お世話になっております。

本日は気怠く家におりましたが、腹が減ってきましたので出かけようとしますと、急に空が暗くなってきました。その時の奇門遁甲の時盤で見ますと、南西で壬丁の干合鬼神(かんごうきじん)ですが、八門は驚門で、雷や雷雨がきましたので内容が合致してますから、次の刻を見ますと、乾木列炎(かんぼくれつえん)、甲丁で八門は生門でこっちのがいいかなあ、と17:20ぐらいに玄関をあけましたが、明石標準時との栃木県の差は21分で微妙な感じでした。まあ小野先生の本では、実時間でよいと仰っておりますので気にする必要はないのですが。

(参考 Amazon様:「最新 奇門遁甲術入門: 世界の華僑に巨万の富をもたらし続ける秘中の勝占 (エルブックスシリーズ) 」)
(参考:「推薦図書「最新 奇門遁甲術入門: 世界の華僑に巨万の富をもたらし続ける秘中の勝占」 )

小野先生の御本によれば、

〇干合鬼神(かんごうきじん):(大吉)天盤が壬、地盤が丁

鬼と神が合体する象である。壬儀は勝負運を司り、丁奇は明知の象である。この二つが合体することで、あらゆる成功や才能開花の意味が込められている。この方位は不可能を可能にする方位である。

〇乾木列炎(かんぼくれつえん):(大吉)天盤が甲、地番が丁

乾いた木材が勢いよく燃え盛る象である。トントン調子に成功することが告げられている。周囲への誠意や親切がプラスとなって返ってくるだろう。一つの成功が意外な方面に飛び火して運勢が開かれる方位である。

雨はあがって傘をさす必要もなく車に向かい発進しますと、凄い雷と雨がふってきました。空は真っ暗。ところが、すぐに西の空が晴れてきて、完全な天気雨になっていました。夕日が美しいです、ぬれた路面に反射しています。太陽は丙ですが、火と水の交わるこの様は壬丁に見えなくもありません。

IMG_0092.jpg

更に進みますと虹が出てきました。西に夕日、東に虹の状態。凄いですね。

IMG_0088.jpg

さて、お風呂前に大したものを食べていないので、例の栃木B級グルメ、(参考:石焼ラーメン火山)様へ。

IMG_0097.jpg

今日は、じゃがバターラーメンです。なんでもお客様アンケート作品だとか。しかしこの石焼ラーメンこそ、自然の火である丁火ですわね。300度まで熱した石鍋にラーメンを載せて沸騰させる様です。まさに水火激中の象。これは四柱推命の用語で、水を欲して火が強いところにいきなり水をそのまま与えちゃうと水蒸気爆発する現象のことのようです。

IMG_0102.jpg

うまい!これはいける。じゃがの間にひき肉のようなものが。バターに粉チーズもついてます。塩系でうまいですわ。

温泉は(参考:湯楽の里 栃木店)様。

入口には季節のオブジェ、大きな筍、というよりは竹ですかね。いいですね。

IMG_0108.jpg

炭酸水素温泉で湯質はばっちりなのです。露天の椅子スタイルのお湯で寝てしまいました。寝ていますと、夢を見ました。先日見た映画(参考 映画.com様:美女と野獣)の四柱推命での解説を四柱推命でしている自分の言葉を聞いている夢です。これは前回の続きのような夢でした。

(参考:「ガトーショコラ?ラスクだろーが!まったく!「ガトーフェスタハラダ」様工場見学 」)

多分、大運が忌神が訪れて、最悪の自己中心、エゴを出してしまった。王子様。運命が落ち目の時のステータスはどのように変わっていくか?重要なバロメータは孤独になること。そう、人々に愛想つかれ誰からも相手にされず意固地になり自滅していきます。勿論、病気になり最後は死ぬのです。財運などとうに果てているでしょうね。これが落ち目のステータス表を雑駁に流した感じですかね。
男であれば妻財たる女性に嫌われるのは致命的です。五行の五芒星に断易の各用神を当てたもの、これが娑婆世界の真理図であります。まさにカバラのフロイトの図に匹敵するかと。男たる官鬼の元神(げんしん)は妻財(さいざい)ですから。四柱推命もこの五芒星、ペンタグラムに匹敵します。四柱推命ならばこの五芒星の角に比肩、印綬、食神などがマップされます。で、この美女と野獣が四柱推命的なのは家来は王子の命式の別の干支のように見えます。皆、王子と一蓮托生ですし。で、魔女に呪いをかけられた薔薇の花びらはまさに、乙木。奇門遁甲の造作で花を使うのですが何か関係があるのかもしれませんね。この五芒星は頂点の外枠を包む線は相生関係で、頂点を内側に星を書くように結ぶラインは剋の関係です。王子の命式はわかりませんが、大運が忌神となっているのは明白。ここで来るのが喜神を持つ美女、ベル。彼女が王子の冷え切った心の命式を溶かす用神を持っていると想定されます。魔女は「王子が愛し、愛されたら呪いが解ける」といってますが、もし忌神の女性だったらどうなったことか(^^;
彼女が王子の喜神を持つ女性であったとして、王子は先祖や神仙、神仏に感謝しなくてはいけません。周りの召使達がどうにかして二人の愛を育もうと努力しているのは先祖運でしょうね。もしこれに王子が、意固地なエゴイズム、自己中心的なロゴスで彼女を遠ざけたたとしたらどうなるのか?
もう回転ずしで神様はトロを流さないですよ。いきなり回転すしの話ですいません。神様も回転寿司のようにいろんなネタを流すのです。それをえり好みする人はエゴイストなのです。段々、悪いネタが回ってくる。だって神様もいろんな人を相手にしてます。フェアですよね、そりゃ。それでも否定する人はもうこなくなります。これはまた別の方の言葉だったかもしれませんが。四柱推命でみても、大運の準備をして大運を活用するのが最上、大運に入ってからその存在をしって動き出すのは良、大概気付かないが普通、そして最悪なのは忌神を呼び込む行為、具体的には言動をしてしまうこと。この世の結果は全て言動、行動の結果であることを忘れてはいけません。小野先生の教えでは準備不足の大運は目が眩む様だという言葉も。あなたは大運の準備できてますか?(笑)

