FC2ブログ
お世話になっております。

週末は改めて、先日、伏見稲荷様にて賜ったご眷属を自宅神殿のお御霊の祠前に設置し、神道灌頂にて賜った印と諸真言を勤行させていただきました。超いいかんじですw

(参考:春爛漫の伏見稲荷を参拝、関西某所にて希少なご縁にて秘密神道灌頂を賜る)

伏見稲荷様といい、神道灌頂壇でのご本尊、真言といい、偶然とは思えない不思議な連鎖が続いており、いい感じの神懸りを噛みしめております。


更にこの道を邁進していく気持ち新たにした次第です。

さて、本日は、途中、(参考:豆工房 コーヒーロースト 宇都宮)様に立ち寄り、コーヒー豆を購入です。

IMG_4721.jpg

シリコンバレー流行りの?バターコーヒー用にどんなのが良いですか?とマスターに伺うと、深みがあり甘さがあるのがよいと、中米ガテマラ、ブルボンサンドライを勧められます。これとお安くなっていたマンデリンG-1を購入です。

IMG_4724.jpg

焙煎していただいている間はベラクルース・ルビーを試飲させていただきます。

IMG_4727.jpg

本当にいい香りが店内に漂っています。

IMG_4729.jpg

続いて、時盤ながら東の方の玉女守門を取ろうと、東に向かっておりますと、桜満開の新川という場所があるのですが、何故か赤色灯が数台w どうも事故があり、当事者同士が乱闘状態の模様w おじさんが怒鳴り声だしているのが車内にも聞こえました。いやー春ですなあw

さて、更に東に向かい、宇都宮の東方にあるゆいの杜という住宅地、芳賀工業団地にある、(参考 芳賀町:かしの森公園)さんで軽い花見です。

IMG_4731.jpg

露天商も出ていてよいですね。

IMG_4740.jpg

好物のジャガバターを。

IMG_4735.jpg

桜満開です。

IMG_4742.jpg

そして同じ芳賀町の(参考:道の駅はが ロマンの湯)様へ。駐車場の枝垂れ桜からみたら、月が満月になっていました。

IMG_4745.jpg

帰宅したころにはすっかり月も上の方へ。

IMG_4748.jpg

帰宅してブログを更新しようとメールを見ておりますと、お客様から霊符・呪符の効果のご報告が来ておりました。例の官職大招符と悪念断破符の効果についてです。確かその時の水はこちらの靈水。

(参考:地遁が開き、飛鳥跌穴に青龍寺に霊水を求める)

パワハラ上司が異動となったり、またその上司がこちらの部署にきそうになると、それを避けるように普通では考えられない時期にお客様ご自身が異動となったりと、生々しい効力を発揮しているようです。また、お仕事の内容も良い方向に動いていそうとのことで、私としても嬉しいお話しでございます。

引き続きよろしくお願いいたします。

(バナークリックお願いします!)





スポンサーサイト
お世話になっております。

先日は希少なご奇縁を賜り、関西某所にて神道灌頂壇に入壇させていただくべく、一路、関西へ向かいました。途中、お御霊を賜ったからなかなか参拝できていない伏見稲荷様に立ち寄るため、京都におります。

(参考:「高野山開創1200年記念大法会で結縁灌頂、伏見稲荷より御霊を賜った」思い出 )

京都駅から奈良線で2つ目、稲荷駅を降りますと、すぐに伏見稲荷様があります。稲荷駅そばの川は既に桜満開でした。

IMG_4654.jpg

正面です。海外からこられた参拝者が多いですね。日本を感じられる、宗教文化は違えと、何かしら神秘を感じる場所なのでしょう。

IMG_4653.jpg

IMG_4650.jpg

IMG_4651.jpg

IMG_4649.jpg

朝早くから参拝しており、付近のお店もやっておらず、海外の方々も同じようでしたが、露天の焼きそばで朝飯です。500円でてんこ盛りですがめっちゃうまい。

IMG_4595.jpg

手水舎には物珍しそうにしている海外の方々で溢れています。

IMG_4598.jpg

本殿で一度参拝です。

IMG_4599.jpg

そちこちに桜が。

IMG_4644.jpg

こちらに立ち寄った理由の一つに、前回、お御霊を受けたのですが、お御霊を入れる社、鳥居は購入し、それらもお祓いをしていただいておりましたが、うっかりなのか、眷属と呼ばれるつまり、社の前に並べる2つの狐を購入をわすれておりました。購入は、いつもの?w (参考:神具・神棚の福乃家 友田神具店(伏見稲荷))さんで購入です。購入後、社務所にいき祈祷の申し込みをして、本殿で待機です。

IMG_4607.jpg

お祓いを受けていると、ふと一瞬ねてしまったようになり、不思議と稲荷山と一体になったような気がしました。ともかく、めっちゃ強い眷属さんを入れてくださいと、ダキニ真言は唱えておりましたがw

程なく終了し、ふと、神楽殿の方から巫女様の歌声が。春爛漫のこの情景で神楽殿での巫女様の舞は素晴らしいの一言。見学させていただき、眷属さんも喜んでいるでしょう。(神楽は撮影禁止のため、遠方より神楽殿をみた映像のみ掲示としています)
海外の方々も皆、その神々しさのあまり声も出せずうっとりしておりました。

IMG_4642.jpg

全体図です。伏見稲荷さんは背後の稲荷山全域に神域が広がっており、かなりでかいです。

IMG_4605.jpg

続いて、千本鳥居へとむかいます。

IMG_4610.jpg

IMG_4608.jpg

めくるめくる朱色の鳥居。。。。。

IMG_4614.jpg

IMG_4619.jpg

IMG_4634.jpg

特にここは圧巻ですね。

IMG_4623.jpg

この後、伏見稲荷を離れ、某所に移動します。お御霊開眼のときは頂上まで、大きめの稲荷塚には全て、フル勤行して汗だくで3時間ぐらいかけて頂上を超えて一周しましたが、今回は、途中で折り返します。

