FC2ブログ
お世話になっております。

本日は、(参考 Wiki様:八十八夜)ということです。

------------------------------------------------------------------
八十八夜(はちじゅうはちや)は雑節のひとつで、立春を起算日(第1日目)として88日目(立春の87日後の日)にあたる。
もともと、太陰暦がベースである日本の旧暦では暦日と季節が最悪で半月もずれるために、太陽暦をベースとした雑節としておこり広まったものである。21世紀初頭の現在では平年なら5月2日、閏年なら5月1日である。数十年以上のスパンでは、立春の変動により5月3日の年もある。

「八十八夜の別れ霜」「八十八夜の泣き霜」などといわれるように、遅霜が発生する時期である。一般に霜は八十八夜ごろまでといわれているが、「九十九夜の泣き霜」という言葉もあり、5月半ばごろまで泣いても泣ききれない程の大きな遅霜の被害が発生する地方もある。それ以上に、旧暦では暦日と季節が最悪で半月もずれるために、農家に対して特に注意を喚起するためにこの雑節が作られた。八十八夜は日本独自の雑節である。
この日に摘んだ茶は上等なものとされ、この日にお茶を飲むと長生きするともいわれている。茶の産地である埼玉県入間市狭山市・静岡県・京都府宇治市では、新茶のサービス以外に手もみ茶の実演や茶摘みの実演など、一般の人々も参加するイベントが行われる。

------------------------------------------------------------------

立春から88日経過した日ってことなんですね。とりあえず、今日はお茶を飲みましょうか。

ところで、昨日、夕方ですが、神楽坂で以下のような地震雲らしきものをみました。狼煙のような奴です。

20180502_01.jpg


ただ、地震が起こるにしてもその後消えたので、このエリアではないかもしれませんし、小さいやつかもしれません。本ブログリンクにあるkirunaは平静でした。因みに、今月のカバラ注意日は日付だけで足して2となる日です。

0502 / 2+0+1+8+0+5+0+2=11+7=18(666)
0511 / 2+0+1+8+0+5+1+1=11+7=18(666)
0520 / 2+0+1+8+0+5+2+0=11+7=18(666)
0529 / 2+0+1+8+0+5+2+9=11+16=11+7=18(666)

特に警戒なのは5月11日ですね。しかも2018年で511は並びが美しいw?のでちょっと警戒した方がいいかもです。

一説には、天皇家の動きをみると大地震や大噴火などの国家を揺るがすような大災害等を予測できるという説があります。何故なら、天皇家は血筋を絶やすことは許されない一族であるからで、平安の世から必ず陰陽師のようなお抱えの占術師、もしくは今どきの言葉を借りればサイキック、能力者がいるはずだ、という説です。その説をお借りすると、少なくても2019年4月30日の今上天皇陛下の退位、翌日、新天皇の即位までは安全で、それ以降は保証にならないとする説です。また、今上天皇は退位後、上皇になられ、秋篠宮様が皇太子になられて、上皇は皇太子と一緒に住むという規定らしく、赤坂御所になるのか住む場所がまだ決まっていないようです。元々、天皇家は京都の主として、江戸時代まではいらっしゃったのですから、これを期に戻られたら?という京都の方々の切望もあるようですが、秋篠宮家様にはご長男もおられ、家系継続のためにディザスターリカバリ(DR)対策で西日本にお住まいになるのは国家としては当然のことのような気がします。

例の3.11を予言したという(一説にはブログ改竄の説もあり)松原照子さんの予言では東京オリンピックは開催されない、という話もありましたね。20年以上前にかかれた以下の本はプレミアがついてますね。

(参考 Amazon様:宇宙からの大予言―迫り来る今世紀最大の恐怖にそなえよ )

