お世話になっております。

本日は、19時北西に鬼遁の時盤が出現する日でして、少し足早に神楽坂の部屋へ。早速、羅盤で方位を確認し、その方位に作法をしました。鬼遁ならではの。フー終わりました。ヒヒヒ。。。。

さて、先日記事にあげましたが、まだ余震が続いるようです。被害にあわれた方々、引き続きご無事を祈念しております。

(参考 youtube様:「10キロ先には御嶽山・・・震度5強の地震で住民不安(17/06/25) 」)




御嶽山噴火の際のビデオをyoutubeで拝見しましたが、本当に大変な災害でした。改めて犠牲になられた方々へご冥福をお祈り申し上げます。

(参考:「御嶽山注意が必要ですね、28日3時(三合火局、寅午戌)が気になります 」)

こちらは、当時のビデオです。有志の方々がたくさんの人々を救出するため、ギリギリの極限状況でご尽力いただいた至極のお話しでした。

(参考 youtube様:「<証言者が語る>御嶽山噴火の恐怖」)




先日、四柱推命を使った、災害予測というものを載せてみましたが、すっかり忘れていたのが、爆発当時の四柱推命盤です。こちらがそうです。

〇2014年9月27日11時52分

甲辛癸甲
午丑酉午

これをぱっとみて、気になるのは皆さんもそうでしょう、年柱と時柱の甲午ですよね。真ん中の月、日が挟まれているような。季節は月柱、酉で強い秋の気に移り変わっている状態。
それと午午で自刑になっているのでしょうか。凶害の現象としては自分で自分自身を刑する事から何事かが起きた時に突っ張り合う現象を起こします。うまり、中央の月柱と日柱を挟んで火で突っ張っているような状態とも見えます。中央にあるのは金と水です。まさに噴火口に溜まった水を熱する釜、水蒸気爆発を表しているかのように見えますね。では、全くこの根がない甲2つは何か。なんでしょうね、人かもしれません。恐ろしいです。

その様子を(参考 wiki様:2014年の御嶽山噴火)で確認しましょう。

------------------------------------------------------------------
〇噴火活動の概要

噴火1年前(左)および噴火翌日(右)の衛星画像、NASA Worldviewによる山頂の南西、地獄谷付近の地下にあった熱水溜まりが何らかの原因で過熱(あるいは減圧)したことにより急膨張の結果、突沸し噴出に至った。山頂付近で噴火に遭遇し生還した登山者によれば「最初の噴出は岩がぶつかるような音で始まり、爆発音は無かった」との証言があるが、気象庁V-net 観測点(田の原上:ONTA・田の原:ONTN)の空振計では 6Hz 以下の空振を観測している。新たな火口は、1979年噴火の火口列の南西250 - 300m付近の位置に平行に複数個が形成され、最初の噴火では火砕流も発生し火口南西側の地獄谷を約3km程度流下、火口北西側の尺ナンゾ谷にも流れ下った事が観測された。また、降下した火山灰を構成する粒子は大部分が変質岩片で構成され、マグマ由来の成分は検出されていないため、今回の噴火は水蒸気爆発と分析されている。
------------------------------------------------------------------

まさにこの四柱推命盤のような内容ですね。水火激沖、激しい火に水をぶっかけると爆発現象を起こす様を言います。これを起こしたようです。前回の並びに比べると今回の並びは更に火が強く、庚もあります。ちょっと、怖いかもしれませんね。

不思議なことに皆でジロジロ見ていると、やーめた!と予言が成就されなくなったりしますので、それ狙ってますw

引き続きよろしくお願いいたします。

(バナークリックお願いします!)


スポンサーサイト
お世話になっております。

昨日は、自宅の水槽などを掃除し、久しぶりに綺麗になり満足でした。

本日は、奇門遁甲の時盤で天盤は丙、地盤は辛で「日月相会」、八門は開門、九星は天心星の立向を取りました。辛はまさに宝石。シルバーアクセサリー作りには良いエネルギーでしょう。

東北道那須インターから20分ぐらいで到着です。いつきても清々しいホテルです。

IMG_1078.jpg

体験工房へ。

IMG_1079.jpg

IMG_1080.jpg

入口右側にシルバーアクセサリー「a.w.s」さんの展示です。

IMG_1108.jpg


リング、キーホルダー、ペンダント、バングルといろいとつくれそうですが、私は、腕にはめるバングルを選びます。

IMG_1083.jpg

で、入れるワードは英字大文字と星とかのマークが可能です。お店が用意している格言に、あのアップル社創業者にしてMac、i-Phoneを生んだスティーブ・ジョブズさんの「ハングリーであれ。馬鹿であれ(Stay hungry, Stay foolish)」という言葉があり、おお!これでしょう!と早々と決定。

