FC2ブログ
お世話になっております。

昨夜は東京から宇都宮に帰還しようと思いましたら、丁度、現場の飲み会でしたし、昨日ですと日盤が丙乙、景門で天禽星がはいっており、これに対して、本日は、甲丙(青竜返首)、生門ですから、これは本日のが上々ですと、本日帰還することに。時盤は微妙でしたが、まあ、日盤狙いですからいいでしょう。

家に到着すると四国にお住いの大阿闍梨様から、さつまいも「なると金時」が送られていました。ありがとうございます!おお!これはめっちゃおいしそう!

20200118_01.jpg

暫く、家で根付けして、本日の別の吉方、北西へ向かいます。

日盤は丙辛(日月相会)、休門、時盤は、壬戊(小蛇化竜)、開門です。これはきっちり根付けしないと。場所は、(参考:鹿沼温泉「華ゆらり」)さんへ。源泉は温度が低いですが、しっかりと肌をとおして源泉のミネラルが入っていくきがします。やはり、単なる沸かし湯だと一種のプールのようなもので、かえって疲れますが、温泉成分だと、全然違うのです。デトックスがとれていき、ミネラルが肌を通して体内に染み入ります。疲れの取れ方が全く違います。つまり、温泉は奇門遁甲の方位取りには一石二鳥の使える施設です。

ふと、気が付けば、今日は庚申(こうしん)の日です。この日は人の悪口はご法度です。できれば、夜の12時までは起きていましょうか。プチ庚申待ちでw それに何らかの結果が極端に出やすい日、善悪の結果が出やすい日といわれています。って、今日、明日、センター試験でしたね。

明日は、東京神田で断易NEXT科でした。これも楽しみです。

引き続きよろしくお願いいたします。


(ランキングバナークリック、記事への拍手をお願いします!)

スポンサーサイト



お世話になっております。

先週の晴れた日の朝、神楽坂を下って行ったら、朝日が眩しくて思わずとりました。清々しい!

20200112_01.jpg

この日は早朝からお客様訪問が連続するため、タクシーで早稲田通りを国会方面へ向かいます。そう、かつて田中角栄さんが毎朝国会に行くために下った通りを同じように下っていきます。午前中は下り方向、午後から登り方向への一方通行になる通称「角栄通り」。皇居を取り巻く風水としては、龍脈の流れ道にあたるのでしょう。関東最強の龍穴に連なる龍脈を通る、などと、そんなラフトークを運転手さんとしていると皆さん、興味がある方が多いようで、到着までに会話がいずも弾みます。気が付けば都市伝説系の話までいってしまい「続きが聞きたかった」とまでいってくれることもありますが、まあ、リップサービスでしょうが。

夜は、また素晴らしい会合がありました。不思議と皆、IT関係ながら、皆で神仏に縁が深いという。一人は某密教寺院の寺族ながら外資系大学院に通いながらMBA取得を目指す若手のITコンサルタント、もう一人はインド人のITコンサルタントこの方のキャリア、スキルもまた凄い方でヒンドゥー教徒の方。

こちらは、イタリアンの老舗(参考 食べログ様:エッセ ドゥエ 赤坂店)

20200112_02.jpg

インドの方がヒンドゥー教徒で、彼のために肉以外でも飲める場所でこちらをチョイスしてくれようでした。有難いですね。

赤坂で20年以上続く老舗薪窯ピッツェリアということですが、まるでずっとそこにあり続けたような安定感がありました。

「日本の仏教の神々、例えば、天部の神々、大黒天はマハカーラ、弁財天はサラスバティ、聖天はガネーシャ、皆、ヒンドゥーの神々を祈っていますよ」などと会話しますと、非常に盛り上がりましたね。

その際に、日本人は戦後、アメリカ支配にあり、GHQの施策の影響で、宗教アイデンティティーが崩壊状態、アイデンティティークライシスにある。そのためのわかりやすい事例として、ある方(日本人、IT、バイリンガル、TOEIC990点とって普段も海外とのオペレーションをするような方)がかつての西ドイツの教会で「私は無宗教なんですよ」と牧師にいったら「なんだと!」と激しく驚かれたと自慢話?をしていたのですが、この人は神を否定する東側に対して、我々がいる共産圏の反対側である西側は、神仏の存在を肯定していているという基本的な前提を全く知らないということなのです。そりゃ、牧師もびっくりするでしょう。こういう彼も、ちゃっかり日本にいるときは、神社に初詣したり、どなたかのお葬式で寺社仏閣に関わったりしている、つまり日本人はあまりに平和で自らの信仰の存在が脅かされたことがないほど、空気のような存在になっているため、こういうことがおきるというわけです。インドの方にこの話をしたら非常に納得してくれましたね。横にいる寺族さんもあーそーなんだと。ほらね?わかったとワインが進みます。

