FC2ブログ
お世話になっております。

先日は新橋の(参考:能登美)さんで、能登半島から直送のうまいものを食べてきました。昔、一緒に仕事をさせていただいたご縁の方々とのひと時でした。

これこれ、能登産天然がんどの製味噌醤油、ニンニク入りダレで、白い奴はふぐをつけてます。

20190530_01.jpg

くー日本酒がしみわたりますね。

20190530_02.jpg

こちらは牡蠣いしるみぞれ鍋の〆の雑炊でした。これもうまい。

20190530_03.jpg

日本酒が進む料理ばかりでした。これはお勧めの店ですね。

さて、本論ですが、奇門遁甲で即応というものがあります。字のごとく、すぐに効果や現象が発動されることを意味します。一般的に凶の即応は早く確実性が高いといわれ、吉は中々得難いのですが、でも長く検証を続けておりますと、確実にこれは来てるなというものがあるようです。

先日、家族サービスで市内のデパートに買い物にでかけたのですが、腹が減ってイタリアンなど食べて、終わったころにショップにいくと、1時間限定のタイムセールが開始されるところで、店内の値引きに加えてプラス10%引きだというのです。しかも、会員になるような割引をつけるとまた更に10%引きとなり、結構お得な買い物になりました。もし飯を食わずにいきなりこのショップにいっていたら、これに遭遇せずに買ってしまった可能性があり、ああ、これは即応現象っぽいなと思った次第です。

あまり書いてしまうと逆にご迷惑になるのでなんですがとあるホテルに泊まった際、請求代を間違えたとのことで後から、不足分を振り込んだら、お礼としてめっちゃ地産のお土産をいただいたりしました。これも即応現象っぽいです。

何事も縁とタイミングが重要なのかもしれませんね。

ふと、日本酒を飲み干しながら思った次第でした。

引き続きよろしくお願いいたします。


(ランキングバナークリック、記事への拍手をお願いします!)





スポンサーサイト



お世話になっております。

痛ましい事件が起こりましたね。やはり不吉な日だったのでしょうか。

先日は懲りずにマリアージュさんで、新作のハモを頂戴しました。これまた絶妙。

20190529_01.jpg

そしてこちらも新作の自家製、柚子胡椒ソースを鳥皮焼きにつけて食べると確かに絶妙。これは病みつきになるかも。

20190529_02.jpg

こちらは週末にふと遊びに行った近くの池。黄色の花のコントラストが絶妙。

20190529_04.jpg

そして、食パンをちぎって、鯉に餌を与えます。勿論、小声で光明真言を唱えながら、回向しつつ、放生ですね。陰徳を狙って積むのではないのですが。行為自体が重要です。

20190529_03.jpg

例のお母様を高野山、結縁灌頂にお連れした方のお母様からなんと、お礼の一品を頂戴しました。既に初夏です。ありがとうございます。有難く使わせていただきます。結縁灌頂は七代の福を培うようなものです。吉祥吉祥、これも絶妙。

20190529_05.jpg


そして、気が付けば、絶望の峡間から絶妙の連鎖が続き、一筋の光が差し込んでくるように思えるのでした。

ふーっとうまくいきそうな道が見えてくるような、そんな感触です。この気の感覚が重要かもです。

引き続きよろしくお願いいたします。


(ランキングバナークリック、記事への拍手をお願いします!)





お世話になっております。

週末から異様な暑さですね。車に乗ったら車外温度が40度になってました。やば!
そして、異様に暑い日。やっぱり地震が連発していますね。

(参考 tenki.jp様:地震情報)

土曜日の千葉、震度5

20190527_01.jpg


その後、南米でマグニチュード8.0

20190527_03.jpg


そして、福島、震度4

20190527_02.jpg

kiruna の状況は?

んんん?小刻みに揺れている。これは来るかもしれませんね。とばっと波が。

例のカバラ計算だと、

2+0+1+9+0+5+2+8=12+15=12+6=18(666)

ですね。

まさか、トランプ大統領が来ている中、某国が攻撃してきたりw

まさに(参考 Youtube様:空母 いぶき)



映画自体は評判悪いようですねw 原作を曲げるだけでなく、恣意的な脚本テコ入れがあったようで(楽しみでしたのに、全く行く気になれませんw)

非常に怪しいっすね。

引き続きよろしくお願いいたします。


(ランキングバナークリック、記事への拍手をお願いします!)