IMG_1088.jpg


練習もそこそこ、本番を打ち始めて早くもトラブルw

「STAY HA」と打ってしまいます。ゲっ!「HUNGRY」なのに、「U」でなくて「A」いれちゃった!あちゃー。

やり直すかな。。。。。いや、諦めるな!w 何か考えろ!w

とりあえず、平凡だけど「Happy」にして、その後に、ジョブズの言葉をつづけるか。ちょっと、しょぼいけど。


IMG_1089.jpg

そもそも、ジョブズさんのこの言葉って スタンフォード大学卒業式でのスピーチの銘文らしいですね。

(参考 wiki様:スティーブ・ジョブズ)

--------------------------------------------------------------------------------
2005年6月12日、スタンフォード大学の卒業式に招かれ、「Stay hungry, stay foolish」という『全地球カタログ』最終号からの引用で締めくくられたそのスピーチは、多くの共感を持って迎えられた。
--------------------------------------------------------------------------------

(参考:stayfoolish)様のページ、和訳より一部抜粋させていただきました。後半の重要部分。

--------------------------------------------------------------------------------
君たちの時間は限られている。だから自分以外の他の誰かの人生を生きて無駄にする暇なんかない。ドグマという罠に、絡め取られてはいけない。それは他の人たちの考え方が生んだ結果とともに生きていくということだからね。その他大勢の意見の雑音に自分の内なる声、心、直感を掻き消されないことです。自分の内なる声、心、直感というのは、どうしたわけか君が本当になりたいことが何か、もうとっくの昔に知っているんだ。だからそれ以外のことは全て、二の次でいい。

 私が若い頃、”The Whole Earth Catalogue(全地球カタログ)”というとんでもない出版物があって、同世代の間ではバイブルの一つになっていました。それはスチュアート・ブランドという男がここからそう遠くないメンローパークで製作したもので、彼の詩的なタッチが誌面を実に生き生きしたものに仕上げていました。時代は60年代後半。パソコンやデスクトップ印刷がまだ普及する前の話ですから、媒体は全てタイプライターとはさみ、ポラロイドカメラで作っていた。だけど、それはまるでグーグルが出る35年前の時代に遡って出されたグーグルのペーパーバック版とも言うべきもので、理想に輝き、使えるツールと偉大な概念がそれこそページの端から溢れ返っている、そんな印刷物でした。
 スチュアートと彼のチームはこの”The Whole Earth Catalogue”の発行を何度か重ね、コースを一通り走り切ってしまうと最終号を出した。それが70年代半ば。私はちょうど今の君たちと同じ年頃でした。最終号の背表紙には、まだ朝早い田舎道の写真が1枚ありました。君が冒険の好きなタイプならヒッチハイクの途上で一度は出会う、そんな田舎道の写真です。写真の下にはこんな言葉が書かれていました。「Stay hungry, stayfoolish.(ハングリーであれ。馬鹿であれ)」。それが断筆する彼らが最後に残した、お別れのメッセージでした。「Stay hungry, stay foolish.」
 それからというもの私は常に自分自身そうありたいと願い続けてきた。そして今、卒業して新たな人生に踏み出す君たちに、それを願って止みません。

Stay hungry, stay foolish.


ご清聴ありがとうございました。
--------------------------------------------------------------------------------

そっか!この自分自身であれ、ってまさに、しあわせ=HAPPYですね。なんていうこじづけでw ジョブズさんは自分のしあわせを掴めといいたかった!と超前向きにねw

打った後は平らに成形してもらって、研磨がついたスピンドリルで磨き上げます。ぴかぴか。

IMG_1091.jpg

そして、木の型で曲げをつけて完成です。

IMG_1094.jpg

中々の出来ですね。

さて、この。「STAY HAPPY STAY HUNGRY STAY FOOLISH」のバングルを早速、装着して、清々しく帰途につくのでした。

引き続きよろしくお願いいたします。

(バナークリックお願いします!)