少し早めにお昼をいただき、伏見稲荷大社 参集殿様でいなり寿司をいただきました。

IMG_4648.jpg

これも非常に美味。私は講員でもあり、毎日御祈祷をしていただいておりますが、こちらは宿泊施設にもなっており、講員だと割引になるようです。機会があれば、しっぽりと稲荷山のあちこちに点在するという何十万基というお塚を拝むのも良いかもです。

程なく、稲荷駅から京都駅に戻ります。その後、関西某所に移動しまして、秘密神道灌頂壇に参列、悠久の結縁の血脈に列する灌頂を賜りました。灌頂壇では、伏見稲荷さんに伺っていたせいもあるでしょうが、伏見稲荷の情景と、巫女の歌がフラッシュバック
するような印象があったり、なんとも不思議な気というか印象を受けました。

そして、あっと思い出したのが、伏見稲荷で引いた御神籤の内容でした。3番大吉で、このような文言が。

「あまてらす神の御心うけつぎて三つの宝のひかりくもらず」

灌頂壇でうけた印象と伏見稲荷の印象がフラッシュバックのように織り交ざっていくようなこの不思議なシンクロ。なんとも意味深な内容に感じました。

兎にも角にも、様々なものを賜り、今後のお祈りのパワーアップになったことは間違いないようです。

引き続きよろしくお願いいたします。

(バナークリックお願いします!)





お世話になっております。

さて、本日、午前中に書いた記事に従いまして。。。。

(参考:【予告】日本屈指?のパワースポット御岩神社のご霊水で霊符謹製 )

本日は、早速、茨城県日立市にある御岩神社様に向かいます。空を見上げると、ちょっと地震雲のようにも見えますが、それとも空が荒れるのか。。。。

IMG_4422.jpg


奇門遁甲で東方は日盤は、甲乙、驚門で微妙ですが、時盤は午の刻、戊乙(巨岩梅花)、生門で良しです。なんとなく今日のテーマにあってますね。小野先生のご著書(参考 Amazon様:「奇門遁甲術入門 世界の華僑に巨万の富をもたらし続ける秘中の勝占」)によれば、巨岩梅花の象意に曰く「殺風景の岩山の梅の花が咲き誇っている象である。極めて珍しい僥倖運が告げられているのである。それは偶然ではなく、日々の積み重ねが条件かもしれない」とのことです。

北関東道から常磐道へ。途中、危険な運転をする車に遭遇し、吉方であることを再確認w

走行距離110キロぐらい。家を出たのが、12時30分ぐらいで1時間半ぐらいでしょうか。日立中央インターでおります。14時ぐらいに到着です。ほとんど高速道路で、降りた道から一本道なので行きやすいかもです。

入り口ですね。(参考:御岩神社)様です。
社務所で御岩神社様の玉串札、お守り等を購入します。登山する方は、ここで杖を貸してくれますので、借りても良いでしょう。

IMG_4426.jpg

------------------------------------------------------------------
当社は創建の時期は不明ですが、縄文晩期の祭祀遺跡の発掘や、日本最古の書の1つ「常陸國風土記」(721年)に「浄らかな山かびれの高峰(御岩山の古称)に天つ神鎮まる」とされる事から、古代より信仰の聖地であった事が窺えます。
御祭神は国之常立神 大国主神 伊邪那岐神 伊邪那美神 大山祗神 ほか20柱御岩山総祭神188柱を祀り、中世には山岳信仰とともに神仏混淆の霊場となり、江戸時代に至っては水戸藩初代徳川頼房公により出羽三山を勧請し水戸藩の国峰と位置づけ、徳川光圀公(水戸黄門さま)など藩主代々参拝を常例とする祈願所でありました。 
仏像の現存、境内の遺跡、祭事内容など古代信仰(古神道)、神仏習合色が色濃く残り、「神仏を祀る唯一の社」として、他の神社、寺院に見られない独自の信仰を伝えております。
------------------------------------------------------------------

188柱の神々!徳川家由来の神社様ですが、徳川家には慈眼大師天海様がいましたから、江戸城の北東鬼門にあたる水戸藩の仕掛けの一つとしてこの神社にも何かしら秘密がありそうな気がしております。

そして、例の都市伝説?w 宇宙からこの神社の場所から光の柱が宇宙に向かって伸びていた!というやつです。

アメリカの宇宙船アポロ14号の宇宙飛行士エドガー・ミッチェル氏が、衛星軌道上を回るアポロから地球を眺めていた時、地球上で一カ所だけもの凄く光っている場所を発見します。彼はその緯度、経度を計測し、後日、来日してこの御岩神社を訪ねてきたと言われています。それだけでなく、日本人初の女性宇宙飛行士の向井千秋さんもスペースシャトルに乗って宇宙から地球を眺めていたら日本に光の柱が立つのが見え場所を調べてみたら日立の山中だったということです。他のクルーもこの光を見たとの話もあるそうです。宇宙に行った方は、帰還後、宗教的な活動をする方も多く、無重力空間でもあり、やはり不思議な感覚が鋭くなる可能性はあります。宇宙空間での自然栽培等の実験は各国の宇宙ラボで実際に行われておりますが、動植物に影響があって人間にないわけはないですからね。

こちらは御山を含めた全景です。

IMG_4429.jpg

参道の回りには木々、山が広がり、霊力がある神社なのがわかります。

IMG_4430.jpg

参道を少しいきますと、有名なあのご神木です。清流が根の間を通っており、なんとも美しいです。ご神木にはご神仏、精霊などが宿っている場合がありますので、ご奇縁いただいた感謝の身を申し上げる程度にしておくのがよろしいかと存じます。