しかし、美女と野獣の王子はぎりぎりで運命の定めに素直にしがたい、愛を選んだ。本当、死との裏腹。こういう四柱推命の持ち主を絶中生というのです。復活はまさに変身です。神々しい。大運で変わることができる人はこのような大変化が起こります。

(参考 youtube様:Beauty and the Beast [1991] Transformation )



このような作品、特に神話などは侮れないというのは誰でしょうか?ユングですよ、深層心理学の父がいいます。本当ですよ。というような内容を同じ栃木出身の友人に説いている夢でした。なんだか不思議ですね。友人がにっこりする顔が見え、おもむろに目が覚めました。

孟浩然(もうこうねん)の漢詩。「春眠不覚暁 処処聞啼鳥 夜来風雨声 花落知多少 」
意訳は「春の(心地よい)眠りのため、(春は)明け方が来たのがわからない。あちらこちらで鳥が鳴くのが聞こえる。夕べは雨や風の音(が聞こえた)。どれだけの花が散ったのかわからない。」

さて、我々が目指す斯道、玄学に縁なく散る花がどれだけあるのか。この世は諸行無常、これも春の花びらなのか。美しくも悲しいですね。

ともかく温泉も自然の様々なエネルギーが宿っています。マントルの土と火、温泉に溶け込んだ土に含まれるミネラル、金属物質は金、そして地下水。温泉は本当、自然の薬ですね。

IMG_0106.jpg

一刻の境である、21時過ぎまでいて、温泉を後にしました。

引き続きよろしくお願いいたします。

(バナークリックお願いします!)


スポンサーサイト
お世話になっております。

改めてお世話になっております小野先生の奇門遁甲ですが、小野先生のブログの過去の記事や御本で日露戦争の日本海海戦で連合艦隊が奇門遁甲を使った形跡があるとご報告させています。御本では、冒頭、平安京の移転にも使われているとの説も開示いただいております。

日本海海戦とは、日露戦争において、大国ロシアの最強艦隊がアフリカを抜けて日本に到達。日本は風前の灯火の状態にあったのです。もしこのままウラジオストクに入港されれば、日本は制海権を失い、間違いなく日本はロシアの侵略をうける。この空前絶後の国難において、日本は準備に準備を重ねておりました。その準備は、軍艦を買う金はない、日本などという有色人種の猿の国の国債を買う国は皆無でした。高橋是清公は、イギリスのユダヤ財閥、ロスチャイルド一族、ジェイコブエンリーシフ卿に出会い、軍艦三笠以下軍艦調達の資金を入手に成功します。
一方、連合艦隊総司令官、東郷平八郎元帥は韓国、鎮海湾で訓練を重ねていました。NTT、の前進である逓信省によって東京と鎮海湾の間には電話回線が設置され、モールス信号によってリアルタイムに連携がなされていました。100年前にこの通信インフラ凄いでしょう?
1日に1年分の弾薬を使い湾内の小島への射撃訓練を重ねていたところ、島は形を変え全くなくなってしまった。徹底して訓練し、準備していたのです。その中に、方位学の準備はなかったのか?

奇しくも手元には(参考 Amazoz様:「日本海海戦から100年 アルゼンチン海軍観戦武官の証言」)なる本がございます。

IMG_0068.jpg


この本はレア本でありまして、末文を引用させていただきますと、元自衛艦隊司令官であらせられた五味睦佳様が、練習解隊指令官として、海上自衛隊の遠洋航海部隊を率いてアルゼンチン共和国を訪問された際、海軍歴史資料館を見学されたようです。その資料館の陳列台にドメック・ガルシア提督の「日露戦争開戦報告」に目が止まり、一気に虜になられたようです。そう、ガルシア提督が搭乗していた装甲巡洋艦「日進」は日露戦争前にアルゼンチン海軍が日本に譲渡してくれた二艦のうちの一隻であり、日本海海戦で最も活躍した一隻であると知られていたからだというのです。このような歴史的経緯がある方の貴重な資料が地球の反対側でご縁がでるとは、またそれに気づくとは素晴らしいとしかいえません。
その後、当時のホセ・R・サンチス・ムニョス、アルゼンチン共和国大使のご尽力があり全コピーが海上自衛隊に贈呈され、当時の海上自衛隊二等海佐であらせれた津島勝二様が翻訳され海上自衛隊の教育資料として活用されるにいたったようです。

この資料は政策、戦略、戦術、教育訓練等について幅広く観察分析されており、精密な報告がなされていたようです。
同時に国家存亡の危機にあって明治の先達達が如何にして国難に立ち向かい、いかに戦い、如何にして国難を切り抜けていったについての日本民族の偉業を後世に伝える歴史的資料といっても過言ではないと感じられたようです。

その後、ありがたいことに日本アルゼンチン協会のご尽力で発刊されたようですが、改めて100年を迎え再発刊されたのがこの本であるということです。
関連する海戦の前後の事情や図などが詳細に記載されています。

気になるのはあの瞬間でしょう。「とぉぉりかぁじ いっぱい!」

(参考 youtube様:「取り舵いっぱい 」)



「ロシア艦隊と日本艦隊が縦一連に接近したその瞬間、東郷平八郎総司令官が、おもむろに手をあげ、左に手を下げた。これは(参考 Wiki様:取舵)といって、左に方向転換することです。逆の(参考 Wiki様:面舵)は右方向です。

------------------------------------------------------------------
〇取舵(語源)
方角を十二支に分けた場合の酉の方向(西、北を上にすると左)に舵をとることから。英語ではPortという。これは、昔の船では、舵が右舷側に設けられており、舵のない左舷を港側にして接岸することが多かったためである。

〇面舵(語源)
方角を十二支に分けた場合の卯の方向(東、北を上にすると右)に舵をとることから、卯の舵(うのかじ)が徐々に転じて面舵(おもかじ)と呼ばれるようになったとされる。英語ではStarboard(スターボード)という。これは、昔の船では舵を取るための板(Steer Board(ステアボード))が右舷に設けられており、これが訛って右舷側に舵を取ることをStarboard(スターボード)と呼ぶようになったとされる。
------------------------------------------------------------------