お世話になっております。

今朝方の長野の地震大きかったですね。まあ、地震は全国起きているのでいちいち騒いでもということはありますが、一点注意が必要と感じたので書いておきます。

(参考 日テレニュース様:「【地震】御嶽山の火山活動“直接関係なし」)

---------------------------------------------------------------------------
【長野県南部で震度5強】警察などによると、王滝村で住宅のブロック塀の一部が崩れるなどの被害が出て、断水した地域も出ている。気象庁の分析によると、御嶽山の火山活動との直接的な関係はなく、火山活動も特段の変化はみられないという。
---------------------------------------------------------------------------

因みに、気になったので地震発生場所の緯度経度と、地図を以下に比較しました。なんと、地震源と噴火口の距離、5キロ以内ですわw 群発地震がその後起きているし、そもそも、前回の噴火の時も群発があったはず。なんですかね、この”関係なし”って。

因みに、以下の記事。

(参考 The Page様:「長野県南部で震度5強 気象庁「御嶽山の活動に変化なし」」)

---------------------------------------------------------------------------
長野県南部で震度5強を観測した地震を受け、気象庁は25日朝、会見を開いた。今後1週間ほどは同程度の地震が起きる可能性があることと、雨が降りやすくなっている時期だとして土砂崩れなどの災害への注意を呼び掛けた。 地震の規模を示すマグニチュード(M)は当初5.7としていたが5.6に修正され、震源の深さも7キロと発表された。長野県では1984(昭和59)年9月に、王滝村を震源とするM6.8の「長野県西部地震」が発生している。会見した気象庁地震津波監視課の松森敏幸課長は、今回の地震は「西部地震の後に活動が活発になった領域の中だが、端の方」と述べた。付近にある御嶽山は西部地震の5年前の1979年に噴火し、2014(平成26)年にも噴火しているが、「噴火との関連性は分からない。地震後、御嶽山とその周辺の火山に変化はない」と説明した。
---------------------------------------------------------------------------

前者の報道では関係なし!って言いきっていますが、後者を見ると、噴火との関連性はわからない、としています。全ては言い方ひとつでと言われますが、関係ないやで思考停止してしますと怖いですね。少なくても土砂災害は起きやすくなっている可能性はあります。

以下に、確認したデータを掲載しておきますね。

地震震源地は、「緯度 北緯 35.9度、経度 東経 137.6度」ですね、群発地震中、若干のブレはありますが。

まず、一発でかいの来まして。

20170625_01.png

めちゃくちゃ群発地震が続き。

20170625_03.png

次はやや大きいのが2時間後に発生、震度4です。

20170625_02.png

上の緯度経度をGoogleマップで探した場所に赤丸をつけました。以下の画像下の方に縮尺が10キロとありますね。半分ぐらいの距離で噴火口に達します。これで無関係と言えるのが凄いですね。「かーんけーいなーいー」ってどっかの国会議員みたいに東大出身の先生方が金切り声あげながら仰っているんでしょうか。

20170625_04.png

四柱推命的には、火山噴火は、地支が三合火局(寅、戌、午)、火の力が強くなった時に過去に起きていると、インドネシアのムラピ山火山噴火を事例に四柱推命の良書、(参考 Amazon様:「[実践] 四柱推命鑑定術 (太玄社)」)様にあります。あらゆる有名人の生まれと死ぬ日、事件、天変地異を四柱推命で紐解こうという凄い本であります。

〇6/24

壬丙丁
午午酉

〇6/25 7:02(震度5発生時)

丙癸丙丁
辰未午酉

という状態でして、土曜日は土日は月柱、日柱の地支の午が並び、25日の発生時には、午未の南方合半会の状態のようでした。

ムラピ山の事例、地支が三合火局(寅、戌、午)が喫緊、成り立つのは、2017年6月28日3時となります。

庚丙丙丁
寅戌午酉

天干のダブル丙や庚なども気になりますね。3.11の時も、3月9日にM7が発生し群発地震が続いていました。必ず、兆候ってのはありますから、ウォッチが必要かもです。

こちらの書籍では、更に、玄空飛星を加えて素晴らしいご検証がされていますので、是非、ご覧になられるとよいでしょう。

いずれにしましても、あちら方面に観光に行かれる方は注意していただき、引き続き情報ウォッチをお願いいたします。

引き続きよろしくお願いいたします。

(バナークリックお願いします!)



お世話になっております。

お世話になっている社長様から「日本酒が呑みたい」とのお言葉。私は日本酒嫌いではないですが弱いのですw

ちょっと時間がありましたので、毘沙門天様にお参りしました。

IMG_1068.jpg

IMG_1069.jpg

でも、社長のご希望ですから、探し当てた店がここでした。(参考 :東京酒BAL塩梅)様。

IMG_1070.jpg

兎も角、獺祭はじめ、銘酒がてんこ盛り。

IMG_1072.jpg

50種類?めっちゃ多いです。

IMG_1073.jpg

呑むしかないですね。うまい!でもすぐ酔っちゃうw 店長さんがんばってます。目の前の御猪口が店長さんのイラストが。そっくりw

IMG_1071.jpg

肴も充実です。

IMG_1074.jpg

いろんな銘柄のみたいならここはお勧めです!

引き続きよろしくお願いいたします。

(バナークリックお願いします!)


