まっています。

それにしても、いつにもまして、内容が濃すぎてついていくのが大変でした。

ほどなく授業がおわり、帰りの新幹線。

「あれ?雲に包まれているのに、やけに太陽の熱を感じる。やはり夏は近いのでは?。。。。。」と感じるのでした。

引き続きよろしくお願いいたします。

20190710_02.jpg


(ランキングバナークリック、記事への拍手をお願いします!)




お世話になっております。

地震はあの後、Kirunaが2回波打って、そのあたりで南太平洋でM7.7が起きたようですが、何もなくてよかったです。やっぱり、イルミナティカード「和光ビル倒壊」を見ると、登場人物が冬の恰好ですから年末か来年の冒頭が危ないかもですね。また、懲りずにアップさせていただきます。

さて、先日は、宇都宮から西の方角、軽井沢方面に行ってきました。(参考:鬼押出し園)というものがあるらしく、気になっていたので行ってみました。なんでも、江戸時代に浅間山が噴火したその火山大地を自然公園としているようなのです。スポンサーはあの西武グループ創始者、堤さんらしく。

ほどなく到着です。2時間弱ですね。でも、出発してからいろいろと妙なことがあり、結構な吉方位であることを確信します。

20190521_01.jpg

---------------------------------------------------------------
〇浅間山の噴火 天明3年(1783年)7月8日

4月、鳴動が始まり、大地は鳴り響く。
その後、何度となく爆発、震動がおこる。
7月に入り噴火活動は最高潮に達した。
7日の夕方から激しい噴火となる。
7月8日、前夜の鳴動もますます激しくなり、
夜が明けても空一面黒煙に包まれ、夜のように暗かった。
そして午前10時頃…
浅間山が光ったと思った瞬間、真紅の火炎が数百メートルも天に吹き上がると共に大量の火砕流が山腹を猛スピードで下った。
山腹の土石は溶岩流により削りとられ土石なだれとして北へ流れ下った。鎌原村を直撃した土石なだれはその時間なんとたったの十数分の出来事だった。
家屋・人々・家畜などをのみこみながら土石なだれは吾妻川に落ちた。鎌原村の被害は死者477人、生存者は鎌原観音堂に逃げ延びた93人のみだった。
この噴火の際、最後に流出したのが鬼押溶岩流である。
〈嬬恋村誌上巻 自然界 浅間山のおいたち・浅間山噴火史より抜粋〉

〇何故 押出しってついたの?

いつ誰によって付けられたかは明らかでない。
〈上州浅間嶽虚空蔵菩薩略縁起〉によると…
浅間山には“鬼”が住んでいることになっている。しかも、その鬼の行状が噴火に係わっているとみられることから、おそらく、押出しの奇異な現象を目にした里人によって、自然発生的に名付けられたものであろう。
この爆発の溶岩の規模は山頂火口から北方へ約5.5km、幅は800m~2kmとされ、その面積は6.8平方キロ、容積は0.2立方キロに達すると言われている。

〇浅間山ってどんな山?

浅間山が活動を始めたのは今から十数万年前と考えられ、記録として残されているのは約1,300年前(西暦685年)からで、それ以前のことは全く分かっていない。いずれにしろこの間に数えきれないほどの爆発と噴火を繰り返すことにより形成されたものである。浅間山は那須火山帯に属しコニーデ型成層火山(三重式)である。
現在の釜山は三回目にできた山という意味で、古い時代の第一の火山は黒斑山、牙山(第一外輪山)、第二にできた火山は西の前掛山と東の前掛山(第二外輪山)、前掛山と前掛山の間に現在の第三の釜山(中央火口丘)ができた。いわゆる三重式の成層火山としてなりたっている。小浅間山は高さ200mの溶岩円頂丘で、黒斑山の爆発破壊の後(約20,000年前)噴出した溶岩でできている山である。
〈嬬恋村誌上巻 自然界 浅間山のおいたちより抜粋〉
---------------------------------------------------------------