ユダヤもそうですし、インドなどが強いのは全く不動のものをもっているからですよ。それは、自らの歴史であり、信仰であり、神でもあります。さらにつきつめれば、占い、易や風水という宗教でも科学でも割り切れない宇宙の法則のようなものもあるでしょう。これらは、非常に長い時間間隔を有し、山のように不動であり続けるものなのです。

勿論、断易でも、基本的なスタンスとして、世爻が自ら動くことを良しとは評価しません。一度決めた大局判断は守りながら、目先の情報に囚われず、特に断易の断を得たなら、迷わない。孫子の兵法、風林火山の理通り、動かざること山の如し、自らは動かず相手を動かす、が大切です。

日本人はそろそろ先祖、諸先輩が残した教えを継承し、その不動を取り返す、自ら不動の力を持つ必要があるように思えますね。

ずっとここで作り続けたピッツァ職人さんが精魂込めて焼き上げるピザ。うまい!たまらんっすね。

20200112_03.jpg


「なるほど、うん、これぞ、不動の味だね」

これは年の初めで幸先よいようですね。

引き続きよろしくお願いいたします。


(ランキングバナークリック、記事への拍手をお願いします!)

お世話になっております。

先週末の最後の休みの日は、流石に温泉でゆったり。奇門遁甲は癸戊で天乙会合の吉祥方位を。それも、不思議と日盤と時盤が全く同盤でした。佐久山の君の湯さんが最高。とろける県内最強クラスの美肌温泉。温泉に染み込んだミネラル等があるから、単なる沸かし湯とは全くことなるのです。沸かし湯だと疲れしかでないのに、温泉はミネラルなどが体に染み込み、デトックス効果最大なのです。これが健康の秘訣だけでなく、運気アップにつながるのです。勿論、奇門遁甲の吉方位をとっているから尚更なんでしょうが。

20200107_01.jpg


そして、今週の朝は、新幹線で、都内へ。奇門遁甲の方位は超微妙でしたが。。。。それにしても日の出が眩しいです。

20200107_02.jpg

このように避けられぬ凶の場合は、値付け外しもさることながら、心の感情を客観的に見てそれに囚われすぎないことが開運法な気がします。所詮、色即是空の世界なのですから。この頃分かってきたのですが、運がいい時は、頭に妙な怒りなどの邪念がないというか、具体的には、おでこがスースーして、清々しい感じが続くのです。これは深山幽谷の気をうけた霊符をもっていて、シンクロしはじめると尚感じます。これがまさに氣なのです。

そして、霊符をもったら、朝一、神棚などに祭った霊符に願望とご自身の住所、名前などを伝え、その後は、あまり霊符などに意識を向けず、全力でやるべき日常、お仕事、私生活に専念すべきです。勿論、ご友人とのアフターのお付き合いなどでバカ騒ぎなども必要です。
そのような霊的オブジェクトに気を向けるのは一度しかけたら、自分の人生に集中すべきなのです。
意識ではそのようにしても、無意識、更には集合的無意識につらなる神々の世界では、淡々と願いを成就すべく物事に変化が訪れているのです。なので、そこで、あー霊符があるんだから、あーだこーだと考えすぎる、つまり、我利我利亡者になっても意味がないのです。だって、霊符は波動、気のアンテナなんですから。その波動を受けて、自分の不幸の波動を変え、更に行動をすることによって本当に幸運の波動をにかわっていくことが大切なんです。人間は実施、行動によって運がわかるのです。

勿論、このような開運の流れから引き戻す力ってありますよ。具体的には、本当の自分のためにならない単に、近くにいる方々。そうした人たちは、「あなたが心配だ」とか言って、引き戻すアクションをしてきます。朱に交われば赤くなる。戻そうと。昨今のメンタル系の教材ではドリームキラーなどともいうようです。

これに負けず、時と場合に応じながら、日常の中でのご自身の幸せのための小さな修行を実生活と共に行うこと。これなど修験道にあり方、出家と在家の狭間の信仰者の姿そのものですが、このように「あれ?何か違う、これは?」という感じに、変化を素直に学ぶことは大切です。

清々しく静謐でいることが開運のポイントですね。これは断易の「世空者即地」の原則にもあたります。求めすぎると求めるものが遠ざかってしまう。自然体でいて、スーッともらえばいいってことです。

引き続きよろしくお願いいたします。


(ランキングバナークリック、記事への拍手をお願いします!)