お世話になっております。

今日は週末のドライブ。午前中床屋にいったので、お昼過ぎから出撃です。方角は、奇門遁甲で北西。北西と言えば日光か鬼怒川ですが、日光や先日いきましたから、鬼怒川へ。まだ行ったことがない鬼怒川の(参考 トリップアドバイザー:巨大迷路パラディアム )様に向かいました。

日光宇都宮道路を通り1時間ぐらいですかね。日光江戸村さんのすぐ近くです。迷路面積約3,500平方m(50×70m)の中に、高さ2mの板塀を複雑にめぐらせたもの、だそうです。大人800円、小人500円と割高ですが、その価値はありそうです。

IMG_1004.jpg

4つの櫓がありそれぞれに「き・ぬ・が・わ」の文字のスタンプがありますので、これを押してクリアしていきます。スタート終了時にタイムカードを刻印するシビアな設定ですが、25分以内にクリアできればジュースのサービスがあるとか。あるブログ様では1時間20分かかったとあり、気乗りしませんがw

IMG_1019.jpg

いやー途中途中、階段などは高くなっていて見晴らしがありますが、うまく壁が溶け込んでおりルートを割り出すのが困難です。それでもできるだけ、新しいエリアに行くにはどうするか、目立つ階段がポイントだと考えていきましたら、何とかクリアしました。我々は48分ぐらい、まあ良しとしましょう。結構汗だくです。

鬼怒川も上の方ですと、北西はずれますし、日光は奥日光までいくのも面倒ですね。結構このような壁があるエリアをジグザグに歩いていますから、要らぬ根がついていますね。これはもうある程度値付け完了として、方位無視で今日入る温泉を決めそちらに向かいます。

途中にある(参考:岩戸別神社)様へ。

------------------------------------------------------------------------------------------
弘仁元年(810)九月に神霊示現し給ったので、字鳥屋の越と称する山上に奉齋したことを創始とする。後代字横峯の山に遷座、更に享徳年間(834~848)に至って現在地に遷座し奉齋した。当時境内地は、当社禰宜の所有地であったので領主松平下総守は地付林を神社と定めた。享保十九(1734)年、正一位岩戸別大明神の宣旨を下賜され、船生郷の総鎮守と定められた。嘉永四(1851)年、社殿改築の儀起こり、安政二(1855)年に仮遷座祭を厳修して工事に着手。安政四(1857)年四月に落成。二九日に正遷座祭を挙行した。御鎮座以来、武運開運の神として神威高く、古来崇敬の誠を捧げる者は県外にまでおよぶ。社殿は樹齢150年以上の杉の古木に覆われて社厳極まる神域となっている。
------------------------------------------------------------------------------------------
こちらの主祭神は、天手力雄命(あめのたぢからおのみこと)、天の岩戸をこじ開けた力の神様だそうです。

なかなか清々しい神社様です。

IMG_1022.jpg

巨大な鏡餅作りは有名で、不思議な写真などとれたようですね。

IMG_1025.jpg

IMG_1026.jpg

清々しく、次へ。次は、いつも霊水を取得させていただいている羽黒山神社様です。青い田園の中に美しく見える御山です。山全体がご神体であり山頂は神社です。

IMG_1057.jpg

(参考:「デイダラボッチがいた里山」)
(参考:「羽黒山の漆黒の闇と神楽坂の月と霞が関のコントラスト 」)
(参考:「今宵は満月、呪符(霊符、護符)作成に最高の時⇒ご好評、北斗七星霊符追加、發財特化霊符作成!」)

山頂の駐車場見晴台から、遠くかすんで筑波山が見えます。近頃は夜に水をくむパタンが多かったですが、今日は明るいです。

IMG_1030.jpg

IMG_1033.jpg

こんな階段をi-Phoneライトで暗闇を歩いていたのかと改めてびっくりですね。

IMG_1034.jpg

手水舎の水はなんと湧き水です。

IMG_1039.jpg

鐘を鳴らします。

IMG_1040.jpg

そして拝殿でお祈りです。左側に見える大きな竹は梵天祭のものですね。本殿で一旦祈ってから、10メートルぐらいはなれたポイントがパワスポです。深呼吸し体が熱くなります。

IMG_1042.jpg

やはり出羽三山の修験道の流れがあったようですね。

IMG_1043.jpg

少し佇んでから下山します。

温泉の前にいつものラーメン、(参考 食べログ:ラーメンみうら)様へ。手打ちで福島の白河ラーメンを頂ける店です。今回は、ワンタンメンです、写真は胡椒をかけた後ですが。うまいっす。

IMG_1029.jpg

腹を満たし、(参考:松島温泉 乙女の湯)様へ。アルカリ性単純泉ですが、トロットロです。

IMG_1059.jpg

IMG_1064.jpg

こちらの貸し切り風呂へ。いやー湯質最高です。はじめあまり熱く感じず、トロトロで入りやすいのですが、段々と体が熱くなってきます。デトックスが出始めると、きついです。が、出たり入ったりを繰り返し、すっきりしました。

IMG_1063.jpg

さて、帰宅しこれから晩酌です。

引き続きよろしくお願いいたします。

(バナークリックお願いします!)