元々は、2万年くらい前は、富士山のようなでかい山だったのが大爆発で、二つに避けてしまったのが今の形の原型らしいです。やばいですね。

寛永寺管理のお寺があるようで、山門が見えてきました。

20190521_02.jpg

立派ですね。浅間山を背景に絵になります。

20190521_03.jpg

不思議な形をした溶岩台地が広がります。清々しいです。

20190521_04.jpg

何か大地の気を感じますね。力強いです。お寺が見えてきました。

20190521_05.jpg


お寺に到着して鐘を突きます。

20190521_06.jpg

本殿に向かいます。

20190521_07.jpg

本殿で、焼香して、お参りです。絵馬があったのでやってみます。これは凶を置いて行って、吉を持ち帰るというやつで、パキンと割るのです。

20190521_08.jpg

近くの茶屋でかき氷を食べてから、また歩き出します。

20190521_09.jpg

心なしか暑いです。もしかしたら、地熱がまだあるのかも。

20190521_10.jpg

供養塔ですね、御成仏あれ。。。。

20190521_11.jpg

ほどなく、お参りして、次は、軽井沢駅前のアウトレットにきました。母の日のプレゼント何か買ってやろうと。遠くに、スキー場がみえたり、駅を取り囲むようにモールや公園が連なり、リゾート感、リッチ感が半端ないかもです。

20190521_12.jpg

日が傾いてきていい感じです。

20190521_13.jpg

ここで写真をとる外国の人がいました。私もw

20190521_14.jpg

これ公園ですが綺麗ですよね。壬水に輝く太陽、吉祥ですね。

20190521_15.jpg

帰りは18時ぐらい。この時間帯、碓井軽井沢IC入り口や藤岡JCTあたりが混むのですよね。よし、時間かせぎと根付けで温泉いきますか。折角だから、掘り出し物的な場所を探索。高速を使わず、碓井峠を国道沿いに降りていく感じで途中、山に向かったところにいい感じの温泉がありそうです。

(参考:砦之湯)さんです。

20190521_16.jpg

温泉成分もよさげでした。

20190521_17.jpg

激腹へっていまして、来る前にラストオーダー時間を聞いていました。なんとか間に合いました。ボリューム満点で美味しかったです。

20190521_18.jpg

しかもおまけをつけていただいたり。筍ですね。

20190521_19.jpg

すっかり癒されて、帰還したのでした。

引き続きよろしくお願いいたします。


(ランキングバナークリック、記事への拍手をお願いします!)





お世話になっております。

先週の連休中に、小野十傳先生の奇門遁甲家相スクールがありました。

内容的には、しっかりと地層の見方、陽宅の見方をやりつつ、奇門遁甲家相につなげていくというもの。これは得難いです。

20190509_01.jpg

いつもの10時から16時までの耐久授業が終わり、新幹線で帰還しているときでした。

久しぶりの大阪のお客様から「高野山にて胎蔵界結縁灌頂を受けてきました。素晴らしかったです」というようなご報告をいただきました。勿論、吉祥なのでおめでとうございます、とご連絡したのですが、「ああ、そうだ、例の彼は行ったのだろうか?」と思い、例の会社の部下の方にラインしてみました。すると、

「受けてきました!母親と受けてきたのですが、素晴らしかったです。このような機会を得て母親も感謝しております。是非、今度はもっと勉強してから秋の灌頂にも来たいです」とのお返事が。

(参考:【奴隷サラリーマン逆転の奇門遁甲!VOL.1】キングダム「一度奴隷になったら大人になっても奴隷」ふざけるな!職場の虐めにあっている中堅をみて、よし!こいつをPMとして成功させて奴等に見せつけてやるぞ! )

そうですよ、明治以降、日本は士農工商もなくなり、宗教もフェアになったのですから、このようなかつての支配者階級が結果的に独占してきた権利をいただかないのは人生にとって大損かもです。かつては天皇、貴族、武家、江戸時代には富豪も受けたのでしょうが、そうした希少なご縁で、知る人ぞ知る、悠久の時を超えて、大日如来から連綿と阿闍梨達のよって連なる仏縁を得る儀式ですから。ご縁があればまずは、金剛界、胎蔵界両部の結縁灌頂を。ご縁があればなんどでも受けたいところです。ようは弘法大師が中国に渡って伝法灌頂を受けた儀式の在家向き版と思えばよろしいかと思います。絶対得難いですし、密教のお師匠様は相当に開運する、とおっしゃいます。

(参考:春の高野山、胎蔵界結縁灌頂、嶽弁天、天河弁財天、龍泉寺、そして吉野山・蔵王堂の思い出 )
(参考:我が家の守護神、立里荒神とのご縁 )