お世話になっております。

先日は、神楽坂の(参考 食べログ様:龍朋)さんへ。

20190524_01.jpg

チャーハン的には都内屈指だとか。確かにうまい!こんな絶妙なチャーハンみたいに仕事もうまくいけば。。。。。

20190524_02.jpg

さて、グルメネタではないのでした。

4月22日、北の鬼遁を取得したのでした。目的は厳しい状況のプロジェクト組織の存続。これを鬼遁をとって覆すことができるのか?です。実験対象としてはなかなかでしょう。

いやはや、メンバーはみなそれなりに頑張っていますが、状況は厳しいです。

ですが。。。。。皆、なぜかいきいきしている。そう、あの映画。。。。

(参考 Youtube様:のぼうの城2)のように。




時代は戦国時代末期。豊臣秀吉は九州を制圧し、ついに小田原北条氏を20万の大軍で包囲を始めます。籠城した小田原城は長期戦の構え。ならばと天下軍たる豊臣軍は、関東の格城を破竹の勢いで陥落させます。その一つが、豊臣政権の奉行、石田三成公です。秀吉の備中松山城水攻めに憧れた彼は、なんと、この関東の忍城でもやろうとします。実は、既に降伏を決めていて、お約束通り、攻める側も礼節をもって使者をだせば、手打ちとなる状況でした。既に城は降伏する用意があるのに、秀吉公は可愛い佐吉こと三成公のために手柄を立てさせたい、そんなお約束だったのでした。

しかし、そんな裏の約束を嫌う三成公はあえて、交渉下手な長束正家を敢えて使いとして送り込みます。

そこで、圧倒的な兵力を持ち、勝つと分かっている、降伏を予定しているのに、圧倒的に脅したのでした。

それに心底切れたのが成田長親公。

「武ある者が武なき者を足蹴にし、才ある者が才なき者の鼻面をいいように引き回す。
これが人の世か。ならばわしはいやじゃ。わしだけはいやじゃ。
強き者が強きを呼んで果てしなく強さを増していく一方で、弱き者は際限なく虐げられ、踏みつけにされ、一片の誇りを持つことさえも許されない。小才のきく者だけがくるくると回る頭でうまく立ち回り、人がましい顔で幅をきかす。ならば無能で、人が好く、愚直なだけが取り柄の者は、踏み台となったまま死ねというのか。

それが世の習いと申すなら、このわしは許さん。」

と啖呵を切り。重臣一同、次々にやろうぜ!となります。最後までまてまて!と冷静だった正木丹波守が「やっちまうか?」
「やってやろうぜ!」と皆、豹変。

何かこんなノリが漂ってます。

しかしながら、お客から出た言葉は、縮退へ。まあ、これも流れといえば流れです。保身に入り、流れに身を任せるのは普通です。
しかし、ここは奇門遁甲を信じ、鬼遁の力を信じ、「ほら?逆転させてみせてくれ!」というわけです。

先週は絶望的な状況。そして、今週。急に体調不良です。

断易を立てます。卦は六合卦、相手にたいして剋合。つまり、相手にだきつきながら、足を踏んでいるような状態。少し鬼遁っポイ状況。

しかし、こちらは提案があり営業もあり一歩も引けません。ぎりぎりのぎりぎりで、社内の各組織へ戦後処理の準備をしつつ、最後の賭けでの顧客折衝をします。そして。。。。。。

最後の最後でご支援を賜りました。これは努力だけではない、まさに神懸かっている。普通、ゼロから金生まれないですよ。

これぞ鬼遁!そして断易も命中!

引き続きよろしくお願いいたします。


(ランキングバナークリック、記事への拍手をお願いします!)