お世話になっております。

本日は小野十傳先生スクール 四柱推命卒論科の日でした。

(参考:「四柱推命卒論科 下期スタート!しかし。。。。」)


あら!スクールの切っての御秀才・美女様から神戸のお土産を賜り!ありがとうございます!

20170617_01.jpg


今日は乙日の子、丑月を完了し、ついに「丙日」編に突入しました!

IMG_0562.jpg

甲、乙の同じ木行でも同じところと違うところ、そして、丙と丁を制することは、庚と辛を制し、戊と己の違い、壬と癸へと続きます。実は甲が最も情報量が多く段々と先細っていくようです。干の進み具合が均等というわけでなく、十干観法と調候用神を放射的にお教えいただいているので、初めは最も基礎固めのため情報が多く、段々と上に挙げた似た干同志でも違いを理解させていくようなカリキュラムをとっていただいております。ですので、初めの段階から全体像を掴めますし、今に至るまでに干合や季節の対向を通して、反対側の干もやっている作りとなっております。ですから甲、乙の段階から比/劫の木は勿論、火、土、金、水の天干、地支(蔵干)を網羅しているのです。素晴らしいですね。

とはいいつつ、6時間耐久、へとへとです。先生も連日のご鑑定や雑誌記事編集などで相当お疲れの中、ご対応いただき誠にありがとうございました。

更に深めていきましょう、四柱推命を。

引き続きよろしくお願いいたします。

(バナークリックお願いします!)


お世話になっております。

昨夜は職場近くのベルギーのクラフトビールを飲める店、(参考:BRUSSELS/フィルデジュール 内幸町)様で呑み。良い酒でした。

20170616_01.jpg

ネットではよく聞くスピリチャルワードに「エナジーバンパイア」なるものがあります。端的にいうと人の気を盗み生きているお調子者の人間ですが、人の気を取る割には自分の体調は良くないし、誰だって気を取られて不運や不健康になれば、こいつといるとおかしくなると気が付くものです。だれだって、皆、馬鹿じゃないですから。いい加減にしてほしいですよね。

ところで、このエナジーバンパイアの心理学プロファイリングをするのもいいですが、その辺はネットにお任せして、私は易者、九流術師です。四柱推命ならこの方々はどういう人が多いのか、手前みそながら紐解きましょうか。

1.身強すぎるタイプ

これは身強だから健康なんじゃないかと思っているあなた。別に四柱推命の身強ってのは心の表層と存在面の柱の強さを示しておりまして、これが強すぎるのは、時に他人様の生体場や結界にまで介入し、要らぬ因縁に干渉し、反逆をくらうのです。それも無意識に。相手も抵抗ってのはありますから、反撃をくらってボディーブローを腹に食らうわけです。攻めに強いということは守りに強いかというとそうでもないでしょう。当然体もバランスを壊しやすいです。それでも生き血ならぬ生き気を求めて善人を装い狩りに出る~w

2.身弱過ぎるタイプ

こちらは、まんま身弱ですから、社会的にも敗北者になりやすく、負けた上に過剰な同情心を持ち、要らぬ因縁や不浄仏霊を抱え込み、体調は悪いは運勢は悪いはろくなことがありません。こちらも気が不足し病気がちです。やはり生き血ならぬ生き気を求めて善人を装い狩りにでる~w

1,2のタイプいずれも一見は悪い人には見せません。しかし共通ポイントを発見しました。

①やけに周りに気を遣うパフォーマンスをする
⇒過剰なまでに周りに気を遣う。誰さんがどーのこーの心配だわ。。。、時に何かくれたりね。気を付けた方がいですよ。こういうのは昔、家を建てる際にタテマエ、ガラマキなどとして、餅、米、お菓子などをばらまきますが、あれは、家を建てる際におきる殺を皆で分担させる儀式なのです。この人は知ってか知らずか、人から気を取る前にこういう気づかいをする。バンパイアが美女から血を吸う目に紳士を気取るようにw