お世話になっております。

1月3日は例年通り、日光山に参ります。奇門遁甲の時盤は北西、5-7時で甲甲(双木盛森)、生門で大吉です。日帰りの旅行では時盤が最重要となりますのですのでこれを死守しないと意味がありません。また、その霊地の霊力も考慮すべきで、日光山は最強クラスの霊力を持っているといっても過言ではないでしょう。

(参考:元旦は奇門遁甲・神遁を南方にとりディズニーランドへ。明日は恒例の日光山に詣で二荒霊水で霊符謹製予定です)

さて、自宅は6時ぐらいに出撃し、日光宇都宮有料道路で7時には日光山輪王寺に到着です。三仏堂の工事も終わり、護摩堂まで道が広がっていました。そこに朝日が差し込み美しいです。

20200105_01.jpg

三仏堂です。香炉の煙いただきませんと。

20200105_02.jpg

ほどなく、毎年、家族で受ける護摩を受けました。その後は、二荒山神社へ向かいます。途中、東照宮があり、足を止めお祈りします。(特に、今回、関東の破滅的な水害を防いでくれたのは、利根川東遷事業を始め、徳川政権時代の治水のお陰様。ありがとうございました。)

20200105_03.jpg

この場所は、海抜634メートル。スカイツリーの高さと同じだとか。関東全域を包み込む場所に東照宮があることやその高さに合わせてきたことは何か意味がありそうですね。スカイツリー自体は地下の空間の22メートルを入れて、合計で666メートルになりますから。偶然そんなことは起こりえないでしょうから、東照宮の風水的位置づけを見切ったうえで、スカイツリーを立てているような気がします。

20200105_04.jpg

常行堂が開いておらず残念でしたが、軽く会釈をして、日光二荒山神社へ参ります。

20200105_05.jpg

テレビでも報道されていましたが、本堂前に、子年ということで金の鼠像が設置されています。なでなでしていきます。

20200105_07.jpg

本堂です。しっかりお祈りします。

20200105_06.jpg

続いて、隣の神苑にお水取りのお代を支払い入場です。まっすぐ二荒霊泉へ向かいます。なんでも、栃木県の作新学院が甲子園にいったときに選手にふるまっていた霊験があるとか。

20200105_08.jpg

こちらの霊水は、複数の源泉を引き込んでいるところがまた凄いのです。

1つは、薬師霊泉。本殿裏手から東照宮の奥の院に広がる、関東最強の龍穴、「恒例山」という小さな山(丘といってもよいかも)があり、家康公の墓所である奥の院の場所は、元々、日光開山・勝道上人のお堂がありましたが、これを北東に移設した経緯があります。奥の院から南西を見れば江戸の風水を作った慈眼大師・天海大上人の墓所・慈眼堂があります。何故かこちらには宮内庁管轄の立て札があるのが不思議なのですが。兎も角、この龍穴のある山の地底奥深くから湧く霊水なのです。当然、五重の塔に家康公が信心していた薬師如来があり、名前が一致しているのも密教的な意味があるのでしょうね。薬師ということで目病に効く水だとか。

(参考:『奇門遁甲鬼遁霊力符 東照大権現守護 開運成功守護霊符』頒布!吉方連荘取得、奇門遁甲「鬼遁」例外盤にチャレンジ!東照大権現に守護を願い、二荒霊水を使い、新作法書で大開運霊符を謹製!)