お世話になっております。

写真は、六本木のアークヒルズ。例の失われた「アーク」=聖櫃(せいひつ)の名をもつこの地もかなりのパワースポットのようですね。大地の力、風水の力、そして、占いは法力の力というべきでしょうか。

ついに待ちに待った小野十傳先生スクール、「断易NEXT科」が開始されました。断易NEXT科は、初等科1年、プラス科?半年、中等科1年、上等科1年の最小、3年半の受講が資格となっています。内容としては、小野先生の断易のお師匠、鷲尾先生のノートのお伝授がメインでした。そして、NEXT科は小野先生が自ら歩まれて培った領域とのことです。果たしてどういう領域なのか?

20190522_01.jpg



いただいたテキスト、まず、めっちゃ分厚いです。その名も、「断易禁書『天変の章』」というそうです。更に、続くは、「断易禁書『天変の章』『地異の章』『不滅の章』」と続き、2,3年は続きそうな内容です。

ちょっとお師匠様ながら、大げさでないかい?と開いてみますと、ゲゲゲの鬼太郎!という内容。なんじゃこの生々しい、人間の愛欲は?金銭欲、怒り、悲しみ、恨み、そのどす黒い人間の欲望に率直に立ち向かう、お師匠様の姿、まざまざと感じさせていただきました。断易こそ、覇道の王道なり、それを感じた瞬間でした。しかし、生々しいw テキストにもかけないっすw

どういうことでしょうか?つまり、世間でいうところの占いは統計学とかいう話。

これは間違いです。何故ならば、99%の敗者の統計をとった統計値に何の意味があるのでしょうか?

帝王学は勝利者1%の方程式なのです。確かに占いと心理学、統計学は方向性は似ている。人間の心理にアプローチしていることは認めましょう。でも、そういうレベルのものでないのです。この断易をとっても。天地のエネルギーを受け、勝利者1%のためだけに真理を説く秘儀なのですから。ごめんなさい、そういうもんなんです。そもそも、兵法だしw

それにしても、有難いことに実践で対応させていただいているお客様への鑑定は小野先生のDNAをしっかりと受け継いでいる感を節々に感じつつ、「はやり、基本こそすべての根源だな」と思い新たに。

そして、恐ろしいことに断易は、全ての人間の欲望を詳らかに表現するのでした。逃れることができない天地の鏡のように。

「これは、すげえ、やっていてよかった。必ず、私のお客様に応現を成すぞ」と心誓うのでした。

とはいえ、土日。土曜日は、四柱推命卒論科、いよいよ最終章の「癸」のテキストを賜り、内容は激濃いし、その次の授業ですから、週末が本番で、月曜日からが休みのように感じる、不思議現象を感じました。

引き続きよろしくお願いいたします。


(ランキングバナークリック、記事への拍手をお願いします!)





お世話になっております。

地震はあの後、Kirunaが2回波打って、そのあたりで南太平洋でM7.7が起きたようですが、何もなくてよかったです。やっぱり、イルミナティカード「和光ビル倒壊」を見ると、登場人物が冬の恰好ですから年末か来年の冒頭が危ないかもですね。また、懲りずにアップさせていただきます。

さて、先日は、宇都宮から西の方角、軽井沢方面に行ってきました。(参考:鬼押出し園)というものがあるらしく、気になっていたので行ってみました。なんでも、江戸時代に浅間山が噴火したその火山大地を自然公園としているようなのです。スポンサーはあの西武グループ創始者、堤さんらしく。

ほどなく到着です。2時間弱ですね。でも、出発してからいろいろと妙なことがあり、結構な吉方位であることを確信します。

20190521_01.jpg

---------------------------------------------------------------
〇浅間山の噴火 天明3年(1783年)7月8日

4月、鳴動が始まり、大地は鳴り響く。
その後、何度となく爆発、震動がおこる。
7月に入り噴火活動は最高潮に達した。
7日の夕方から激しい噴火となる。
7月8日、前夜の鳴動もますます激しくなり、
夜が明けても空一面黒煙に包まれ、夜のように暗かった。
そして午前10時頃…
浅間山が光ったと思った瞬間、真紅の火炎が数百メートルも天に吹き上がると共に大量の火砕流が山腹を猛スピードで下った。
山腹の土石は溶岩流により削りとられ土石なだれとして北へ流れ下った。鎌原村を直撃した土石なだれはその時間なんとたったの十数分の出来事だった。
家屋・人々・家畜などをのみこみながら土石なだれは吾妻川に落ちた。鎌原村の被害は死者477人、生存者は鎌原観音堂に逃げ延びた93人のみだった。
この噴火の際、最後に流出したのが鬼押溶岩流である。
〈嬬恋村誌上巻 自然界 浅間山のおいたち・浅間山噴火史より抜粋〉

〇何故 押出しってついたの?