②意外と目立ちたがり屋であり、時に、マルチなハンドル名、アバターを駆使する
⇒ネットなどでブログコメントなどに精を出す傾向があります。①に絡みますが人に見せるのが好き。私やってます!ってなリア充を見せようとしているのかなんですかね。時にハンドル名を変えてまでも、執着します。しかし、こういう人たちはわかっていませんね。例え、仮の名前とはいえ、自分が持った名前。これを浅はかに使って捨てる行為、自分で殺す行為は自分を殺す行為に等しいのです。昔、ある人がこれをやっており、私は、この原則が分かっているので別にそのブログ管理者ではないから書き込みこみ元IPアドレスで判別などできませんが、心理学のプロファイリングで複数のハンドルが同一人物と分かっていましたので、一つのハンドルに対して、是々非々を説いてやったのです。そしたら、馬脚が乱れ、あっという間にその偽装ハンドルを放棄したのはいいのですが、ドミノ倒しに個人情報に直結する本体にしていたハンドルまで放棄する羽目になってました。(リアも崩壊したようですが、南無。)アホですね、実態はあなた一人ではないですか。旦那、背中透けてますぜってなものですよね。

③気を遣うふりをするが全く使っていないし、実は獲物を狙っている
⇒やはりバンパイア化するぐらい、心と気のバランスがおかしい方々です。そして、真面目に話を聞いて気をとれる相手を狙っているのです。何故、自分なんかに興味を持つのか?素直に胸に手を当てましょう。この人に係ってはいけませんw

このような分析をしてみました。如何でしょうか?何れにしましても、このエナジーバンパイアに気を乱されたり、気を取られると、吐き気、眩み、発熱、激しい怒りを感じたり、周りから急に攻撃されたりなど様々な症状が身を襲います。このような人と暮らして幸せになれるか?無理でしょう。分かりますよね、誰でもw気づきますって、皆、馬鹿じゃないんだからw

もっとも、更に四柱推命を分析すれば、年の柱、先祖因縁があったりもあるんでしょうね。自分は気づいてないのでしょうが。少なくても、お墓参りぐらいは行った方が良いかもしれません。自分が出す気が邪気になっていないかどうか?大丈夫ですか?

引き続きよろしくお願いいたします。

(バナークリックお願いします!)


お世話になっております。

病み上がりですからスタミナつけないと、スタミナと言えば。。。。鰻だ!鰻と言えば。。。。思いつくのが、神田のここしか。

(参考:うな正)様公式ページ。

(参考 食べログ様:うな正)

IMG_0994.jpg

静岡から直送された国産うなぎを贅沢に使っていただいております。やはり大食いの私は、「うな丼ダブル」で!これは上と中に2枚入っている代物なのです。食いごたえあります!

うめー。やはり国産臭みがない。香り最高。タレが良いです。山椒をぶっかけ、たれも追加して。。。。。パワー満点です。ビールもうまい。

IMG_0995.jpg

さて、腹も気も満たされましたが、流石に今日は大人しく神楽坂に帰りました。引き続きよろしくお願いいたします。

(バナークリックお願いします!)



お世話になっております。

こちらは、(参考:虎ノ門 金毘羅宮)様。

IMG_0989.jpg

ホントにビルの谷間の神社様。

IMG_0991.jpg

IMG_0993.jpg

手水舎で清めさせていただき本殿で祈りました。清々しい。全て邪気をぶった切りしてくれた上に、帰っていったのでほっとしています。

IMG_0992.jpg

私も、このような見えた聞こえた系はあまり書きたくないのですが、実際問題、このような不思議な世界に係るとひどい目にあうこともあるのです。今回で実は2回目。次はない!と反省を込めて書き残しておきます。1回目の時は被爆後、これも試練的に耐えておりました。先日の体調不良。風邪は風邪の症状なんですが、ウエット来るような感じがあるんですよね。ともかく背中に何か乗っているような重さがあります。いずれにしても理由が明確であり、時系列的な原因もそうですし、断易を立てると、ぞっとするような官鬼がついていました。こりゃだめだ。

一旦、日曜の毘沙門様ですっきり感はあるのですが、じわじわと近づくようなこの妙な感じが続いており、昨夜のこと。あまりの辛さに、例のエドガーケイシー系リーディング・ヒーラーの美熟女様に連絡。

(参考:「神楽坂、もう1軒、もつ鍋の店「やましょう」様を開拓、霊能者、不穏な世情をリーディング」 )

ヒーラーの美熟女様「見えるよ。その人ね、物凄いマイナス思考の人。そう、不成仏霊を集めてしまうぐらいね。ノリさんのところにいっちゃっているから、こっちから切るね!」

あんたは寺尾玲子か!w でもこんだけキモイと藁にも縋りたいっす!w

私「やはり。。。。その方は一人ですか?」
ヒーラーの美熟女様「いや、動物霊もたくさんいるね。。。。。。。切ったよ。もう大丈夫。」
私「ありがとうございます。」
ヒーラーの美熟女様「あと、光の玉をノリさんに送るね。丹田と盆の窪みに」