なんと、全方位十二支を分割して方位を考えていた、方位術そのままですね。


小野先生はこの時に利用された奇門遁甲のエネルギーは「獄神得奇(ごくしんとっき)」であると分析されています。

先日ご縁のあったエネルギーでもあります。

(参考:「那須、スノードーム作成体験/「関聖帝君、験を磨き鍛冶錬金と成す」 」)
(参考 Amazon様:「最新 奇門遁甲術入門: 世界の華僑に巨万の富をもたらし続ける秘中の勝占 (エルブックスシリーズ) 」)
(参考:「推薦図書「最新 奇門遁甲術入門: 世界の華僑に巨万の富をもたらし続ける秘中の勝占」 )

------------------------------------------------------------
(意味)地獄の神が奇跡を起こす象である。絶体絶命のところから大勝利に導かれる方位である。しかし運気を使い果たすため病気の心配があることは記憶すべきである。ちなみに、日露戦争において、東郷平八郎率いる連合艦隊はバルチック艦隊に対して、T字になるように進路を変えた。この進路を時盤でみると獄神得奇なのだ。これが奇跡的な大勝利につながったのである。
------------------------------------------------------------

IMG_0069.jpg


実はこの海戦以外でもあちこちに奇門遁甲の利用形跡が多数あると、先生は仰ります。それは大戦略、戦術、政策様々です。これらはまた継続調査が必要でしょう。いずれしましても、ある日時にある方向に軍事行動するということは奇門遁甲の真骨頂といえるでしょう。

ロシア艦隊と連合解隊が縦一列で接近するこの場面で取舵方向への操舵はロシア艦隊の射撃の的となる自殺行為でありまして、今までの海戦ではありえない行動でした。しかし、一撃必殺を狙う東郷平八郎は絶対に逃がさない三段でことに臨んだのです。ロシア艦隊の射撃の雨にさらされながら日本艦隊は一筋になって隊列を乱さず、ロシア艦隊の一列に対してTの字になるように構えます。そう、(参考 Wiki様:T字戦法)です。確かにこれなら逃がさないのでしょうが、隊列が整うまでにやられしまいます。しかし、不思議に日本艦隊は被害なくこの奇跡の艦隊行動に成功します。今度は連合解隊の正確無比な射撃が開始されます。ロシア艦隊は見る間もなく火の海となり、壊滅にいたります。そう、まさに地獄の神が召喚され、地獄に突き落とされたように。。。。。。。。

この勝利は、アメリカ、イギリスなどに絶賛され、東洋のネルソンと讃えられ、未だにイギリス軍、アメリカ軍では東郷平八郎は尊敬されていることを記しておきましょう。東郷平八郎は降伏したロシア艦隊総督の病院を訪ね労った程の侍の人であります。

全方位を敵にして世情をしらず意固地な戦争をはじめた太平洋戦争後、三笠は荒れ果てた姿でしたが、戦後、イギリスの有志の方々の働きかけがあり今は記念館として残っています。当の日本人達が目先のことに振り回され、世界から尊敬されている歴史をみようともせずにいることは個人的には勿体ないと思いますね。

いずれしても、日本には国難に立ち向かった諸先輩方がおられ、またその意気を伝える海外の方もいらっしゃる。そうした素晴らしい歴史を持つ国です。そして、現在も奇門遁甲を使う九流術師がおられる。諸先輩方の血と汗の結晶を今に伝える、小野先生やその師匠、先輩の方々にただただ感謝するところです。

今朝も北朝鮮の弾道ミサイル発射により、都内の電車や新幹線が一時的に停止するなど影響がありました。

(参考 NHK様:「北朝鮮ミサイル 一部交通機関が運転見合わせ」)

(参考:「Kiruna乱舞開始(4.22) 、イルミナティカード「Up against the wall」実現か?! 」)

引き続きよろしくお願いいたします。

(バナークリックお願いします!)


お世話になっております。

なんとなくお世話なっている方に精をつけていただきたく、こちらにお呼びしました。

(参考 ぐるなび様:やま笠)様。

IMG_0061.jpg


もつ鍋でした。味噌を食べ、まだ皆さんお腹が空いていたようで。

IMG_0063.jpg

今度は醤油を。しかしながら、味噌の残り汁がもったいない。これは味噌チーズ雑炊に。とても美味しくいただきました。皆さんもお喜びいただいたようで。

IMG_0064.jpg


そして、醤油の方は辛麺にて。

IMG_0065.jpg

日本酒が合う。五臓六腑に染み渡る。。。。

まだまだ神楽坂のお店、開拓は始まったばかりです。。。。。

この時間、角栄通りはまだ登り方向でした。。。。

IMG_0066.jpg

引き続きよろしくお願いいたします。

(バナークリックお願いします!)


お世話になっております。

先週末、もう一カ所ドライブに。那須の(参考:ホテルエピナール那須)様で、スノードーム作成体験ができるとか。

(参考:スノードームファクトリー)様。

この日は奇門遁甲でみると北はろくでもない盤でいきたくない。でも行きたいと騒ぐ人がいまして。っと、東北を見ると、「鍛冶錬金」ではないですか。

向かう方角の両脇二方がだめだとどうしようもないですが、これなら根をつかせず、なんとかなりそうです。しかし、そういうことを考えていると邪魔が入ります。予約時間に間に合うのか?なんとかホテル到着です。体験工房の方へ。

IMG_0015.jpg

いいですね、凶方ながら場所が素晴らしいので清々しいですが、私には分かります、何か気持ち悪さがあります。

体験工房、本当、いい雰囲気。凶方からきたって、それはこちらの都合でして、すいません。

IMG_0016.jpg

ここの工房はかなりの規模みたいですね。スノド以外にもシルバーアクセとかいろいろあるようです。何か癒されます。パワスポかも。

IMG_0018.jpg

優しく綺麗なお姉さんがご指導してくれます。凶方位で殺を避けるには?できるだけ意図的に金を落とすこと!こりゃ、行った全員で体験だ!