IMG_4435.jpg

IMG_4438.jpg

太陽の光を背景に撮影です。しばし、佇み、お参りできたことを感謝します。

IMG_4442.jpg

立派な大門です。

IMG_4446.jpg

御岩神社曼荼羅的な古いものです。

IMG_4449.jpg

ここも霊水を汲める場所です。お不動さんがいらっしゃいます。今回は、霊符用に汲む場所と、飲料用に汲む場所を想定してきました。ここは橋の手前で、この先に、供養系の場所があり、また橋があった後に、同じく湧水を引き込んだ手水舎があります。できるだけ神社の結界内で汲みたいので、手水舎の水を選択します。

IMG_4455.jpg

神仏習合を色濃く残した斎神社には阿弥陀如来像も祀られています。

IMG_4456.jpg

ここの霊水を賜ります。

IMG_4459.jpg

その後、御岩神社です。ご奇縁いただいていることを感謝し、諸々の宣言や祈念をしていきます。

IMG_4460.jpg

その裏手にあったお不動様。

IMG_4462.jpg

続いて、御岩山への登拝です。片道60分とありますが、往復60分と勘違いしておりましたw 表参道から登ります。

IMG_4473.jpg

はじめは普通の山道で安心しておりましが、段々、木の根の階段のような険しい道が。

何故か、段々調子が良くなってきて、足が速くなる私は、どんどん先を急いでいました。何故かあまりつかれない、心が晴れていく。くだらない日々の穢れがとれていきますね。

かびれ神宮に到着です。

IMG_4475.jpg

御山の8合目?あたりにある奥宮です。ここでも、先日、笠間の愛宕山の滝入不動尊様の霊水で謹製済みの霊符に更にエネルギーを入れようというのも今日のミッションの一つであります。この霊符は作成後、自宅神殿の霊的中枢(ご本尊手前の法具の上で霊気をチャージしてきており、今回の奇門遁甲の作法に加えて、このような最強クラスの霊地での祈念をするなど、今までで最強の作法といえましょう。勿論、お客様を害する怨敵を退散するため、日本国大小神祇、つまり御岩神社のご神仏全てに祈念するのです。

IMG_4476.jpg

本当はここにも霊水がでていたのですが、今は枯れています。

IMG_4477.jpg

続いて、更に山を登ります。急な斜面が続きます。しかし、山頂が近づくとより清々しい雰囲気に包まれていきます。

IMG_4492.jpg

ついに山頂に到着です。海抜530メートルでしょうか。筑波山クラスの結構な高さです。

IMG_4507.jpg

見晴らしが素晴らしい。

IMG_4523.jpg

この頂上の大岩が一番高い場所みたいですね。強い気を感じます。超清々しいです。

IMG_4508.jpg

そして、こちらがパワースポットと言われる、石柱です。

IMG_4518.jpg

これが衛星軌道上の宇宙飛行士から見た光の柱の正体でしょうか。印象としては、以前、ご紹介した出流山満願寺の奥の院の鍾乳石の十一面観音像を見たときの印象とにてるかもです。こちらも有難く拝ませていただきました。勿論、あの霊符と共に。

IMG_4519.jpg

さて、下山です。帰りは裏参道から。途中、薩都神社中宮でも祈ります。

IMG_4535.jpg

やっと御岩神社まで戻ってきました。既に16時ぐらいでした。

帰りは、御岩神社近くのJAの豆腐屋さんの駐車場に湧水がかけ流しの場所があり、ここの豆腐屋さんもこの水を使って豆腐を作っているそうですが、生憎、閉店してしまっていました。でも、水はありがたく頂戴しました。飲んでみますと、ほんのり甘く、カラカラでしたので尚、美味しかったです。

IMG_4542.jpg

大分、汗をかきましたので、近くの日帰り温泉(参考 観光いばらぎ様:鵜の岬温泉 日立市鵜来来の湯十王 - 観光いばらき)様に行き入浴です。

IMG_4544.jpg

腹が減りました。うらら丼という海鮮丼を。超、おしかったです。

IMG_4545.jpg

温泉も施設充実。特に内湯が登山の疲れをしっぽりと癒してくれる優しいお湯でした。ちょっと、眠ってしまいました。

帰りは宇都宮に近づくと雷が見えてきました。高速道路は高い場所なのでよく見えます。でも、あまり降られず帰宅できました。帰宅すると、栃木県の南部で大雨警報がでていました。北関東道のそのエリアでも事故渋滞の警告を見かけたので、エリアの方はご注意の程よろしくお願いいたします。

さて、これからオーダいただいた霊符の作成にとりかかります。一応、総合的な開運、金運の霊符はいくつかつくっておきますので、後程、ご案内しようかと思います。

引き続きよろしくお願いいたします。

(バナークリックお願いします!)





お世話になっております。

こちらは、4年近く前のある神社の写真です。

IMG_3997.jpg

先日、都内でタクシーに乗りました。

神楽坂、早稲田通りを抜け、皇居方面に向かっておりまして、運転手さんと歓談しておりました。運転手さん、新潟が故郷とのことでしたが、私の方を聞かれたので宇都宮と答えますと、日光によく行くとのこと(あの、滝尾神社もしっていたような)。

で、信号の停車時に、「先日、茨城に行きましてね。。。」と、急に後ろを向いて携帯の写真見せてくれて、「え!」と、びっくりしたのが、(参考:御岩神社)に行ってきたとのこと。私もいったことがありますし、しかも知人の気功家の方もここを絶賛されていましたので。
私は、心の中で、これは偶然ではない、あー少し前から気になっていたので呼ばれているなあと思いました。わざわざ、写真まで見せてくれてw