私も馬鹿者でこのような雑霊の騒ぎにこそ、荒神様に縋ればいいものをと思い、そうだ、荒神真言だ、と思いながら受けておりました。勿論、遠隔なので、部屋には私一人。

私「あれ?暖かくなってきました。」
ヒーラーの美熟女様「もう大丈夫だよ。あと、水に塩を入れてうがいして、盆の窪みと足の裏を塩で洗ってね。」
私「ありがとうございます!何か憑き物がとれたみたいにすっきりしてきました!女神様!」
ヒーラーの美熟女様「だ・か・ら 切ったんだってば! 女神って自由の女神ね?今度、自分を護る法と光の玉の作り方教えてあげる。またねー」

とありがたいメッセージをいただき、その後、うがい、シャワーを浴びて、ぐっすりと朝まで寝れました。お陰様で大分回復してきました。

というやり取りがありまして、今日、一つの区切りがありまして、清々しく金毘羅宮を参った次第でした。本当に、目に見えない世界は数秒単位で連動しているんだなと改めて納得です。

引き続きよろしくお願いいたします。

(バナークリックお願いします!)


お世話になっております。

実は先日、お客様から「どうも持っていると、イライラとしてきて心の中が掻き乱れるようになるだけでなく、回りからも平穏だったのが急に攻撃されるようになった、この御守をもらってから気がするので見てほしい」とご依頼がありまして、「一旦、身に着けるのをやめてください」といいましたら、さっと現象が収まったようでした。でもまだわずかに危険な気がするので、「では、そのお守りをアルミホイルで囲ってください」といいましたら、収まったと喜んでおられました。
その後、「お守りをお焚き上げした方いいか?」と聞かれましたので、断易を立てますと、もろ、因縁が関わっているのが卦にあらわれていました。用神は空亡で、刑もある。六獣は勾陳。どうも、先祖因縁なのでしょう。墓系の祟りですね。この行者の方ご当人が気付かないかぎり、このように信者にも被害がでるのでどうにもならないですね。もちろん、お焚き上げしてもらい静謐を取り戻したようでした。

さて、暦も隠遁に切り替わり、お客様の呪符のオーダなどもあり、そんなこんながある中で何らかの邪気を受けたのか、木曜夜ぐらいから風邪がひどくなり、土曜もグロッキー状態でした。これは宇都宮餃子で回復を狙うしかない!

宇都宮餃子と言えば、たくさんのお店がありますが、(参考:宇都宮・餃子専門店正嗣(まさし))、と(参考:宇都宮みんみん)が代表店です。前者は県外の人は中々知らないお店ですが、地元では有名なのです。カラッとした焼き上がりですね。

IMG_0956.jpg

これをタレに擦りニンニクをいれまして。

IMG_0957.jpg

うまい!なんとなく力が蘇ってきたような気がします。早めに就寝しました。

しかし、今日になってもまだグロッキーです。風邪は治っているの間違いないのですが体がガチガチ。呪符などを作成できる状態でもありません。このようなことは初めてです。これは良い気の聖地に行くしかない!ということで、とりあえず、南西が吉でしたので、高速で南西に向かいます。しかし、どこにいくんだ?状態です。うーむ、もう1時過ぎで今更、秩父は遠いし、そうだ、とりあえず、足利に向かおうと、とりあえず東北道を走っていたら、ぴかっとひらめいたのが、「そうだ!(参考:大岩山毘沙門天)は?これなら破邪顕正に良いだろうし、高い山の上で良い気をいただけそうだ!もう何十年ぶりだ、久しぶりだ」と。

--------------------------------------------------------------------------
大岩毘沙門天と呼ばれ、奈良の信貴山、京都の鞍馬山とともに日本三毘沙門天の一つとして知られています。天平17年(745年)、行基上人が純金像を祀るのにふさわしい場所を探していたときに夢枕に神人が立ち、大岩山を教えてくれたということに起源を発します。毎年大晦日の夜半から奇祭「悪口(あくたい)まつり」、元日早朝に「滝流しの式」が行われます。足利七福神めぐり社寺の一つで毘沙門天<開運厄除・学業成就>のお寺です。

--------------------------------------------------------------------------

北関東自動車道、足利ICで降り、一路、大岩山毘沙門天に向かいます。見えてきました。

IMG_0958.jpg

到着です。

IMG_0961.jpg

IMG_0960.jpg

IMG_0966.jpg

IMG_0964.jpg

IMG_0963.jpg


IMG_0974.jpg

IMG_0970.jpg


IMG_0971.jpg

御本堂でお祈りしまして、中に御守売り場などがあるようで、私も20年近く前ですが確かにここで、毘沙門天様の御影を購入し、自宅で祀っていたのです。余りに古くなりお焚き上げしたのですが、もし、掛け軸などあればよいななどと思いながら、ご挨拶しますと、お返事があり、丁度、ご住職が護摩行を終えたところでした。