2つ目は、酒の泉です。こちらは、奥の院から北上すると存在する滝尾神社の酒の泉の源泉から引き込んでいるようです。弘法大師開山と伝説がある場所で、日光三所権現(三仏堂の三体が本地仏)の阿弥陀如来にかけており、その後ろにあるのが女峰山です。女峰山の本地仏が阿弥陀如来で、秀吉公の墓所も阿弥陀岳にかけていた点と無関係ではないでしょう。ちなみに男体山が千手観音、太郎山が馬頭観音という配置です。滝尾神社は凄いパワースポットでして、北斗七星に関係が深い神社でもあります。酒の泉の霊水は全国の酒業者さんが敬い、取得に来るという話もあります。

20200105_09.jpg

しかし、なんで、わざわざ二つ合体させているんだ?というところですが、これは開山堂の香車堂がお産の宮で隣にある陰陽石をみればなんとなくわかります。つまり男体山と女体山、男女混合を意味しているのでしょう。東洋なら仙道、西洋的には錬金術の世界感です。これはいろいろな意味でパワフルな霊水です。

20200105_10.jpg

取得完了!

続いて、車に戻り、中禅寺湖を目指します。いろは坂も一部雪がありましたが、道は全く雪はありませんでした。ほどなく中禅寺に到着です。

20200105_11.jpg

愛染明王堂です。きっちりお祈りしていきます。続いて本堂で勝道上人が自ら彫り上げた巨大な千手観音をお参りします。その後、上にあがり五大明王が祀られている五大堂で拝みます。

20200105_12.jpg

その後、今回、初ですが、なんと正月から写経ができるとのこと。延命十句観音経の一節のみですがこれは素晴らしい。

20200105_13.jpg

20200105_14.jpg

中禅寺、歌が浜駐車場で男体山を撮影です。

20200105_15.jpg

湖水が荒々しいです。この湖面に大黒天が現れたとの伝説が。

20200105_16.jpg

続いて、また車に乗って向かったのは同じ、中禅寺湖沿いにある日光二荒山中宮祠に向かいます。

20200105_17.jpg

本殿でお祈りです。こちらは、例の関東一之宮レイラインのスタート地点であるところが胆です。

20200105_18.jpg

お祈りが終わり、湖面方向をみると超輝いています。

20200105_19.jpg

続いて、また車にのります。日光詣ではここまでとして、次は那須の波切不動尊さんへ向かいます。こちらも恒例化していまして。ご住職の護摩はいつも気合が入っていて素晴らしいです。

20200105_20.jpg

さて、夕方には宇都宮に戻り、早めに就寝しました。

翌、深夜、早朝、3時に起床して、まずは霊水を含めた供物を自宅の神棚、仏壇、神殿に展開し、お祈りしたうえで、神殿に籠り、勤行を始めます。お堂内の神仏も年末掃除をしているのでピカピカです。清々しいですね。霊水を硯に展開し、1時間ぐらいは勤行し、いよいよ霊符作成です。筆や墨も当然、香炉でお清めして。霊水は勤行の波動を受けただけでなく、阿闍梨より賜った法具でもお加持し、墨を啜る時は、諸真言を唱えつつ行います。墨は黒と朱墨の2つの硯で行います。

一気呵成に霊符を作成していきます。作成したら、すぐに神殿内の3つの香炉、中央は150センチの迦楼羅炎を持つ不動三尊、右手は日本の天部系の諸神の香炉、最後に左手の道教系の諸神の香炉の線香の煙でお加持しながら、文字が光輝く観想をしていきます。最後に、阿闍梨伝来の法具で大日真言を唱えながら、霊符を直接お加持して完成です。鎮宅霊符集や修験道系霊符など数十枚の作成。2時間30分はかかりました。6時30分には書き上げて、霊符の織り込みも完了です。この後は、一旦、本殿中央で袈裟と数珠に包んで気を付ける所作をします。

さて、お茶を飲み、少し休んでこの日は小野十傳先生の奇門遁甲家相初等科の授業の日でした。東北新幹線で東京へ。神田、会場近くのいつものドトールコーヒーにて朝食です。

20200105_21.jpg

ただ、この日、日盤、時盤は微妙。なので、根付かないよう、休み時間には外に行くなど値付け外しを行ったりしていました。

この日の授業はまた、熱い内容の授業でした。やはり立向の旅行、引っ越しなどと異なり、一種、座山法の延長線上にある家相は、独特のノウハウが必要で、また家相ならではの独自の観点も必要でして、本などで勉強するのは厳しく、別途勉強する必要がありますね。その点からこのコースは素晴らしいと思います。しかし、流石に連日の行軍と朝からの祈祷、霊符作成の上でしたので、へとへとです。

さて、本日は明日の仕事開始に備えてゆっくりさせていただきます。それと、霊符の郵送対応もしていきます。

引き続きよろしくお願いいたします。


(ランキングバナークリック、記事への拍手をお願いします!)