私「あれですよね、宇宙飛行士が衛星軌道から日本をみていてとりわけ輝く光の柱があるところを後で調べたら、御岩神社だったという」

運転手さん「そうそう!凄い場所みたいですね。その後、偕楽園や周辺見回ってきましたけど、結構充実でしたね」

と歓談が進みました。運転手さんもみせてくれたご神木。くれぐれも木のご心霊にたいして恭しくお参りしてくださいね。霊力があるおので、無礼は危険ですよ。(お優しいご心霊でしょうが、そう書かないと、とんでもないことするする人がおりますので)

IMG_4003.jpg

この神社は日本の神様が総結集しているとのことで、遍く、日本国大小神祇に諸々ご報告、ご宣言させていただきたく。昨今、諸外国を含め日本国や日本国大小神祇を蔑ろにする愚か者達(お客様を苦しめる阿呆や日本人にも関わらず裏切り行為をする者達も含む)に訣別、鉄槌を与えるべく、例のイージスの件もあり、お参りに参ろうかと存じます。

IMG_4012.jpg

来週頭には益々パワーアップ間違いなしのビックイベントが待っているし。間違いなくこれは流れにのってますね。

募集期間があまりに短く、大変申し訳ございませんが、もし霊符、呪符を作成してほしい方がいたら、霊水の霊力が最も活性化を保っている明日の夜までならお受けしますので(第一段の作成は本日の夜、明日に係る方がいれば明日作成予定)、ご連絡いただけますと幸いです。

呪符関連の記事はブログカテゴリの「開運・破邪のお呪い、呪符」からか、以下の記事あたりをご参照の程お願いします。

(参考:呪符について、現在対応可能メニューです)
(参考:呪符メニュー詳細について)
(参考:風水都市『東京(江戸)』における四神相応と『五帝霊符』について)
(参考:元旦(農歴の旧正月)に滝尾神社にお参り ⇒ 鎮宅霊符外符『北斗七星霊符』完成!)
(参考:効きすぎ!!恐るべき呪符、霊符の効力!破邪系は特に最強!正に悪・即・斬! )

ブログのリンクにある【紀右衛門サイトへのお問い合わせ】からいただけますと幸いです。

引き続きよろしくお願いいたします。

(バナークリックお願いします!)






お世話になっております。

都内でも、春分の日の前日の段階で皇居の桜は三分咲きになってました。ニュースを見ると上野公園でももう咲いてそうですね。明日には満開予想のニュースが。春分の日の寒さをあけて、いよいよ桜のシーズンの到来でしょうか。

仕事で日本橋のCOREDOのオフィスビルに伺った際、見えたスカイツリーです。

IMG_4418.jpg

宇都宮に帰宅して空を見上げると久しぶりに月や星をみました。週末は楽しみですね。

IMG_4420.jpg

花見もええなあ。といいつつ、例の霊的イージス、奥の手、【零式】を作らないと。。。。。

引き続きよろしくお願いいたします。

(バナークリックお願いします!)






お世話になっております。

本日は、お彼岸の中日、春分の日です。やはり、先祖供養が何事においてもベースラインですので、関係する全家分の墓参に参ります。奇しくも、13時ぐらいには早速、霙から雪が降ってきて、超寒いです。宇都宮から30キロぐらい離れた、芳賀町の方へ行き、1つ目のお墓で在家次第一式を20分ぐらいかけて勤行です。傘さしながらだときついです。続いて、5キロぐらい北方の高根沢町、そして、今度は40キロぐらい離れた北鹿沼の方、最後は宇都宮に戻ってきて20キロぐらいの場所でと合計100キロは走破しておりました。勿論、全部の場所でお線香をあげ勤行します。ある場所では、急に笑いがこみあげてきまして、仏さん達が喜んでいるのか、急に寒気が笑いと温かみを感じたり、最後の場所では眉間がスースーして、超、すっきりしたりしました。

やはり、その家によってスイスイ向かえる家と、何かしら遅い車が阻んで進みがわるい場合、そして、霊園などが近づくと、咳きこんだりする場合と寒気がする場合があったりと、その墓陵の霊的な安定度に比例するのかと思えるぐらい、調候のようなものがあるように思えるのでした。年月が経って供養されたお墓の安定度は高く、新しい仏がでたところは寒気等を感じやすい、一族の墓陵で結界があるような長者のお墓は安定度が高く、たくさんの地域の家の墓陵でも、菩提寺が管理して(ここは真言系)いるところなどは安定度が高いように思えます。逆に、市の霊園などは、いろんな宗派の人がいろんな境涯で乱立されております。人それぞれですし、墓陵では他家の墓などへのコメントなどご法度なので、一切霊域では発言しませんが、やはりこういう勉強をしておりますので、墓相に合わない作りをなさっていると気にはなってしまいます。

いずれにしましても、故人を偲んでの思いは皆様一様に同じかと存じます。仏教では、六道において人間界が最も修行に適しているらしく、死んでしまうと修行が進まないようです。しかも、あの世では子孫からの追善供養がないと相当苦しいらしいです。そして、死者への追善供養は、9割は自分への徳積となるようですが、仏さんには1割しかいかない。逆にいいますと、その1割が重要ということになります。やらなければゼロですからね。
まだ、お彼岸の期間ですので、まだ行かれていない方は是非行ってみると、きっといろいろなことが良い方向に行くと思われます。

そんな墓参ツアーがおわり、近くの珈琲館で一服です。

IMG_4412.jpg


その後は、また車を走らせ、いつもご厄介になっている、さくら市の(参考:松島温泉 乙女の湯)さんです。ここの貸し切り風呂が最高です。源泉かけ流しで最高ですね。

IMG_4414.jpg

帰宅後は、自宅で晩酌です。

引き続きよろしくお願いいたします。

(バナークリックお願いします!)