このようなスノドに入れるオブジェを選びます。

IMG_0021.jpg

私はこの後取る、エネルギーを「鍛冶錬金」を意識しておりましたら、おっこれは関聖帝君では?!
これだ!題名「関聖帝君、験を磨き鍛冶錬金と成す」

因みに関聖帝君は中華街の関帝廟が有名ですね。

(参考:「中華街関帝廟、媽祖廟に参拝。風水道具を扱う中国雑貨店「花地」さんにご挨拶 」)

IMG_0031.jpg

選んだオブジェの構成を考え設置します。実際に水を入れると見え方が変わるようで、この辺はお姉さんに従いましょう。
次は糊付けです。

IMG_0029.jpg

その後、紫外線にあてて固めます。次に、スノドの水に入れるキラキラを選びます。

IMG_0035.jpg

IMG_0043.jpg

そして、水をいれます。ここまで体験できるのはこちらだけだとか。流石!

IMG_0053.jpg

最期に蓋をして、

IMG_0054.jpg

こんな風になりました。この後、根付きの方位は東南となります。この時間に生まれ出でた開運スノードームがとるエネルギーはなんと「獄神得奇(ごくしんとっき:地獄の神が勝利に導く)」みたいです。

IMG_0055.jpg

しっかりと箱にいれてくれます。

IMG_0058.jpg

満足満足。どなたかこういうオブジェ興味ありますかね。。。。鍛冶錬金、獄神得奇のエネルギーを帯びた関聖帝君のスノードーム。一番高いのがこの作品みたいでしたw

さてさて、凶が根付く前に移動を開始しないと!余りの居心地の良さでぎりぎり脱出。今度は吉の時来たいですわw

時盤の刻ぎりぎりで、こちらは、(参考:大田原温泉 太陽の湯)様へ。しかし、吉エネルギーをとろうとすると明らかに邪魔する車がでてきます。本当不思議。

つきました。時の境目、10分前。

IMG_0059.jpg

湯質最高です。とろみがあるし、なんとお湯飲めます。また、水風呂は地下100メートルぐらいの地下水でうまいです。サウナの後が最高です。

たらたらとおうちに帰りました。

引き続きよろしくお願いいたします。

(バナークリックお願いします!)


お世話になっております。

昨日は、完全空振りで失礼しました。しかもその時間帯、私は映画なんぞみておりまして。(^^;

懲りずに引き続きよろしくお願いいたします。

昨日はまたまた、奇門遁甲をつかってのドライブにいきました。使う本は、勿論、小野十傳先生の御本(参考 Amazon様:最新 奇門遁甲術入門: 世界の華僑に巨万の富をもたらし続ける秘中の勝占 (エルブックスシリーズ) )です。

(参考:推薦図書「最新 奇門遁甲術入門: 世界の華僑に巨万の富をもたらし続ける秘中の勝占」 )

あの難解で運用が難しく実用に合わないとかつての占術師たちを言わしめた、神秘の法をこれだけ普通の人でも使える形にしていただいた、小野先生は素晴らしいとしかいえません。ともかく、物事の整理学が素晴らしいのです。難解な漢文の原典書を和訳し、様々な師匠からの伝授をうけ、授業ノートを保有され、圧倒的な情報量から俯瞰し、「普通の人でも利用できるように」とのお思いでつくられたと思われる珠玉の一冊。この整理をするということ自体、陰徳を積める行為のようですが。。。。。。

さて、いつどこに行くのか?自宅を出る時間を奇門遁甲ではみます。この辺、気学や八門のみしかみない八門遁甲とことなりますので、注意が必要です。13時以降を想定しておりました。奇門遁甲では一日を12パターン、十二支で分けてみます。写真の中央の陽五局の盤を見ますと、使えそうな方位はあるのでしょうか?

IMG_9982.jpg

全て重なった盤ばかりでろくな方位がないですが、唯一、南西は使えます。

・天盤地盤の組み合わせ:丁丁(両火盛炎/りょうかきちえん)
⇒炎が勢いよく、しかも美しく燃え盛っている象である。頭の良さで成功を勝ち取っていく暗示である。ただし、炎は単独では燃えない。燃料あってこそ燃え続けられるのだ。周囲からの協力がなければ、どんなに賢くても成功はおぼつかないと記憶すべきである。

・八門:休門(きゅうもん)
⇒安定し、落ち付いた状態を示す。

・九星:任
⇒ボランティアを意味する。救いの星である。

。。。。。。。と、先生の御本をみていきます。おお、よさげですね! 同乗者の四柱推命に忌神(いむかみ)ならないか?もチェックします。この辺は奥義になっていきます。そう、四柱推命卒論科のテリトリーです。この丁丁がどういう影響をあたえるか、調候用神を駆使し、一人ひとりチェックします。勿論、奇門遁甲の初等科がベースラインとして必須であります。この奇門遁甲初等科は絶対必須でありつつ、物凄い内容なのでご縁あれば。勿論、四柱推命卒論科も珠玉であります。

(参考:「四柱推命卒論科 下期スタート!しかし。。。。」)

よーし!全員全く問題なし!VeryGood!

で、どこにいくんだ?前回のドライブでいきそこねた、ラスク工場に行こうと。このラスクには個人的因縁がありまして。というのも、私の母親が宇都宮の東武デパートの産地お菓子イベントで昔買ったこのこちらのお菓子を「ガトーショコラ」と誤認してしまい、何かのお礼品に買いに行く際に、ずっと「ガトーショコラ!」を連発しておりました。1年ぐらいたち、このお菓子を偶然買ってきたら「ああ!これだ!ガトーショコラ!」というので、「あのーこれ、ガトーラスクってかハラダのラスクなんすけど」。となった経緯がございまして。まあ笑えますね。

(参考:「和同開珎 由縁の「聖神社」と長瀞のライン下り、そして「星音の湯」へ 」)

また東北道から北関東自動車道へ。1時間程度で到着です。(参考:ガトーフェスタ ハラダ)様。本社工場ですね。

駐車場からの風景です。まるでお城的な。

IMG_9997.jpg

IMG_9984.jpg

んん?鳥居?っとすぐにこういうのに反応する私。ああ、こちらの工場の守り神、稲荷様でした。引き続き、世に美味しいお菓子をご展開されること、ご繫栄と今回ご縁いただいたことを感謝します。

IMG_9998.jpg

そうだ、目的は神社巡りじゃねーんでした。お菓子お菓子。

まず向かって左手の工場の入り口で、見学受付します。無料です。音声案内レコーダを貸出してます。一人ずつラスク試食品もいただけます。うまい!