お世話になっております。

さて、昨日の元旦は奇門遁甲・神遁を南方にとりディズニーランドへ。まさか去年同様、元旦に神遁が南にやってくるとは、これは行かなくてはいけないと思ってしまいました。

(参考:2019年(平成31年)はいきなり神遁方位、明日は日光山、今年も元旦から神懸かって参ります)

本当は、元旦は早く空いているようで3-5時『丁丁(両火盛炎)、生門』に出撃したかったのですが、5-7時『丙丁(麗陽明知)、生門』で神遁を形成しているのなら、こちらを選ぶべきでしょうか。当然、日盤は『甲癸(樹根甘雨)、景門』で吉を選べています。昨年は日盤は良くなかったのでしたが。

出撃は結局、6時近くとなりましたが、東北道を下って、段々と夜が明けていくのをみるのは格別です。途中、蓮田PAで初日の出を撮影です。

20200102_01.jpg

東京に入ると非常に晴れていて、雲の光が神々しかったです。やはり、昨年同様、麗陽明知と神遁ということで丙のエネルギーがギラギラ、キラキラという感じがいたします。

20200102_02.jpg

いよいよ首都高、葛西ICに近づくも、なんと葛西ICが渋滞。ここで30分は巻き込まれます。初めて、葛西ICから降りてすぐの臨時駐車場(第8)に車を止めました。まあ、8で末広がりということで良いでしょうw

入門ゲートでこれほど並ぶのも初体験。これは今日はアトラクションは1,2やれればいいでしょうかね。まあ、元旦から遊べているのだから、いいじゃねーか、気分を味わおうよと早くも「避凶スルー」の準備ですw まあ私からすると、一年の計は元旦にあり、の言葉通り、元旦から奇門遁甲の吉を、それも神遁を取ることが一番だったりするので、全く執着がありませんw

20200102_03.jpg

いよいよゲートを通り、ワールドバザールが見えてきました。

20200102_04.jpg

げ!シンデレラ城が修理中?普通、元旦から修理するのかな~?まさか2020年大災害の予告でないことを祈りつつw

20200102_05.jpg

でも、やはり吉門をとっているせいか、ビックサンダーマウンテンのファーストパスを取っておきつつ、スプラッシュマウンテンに並んだら、「100分待ち」といわれたのですが、なんと、40分で流れていました。まあ午前中と午後の待ち行列の密度が違うのだとは思いますが。

20200102_06.jpg

その後もあれよあれよと、結局、アトラクションは三大マウンテン物含めて9個楽しめましたし。ともかくキラキラな日でしたね。

20200102_07.jpg

こちらはトムソーヤの島?初めていきました。

20200102_08.jpg

ホーンテッドマンション、ナイトメアバージョンですが、前のバージョンに戻るのも楽しみ。

20200102_09.jpg

パレードの陣取りと鑑賞も正月オリジナルのやつとエレクトリカルパレードもしっかり見れたので上々でしょう。いやー楽しめました。

20200102_10.jpg

20200102_11.jpg

今年も初花火をみて、さあ今年も頑張るぞという気持ち新たにしました。

20200102_12.jpg

最後の1時間ぐらいでのりまくりで実は稼いだところ大ですがw 夜のジャングルクルーズは雰囲気いい感じです。

20200102_13.jpg

クラブ33?都市伝説ネタも今年も盛沢山となるでしょうw

20200102_14.jpg

帰りは22時30分ぐらい、首都高を上がっていくと、満月に向かう三日月と荒川に映る夜景が美しかったです。そしてスカイツリーも。

20200102_15.jpg


さて、長い前置きでしたが、明日は恒例の日光山詣です。術者自身が幸運のエネルギーに満たされる必要があるため、神遁の力を帯びつつ、明日に備えます。日光山輪王寺で祈祷を受け、日光二荒山神社で二荒霊水をいただき、中禅寺湖まで登り、中禅寺・千手観音を詣でます。その後は、那須の波切不動さんまでいければというところですね。(相当な走行距離になりそうです)