では、何故、大地震が来るのが分かっているのにオリンピック開催を進めたり、更に会場などを作るのか?という理由ですが、表立ってそんな対策を始めれば株価などの経済に直結するため、大義名分のために利用しているだけであって、実際には大災害時の避難場所を含め、この期に裏で耐震性強化や避難場所を作ったり大改造を施している、という話です。まあ、なんでもかんでも故事付け臭いですがw

それよりも、イルミナティカード「Up Against the Wall」にもある横須賀への核攻撃と思しきカードが不気味ですね。

20180502_02.jpg

(参考:2017.11.04 11.3-11.5、そして11.6に一応注意 )

この並びの日が近づくと騒ぎ出す、オオカミ少年状態で失礼しますがw

さて、和平ムードの北朝鮮ですが、親子三代で緊張と和平を繰り返して時間を稼ぎ、なんとかもうあと少しで完成する大陸間弾道弾をぱっと捨てるのか?と言われれば、絶対それはないですね。今回もシャンシャンのインチキ時間稼ぎでないと、親子三代何やってたんだって話です。

我が国に落とされた原子爆弾も実は同じような経緯があり、トルーマン大統領としてはできるだけ大量殺戮者になりたくないですから、日本敗北が近づくにつれ、できるだけ使わない方向できていました。それを開発したレズリー・グローヴス氏一派は元々、日本に30箇所近く落とす予定でして、かなりのロビー活動を行ってついには攻撃が決まってしまった。また、当初、最も推薦された場所が京都だったのです。実は広島や長崎はあまり推薦箇所でなかった。京都は盆地で古い家屋がならび、爆風の拡大範囲を調べるのに丁度良かったというのです。実際には京都は寺社仏閣ばかりで軍事施設が少しでもないと故事付けできず、それで選ばれたのがかなり苦しいですが、広島と長崎だったのです。武器を作ったら使わずにはいられない、怖いことです。特に韓国にはかつて「ムクゲの花が咲きました」という日本に核弾頭を打ち込み降伏させる小説があり、更に映画化されており、脱北者の文大統領が北朝鮮に同調していった先に、彼らがどうにもならなくなった際に、また日本を当てつけにする可能性が高く、こうしたヒステリー要素が悪用されないか心配ですね。

引き続き、何気にウォッチが必要かと思っております。

さて、話が変わりまして、先日からのゴールデンウィークセールですが、霊符・呪符の3割引き枠は昨夜、完売御礼となりました。お申込みいただいた皆様、誠にありがとうございます。

(参考:5月5日(丁酉)立夏に霊水取得し霊符作成予定です )

霊水取得のための奇門遁甲の方位ですが、南方にいくかもしれません。

例えば、千葉市内にある遠く平将門公の血を引き、代々星を祀る千葉氏所縁の神社で、北斗妙見が本地の千葉神社の霊水か、房総半島南端にあり、今から2670年以上前の神武天皇が即位された皇紀元年(西暦紀元前660年)創建という関東随一の古社であり、神武天皇の御命令を受けられた天富命が肥沃な土地を求めて、阿波国に住む忌部氏の一部を引き連れて辿り着いたため安房の名前の由来ともなったという、天皇家への鮑の献上で常に歴代の政権下でも格式も高く、現在でも霊水の取得前に必ずお祓いを必須(3千円以上)とする安房神社にするか、坂東霊場の最終地点で坂東霊場巡りでお世話になった那古寺にするかとか、いろいろと思案中です。

鑑定の方は、2枠残りましたが、昨夜のお問い合わせで「セールを知ったばかりで少し検討したく、セール期間を延ばせないか?」という方がいらっしゃいました。折角の有難いお引き合いでもございますので、霊符・呪符の方は5月5日に霊水取得と作成を行うため伸ばせても、明日、5月3日中にはご依頼をいただきたいです。

霊符、呪符の割引は2割引きは5月3日まで期間を継続したいと存じます。
鑑定の方は、5月6日までとします。先着2名様に3割引き枠を、期間中は2割引きを継続します。


引き続きよろしくお願いいたします。

(バナークリックお願いします!)





スポンサーサイト