IMG_9992.jpg

エレベータで3Fへ。通路から工場内をみれます。そちらは撮影禁止。確認し、こちらのみ撮影をば。ここでは1Fもそうですが、お茶やコーヒーなど無料でいただけるし、なんと工場見学コースオリジナルのラスクに最高級のバターなどを塗りガスバーナーで焙った作り立ての超旨い試食品をいただけます。(そこ綺麗なおねーさんと一緒に撮影したかった。。。。まあいいです)

IMG_9991.jpg

工場を満喫し、向かって右の販売店へ。美味しそうないろいろなラスクが売ってます。バター単体でうっていて、小さいのに1500円ぐらいします。使っている物が違うしうますぎますね。

IMG_9996.jpg

自宅で開けたのはこちら。

IMG_0009.jpg

次は、奇門遁甲の根付けに入ります。どこで何しようか2時間も。そうだ!(参考 映画.com様:美女と野獣)実写版が始まっていました。これを見ましょう。

(参考 Youtube様:映画『美女と野獣』日本版予告編 )




今、16時前ぐらい。丁度、17時の刻手前から入場し、19時後に出場すればこの盤のエネルギーをとれるのです。こちら(参考:ウニクス上里)さん。ここも(参考:アシコタウン)のように隠れスポットですね。丁度、ジャズ演奏などをしており、夕暮れ時に清々しい風を浴びながらジャズを聞き入りました。さて、ボチボチ入場です。

IMG_0001.jpg


感想ですが、いやーやっぱりいいですね。オリジナルはアニメの方ですが忠実な感じ。特にラストの魔女の魔法が解けるシーン。しかしこの映画は、仏教、神道、密教、仙道、そして四柱推命を勉強する者として参考になる作品ですわ。

といいますのも、男性原理と女性原理の合一というのがテーマとして底辺に流れているからです。私が好きな神様に聖天様がいますが、聖天様も元は悪神でしたが、女性として現れた十一面観音と合一することで仏教を守護し財運と福運をもたらす天部の神となったといわれています。東京だと、よく(参考:待乳山聖天)様に祈りに参りました。そう、三井、住友、三菱財閥も崇拝したようでして。この記事もまた別途書きたいです。

四柱推命的には、王子の自己中心的な悪の心によってお城が冬のようになって、王子は獣に召使い達も食器や家具になり、薔薇の花びらが全て散ったら完全に人間でなくなってしまう、とはまた、なんとも玄学、四柱推命、奇門遁甲的であります。
そう、この王子の四柱推命を想定すると、先祖運、両親運は良いのでしょうね。しかし、調候用神では冬の命式でしょう。心が寒く冷徹になってしまっている。頭は良さそうです、ベルもそうですが、本好き、勉強好き。壬の知恵があるのでしょうか。しかしまあ、超恵まれた生活から一気に地獄にいくところをみると、普通命式でないのかもしれないですね。いずれにしても、大運の変わり目に、魔女がお城に訪ねてきた。そこでやっちまった、王子w 嵐の夜に休ませることもせず罵詈雑言を浴びせ、運命の象徴たる薔薇を床におとした。魔女ブチ切れ!一気に王子達、地獄モード突入!でした。などと、映画をみつつ考えているのは私くらいでしょうかw

さて次は、温泉です。近場の(参考:おふろcafé白寿の湯)様にいきました。入場して、おっとなるのが靴箱エリアでハーブのユーカリのような香りが。細かいところにおもてなしの配慮を感じます。

IMG_0005.jpg

内湯は白濁でとろみがあり、露天は茶色がかった温泉です。湯質はかなりよいです。リニューアルされたようで、休憩エリアもこんな感じで凄いよいですよね。

IMG_0006.jpg


外の休憩エリアには炎が今回の丁丁のようにたなびいておりました。

IMG_0008.jpg


いやー温泉を満喫し、一気に高速を飛ばして帰還致しました。丁丁の効果っぽいですが、頭がクリアーになり、帰りの運転で全く眠くならず休みなくいけたのが特徴的でした。無論、玄学談義ばかり吹聴しておりましたがw

引き続きよろしくお願いいたします。

(バナークリックお願いします!)


お世話になっております。

本日は、先日あげた日ですね。一応、邪魔するバイアスかける意味も込めて書いておきましょう。

(参考:「浅間山噴火? Twitterで話題になってますね 」)

アホのように繰り返しますが、カバラ計算しますと、2017年4月22日=2+0+1+7+4+2+2=10+4+4=18(666)

そして、kiruna乱舞開始!太陽風、地磁気などの影響でしょうか。

20170422_01.png


さて、例のチェックリストをチェックしてみましょうか。何やら世間が騒がしいので。

(参考:「一応注意です!(0107) /都市伝説版『クライシスチェックリスト(β版)』を展開」)

1.kiruna(昔はHARRP)の乱舞 (判定:〇)

4.22はカバラ配列があるので、注視しておりましたら、案の定揺れてまいりました。

※kiruna へは当ブログリンクから参照可能です。

2.イルミナティカードにある図柄、数字暗示 (判定:〇)

以下の3と関連しますが、北朝鮮が仮にミサイルを打ったとしてどこがターゲットとなるか?が重要です。それは、横浜だとする説がネットで流れています。

これがそのカード、「Up against the wall(壁に手をつけ)」のカードです。

20170422_2.jpg


ポイントはいくつかありますが、

① 絵の中央したに核マークがあり、焼野原が広がっています。まさに核攻撃による焼野原化を暗示しているかのようです。
② 中央の参画の建物は、「ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル」に似ている。