帰宅後、例の館山千倉の安田農園さんの高級メロンを食べつつ、ホント良かったな、と。実際、開運目指して受けようとすると、思わぬ邪魔が入ったりするものですから。逆にそれだけパワーがあるというものです。

20190509_02.jpg


話がそれました。それはそれで吉祥なお話でしたが、今は風水家相の話をしていました。

考えて見れば、パワーボックスは自宅、自室に奇門遁甲の座山の造作をしてその人の地場に働きかけて、人生を変えるというものでした。これは、自宅の土地があれば当然、土地に造作した方が効果は高いです。そして、奇門遁甲家相として考えれば、自宅の新築時の設計や、リフォームする際の設計で考慮できれば、何も造作しなくても、家の形自体がパワーを発揮させることができます。そりゃ、良い家相ならばいちいち土地への造作やパワーボックスもいらないわけです。そして風水家相が良いことは、悪い家相に造作をするよりはるかに効果が高いようです。言ってみれば、スーパーカーを更に改造するのと、軽トラにF1のエンジンを積んでも限界があるわけですから、元の作りが良ければよいほど、改造後のパワーもあげられるというものです。

これは得難いノウハウです。是非、私も今まで学んだ、四柱推命、断易、そして奇門遁甲家相を駆使して、住宅の新築、リフォーム設計を手掛けてみようかな、と思う次第でした。風水家相と命理が全く関係性がないと思っていると危険だと思います。これは奇門遁甲の立向、座山造作も同じですが、喜神、忌神を把握していないと効果がでるどころか逆効果になりかねない理に通じるからです。逆にいうと何も考えずに家をいじること、土をいじることって怖いですよね。そして、五術には卜占があり、断易によってその処方があっているのか?想定外の問題が内在していないのか?を確認しないといけません。命卜相の連結が基本ですね。そして、良い土地、良い風水家相に住むことは、仙道では必要なこととされているようです。そして良い風水家相に住むことは必然的に健康、つまり医につながるわけです。ここで命卜相医山が完成します。

引き続きよろしくお願いいたします。


(ランキングバナークリック、記事への拍手をお願いします!)




お世話になっております。

仰々しいタイトルですが、金運を呼び寄せるには?! 前にこんな記事を書きました。あの仙道家、高藤総一郎さんネタですw

(参考:今生で幸福を得たいなら仙道が最適だと?!>共有 黄金瞑想法(by 高藤総一郎さん) )
(参考:仙道帝財術/金持ち、素寒貧の八卦改造の奥義は四柱推命の用神のことと見つけたり! )

しかし、この金の気を呼び寄せる高藤総一郎さんのネタ、大阿闍梨に言わせると一応効くようですよ。

(実際に高藤総一郎さんに仙道の直伝をうけつつ、とはいえ高藤さんかなりキテいる方だったようで、それを超えて、密教の大阿闍梨になられた方。娑婆で会社を経営し稼いだ金を修行に突っ込み、様々な古来の伝法の血脈を割り出し、はては、古神道、修験道、密教、陰陽道などなど様々な伝授者から伝法をうけつつ、正当な真言密教の大阿闍梨に上りつめ、寺族でもないのに、40歳代で一山の住職になってしまった稀有の方。これは凄いことなのですが、一般の人にはわからない世界です)

で、私も金に困ったときはこの「金の気を呼び込む瞑想」をやるんです。目をつむり、真っ黒な虚空に黄金の眩しい金脈が光だし、これと体がパイプでつながって黄金の気が流れ込み、体が黄金に輝きだすという瞑想を。

これはこれでやっぱり効くようです。地位があがったり、仕事がうまくいったり、目先の金がはいってきたりします。

ところが、阿闍梨曰く。「在家次第の食事(じきじ)作法やってます?あれをやっていると、陰徳が積み上がり、いついかなる時も食いぱぐれがなくなるのです」

ええ!?確かに陰徳積む必要性は意識ではわかっているのですが、なんで?