いつ誰によって付けられたかは明らかでない。
〈上州浅間嶽虚空蔵菩薩略縁起〉によると…
浅間山には“鬼”が住んでいることになっている。しかも、その鬼の行状が噴火に係わっているとみられることから、おそらく、押出しの奇異な現象を目にした里人によって、自然発生的に名付けられたものであろう。
この爆発の溶岩の規模は山頂火口から北方へ約5.5km、幅は800m~2kmとされ、その面積は6.8平方キロ、容積は0.2立方キロに達すると言われている。

〇浅間山ってどんな山?

浅間山が活動を始めたのは今から十数万年前と考えられ、記録として残されているのは約1,300年前(西暦685年)からで、それ以前のことは全く分かっていない。いずれにしろこの間に数えきれないほどの爆発と噴火を繰り返すことにより形成されたものである。浅間山は那須火山帯に属しコニーデ型成層火山(三重式)である。
現在の釜山は三回目にできた山という意味で、古い時代の第一の火山は黒斑山、牙山(第一外輪山)、第二にできた火山は西の前掛山と東の前掛山(第二外輪山)、前掛山と前掛山の間に現在の第三の釜山(中央火口丘)ができた。いわゆる三重式の成層火山としてなりたっている。小浅間山は高さ200mの溶岩円頂丘で、黒斑山の爆発破壊の後(約20,000年前)噴出した溶岩でできている山である。
〈嬬恋村誌上巻 自然界 浅間山のおいたちより抜粋〉
---------------------------------------------------------------

元々は、2万年くらい前は、富士山のようなでかい山だったのが大爆発で、二つに避けてしまったのが今の形の原型らしいです。やばいですね。

寛永寺管理のお寺があるようで、山門が見えてきました。

20190521_02.jpg

立派ですね。浅間山を背景に絵になります。

20190521_03.jpg

不思議な形をした溶岩台地が広がります。清々しいです。

20190521_04.jpg

何か大地の気を感じますね。力強いです。お寺が見えてきました。

20190521_05.jpg


お寺に到着して鐘を突きます。

20190521_06.jpg

本殿に向かいます。

20190521_07.jpg

本殿で、焼香して、お参りです。絵馬があったのでやってみます。これは凶を置いて行って、吉を持ち帰るというやつで、パキンと割るのです。

20190521_08.jpg

近くの茶屋でかき氷を食べてから、また歩き出します。

20190521_09.jpg

心なしか暑いです。もしかしたら、地熱がまだあるのかも。

20190521_10.jpg

供養塔ですね、御成仏あれ。。。。

20190521_11.jpg

ほどなく、お参りして、次は、軽井沢駅前のアウトレットにきました。母の日のプレゼント何か買ってやろうと。遠くに、スキー場がみえたり、駅を取り囲むようにモールや公園が連なり、リゾート感、リッチ感が半端ないかもです。

20190521_12.jpg

日が傾いてきていい感じです。

20190521_13.jpg

ここで写真をとる外国の人がいました。私もw

20190521_14.jpg

これ公園ですが綺麗ですよね。壬水に輝く太陽、吉祥ですね。

20190521_15.jpg

帰りは18時ぐらい。この時間帯、碓井軽井沢IC入り口や藤岡JCTあたりが混むのですよね。よし、時間かせぎと根付けで温泉いきますか。折角だから、掘り出し物的な場所を探索。高速を使わず、碓井峠を国道沿いに降りていく感じで途中、山に向かったところにいい感じの温泉がありそうです。

(参考:砦之湯)さんです。

20190521_16.jpg

温泉成分もよさげでした。

20190521_17.jpg

激腹へっていまして、来る前にラストオーダー時間を聞いていました。なんとか間に合いました。ボリューム満点で美味しかったです。

20190521_18.jpg

しかもおまけをつけていただいたり。筍ですね。

20190521_19.jpg

すっかり癒されて、帰還したのでした。

引き続きよろしくお願いいたします。


(ランキングバナークリック、記事への拍手をお願いします!)