丁度、年末年始に霊符のご依頼がありましたので、冬至からあまり時間がたっておらず申し訳ございませんが、折角のご機縁なので、霊符作成のご連絡をさせていただきます。

(参考: 霊符パワー炸裂!ここ数ヶ月の驚異的な吉祥のご報告と冬至に向けた開運霊符謹製について)

一応、ラインナップは前回のものを用意したうえで、折角なので新しいのを加えてみます。(全体的に種類を増やす分、セット数は調整させていただきます)

今回、日頃のご愛顧への感謝の気持ちを込めて、ご依頼者の生年月日をお教えいただいて、密教宿曜によるご当人の守り宿曜星(※以下のメニューの5に詳細ありです)の霊符をプレゼントします。 (今回、以下の1~4をご依頼いただいた方に限り。ですが、個別販売用として5を設けておきました)

----------------------------------------------------------------------------------
1.奇門遁甲北斗七星総合開運霊符【¥25,000円】 × 全2セット(先着順)

⇒金運、仕事運、恋愛運、人間関係運、勉強運などオールマイティにアップさせる霊符です。ネタ元は、鎮宅霊符の総合運霊符を中心に企画します。特典として北斗七星霊符をインプラントします。(ターゲットはFY2020)

2.奇門遁甲破邪霊符【¥15,000円】 × 全2セット(先着順)

⇒今まで抜群の破邪力を発揮してきた悪念断波霊符と怨敵対策霊符の合体霊符です。物質的、霊的両方の破邪効果を期待できます。また地震など天変地異でも生き残る霊符もインプラントします。ネタ元は、修験系、鎮宅霊符系の霊符を中心に企画します。(ターゲットはFY2020)

3.奇門遁甲×四柱推命簡略鑑定付き、お客様スペシャルオーダー霊符【¥30,000円】 × 全2セット(先着順)

⇒できればお客様の生年月日を伺い、不足の地支の十二支霊符と北斗七星霊符、更に、お客様の生年月日を伺い四柱推命簡略観点をしたうえで、詳細なご願望を伺い、その願望向けに適する諸霊符を組み合わせて作成するというものです。(超オススメ!)(ターゲットはFY2020)

4.【特別企画】鎮宅霊符外符 五岳鎮宅符【¥30,000×2セット】(先着順)

⇒家の家相に不安がある方向けの霊符となります。五岳とは東西南北中央の5つの方位を示し、どちらかの方位を建築上や毎年の流年で動く奇門遁甲の座山や飛星盤などの理気の災いを鎮め、大吉をもたらす霊符となります。構成としては、5つの霊符からなる作成に手間がかかる霊符で、中岳神符、東岳符、西岳符、南岳符、北岳符からなるものです。神棚などに鎮座してお祀りするのがよいでしょう。(ターゲットはFY2020)

※鎮宅霊符集にはことに家相関係の霊符が多いため、気になる事象があればご相談ください。例えば、東方を犯してしまったとか、あればその東方を鎮めるとか細かい霊符があるのです。

5.【特別企画】鎮宅霊符外符 二十八宿曜之霊符【¥10,000×制限なし】(先着順)

⇒密教宿曜術とは、月の周期(白道)を27の宿(カテゴリー)と宿道十二宮(黄道十二宮に近似)に分け、月の状態によって人の性質や吉凶、また、吉凶となる日を占うものです。密教の中での話ですが、暦は旧暦で詠む、智慧の菩薩である、文殊菩薩が28の宿をつくり、暦を完成させたと伝えられています。その守り星は以下の27種類あります。

昴宿、畢宿、觜宿、参宿、井宿、鬼宿、柳宿、星宿、張宿、翼宿、軫宿、角宿、亢宿、氐宿、 房宿、心宿、尾宿、箕宿、斗宿、女宿、虚宿、危宿、室宿、壁宿、奎宿、婁宿、胃宿(牛除く27宿)(ターゲットはFY2020)

これらの生まれ宿曜の神はその人を護り続けているといわれ、守り星の霊符を所有し、お祀りすることで凶を避け、大吉を得ることができるといわれています。こちらも当然、生年月日をお教えいただき宿曜を割り出してご提供させていただきます。


※細かい宿曜占術に関しては、別途、ネットや書籍に情報ありますのでご興味があればそちらをご参照ください。
----------------------------------------------------------------------------------

申込期間が、明日、朝一霊水を酌み、一日、寺社仏閣に出歩きます。翌4日に作成予定ですので、3日中までをリミットとさせていただきます。お問い合わせは、リンクのお問い合わせか、以下のリンクからお願いいたします。

【紀右衛門へのお問い合わせ】
※氏名、ご住所は必須でお願いします。(生年月日は四柱推命や宿曜星守りが欲しい方以外は不要です)

引き続きよろしくお願いいたします。


(ランキングバナークリック、記事への拍手をお願いします!)

