FC2ブログ
お世話になっております。

先日の小野十傳先生スクール「四柱推命卒論科」は8月の授業でラストになりますね。打ち上げは、近場にお店ができるそうで、こちらがいいかも。

20190724_01.jpg


翌日の小野十傳先生スクール「断易NEXT科」は、素晴らしい内容でした。ここまで同じ卦でも見立てがかわるのかと奥が深い!更に精進していくしかありませんね。さて、いつもながら宇都宮へ帰還です。

20190724_02.jpg


ビールを飲みながらふと思ったのですが。

20190724_03.jpg


授業ででた事例もそうなのですが、私の職場だけの問題かと思っていたことがありまして。それは、「結婚しない人」がめちゃくちゃ多いのです。曰く、30代後半、40代、50代での独身。で、部下に以下のビデオを推薦したのですよ。この工藤さんという方は仰っていること至極まともというか、婚活アドバイザーの方なのですが、言っていることが我々の言うところの覇道の哲学に近いかなと。
つまり、この世の根源的な当たり前の真理に素直に向き合うことが大切かと思うのですよね。工藤さんは仰います。

(参考 Youtube様:人生のツケは後から回って来る)




「同じような境遇の人がいて、片方が20代、30代全般で結婚されて、子供ができるとどういう状態になるか?親御さんは50代、60代なので、奥さんのフォローができたりする。ところが、40代以降で婚活をしてしまうと、親御さんは60代、70代になってしまう。こうなると奥さんのフォローを期待するどころか、介護が始まってしまう可能性がある」

そして、同じ、50代、60代になった二人を比べたとき、片方が既に二世代ぐらいのピラミッドができているのに比べ、もう片方にはポツンとお一人様なのですよね。これが真実です。どうです?これは戦略的であり、覇道的な見方でしょう?

結婚するのもご縁だし、お子さんが生まれるのもご縁なので、そこを言うつもりはないのですが、この工藤さんが婚活をうまくいかせない原因の一つとして、妙な価値観が存在している指摘をされています。ここ、重要なポイントかと思います。
答えから言いますと、男女共に、おかしな男性観、女性観があると仰います。つきつめると、テレビや映画などで流布されている価値観に毒されているというのです。例えば、男性なら自分の年齢や身なりを棚上げして若い女性でアイドルのような容姿をもとめたり、女性も同じですね。分かりやすい例として見た目の部分だけあげますが、如何にマスメディアに洗脳されているか分かるというものです。

で、工藤さんは真理をいってくれるのです。

「恋愛と結婚は全く別物」と。

(参考 Youtube様:結婚することの意味)




(参考 Youtube様:恋と愛は大きく違う!!違いが分かる大人が結婚出来る!)




恋愛ならば私のタイプがどうのこうのと永遠に続くのでしょうが、これは結婚して共同生活がはじまって家族となった相手にいつまでときめき続けられるのか?恋愛を感じるのか?というとおかしな話です。では結婚とは?お互いに愛を育み育てるものだと仰るのです。家族となった後も更に深めていくものだ、と。この点を勘違いしていると、永遠に婚活なんてうまくいかないだろうし、離婚が異常に増えているのも、恋愛を求め続ければ、結婚生活は破綻するに決まっています。

これなど占いの実例に被ることが多く、本当、勉強になりますw ご当人からすればむかつく話でしょうが。さて、私は九流術師ですので、更に深堀したいです。

マスメディアには何らかの毒が盛られており、その毒は何かを目的としている、というのが本記事の仮設です。ではその毒は何か?仮説ではありますが、「家族を持たずに、閨閥などをつくらず、一世代で使いっきりの、一人単体にして労働力を一生分使い切ってもらい。静かに死んでもらいたい。」というのが為政者、支配者の見えざる意思なのでしょう。上記の仮説の逆が支配者側の姿そのものであり、真のその国の国体、宗教、文化の体現者であり保守の本流とも呼べる人たちです。昔で言えば、旧華族のようなものでしょうか。欧米では残っていますからね。

分かりやすいイメージとしてはこちら。映画「マトリックス」の人間乾電池工場のようなものです。

(参考 Youtube様:The.Matrix-1999 (welcome to the real world))



当たり前の事実、真理の大切さから目を奪い、虚構に向かわせる。これは一種の戦略であり、謀略ですよね。孫子の兵法しかり、戦争論しかりです。

じゃあ、戦後の日本にこのようなマスメディア戦略をしているのは誰だったんだ?といえば、連合軍、GHQに決まっているではありませんか。日本のマスメディアの住所になぜか韓国のテレビ局が併設されている事実。つまり、韓国を通して日本を支配する、マイノリティにマジョリティを支配させる構図です。GHQは日本人に何を恐れたか?日本人が大乗仏教の他利自利の精神を持ち、先祖、家、家族を大切にしながら、個の自由さを認める抜群の文化を保有していることに気が付いたのです。一度はがちんこで殺しあった敵ですから、二度と、アメリカに立ち向かわないように、骨抜きにしなければならない。特に家を崩壊させて、優れた人間を数世代で産むシステムを完全に破壊したい。

ツールとしては、「3S政策」、セックス、スポーツ、スクリーンです。これを只管、見せる。これが戦後、60年たって成就してきた。それは様々なところに現れています。今回は婚活に的を絞りましたが、これだけの話ではありません。

俺の人生だ!俺がどうしようと勝手じゃないか?というのは、申し訳ございませんが、勝手な話で、今の我々が存在するのはご先祖達が汗水流して生きてこられた結晶なのですから、思いあがって、俺の、私のと我利我利になっても、本当の幸せに辿りつくのですか?といいたいです。

このブログを見てくださる方々は、大宇宙、大自然や神々の力をお借りして、天地人を静謐にする教え、悠久の時をこえて継承されてきた価値観とに共感される方々だと思っています。我利我利の方々、どうぞ、ご勝手に、南無阿弥陀仏w

ただ、その3S政策の金源はアメリカだったのですが、アメリカはもう、アジアから撤退したいような感じみたいですね。それら見えざる存在が消えてしまったため、世界は急速に変わりつつある。韓国の問題や国内ではジャニーズやら吉本の騒ぎが起きているようです。

こういうことなので、今ある常識は生活のためにお付き合いは勿論するのですが、工藤さんの結婚世代で大きな隔たりがでてしまうピラミッド比較もそうですが、真理、現実を見据えて、世の中の言っている価値観、本当に幸せに必要なの?と考えてみると良いとおもいます。勿論、ぼーっとテレビばかり見ていると運が下がるのは当然です。今、生きている命の時間をくれてやっているのですから。正にタダほど高いものはないとはこのこと。

引き続きよろしくお願いいたします。


(ランキングバナークリック、記事への拍手をお願いします!)




スポンサーサイト