20170422_4.png

③ ②の隣の子供連れの親子と思しき壁に焼き映ったとみられる影は、広島長崎でもこの現象があったようですが、①の核爆発によるものではないか。
④ ②、③の位置関係をみると、②が、「ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル」ならば、この親子の遺影は「ヨコハマコスモワールド」ではないかということです。更に③の位置関係を見るとアメリカ太平洋第七艦隊母港の横須賀に見えなくもありません。
⑤ 親子遺影の上の壁の切れ方が異様に精密でありまるで地図です。これは東京湾、駿河湾でないのか?というもの。

20170422_3.png


⑥ 最後は、本日に私がこじづけてるだけですが、日付を暗示するのではということで、親子遺影の壁をみていると「4」という数字が見え隠れしているように見えます。親子も手を啓礼しているような感じで、手のところが「4」に見えなくもないかと。で、最後の日付ですが、親子は2名です。で、映るということは実態があったわけで、本体と遺影で1セットと解釈できなくもないかと。つまり2×2です。そして22は4でもあります。
⑥カードを見ると、発生時間は夕方から夜でしょうか。奥に夕日のような赤みが。そして空は暗い。
⑦以下の3と関係しますが、この日付で横浜絡みカードイベントが起きていること自体が怪しい。


3.政治経済の動きやテレビ、ニュースなどのサインを確認(判定:〇)

言うまでもなく北朝鮮の核実験、ミサイル発射実験の状況。

20170422_6.jpg

アメリカ空母打撃群の結集。そしてついに日本政府からミサイル着弾時の注意がだされております。

20170422_5.jpg

(参考 youtube:カールビンソン空母打撃群と海上自衛隊の護衛艦が朝鮮半島へ向け北上中に合同訓練)



(参考:北朝鮮ミサイル、警報出たら頑丈な建物や地下街に避難を-政府)

4.カバラ計算して不気味な数値配列(判定:〇)

本日の配列は冒頭あげました。特に、22はカバラ数字だと極数でとても重要な配列です。

〇東日本大震災 : 2011年3月11日= 2+0+1+1+3+11=4+3+11==7+11(711セブンイレブン)=18(666=聖書の獣の数字)
〇熊本地震     : 2016年4月14日= 2+0+1+6+4+1+4=9+4+5=9+9=18(666=聖書の獣の数字)

※11,22はカバラ上神聖数字。計算過程でも特徴ある数字を確認する必要があります。また、計算前の数字配列も重要。如何にカバラチックか、カバラ的に美しい?か、もポイントです。

5.南太平洋での大地震、また喫緊、大きな地震との相関関係(判定:×)

今回は動きなしです。リンクのIRIS Seismic Monitor から確認できます。

※加えて、星、月、彗星の動き、陰暦の特徴ある日付なども注意です。西洋占星術、ホロスコープは西洋の為政者たちは重視しているらしく、不気味な配列の時、やはり注意が必要です。

今日は己卯で土用の丑の日みたいですね。仏滅ですが六曜はあてになりませんですし。大丈夫ですね。


6.個人を取り巻く環境での死を暗示する出来事(判定:×)

特に感じません。

7.何かにしろ絶望的な気持ちを感じる(判定:×)

これもないですね。

結果ですが、4/7=57%というところでしょうか。あまりに雑なクライシス発生判定で大変恐縮ですが。(^^;

また戦争のクライシスなのに、何故、地震と混ぜているんだ?という話ですが、例の複合災害カード(通称、和光ビル倒壊カード)
と合わせて、つまり、戦争と地震一緒に発生させるなんて言うシナリオもあるかもしれません。

昨日の話でないですが、妙な銀行強盗なども発生し、極めて朝鮮半島関係が怪しい処です。

(参考:韓国籍の男4人逮捕=無申告で7億円持ち出し-3億8千万円強奪は否定・福岡県警)

戦争ってのははじめは精神的な攻撃から始まるのが常ですから、電磁波、マスメディア、インターネット、電子パルス。。。。見えないものから攻めてきます。

(参考:「精神的な攻撃への呪符による防御はイージス艦のSPY1レーダーと同じようなもの 」)

あと、エリア一帯の危機を自分の無意識で探る方法には、三脈の法があります。脈を3点とって不整脈がある場合、エリアに危機が来ていると判定する方法ですね。ご活用をば。

(参考:「三脈の法」 )

引き続きよろしくお願いいたします。

(バナークリックお願いします!)


お世話になっております。

突然ですが、(参考 goo国語辞書:陰徳)ってなんでしょうね。

「陰徳あれば必ず陽報あり 」:「淮南子(えなんじ)」人間訓から人知れずよいことを行う者には、必ず目に見えてよいことが返ってくる。陰徳陽報。

だそうです。まあ、寄付をしたり、具体的には放生(ほうしょう)をすればいいのです。囚われの生き物を自由にすること。日本では(参考 wiki様:放生会)としてお寺や神社で行われてきたのです。

--------------------------------------------------------------------
放生会(ほうじょうえ)とは、捕獲した魚や鳥獣を野に放し、殺生を戒める宗教儀式である。仏教の戒律である「殺生戒」を元とし、日本では神仏習合によって神道にも取り入れられた。収穫祭・感謝祭の意味も含めて春または秋に全国の寺院や、宇佐神宮(大分県宇佐市)を初めとする全国の八幡宮(八幡神社)で催される。特に京都府の石清水八幡宮や福岡県の筥崎宮のもの(筥崎宮では「ほうじょうや」と呼ぶ)は、それぞれ三勅祭、博多三大祭として、多くの観光客を集める祭儀としても知られている。

(起源)
『金光明最勝王経』長者子流水品には、釈迦仏の前世であった流水(るすい)長者が、大きな池で水が涸渇して死にかけた無数の魚たちを助けて説法をして放生したところ、魚たちは三十三天に転生して流水長者に感謝報恩したという本生譚が説かれている。また『梵網経』にもその趣意や因縁が説かれている。仏教儀式としての放生会は、中国天台宗の開祖智顗が、この流水長者の本生譚によって、漁民が雑魚を捨てている様子を見て憐れみ、自身の持ち物を売っては魚を買い取って放生池に放したことに始まるとされる。また『列子』には「正旦に生を放ちて、恩あるを示す」とあることから、寺院で行なわれる放生会の基となっている。
--------------------------------------------------------------------