お世話になっております。

先日、5月の注意日は、

20190501=12+6=18(666)
20190510=12+6=18(666)
20190519=12+6=18(666)
20190528=12+6=18(666)

としていましたが、5.11も3.11同様に都市伝説では危険日とされていました。

また先日から地震雲がでているので気になっていましたが、5/10の朝から日向灘で地震が発生してきています。そして、今日の9時にも震度4が発生。これはちょっと気を付けた方がいいかもです。

(参考 tenki.jp:地震情報)

20190511_91.jpg

それと地震雲以外の現象として、やけに交通事故が多いことも気になります。昨今の痛ましい事故に加え、金曜日にタクシーにのりましたら、2件も目撃しました。これは天変地異を人間の無意識が感じ取りいつもと違った感覚に囚われ事故が起きている可能性があります。

可能性があるのは真っ先に自然災害、地震か火山噴火ですが、戦争も可能性があります。

まずは、例のKirunaが稼働しました。これが、5/11 12時30分の画像です。過去のHarrpですと9時間から2日程度の時差がありましhたので、今から9時間後以降ぐらいが危険かもです。

20190511_02.jpg

都市伝説的には、イルミナティカードの和光ビル倒壊カード。

combimeddisaster

エコノミストの3.11、5.11の矢。

2017010602_06.jpg

前に書きましたクライシスチェックリスト(β盤)で見てみましょうね。

(参考:一応注意です!(0107) /都市伝説版『クライシスチェックリスト(β版)』を展開 )

1.kiruna(昔はHARRP)の乱舞 (判定:〇)
2.イルミナティカードにある図柄、数字暗示 (判定:〇)
⇒米中貿易戦争激化で、関税をかけたのが5/10ですから。トランプさん出まくりですね。
3.政治経済の動きやテレビ、ニュースなどのサインを確認(判定:〇)
⇒5/13-5/31、中央道が工事で迂回の情報がながれていますが、13と31ってのが気になりますね。。。。w
4.カバラ計算して不気味な数値配列(判定:〇)
⇒上記記載の通りです。
5.南太平洋での大地震、また喫緊、大きな地震との相関関係(判定:〇)
⇒2019年05月07日06時20分頃 にニューギニア付近パプアニューギニア、ニューギニア東部でM7.1が発生していました。
6.個人を取り巻く環境での死を暗示する出来事(判定:△)
⇒私はないですが、知り合いであったかもで△です。
7.何かにしろ絶望的な気持ちを感じる(判定:×)
⇒これは大丈夫ですね。

この辺りが気になりますね。いつもの恒例の都市伝説ネタで終わっていただきたいものです。

引き続きよろしくお願いいたします。


(ランキングバナークリック、記事への拍手をお願いします!)





お世話になっております。

本日は本業のIT家業の方でお客様への提案がありました。さてさて、前回の奇門遁甲、最強の覇道の方位、鬼遁が効くのかどうか?ぱっとみ食いつきが微妙でしたが、必ず、応現があると心の奥底から確信があるのです。

20190510.jpg


(参考:春の芝桜に酔い、今、この瞬間を生きる。奇門遁甲の力、鬼遁の力、縁あるものよ、その力を魂魄まで身に沁みよ。心の奥の力呼び覚ませ)
(参考:連休前だし仕事はあるぞ!w 頑張る皆のためにももっとパワーが必要だ!何が何でも鬼遁はとる!)

いずれにしても、黙っていては何もはじまりません。できる限りの人脈にアクセスし、新規受注の可能性を作る、人がまだ動いていないブルーオーシャンはどこか?攻めていない領域のワーキングを企画するなど。不思議なことに人が結集しつつある。

いずれにしても、鬼遁をとった直後、数日で、同僚のプロジェクトでトラブルが発生し、私が代打でとある窓口を継承するなど、生々しい鬼遁の効果がでているのでありました。でもこんなのはまだまだ序の口。