お世話になっております。

タイトルにございますが、怨敵に苦しむお客様のため、前回述べました、霊的イージスシステムの稼働を開始しました。第一弾は、霊符、呪符作成のため、霊水を取得せねばなりません。良い方位があるか?

(参考:恐るべき呪術の力、霊符・呪符イージスシステム稼働開始! )

おお!東南の日盤、天盤地盤は乙丁(草花温順:大吉)、八門は傷門、そして、肝心の時盤は、丙甲(飛鳥跌穴)、景門でした。特に飛鳥跌穴は強烈なエネルギーであり、このような怨敵退散には向いているでしょう。出撃は15時と遅いですが仕方ありません。場所は?東南というと茨城県、筑波山方面。そうだ!前回いった、愛宕山はどうか?

(参考:先日の愛宕神社、金毘羅神社のご縁か、岩間(笠間)愛宕山で将軍地蔵、仙境異聞に出会う)

グーグルで茨城県 愛宕山 霊水 などと検索していると、「滝入不動尊」の名が。これは????

あーあの愛宕山の北側にこんな滝場が。知らんかった。なんと調べると、「両部神道」の名が!!!!この山やこの滝場は、真言宗、天台宗系修験道の修行場で、両部神道の霊山として知られているとの看板がこの滝の説明を確認したのでした。えー両部神道。。。。。何か運命的ですね。今は多くを語れませんが、これは呼ばれている。いざ出撃です。北関東自動車道で1時間ぐらい。60キロ弱の距離です。

真っ先に霊水の確保へ。ここが滝入不動尊様。愛宕神社様に確認したところによると、愛宕山の湧き水が結集してここに流れ込んでいるとのことです。ここでは合気道の修行者が滝行にくるらしく、昨今は外国人さんも多いとか。

IMG_4310.jpg

説明の看板です。ネットでも見ました。

IMG_4309.jpg

----------------------------------------------------------
滝入不動尊の由来

古代より愛宕山は、両部神道の霊山として識られている。
 されば山中には数多くの、歴史が秘められている。とくに真言、天台密教修験行者請来の不動尊が各所に勧請され、この滝入不動尊も、その1つである。永○5年舜運に依る墨書銘文があり、紀州郡那智山金剛院の秘仏と伝承されている。多分その時代に動座されたものと思う。寛文10年土浦藩主「土屋相模守政直」に依る除地、仏殿の寄進以来、明治の藩政廃止迄土浦藩の尊崇を受け維持管理されたのである。その後駒場、滝前両坪に於て維持管理を引継ぎ今日に及ぶ。
滝入は愛宕の渓水をあつめ、崖は急に二条の滝が懸り、樹は密に境は幽邃、修験行者の磐座を持つ浄地である。爾来四季を通じ、不動尊に霊験を念じ、滝に打たれ病魔退散、家内安全等諸々の祈願各般に亘り、遠近の庶民信仰によって栄えたのである。現在も信仰は絶えない。今回愛宕山開発に即応、区内一致協力して浄財、労力を提供、境内の整備と、大正2年再建の堂宇を修理し、○か町の発展に寄与せんとするものである。

御本尊不動尊像は平成3年区内有志、普賢院の浄財に依り破損を荘厳し、昭和32年の社寺法に基き、現在普賢院に於て管理している。

縁日 毎月28日
1月28日、7月28日は御本尊を開帳し護摩祈祷の法要が行なわれる。

平成6年7月28日
滝入不動尊駒場 滝前護持会 誌す
----------------------------------------------------------

IMG_4306.jpg

夕方ですが気は清純。とても地元で大切にされているようで、しっかりと花が。

IMG_4314.jpg

IMG_4315.jpg

不動尊の利剣の形をした鋼があります。これ不動霊場でよく見かけます。

IMG_4316.jpg

こちらは、阿闍梨伝来の五鈷杵をかかえ、ご真言をとなえ、霊水をいただくための理由やお客様の加護を祈念します。いざ霊水を賜ります。滝入不動尊様!ありがとうございました!!

IMG_4308.jpg

清き流れが続きます。水は高きより低きに流れる、上善如水(じょうぜんみずのごとし)。。。お酒が飲みたいわけではありませんよw

IMG_4313.jpg

途中、梅の畑が美しいです。

IMG_4317.jpg

つぎは、山をぐるっと回って(この道を登ると北側から登れそうですが、見たまんま酷道(こくどう)www 危なそうなので回避w)、5キロぐらい迂回し、今度は正面より愛宕山に昇り、愛宕神社様に霊水を携えて参拝です。愛宕山の神仏に法の執行を宣言し、日本国大小神祇に協力を求め、我らに加護を与えるよう祈念します。そして、霊水を更に霊気をチャージするのです。駐車場に到着。

IMG_4325.jpg

空をみあげると飛鳥(ひちょう)のようです。

IMG_4318.jpg

今回はあの下からの階段はパスですw 一気に車で本殿へ。

IMG_4328.jpg

輝かしい太陽をみながら。。。。

IMG_4326.jpg

いざ本殿へ。

IMG_4330.jpg

本殿で、お祈りです。既に閉まっていますが、大丈夫。寧ろ、こうした法術には黄昏(誰そ彼)の刹那がよかったりします。愛宕山将軍地蔵様、愛宕山一切諸神善神。何卒、非道なる悪党よりお客様を守り給え。。。。。

IMG_4332.jpg

続いて前回もお祈りした宝篋印塔。この塔が以下に有難いか、知る人は少ないようです。

IMG_4334.jpg

四面を祈っていきます。怨敵より護る面があります。ここでも祈念します。

IMG_4338.jpg

この盤で祈ると、怨敵から身を護るとあります。

IMG_4341.jpg

本殿の裏側は愛宕山の頂上の岩石がさざまみとなっている場所があります。ここは気の噴出点らしく、ここでも霊水を携えつつ瞑想です。山塊全域の力が我に結集し、宇宙全体を照らす。。。そのような瞑想。