この(参考:金光明最勝王経)というお経は最強の国を守るお経とされるものです。

-------------------------------------------------------------------
主な内容としては、空の思想を基調とし、この経を広めまた読誦して正法をもって国王が施政すれば国は豊かになり、四天王をはじめ弁才天や吉祥天、堅牢地神などの諸天善神が国を守護するとされる。日本へは、古くから『金光明経』(曇無讖訳)が伝わっていたようであるが、その後8世紀頃義浄訳の『金光明最勝王経』が伝わり、聖武天皇は『金光明最勝王経』を写経して全国に配布し、また、741年(天平13年)には全国に国分寺を建立し、金光明四天王護国之寺と称された。
-------------------------------------------------------------------

全国の国分寺ってこの聖武天皇のお陰で作られたものなんです。日本を仏教で守る結界のようなもの。国分寺で金光明最勝王経を唱え祭り、国分尼寺で法華経を唱え祀るという徹底した護国結界をされた。

因みに、神保町の仏教書専門書店(参考:東陽堂)さんで10万で買ったやつ一部がこれですね。あっ占いの本もありますよ。

それが下の写真です。これは10冊のうちの1冊。250年前のものです。どこかの長者が一家繁栄を願って作らせて様ですね。花押がおしてあります。仏教には顕教と密教という違いがあるのですが、顕教として読んでも密教としてのご利益があるという中々手に入らない代物です。

20170421_01.jpg


古代中国の思想、上に挙げた淮南子や仏教とはものすごく関係があります。特に現在の日本の仏教の祖は奈良、天平時代からきておりまして、特に遣唐使をおこなっていた大唐の文化が日本には色濃くのこっています。観光できた中国の方も、「唐代をみたかったら日本へ」と言っているそうです。おもしろいですよね。

引き続きよろしくお願いいたします。

(バナークリックお願いします!)


お世話になっております。

先日は、また奇門遁甲で、日盤、時盤を引っ張り出し、吉をとりました。向かうは何度か行っている、秩父方面。

実は、前橋のラスク工場に行こうと思ったらお休み。さすが吉方位。納得しつつ、思い出したのが、まだ行っていなかった和同開珎に由縁の「聖神社」。そして長瀞のライン下りなんかどうかと。

また、降りる高速出口付近で交通渋滞の様子。やはり吉方位の証拠ですね。ならばと一つ前でおり、山道の裏手から秩父入りします。しかし、また途中の桜吹雪に車が呑まれます。凄いです。見とれたせいか、道を間違えます。さすが、吉方位w

で、メイン通りの140号に入りますが、これまた観音巡りのお年寄りが多いせいか分かりませんが、やけに遅いです。下手すりゃ、30キロぐらいで走っています。これもやはり吉方位w

やっとこさ、つきました。こちら(参考 wiki様:聖神社)様。

IMG_9887.jpg

-----------------------------------------------------------------
第43代元明天皇の時代に武蔵国秩父郡から日本で初めて高純度の自然銅(ニギアカガネ、和銅)が産出し、慶雲5年正月11日に郡司を通じて朝廷に献上、喜んだ天皇は同日「和銅」と改元し、多治比真人三宅麻呂を鋳銭司に任命して和同開珎を鋳造させた、その発見地は当神社周辺であると伝える。社伝によれば、当地では自然銅の発見を祈念して和銅沢上流の祝山(はうりやま)に神籬を建て、この自然銅を神体として金山彦命を祀った。
銅の献上を受けた朝廷も銅山の検分と銅の採掘・鋳造を監督させるために三宅麻呂らを勅使として当地へ派遣、共に盛大な祝典を挙げた後の和銅元年2月13日に清浄な地であると現社地へ神籬を遷し、採掘された和銅13塊(以下、自然銅を「和銅」と記す)を内陣に安置し金山彦命と国常立尊、大日孁貴尊、神日本磐余彦命の4柱を神体とし、三宅麻呂が天皇から下賜され帯同した銅製の百足雌雄1対を納めたのが創祀で、後に元明天皇を元明金命として合祀し「父母惣社」と称したという。
-----------------------------------------------------------------

歴史深いんですね。1300年ぐらいあるようです。一言でいいますと、日本で初めて銅が産出されて、朝廷は大喜びで、元号を和銅にした上でここをお祀りしたんだそうです。元々の場所は、ちょっと上にある祝山(はうりやま)にあったそうです。そこには掘った後が遺跡として残っているようですね。しかし、祝という字は神と何かと縁が深いようです。

IMG_9885.jpg

やはり日本古代のお金を祀った神社で銭神様らしいです。百足がご眷属だそうで。たくさんの足で金運を掴むそうで。

IMG_9886.jpg

おなじみの和同開珎のオブジェが。

IMG_9895.jpg

お祈りしました。御神籤を引きますと、「んん?」「前々前世!」とばかりに。

(参考 Youtube 様:前前前世 (movie ver.) RADWIMPS MV )



「1番 大大吉?」「ダダダ、ダイダイダイキチが~♪」なんて。これは凄い。内容は思いのまま的な。それはありがたや。一切諸神善神!ありがとうございます。


さて、次は、ライン下りです。秩父鉄道がやっているようですね。マイクロバスで出発地点の上流まで運んでくれます。

IMG_9900.jpg


Aコース、一番激しいそうですが、水量が少なく穏やかでした。

IMG_9904.jpg

船尾の若い船頭さん。解説してくれます。

IMG_9928.jpg

一部、水しぶききましたが。ここは濡れるゾーンで、船に取り付けられたビニールを立てるように言われます。

IMG_9932.jpg

天然記念物の岩畳ですかね。

IMG_9946.jpg

おお、岩から小さな滝が。そこに花があるようなこの光景こそ、今日の時盤の名前と同じ象意ですわ。

IMG_9950.jpg

長瀞駅のある場所、岩畳まで降りてきました。到着し振り返ります。

IMG_9953.jpg

駅に向かいます。駅の近くの駐車場に車をおいておりまして。この日は暑かったです。ふと、通りの蕎麦屋へ。

IMG_9956.jpg

蕎麦をいただきます。

IMG_9957.jpg

次に近場の(参考:埼玉県立 自然の博物館)にいきました。実は数億年前まで、秩父盆地も海だったんですね!びっくりです。約1700万年前から約1500万年前まで、秩父地域に存在した海「古秩父湾(こちちぶわん)」。この太古に海には、パレオパラドキシアをはじめ、クジラやサメ、イルカなど多様な生物が生息していたそうです。