そもそも鬼遁ってどんな格でしたでしょうか。

---------------------------------------------------------------------
「鬼遁」

・「丁奇」最高の格が、この鬼遁である。容易に表れない格だけにその効果はすさまじい。他人を失敗させて自分が成功する、これである。幸運は無限ではなく、有限だとする考え方からまさに覇道の格といえる。入試には是非用いなければならない。その他のことにも狡猾さ発揮され、全ての成功をてにすることができる。

・(仕事運)文句なしに成功する。邪魔ものがミスを連続させ、自分が成功するのだから二倍の効果がある。出世も臨時昇格も思いがままだ。邪魔ものを窮地に落とし、リベンジするにも最適である。
---------------------------------------------------------------------

こんな感じですよね。

私もご縁あった方々の食い扶持の確保の意味もあり、最新の技術集団を確保する要件もあり、覇道に徹して、仕事をとってこないといけません。まさに今の私にぴったりの格です。

まさに絶対絶命の織田信長公の桶狭間の戦いに重ねて追い込んでいく。昔、はまった光栄の信長の野望のオープニングが頭に流れ出します。

(参考 Youtube様:Symphonic Gamers Orchestra - Nobunaga's Ambition Suite)



(参考 Wiki様:敦盛 (幸若舞))
------------------------------------------------------------
「人間五十年、化天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり一度生を享け、滅せぬもののあるべきか」

織田信長がこの節を特に好んで演じたと伝えられている。 「人間(じんかん、又は、にんげん)五十年」は、人の世の意。 「化天」は、六欲天の第五位の世化楽天で、一昼夜は人間界の800年にあたり、化天住人の定命は8,000歳とされる。「下天」は、六欲天の最下位の世で、一昼夜は人間界の50年に当たり、住人の定命は500歳とされる。信長は16世紀の人物なので、「人間」を「人の世」の意味で使っていた。「人間五十年、下天の内をくらぶれば、夢幻の如くなり」は、「人の世の50年の歳月は下天の一日にしかあたらない、夢幻のようなものだ」という意味になる。現代において、「(当時の平均寿命から)人の一生は五十年に過ぎない」という意味としばしば誤って説明される場合があるが、この一節は天界を比較対象とすることで人の世の時の流れの儚さについて説明しているだけで、人の一生が五十年と言っているわけではない。

------------------------------------------------------------

今、一瞬、この時、刹那。自分のもっている実現可能性の種(因果)を全てぶつけてみる。これぞ鬼遁の使い方でしょう。開運方位だからと、何でもとってみて、さあ、金運あがるかしら?恋愛運あがるかしら?お楽しみ~というものではないのは、上記の先生の書籍の記述通りです。

願望にあった象意、エネルギーをとるべきでしょう。寧ろ、平穏に生きようとしているのに、鬼遁とかとっても意味がないばかりか、怖くないですか?強いエネルギーは使ってこそです。ほっておけばバイパスを探してあらぬ応現をしてしまうのですから。

引き続きよろしくお願いいたします。


(ランキングバナークリック、記事への拍手をお願いします!)





お世話になっております。

先週の連休中に、小野十傳先生の奇門遁甲家相スクールがありました。

内容的には、しっかりと地層の見方、陽宅の見方をやりつつ、奇門遁甲家相につなげていくというもの。これは得難いです。

20190509_01.jpg

いつもの10時から16時までの耐久授業が終わり、新幹線で帰還しているときでした。

久しぶりの大阪のお客様から「高野山にて胎蔵界結縁灌頂を受けてきました。素晴らしかったです」というようなご報告をいただきました。勿論、吉祥なのでおめでとうございます、とご連絡したのですが、「ああ、そうだ、例の彼は行ったのだろうか?」と思い、例の会社の部下の方にラインしてみました。すると、

「受けてきました!母親と受けてきたのですが、素晴らしかったです。このような機会を得て母親も感謝しております。是非、今度はもっと勉強してから秋の灌頂にも来たいです」とのお返事が。

(参考:【奴隷サラリーマン逆転の奇門遁甲!VOL.1】キングダム「一度奴隷になったら大人になっても奴隷」ふざけるな!職場の虐めにあっている中堅をみて、よし!こいつをPMとして成功させて奴等に見せつけてやるぞ! )