IMG_4343.jpg

IMG_4344.jpg

そして奥宮、飯縄権現の宮です。

IMG_4342.jpg

飯縄権現とは稲荷神と天狗、お不動様の形態の合体神です。古くは上杉謙信公や武田信玄公も祈ったとか。長野の飯綱神社、東京の高尾山の神様でもあります。怨敵退散などの調伏系を最も得意とする神仏であります。

IMG_4346.jpg

例の奥宮の不思議な祠でも宣言です。中央は多分、菊紋があり宮家血筋の神仏なのでしょう。裏側の祠は天狗などの眷属神とおみうけみました。非道なる悪党の一派よ、お前らの魂魄はすでに日本国大小神祇の霊的イージスにロックオン捉えられておるぞよwww 

IMG_4348.jpg

さて、下山です。我ながら凄いですね、このためだけにここにきましたw 超清々しい!!

急ぎ、北関東道を戻り、地元の温泉に、フクロウの湯さんでひとっぷろ。

IMG_4357.jpg

一先ず就寝です。明日の早朝、一気呵成に霊符、呪符を作成するためです。霊的イージスはまだ、【一式】です。奥の手である【零式】はまた別途作成となります。お客様への発送日は、奇しくも来週。この間に更にエネルギーをチャージする必要があります。しかしまた、来週に係る、不思議な大奇縁の連鎖のお話しはまた神仏の御許可があればご開示いたします。(開示できないかもしれませんが、予めご了承の程を。。。。)

引き続きよろしくお願いいたします。

(バナークリックお願いします!)





お世話になっております。

先週末は近頃、病みつきになっている(参考 食べログ様:鉄板焼 マリアージュ)様にいってしまいました。ちょっと、夕食食べるだけという感じでいっても、がっつり食ってしまうのが危険です。

開口一番、マスターに「先日の断易上級科打ち上げで占いソフトを作られた美女さんが、ここの料理を食べて、人相で運気があがる血色がでた、凄く美味しかったといってましたぜ」といいますと、マスター物凄く喜ばれていました。(先日、管理者向け非公開コメントでいただきましたので、その方のフリーメールにはお返事しておきました♪)

(参考:呼ばれると会うシンクロニシティ、悲しき夜の梅 )
(参考:ついに断易上級科完了!打ち上げ! )
(参考:神楽坂旨い店発掘 「teppan-yaki MARIAGE」)

いつもの野菜の鉄板焼きでお通しをいただき、まずはビール。カウンターでのみますと様々な人たちと会話がはずみます。前に知り合った業務コンサルの美女さんに来てますよーとラインを送りますと、なんと前日にきていたそうで。「これからテレカンなんでー」とのこと。多分相手は、イギリスなどでしょうけど。。。。さて、次は玉ねぎステーキと赤ワインを。

IMG_4295.jpg


この日知り合った方はさすが出版業の町、神楽坂。某大手出版社の方。いろいろと本の話でもりあがりました。その方が食べていた赤海老のソテー レモンバター仕立てに誘われ私も。

IMG_4298.jpg

既にランチメニューに正式デビューしたエッグベネディクトのなんと、牡蠣版。エッグ牡蠣ベネディクトです。マスターも食べたことがないとのこと。俺実験体?w でもマスター曰く「絶対いけるはず」。ならいくしかないではないですかw

IMG_4296.jpg

これうま!これいいですね。超おすすめです。

なんと、いつものハンバーグがランチでも売れまくり、この日の夜も、売れてるなあと思っていましたら、私の直前で売り切れにw
初で岩中豚の骨つきステーキをいってみました。炎を入れると、余分な脂がとび香りも上々となるようです。

IMG_4301.jpg

鉄板焼き屋さんは食材が命なので、そうだ!地元の農家起業中の人に相談してみようっと!話題が広がるのでした。直接、東京のこのようなお店と連携できればお互いにウィンになるでしょうし、我々、食べ手も安全で美味しい料理をいただけることになります。

IMG_4303.jpg


この日は、外国の方やらかなりお客様がたくさんいましたが、ほどなく皆さんが帰られて、マスターから、「こうして焼いていますと、本当、うまそうで腹が減ってくるのですね。でもこの腹が減ってくるのって大切なんです。腹が減っているときの嗅覚って満腹であるときとちがって、感覚が研ぎ澄まされるようで、満腹の時と違って美味しい料理をつくれるようです」と有難いお言葉をいただきます。ハングリー精神ってありますが、あれって何事にも大切なのかもしれません。

すっかり腹がみたされ、神楽坂の夜の春の花をみつつ、帰宅です。

翌朝は、掃除などをして、神田へ。小野十傳先生スクール「四柱推命卒論科」の日でした。既に、1年半近くで、十干、甲、乙、丙、丁まで進み、戊日で、それぞれ月柱に該当する十二支(例、甲日、子月~戌付き(12パターン))とすすみ、4×12=48パターンを丁までで完了し、やっと、全120パターンのうち、40%強程度を進行中というところでしょうか。但し、何回か書いておりますが、前半の干がカリキュラム的に重要で、生、剋、干合などの関係で対になる干との関係を論じていらっしゃるため、この土行が折り返し地点となり後半は加速度が増す見込みのようです。先生の早朝のメルマガで「今日はかなりのボリュームの為、昼がとれないため朝ごはんをたっぷりたべる」などのコメントを拝見しており、今日は凄そうだなとは思っておりましたが、本当にそうでした。

特に月によっては用神法自体を使い分けるシーンがあったり、ある五行がある反応要素を貰った時に元命式の要素で次はどのような化学反応をしめすか?これは圧巻でした。このお話しを伺っているときに、あー!!!と思い出すことが。