ご住職「地元の野球部の若手さんたちがきて、護摩を焚いておりましてね。普段は毎朝5時30分と1日や縁日だけなんですが、今日は特別だったんですよ。随分、タイミングがいいですね、相当なご縁ですね」

私「そうでしたか、ありがとうございます。これからお護摩のお願いはだめでしょうか?」

ご住職「今日は例外だったので。翌朝、護摩は焚きますので護摩木を書かれるとよいです。とはいえ、折角来ていただいたので、心経一巻御唱えしましょう、こちらに」

私「は!では失礼します。」

と本殿に入れていただきました、ふと目に飛び込んできたのは、見事な御幣です。しかも五大明王の。

私「これは?!」

ご住職「それね、前の御祭りの際に、知り合いの御嶽行者の方がね」

私「見事ですね」

ともかく、暖かい気が体に入っていくのが感じます。これは来ましたね。方向効果でしょうか。

ご住職「では、塗香を。この心経のプリントもらってね。では始めましょう」

ご住職、徐に、修験道の修多羅袈裟をつけて、太鼓のところで、九条錫杖を唱えていただきます。ドンドンドン!と太鼓とお経の旋律が、何かしら、体を蝕んでいた邪気が破壊されていくような気がしました。そして、

ご住職「仏説、魔訶般若波羅蜜多心経~」

我々「観自在菩薩~」

完全に神仏の気を感じ、今までの気が変わったのが感じられました。

諸真言を唱え、終了しました。

ご住職「よく御唱えでしたね」

私「ありがとうございます。お仕事中に失礼しました。実は、こちらには20年ぶりでして、昔、いただいた御影を祀っていたのですが、古くなりお焚き上げしたので、新しいのがあればと。」

ご住職「そうでしたか。ちょっと待っていてくださいね」

で見せていたただいたのは、昔、頂いたのは、A3ぐらいのでかいものでしたが、小さいもので、ちょっと違う物でした。まあ、それでもご縁をいただくために良いかなあ。。。。と目の前にみるとなんと、掛け軸か。なんと、在庫ありw

私「ご開眼は?」

ご住職「やりましょうか」

といっていただき、即席でやっていただきました。感謝感謝です。

ご住職「やっぱり、土日だとこのようにお客様こられて良いのですが。。。土日は、法事が入りやすくてね」

私「ですよね。」

ご住職「先程、般若心経唱えていただきましたが、実は、宇都宮のNHKカルチャーセンターで般若心経講座をやっているのです」

私「貴重ですね、私も、実は、本職はITコンサルタントですが、副業で占い師をやっておりまして、密教、古神道などに興味をもっております。私の先生に真言僧の方がおりまして、般若心経のことや大乗仏教、密教のことなどお教えいただきました。ご講座、素晴らしいですね」

ご住職「そうでしたか。般若心経の解説やサンスクリットや。あそこにあるでしょう?あとね、御詠歌なども」

私「意味が分かって唱えることが大切だと聞きました。御詠歌ですね、そういえば前回行ったー高野山の奥の院の休憩所のところで拝見しましたね」

ご住職「高野山開山1200年大祭の時ですね?私も参列しましてね、90歳の母連れていきましたよ。私の伝授いただいた御詠歌は金剛流といってね。私は豊山ですが、今回の大祭もそうでしたが、高野山は伝授させてくれというと受け入れてくれるんだよね」

と、終始、飾らず、フランクに話をしてくださるご住職は本当に素晴らしい方だなと。カルチャーセンターも良さげですね。

(参考:般若心経 ~お話と写経~講師 真言宗豊山派 大岩山毘沙門天最勝寺住職 沼尻 了憲)

IMG_0972.jpg

護摩木などのお願いして、本堂を後にしました。少し上に行くと展望が開けます。ここで、深呼吸をして邪気を完全に払います。あとは、温泉が必要!

IMG_0976.jpg

いつもの(参考:栃木温泉 湯楽の里)に入ります。本当に疲れていると、30分、1時間もずっと同じ場所で入っていられますね。今回はそんな感じです。

流石にすっきりしました。帰宅後、新潟の弥彦神社で買った金の御猪口で地元の酒で更に良い気を頂きました。なんとか週明け仕事に復帰できそうです。

IMG_0987.jpg

引き続きよろしくお願いいたします。

(バナークリックお願いします!)