そうですよ、明治以降、日本は士農工商もなくなり、宗教もフェアになったのですから、このようなかつての支配者階級が結果的に独占してきた権利をいただかないのは人生にとって大損かもです。かつては天皇、貴族、武家、江戸時代には富豪も受けたのでしょうが、そうした希少なご縁で、知る人ぞ知る、悠久の時を超えて、大日如来から連綿と阿闍梨達のよって連なる仏縁を得る儀式ですから。ご縁があればまずは、金剛界、胎蔵界両部の結縁灌頂を。ご縁があればなんどでも受けたいところです。ようは弘法大師が中国に渡って伝法灌頂を受けた儀式の在家向き版と思えばよろしいかと思います。絶対得難いですし、密教のお師匠様は相当に開運する、とおっしゃいます。

(参考:春の高野山、胎蔵界結縁灌頂、嶽弁天、天河弁財天、龍泉寺、そして吉野山・蔵王堂の思い出 )
(参考:我が家の守護神、立里荒神とのご縁 )

帰宅後、例の館山千倉の安田農園さんの高級メロンを食べつつ、ホント良かったな、と。実際、開運目指して受けようとすると、思わぬ邪魔が入ったりするものですから。逆にそれだけパワーがあるというものです。

20190509_02.jpg


話がそれました。それはそれで吉祥なお話でしたが、今は風水家相の話をしていました。

考えて見れば、パワーボックスは自宅、自室に奇門遁甲の座山の造作をしてその人の地場に働きかけて、人生を変えるというものでした。これは、自宅の土地があれば当然、土地に造作した方が効果は高いです。そして、奇門遁甲家相として考えれば、自宅の新築時の設計や、リフォームする際の設計で考慮できれば、何も造作しなくても、家の形自体がパワーを発揮させることができます。そりゃ、良い家相ならばいちいち土地への造作やパワーボックスもいらないわけです。そして風水家相が良いことは、悪い家相に造作をするよりはるかに効果が高いようです。言ってみれば、スーパーカーを更に改造するのと、軽トラにF1のエンジンを積んでも限界があるわけですから、元の作りが良ければよいほど、改造後のパワーもあげられるというものです。

これは得難いノウハウです。是非、私も今まで学んだ、四柱推命、断易、そして奇門遁甲家相を駆使して、住宅の新築、リフォーム設計を手掛けてみようかな、と思う次第でした。風水家相と命理が全く関係性がないと思っていると危険だと思います。これは奇門遁甲の立向、座山造作も同じですが、喜神、忌神を把握していないと効果がでるどころか逆効果になりかねない理に通じるからです。逆にいうと何も考えずに家をいじること、土をいじることって怖いですよね。そして、五術には卜占があり、断易によってその処方があっているのか?想定外の問題が内在していないのか?を確認しないといけません。命卜相の連結が基本ですね。そして、良い土地、良い風水家相に住むことは、仙道では必要なこととされているようです。そして良い風水家相に住むことは必然的に健康、つまり医につながるわけです。ここで命卜相医山が完成します。

引き続きよろしくお願いいたします。


(ランキングバナークリック、記事への拍手をお願いします!)




お世話になっております。

前回の続きです。

(参考:【深山幽谷、霊水散策⑦】平成から令和へ。忌部氏所縁の安房神社の霊水を賜る千葉館山白浜の旅(1/2) )

部屋の外は晴れていました。

20190505_01.jpg

最終日は、館山の安房神社に行くのがミッションですが、生憎、潮干狩りの潮の時間がこの日は7:30~12:30ということで一旦は富津までいくことに。急いで朝飯をたたきこみます。(アジのランプ焼きとかバイキングなのでいろいろあるのですが、昨日ゆっくり食べたので、今日は即席なものに集中)

20190505_02.jpg

ビカビカに晴れています。

20190505_03.jpg

9時30分ぐらいには富津の潮干狩り場に到着です。連日雨の後の晴れ間のため、めちゃくちゃ混んでます。駐車場も凄い遠くになってしまいました。

20190505_04.jpg

凄い人です。

20190505_05.jpg

潮が引いてから2時間たっているし、これだけの人だかりだと、残っていないのか気になりましたが、全くそんな心配することがないくらいガンガンにとれました。入浜料が一人2千円で2キロの袋がついてきます。今回はプラス少し多めにとっていきます。