IMG_9958.jpg

IMG_9960.jpg

さて、ぼちぼち、温泉の時間です。時盤を取らないと。なんて考えると、邪魔が入ります。スポーツカーに煽られますが、こちらもさっさと、走り去り気が付けば到着です。

今回いったのは、はじめていった(参考:星音の湯)様。このように門があるのが、奇門遁甲的の根付けに尚良いです。

IMG_9962.jpg

これがまた、ゴージャス。しっかりと、17時ぎりぎり2分前ぐらいに入場し、17時からの割引の恩恵に浸りつつw、時盤を取得します。一刻(2時間)の2つの時の境目をとれば値付けできます。まず、この庭園。

IMG_9964.jpg

IMG_9965.jpg

すごいですよね。そしてレストランも個室スタイルでいいですし、ゆったりの大広場ありの、図書室ありの、個室タイプの仮眠室ありの、この時期だと、中庭直結の仮眠場所などよいですよ。しかも、占い師もいますw 手相をやってました。やはり小野先生の手相セミナーいかねば!w
マッサージコーナーには気功系の方も。多分、経営者がスピリチャルも受け入れるかたなのでしょうね。そんな気がします。でも、サービスもいいし、凄い雰囲気がよいです。しかも、バスタオル、子タオル付きで千円程度(私は17時以降で700円程度w)なのは脅威のサービスです。
肝心の温泉ですが、内風呂は、山の奥にある満願の湯と同レベル程度の湯質でこれはよい!露天もまあまあで、星が見えるフロというところは今日ははちみつの湯でした。星を見るために照明を任意で消せるようです。(周りの人に確認とれとご丁寧に書いてありますが)これで、同行者が年配者の場合はカラオケ大会やっているような満願の湯、そして若い人の場合は星音の湯というラインナップが完成です。
時盤をとり(一応余裕がある場合は、時差分を若干プラスします)、駐車場にきますと、見事な北斗七星が。たしかにここは小盆地で星が良く見えます。近くには、秩父霊場33番、菊水寺もあり、昔、通った場所でもありました。いい場所っぽいです。低山に囲まれ。

さて、高速でトンボ帰りしまして、自宅で晩酌しました。

引き続きよろしくお願いいたします。

(バナークリックお願いします!)


お世話になっております。

昨日は、四柱推命卒論科 下期スタート!でしたが、半年たって、まだ、日干は乙日の、月干は午月ですよ。

20170416_01.jpg


といいますのも、日干と月干の組み合わせ、10干×12月干支=120通りを全て奥伝を公開する講座なのです。流石、卒論科です。

多分、残り半年では終わらないでしょう。小野先生も「手抜きはできますが。。。。やりたくないし、これが卒論科ですから」とのこと。そうそう、それでよいと思います。

たくさんの生々しい先生の実例データをホワイトボードに先生は書いていきます。

「まずどうみますか?」と我々に思索を促してくれます。そう、調候用神、扶抑用神を駆使し、蔵干を確認しながら、身強、身弱、身中などを見ていきます。十二支も重要です。また干合もまた奥義。大運、年運の流れ。何が起きるのか?どうなっていくのか?こうした生々しい、数学の微分積分の展開、いや一人の人生、運命の展開の授業を、千本ノックのようにやっていくのです。素晴らしい!ですが、先生も相当にお疲れになりますし、我々も授業が終わるころにはへとへとになります。ノートも恐ろしいスピードで記入が進んでいき、あっという間に何冊目になってしまいます。
気が付けば、16時。6時間あっという間でした。1時間に一回休憩されますが、お昼もなくぶっ続けです。小野先生、大変お疲れ様でした!また、門下生の皆様もお疲れ様です!

さて、授業が終わりまして、懇親会に参加させていただきました。流石に門下生なので生々しいいろんなお話がでます。懇親会でも大変勉強になりましたし、何よりも同じ趣味の仲間で呑める!というのが最高ですね。

引き続きよろしくお願いいたします。

(バナークリックお願いします!)


お世話になっております。

今はやりの聖地巡礼。って、こちらは占い師の聖地です。神保町の(参考:原書房)様。占い師なら一度はここにこないと!

正面にもうず高く本が積まれています。ここは格安ですが掘り出し物コーナーです。

IMG_9870.jpg


入りますと、各種占い(易、四柱推命、紫微斗数、タロット、ホロスコープ等々)、密教、神道、道教などの専門書がぎっしりと詰まれています。カウンターには断易のサイコロなど占いの各種道具も販売されています。

IMG_9871.jpg

原書房さんはプロ、セミプロ、マニアが多いですが、初心の方でもしっかりとご案内いただけます。是非、神保町にお立ち寄りの際にはお寄りくださいませ。

何か腹減りましたw まんてんが喰いたい。。。。でも、それでは芸がない。

今日は天婦羅!

(参考 食べログ様:いもや)様。

IMG_9872.jpg

エビ天婦羅をオーダ。

IMG_9873.jpg

うまい!揚げたての天婦羅にほくほくのごはん。たまりません。

喰った食った。さて、時間があるな、気を落ち着けたいな。さて、新橋で待ち合わせですが、別件で、こちらへ。このラウンジの花はどこでしょうか?

IMG_9875.jpg

帝国ホテルでした。

IMG_9874.jpg

喫煙で、カウンターでした。

IMG_9877.jpg

Wifiカードも洒落ています。1日だけ持つパスワードですね。

IMG_9878.jpg

引き続きよろしくお願いいたします。

(バナークリックお願いします!)