昔、会った方とのやり取りで、あーあの方のあの心変わりは、あの要素に対して行った要素が完全に変換に使われず、最も忌むべき行動をとってしまった。私は鑑定依頼を受けていたわけではないので、最悪のバイパス回路があることを知ってはおりましたが、その方はまんま、四柱推命の元命式にある、「えーそこにエネルギーいく?」というバイパス回路従った言動をとったのでした。そして、その方が結びついた方の元命式をみると、バイパス崩壊した方が忌神を日干に持つ人でした。これをみたとき、背筋がぞっとしたことは今でも覚えています。その方は大運に喜神を迎えておりましたが、準備ができておらず、既に後半にまわっていて気が付かなかったという状態で、私に縁があった時に、私は真面目にその方を思い、喜神を提示しその取得を進めましたが、最後の最後でその方は、曰く「地獄のバイパス回路」を選択されたのでした。それも先生の仰る化学公式に従えば、至極、当然であり、その方の心次第なのでありますが、誘ってくるわけです。まさに因縁のように。仕方ないですね。大運の喜神の触媒を蹴り、忌神を後生大事に抱えながら進むその方は、大運中の出会いに偶然はないので、その後は悲惨なことになるとここに記録しておきましょう。どうも私は好きな人がいるとどこまでサービスしすぎて、結果的に相手に勘違いさせてしまったようで、今後は引き締めていかねばいけませんです。

そんな過去のやり取りを思い出しながら、またその方の元命式が授業とシンクロしながら、ぞっとする恐怖と共に、ここまでわかるんだ!という満足感に浸りながら、先生も皆様、お疲れなのに私は、ギンギンになりがら、先生の授業にかぶりついておりました。
そう、鉄板焼き師匠の言葉通り、ハングリーでしたね。この空腹感(って占いに対する)、僕は実践で磨き上げていくでしょう。

さてさて、今日の授業も大満足でございました。

宇都宮へ帰宅し、この日はいつもの道頓堀へ。私は常連でして、入店すると、「飲み放題、大生、スナックお菓子のもんじゃ、ジャガイモ鉄板焼き、あと塩、胡椒、七味もってきてね」などとメニューも見ずにオーダします。

鉄板の利用も2面を使い、同時多発的に参加者に振舞っていきますw 私が道頓堀の店長仕込みのもんじゃの焼き方で、野菜をみじん切りにする際に小手を激しくカカカカと打ち鳴らす作法をしておりますと、隣のカップルの男性もやっているようでしたが、おやりになっている料理は「まんまるクリームチーズのリゾットもんじゃ」でした。それ違います!wだってリゾットだから、ご飯がはいっているよ。僕がやったのは、最もシンプルなもんじゃのキャベツなどの野菜をこまかくして、環状の環礁を作る作法。ここにしゃらしゃらのもんじゃソースをながしますが、私は昔のゲーセンのもんじゃを再現するため、焼きそばソースを若干適量まぜており、ここにベビースターを半分は島の補強へ。半分は残りのスープへといれます。まあ、このようなことは人それぞれだとは思いますがw
しかしながら、リゾットもんじゃは完全なオリジナルメニューで、もんじゃとは名ばかりのリゾット鉄板焼きといえましょう。焼く前に十分かきまぜているので、お好み焼きのようにひろげて(もんじゃでは焼きが入ってきた段階だと粘り気があり可能ですが、リゾットの場合、かなり早めにこの段階になります)、焼き目いれつつ、私なら塩、胡椒でさらにしあげていくのですが。

程なくして、「これ残りたべられない?」と男の人の声が聞こえます。女性からは無理的な言葉と急に帰る模様。明らかに場が覚めたのが伝わってきました。ありゃりゃりゃー。そのリゾットは塩、胡椒で調整するとゲキウマになるのに。。。。。男性もイケメンなのに勿体ないw 次の場所?wで盛り上がってねw と祈念ですw

ということで、最後にもんじゃの話など関係ないじゃんと思われるかもしれませんが、物事にはこのように利用すべきシーンとベストプラティスというものがあり、このシーンにこのプラクティス、ノウハウ、ナレッジをつかえるか?は基本を如法に使えるかかが重要だと思います。(法の勝手なオリジナル編纂などもっての他、あくまで如法に)

〆は近くのカラオケで例の「平原綾香 - Shine -未来へかざす火のように」を歌って満足でございました。

さて、今日は、日光の男体山や那須の高原山方面を見上げつつ、霊符、呪符のオーダのお客様のため、また深山幽谷へ霊水をいただきに参る予定です。

引き続きよろしくお願いいたします。

(バナークリックお願いします!)





お世話になっております。

湯島、とある日本料理屋です。刺身も春を感じさせてよいですね。

IMG_4228.jpg

そして、このたまらない生牡蠣これは見事。

IMG_4225.jpg


さてさてです。やはり娑婆(しゃば、つまりこの世です)におりますと、どうしても理想論ばかりではいきていけないようでして、断易でいうところの、兄弟、子孫、妻財、官鬼、父母というセグメントがある中で、敵と味方という関係に陥ってしまう、それが仏教でいうところの貪瞋痴(とん・じん・ち)なのかもしれませんが。

酷い人間関係になりますと、最悪死もありえますので、よくよく注意してご縁のある方を御守りせねばなりません。

私は在野の者ながら、一種の兵法家です。敵が精神まで蝕んでくる! でもそれは戦闘、戦争の常套手段です。まずは見えない気から攻めてくる。無形の気から有形の気へ。

最新の防衛の世界では、イージス艦が活躍しています。

日本の防衛の要、イージス艦はまさに呪術の戦いのような戦闘を繰り広げます。
近づく敵はSPY1レーダで補足。ジャミングモードで電磁波でミサイルを狂わせて海に落とす。
シースパローをはじめとする艦対空ミサイルは敵のミサイルを撃破。
それでもだめなら、主砲攻撃。恐ろしい程の的中率です。
そして、近接戦闘はCIWS、3キロ先の飛距離を持つマシンガン。
というような段取りでした。