でも、これは占いの勉強で悟りました。

必ずしもある方向の行いが、ある視点から見ると全く異なるということを悟るということと、結果的に同じ因果関係になるということを。

なんていうのか。エクセルで複数の列に対して複数のフィルタ条件を設けてみたものの、結果は同じデータが算出された現象のようなことでしょうか。山を登るルートが違くても頂上にはどれるようなお話です。

もうちょっと、人間寄りにいいますと、良い人集まれ!ということと、覇道の人集まれ!という検索条件があるとします。さて、お互い被るでしょうか?全く排他的でしょうか?答えは、良い人の延長線上に、覇道の人もいますし、覇道の人の根源が良い人の心だったりするので、勿論、全く異なる因子もあるのですが、被るはずなのです。少しはわかりました?
まあ、あの子は本当、クラスの嫌われっこなのだけど、本当は自然が大好きな良い子みたいな、善悪で割り切れない領域を言いたいのです。

とまあ一旦発散しましたが、陰徳の拡大と金の瞑想に被る部分があるから、同じ効果があるというのは占術ではわかる領域です。
あくまで人間の心の成長の状態に紐づくお話ですが。

大分、抽象論で失礼しました。いずれにしても、金の瞑想は効くのですw これは気の原則、似たものは引き寄せる法則に基づきます。(例、病気の人といると病気になりやすい)

そんな考えが底辺にあるものですから、「ああ、いつか金の気の元である、鉱物としての金塊が欲しいなあ。でもそんな馬鹿高いもの手に入るわけないし。そうだ、例の砂金を算出したエリアに何かないのかな?」と、以前、栃木県那珂川町小砂焼きの里に行った際に聞いた話から、考えておりました。

(参考:やっと辿り着いた聖地?日本で最も美しい村、小砂)

あの時の後、ちょっとしたトラブルがあり、送られてきたコーヒーカップの取っ手がないということがありました。いつも対応されている係の方でない方が(それが社長さんだったみたいで。連絡ミスなのでしょうが、奈良の大仏の話や水戸藩のお話いただいたし、逆にありがたやです)ご連絡したら「返金させていただくか、間違えた焼き物を持ってくれば、無料でもう1回体験して製造し直します。また郵送はこちらでやりますので」とのこと。これを聞いたとき、つまり行った際も奇門遁甲の方位取りをしているのですから、「ああ、これはもう1回来いということかもな」と思いまして、また体験に伺います、といっておきました。あの奈良大仏の金の話もあり、北東が開いたら(開運方位で)再び行くつもりでおりました。そのタイミングがやっと来た感じになります。

で、宇都宮から1時間半ぐらいでしょうか。ほどなく(参考:藤田製陶所)さんに到着です。

20190419_01.jpg

陶器作り体験コーナーへ

20190419_02.jpg

家族が再び体験です。まあ2回できたから御の字ですよねw 伺ったお話だと、前回伺った日はご家族で大イベントがあり、専任のご担当さん(この方もご一族の方でしょうけど)の代わりに、社長さんが代打してくれたようでした。このように奇門遁甲を使うと、目上や地位の高い人にふわっと会えたりするのです。偶然とは不思議です。

20190419_03.jpg

で、例の奈良の大仏の産金の関わる神社を発見していたのでした。実は以前からこの神社前を素通りしておりましたw 名前が気になっていたのです、町の単なる村社だろうと。(いくら物好きの私でもそこらじゅうの神社いってるわけにもいかず)

しかし、こうした歴史を知ったわけですから、この神社、半端ない神社になったわけです。小砂焼きの里からそう遠くないです。10キロぐらいでしょうか。到着です。

(参考:健武山神社)様。

着いて、こちらの「古代産金の里」の記念碑があるのですが、ちょっと写真では見にくいですが、横に書いてある文字はなんと、「大蔵大臣 (参考 Wiki様:渡辺美智雄)」さんですよ。

「ゲゲ!ミッチーさんの寄付か?すげーな?」と独り言を発すると、家族が「何々?ミッチーがいるの?」と反応。いやいや、妖怪ウォッチのミッチーの話じゃないのですよw

20190419_04.jpg

こちらには歴史的な背景を説明されています。

20190419_05.jpg

「古代産金の里

奈良時代の天平十九年(747)奈良に大仏鋳造が始められ、佛像に塗る黄金に不足し聖武天皇は大層悩みになられた。この年下野国から黄金の発見が奏上された。
これがわが国最古の産金である。この地の黄金は長年にわたって朝廷に献上され 大陸文化の輸入に役立った。
のち 平安時代の承和二年(835)黄金を産する山に鎮座する武茂の神に従五位下の位が授けられた。
かくの如く この地はわが国最古の黄金の里であった。
これを後世に伝えるために「古代産金の里」の碑を建立するものである。
昭和六十三年三月 」