お世話になっております。

あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします。

写真も何もなくてすいませんが、霊符のお問い合わせがあったので、こちらにも回答しつつ、ご要望があれば1月3日に毎年日光に参りますので、霊水を取得し霊符作成は可能です。ご要望がありましたら、いきなりで申し訳ございませんが、お問い合わせからよろしくお願いします。


〇お問い合わせ内容
--------------------------------------------------------------------------------
(質問)
事例2)48歳男性。サラリーマン(失業中)。一時はメーカー系大企業に属すも、転職してから落ち目に。1年程度で転職を繰り返すようになり、失業状態でご相談。ともかく、あまりに調子が悪いので、不運からの脱却・開運と仕事、家庭の円満をご希望。

結果)彼には、開運の呪符セット、更に、北斗七星系の強力な財と家庭運オールマイティーに開運の呪符をご提供。
呪符を書いて渡す予定で調整していたのですが、不思議なことに書き上げてラインをしたぐらいに昔の上司からお声がかかり(一部上場の有名な企業)なんと、その会社の副社長に通すと。呪符を渡してすぐに面談をうけると、「来週からすぐこれるよう手配する」と、内定確定。喜びの声をいただきました。

上記の呪符と奇門遁甲北斗七星総合開運霊符【¥25,000円】は、同じものですか。
--------------------------------------------------------------------------------
(回答)
はい、ただ、額にいれてご提供していた北斗七星霊符(以下の①)を所有用にして更におまけで出世系の霊符(以下の②、③)を加えたお得版でした。

申し訳ございませんが、前回の分は完売しておりまして、同じものを作成するには次回の霊水探索時になります。また、もし、今の御状況、課題や障害などがあればそちらも併せてお教えいただけますと少しブレンドを変えることもできます。喫緊ですと、毎年1月3日に日光に参りますので、そちらの霊水で作成することは可能です。

よろしくお願いいたします。

----------------------------------------------------------
① 鎮宅霊符 外符 北斗七星霊符
鎮宅霊符集にある特別秘録呪符の一つ。北斗七星の各星の呪符を1枚の半紙に書き込んでいます。各星とは貪狼星(とんろうしょう)、巨門星(こもんしょう) 、禄存星(ろくぞんしょう) 、文曲星(もんごくしょう)、廉貞星(れんじょうしょう)、武曲星(むごくしょう)、破軍星(はぐんしょう)の七つの星です。七つの星が司る、諸願望全てに幸運を波及します。財運・金運上昇、仕事運上昇、学力向上、恋愛・結婚縁上昇、身体健全、病気治癒、怨敵退散、悪縁切りなどの諸願成就にオールマイティに効果発揮を期待できるものです。特に家の家相、風水にも効果絶大です。徳川家康公も、平将門公も皆、北斗七星に帰依しています。いや、正確に言うと天皇家が最もその元祖であります。
(元々は北斗七星霊符として、額入りで提供していた最強系霊符で、2万5千円のものを今回、冬至につき一年の吉祥を祈願し、特別にインプラントしたものです)

② 総合開運霊符
修験道系霊符。様々な状態から、それぞれに運が開け、成功を導く霊符です。非常に強力な霊符であり、総合的に効果を発揮します。

③ 最上出世霊符
修験道系霊符。本霊符を所有すると、とんとん拍子で出世するといわれています。特に、能力はあるのにチャンスがない場合の方にとってチャンスをもたらし出世をもたらす霊符です。本霊符を所有したら、自分は必ず出世すると思うようになりますし、またそう思うようにすることが大切です。

―――――――――――――――――――――

引き続きよろしくお願いいたします。


(ランキングバナークリック、記事への拍手をお願いします!)