(参考:精神的な攻撃への呪符による防御はイージス艦のSPY1レーダーと同じようなもの )

では、呪詛ではどうなのか?こちらが望まなくても、肉体的、精神的に攻めてきます。

これに対するは、正に霊符・呪符によるイージスシステム。

今まで様々な戦果を発揮しております。

まずは、霊符版のSPY1レーダーは、例えば鎮宅霊符系の総合霊符などは破邪と幸福をもたらす総合的な霊符といえましょう。
つづいて、艦対空ミサイル、主砲、CIWSなどの重火器には、悪念断波符、怨敵退散霊符。これだけでも、相当な効果があり、たくさんの方々が、驚異のご報告をしていただいております。曰く、パワハラ社長が自爆した、パワハラ上司がいきなり左遷となった、賃貸でモンスター借主がでていてってくれた、などなどこれほど効くとは私自身びっくりでありました。

ここまではあくまで敵が攻撃してきたエネルギーを避けたり、跳ね返したり、よけたりするものです。

では、トマホーク型、つまりこちらから敵を殲滅するものはあるのか?

あります。。。。。。

ただし、これを使うには専守防衛、正当防衛、大義名分が必須であります。しかしながら、この大義名分がそろえば、神仏からは加護をいただき、悪党の一派を殲滅することは難しいことではないようです。宣戦布告、これ重要ですね。

私自身、止むを得ず、敵に追い込まれ、どうしようもなくなった刹那、天を対して、問答するのです。この問答、恐ろしく効くのです。

その上で、専守防衛を基本として、敵の殲滅にかかります。見えない世界では敵も味方もなく、魂は近い存在にあるようです。しかし、敵は意識、無意識に悪用しているのです。その魂魄の一部を抑えてしまう。
こちらの情を利用して入り込んだ穢れ。それもご縁でしょうが、この穢れ、考えてみれば良いインターフェースではありませんか?
たっぷりと利用させていただくしかありません。

この法、恐ろしく効くようです。やはりトマホーク型w もしくはバンカーバスター型?

(参考 Youtube様:US Military Tomahawk Missiles Launch [Part 2] From USS Porter (DDG 78) & USS Ross (DDG 71))



(参考 Youtube様::BLU-109 2000lb "Bunker Buster" Bomb)



しかし、全ては自分の心の甘さ、隙でもあったかもしれません。穢れを生んでしまった、若しくはもらってしまった。

訣別。今の時代そうそうはっきりと思いにくいのですが、敵味方をしっかり把握することが断易哲学では成功に有用とされているようです。

引き続きよろしくお願いいたします。

(バナークリックお願いします!)






お世話になっております。

私事ですが、小学校6年生の時に、友達の家ではじめてパソコンでゲームをやりました。それがNEC8801MKⅡでやった「信長の野望」でした。あのシンプルで痺れるFM音源でのオープニング曲。「タンタラタララー♪タンタンタンタンタララ~♪」

「人間五十年、化天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり 一度生を享け、滅せぬもののあるべきか」

という敦盛をしったのもこのゲームでした。かっこいいじゃないですか。一生、刹那、生きるしかないという覚悟。

(参考 Youtube様:[BGM] [PC-8801mkIISR] [OPN] 信長の野望 全国版 [Nobunaga's Ambition National edition])




こっちは、オーケストラ。始まりのところです。これいいですね。これを聞くと、信長がまだ尾張(愛知県)を統一していないころ、奥様の濃姫に制しされながらも美濃(岐阜県)の義理の父親、斎藤道山を救出にいくシーンを思い浮かべてしまいます。損得ではない。血肉を分けた殺し合いの中の一すじの情のための戦い。

(参考 Youtube様:Symphonic Gamers Orchestra 5 Nobunaga's Ambition:Chronicles of the Ascension,Innovation)




あのゲームから歴史小説を読むようになって、山岡荘八さんの信長、家康、秀吉と読んでいきました。また、信長の小説が良くできていて、世界大戦中、従軍作家であった山岡さんはリアルなんで、嵌ります。特にこの信長が青年の時代から周りの年寄りに、良い子の弟を中心に追い込まれていきますが、其れをことごとく撃破していく様が何か惹かれるものがありまして。別に弱者の見方とかそういうのではなく、例えば、この運命学を知って、お前は身弱、お前は身強だから、お前は〇〇格だからと、救えもしないやつが偉そうに決めつけて、オイオイオイ!それじゃ、学歴社会で学歴で決めている奴らとおんなじじゃねーか、とムカついてくるんですよね。煩いよ、お前ッて感じです。だから何だよ?大した術もなく偉そうに吹かすなボケといいたいです。〇〇格だから終わりだ、だったらお前こそいらねーよといいたいですよね。だったら運命学、帝王学の意味ねーじゃねーか?わかっていっているのか?この野郎ってねw

こーいう理不尽には娑婆でもあの世でも死んでも従いたくない、というのが私の心情です。いい子にはなれないですねw

そうそう、びっくりしたのが、あの信長の野望の初回のテーマ曲が、まさか歌詞がついて歌になっているとは。しかも平原綾香さん。

(参考 Youtube様:平原綾香 - Shine -未来へかざす火のように-)



「さぁ輝いて誰より強くときめきはくりかえすすべてを超え~♪」
(「タンタラタララー♪タンタンタンタンタララ~♪」)の部分ですね。

全てを超え(KOEI:ゲームメーカーの光栄)wなんでしょうけどw

引き続きよろしくお願いいたします。

(バナークリックお願いします!)