との記載が。さすが、ミッチーさん。地元の神を顕彰し、地元のために地道な活動されていたのですね。大臣歴任になって、那須に国会をなどの活動までやっただけはあります。(息子さんもこの神社にお参りすれば、お父様の気に触れられるかもw と思ってぐぐったら来られていましたね。きっとご成功されますよ。)

(参考 facebook様 渡辺喜美 様:那須のゆりがね「古代産金の里」那珂川町の健武山神社を参拝)

さて、そんな感慨が一瞬よぎりつつ、静まり返った境内へ。

20190419_06.jpg

御由来が記載されています。

20190419_07.jpg

「健武山神社(健武さん・健茂さん)
 本社は延喜式内下野十一社の一つで大同元年の 創始といわれています。大字健武字武部と天梅の地にあって祭神は 「日本武尊」と「金山彦命」の二社で日本書紀に 「日本武尊白鳥云々……欲録其功名即定武部」と あります。また、この地方の産金は「那須のゆりがね」として 昔から和歌にも詠まれ遠く都にもその名が知られて おりました。「金山彦命」については、続日本後紀に「承和二年 下野国武茂神に従五位を授け比神採砂金の 山に座すとみえる」。そして水戸斎昭が深く崇敬し 社領十七石を寄進され、毎年の例祭には奉幣紙 が遣されていた。
 境内の古杉老樹、目前の武茂の清流はいにしえの 歴史伝説へと心を誘う景勝の地でもあります。
  〔社殿〕
    本殿(神明造)
    拝殿(神明流造)
    手水舎・神饌所・社務所
  〔祭祀〕
    例祭 四月三日
    祈年祭 二月二十二日
    新嘗祭 十一月二十三日
  〔特殊神事〕
    髪焼祭(婦女髪の焼納)一月十四日夜
    注連縄焼き 一月十五日朝 」

とのこと。

本殿でお参りです。黄金の瞑想をしておきましょうかw

20190419_08.jpg

帰りに鳥居方向をみると、神社のうす暗いところから鳥居の開けた明るさが良い調和を感じます。

20190419_09.jpg

続いて、なんと、砂金取り体験ができるお店を発見したのでしたw

(参考 御前岩物産センター様:砂金採りの準備が出来てます。お待ちしてます。)「まじか~!!」
お電話してみると、OKとのことw ただ、道具はお貸しするので自己管理で注意してやってください、とのことでした。

早速、お店にいって、道具がある場所へ。例の古代産金の里の話が書いてあります。道具が揃っていますね。さあ、古代の砂金取り集団の方のようにレッツゴー!w

20190419_10.jpg

店の裏の武茂川でやるようです。

20190419_11.jpg

川からお店を振り返るとこんな感じです。ああ、蕎麦打ち体験や蕎麦食いたかったー。時間が微妙で金に目がくらみ。。。。w

20190419_12.jpg

やってみますと、これが金?意外とちょろちょろとれたようでした。

20190419_13.jpg

1時間ぐらいやっていますと、流石に腰がw もういいでしょう。これを種銭ならぬ、種金として財布にいれたり、神殿の神に奉納したりしようかと。なかなかできない貴重な体験でした。御前岩物産センター様、ありがとうございました!

さて、折角なので、御前岩をご参拝です。

20190419_14.jpg

所謂、陰陽信仰の聖地のようです。こちらが女性を表し、男性を表す祠が川の対岸の崖の上にあるようです。

20190419_18.jpg

橋から風景をみるとまたいいですね。

20190419_15.jpg

うわー。ともかく山の頂上は避けてほしいw

20190419_16.jpg

でも、崖の上すぐ上にありました。お祈りを。

20190419_17.jpg

腹も減ったし、根付けにいかないと。(参考:佐久山温泉 きみの湯)さんへ向かい、食事をしてゆっくりと温泉に浸りました。

引き続きよろしくお願いいたします。


(ランキングバナークリック、記事への拍手をお願いします!)