20190505_06.jpg


さて、2時間ぐらいやって、撤退です。今度はまた館山に戻ります。そして、安房神社へ。やっぱりここはパワーがあると思います。

20190505_07.jpg

20190505_08.jpg

社務所にて御水&御砂取りのご祈祷をお願いします。本殿へ向かいます。

20190505_09.jpg

再びこれました、安房、忌部の神様、ありがとうございます。

20190505_10.jpg

一旦、こちらでもお祈りです。

20190505_11.jpg

そして、本殿の脇から内陣へ入ります。ほどなくして宮司様がこられてご祈祷が開始されます。こちらは神道灌頂で賜った印と真言を小声で唱え続けます。

20190505_12.jpg

ふと、祈り続けますと、前回と同じように、風がなかったのに、紙垂がゆれはじめ、そして、ふわっと風が後ろから吹いてきました。あーこりゃ神様きたね、と思った瞬間、神鏡を見上げると前回のシンクロ現象のような感じに陥り、引き込まれるような感覚と共に、暖かい気に包まれました。また起きた、これ凄いな、とまじめに思いました。こういう場所あるんだな、と。

祈祷が終わると、供養につかったお酒や供物を拝領できます。そして、宮司様から御水取りとお砂取りの場所をお教えいただくのです。

終わった後、家族に聞いてみると風が吹いてきたことや不思議な感覚があったことなどを聞けました。不思議ですね。

いよいよ霊水を賜ります。本殿の裏手へ。木も南国な感じですね。

20190505_16.jpg


この霊水の岩窟もすごいですね。本殿裏の岩窟からは忌部氏の埋葬後があったりと相当に歴史の深い神社なようですね。

20190505_13.jpg

本殿真裏でも、本殿に向かいお祈りします。そして、後ろを振り返ると、崖の上の森から神々しい一筋の光が差し込んでいるのでした。

20190505_15.jpg

そして本殿を過ぎると、御砂場です。こちらも賜ります。

20190505_14.jpg

無事、完了です。この霊水で霊符を作成し、また御砂もお客様にお送りするのです。

さて、この霊水とお砂をもって各社をお祈りします。重要なポイントは本殿隣にある、天富命(あめのとみのみこと)の社でお祈りです。ここも強烈な気がでています。

20190505_17.jpg

その他の社でも祈っていきます。

そして、富士見台へ。途中の山道が南国の木々に満ちています。

20190505_18.jpg

素晴らしい長めです。富士山は雲で見えませんが。ただ、気が付けば、アロハガーデンが見えますが、あの半島は洲崎神社がある方向です。この場所から富士と須崎神社が見えるのも何かしら考えてのことな気がします。

20190505_19.jpg

神社ミッションは完了です。続いて、監物屋さん、(参考:白浜ひものセンター)さんへ。

20190505_20.jpg

ここはお店で手作りしていて良さげなんです。

20190505_22.jpg

特にカマスが良さげなんで買い込みました。親戚にクール宅急便で送ったり。

20190505_21.jpg

さて、館山、白浜、千倉あたりを満喫いたしました。そろそろ旅も終盤です。館山道は凄い渋滞でした。長い帰り道になるので、途中、(参考:道の駅富楽里 とみやま)さんに立ち寄ります。

そろそろ、魚介云々とかに飽きてきた頃。シンプルな醤油ラーメンがちょっと喜多方っぽくてめっちゃうまかったです。

20190505_23.jpg

16時ぐらいにPAを出て、家に着いたのが、22時ぐらいでしたか。その日は疲れたのでぐっすりです。翌日、5時ぐらいに起きて、神殿の諸仏に霊水を供物として配し、最高級のメロンを供物として祈祷開始です。その後は霊符を作成しました。良い霊符がができたでしょう。追って、お客様に郵送させていただきます。

ミッション終了!

さて、翌日の夜、ハマグリ、アサリのバター酒蒸しをいただきます。

20190505_24.jpg

いただきながら、旅の思い出を思い出しつつ、スパークリングワインで乾杯です。本当に良い旅となりましたね。

引き続きよろしくお願いいたします。


(ランキングバナークリック、記事への拍手をお願いします!)