FC2ブログ
お世話になっております。

週末は宇都宮へ帰還です。

20200222_01.jpg


武漢熱パンデミックでオリンピック開催も危ぶまれる状況下ではありますが、こんな不吉な情報ばかりの中、嬉しいニュースが!

なんと運勢総合コンサルティングをさせていただいていたお客様のお子様がご希望の大学に合格されたとのこと!これが一番うれしいですね。

そのコンサルティングは、四柱推命鑑定書で、その方の人生傾向を抑え、その上で喜神(よろこぶかみ、その方の運命にとってプラスのエネルギー体)、忌神(いむかみ、その方の運命にとってマイナスのエネルギー体)を知り、更には、大運(10年運)、流運(1年運)で訪れるエネルギー体の影響を、読み取り、ラッキーにしろ、アンラッキーにしろ、意識しないで時を過ごすと、リスクとなります。

これは、世界中のあらゆる業界のプロジェクトマネージャーが勉強される、プロジェクトマネジメントのベストプラクティス集であるPMBOKでも言われていることで、存在リスクが顕在化すると課題となるのですが、一方、チャンスである好機を活かすことも必要と説かれています。リスクを避け、好機を活かす、両方ともその情報を的確にとらえ、準備と意識して利用することが大切で、とはいえ、PMBOKでとかれているようなマネジメントツールを使って、積極的に活用しなければ、好機(チャンス)も回転ずしの大トロを見送りするかのごとく、ご自身の今から過去へ過ぎ去っていきます。

四柱推命で忌神を避けたり、抑えたり、喜神を呼び、活かすには、鑑定によってご自身の運勢傾向をお知りになることが、第一の開運となります。

何故か?

それは世の中のことは、8割は不幸に満ちているというのです。つまり、顕在化していない課題、リスクですね。ではこれを避け続けるとどうなるか?あとは幸運だけが残ります、ということです。実際問題、リスクが顕在化し、課題、トラブルに巻き込まれるといろんないみで憔悴しますからね。回復させるだけで貴重な人生の時間を浪費してしまいます。

逆に幸運ですが2割もあるのでしょうかw その幸運も回転ずしでお口ぱっくりあけていれば、大トロが口に入ってくるかといえば、その人が意識して大トロを受け取り、口に運ばないと食べられないように、好機・チャンスを逃してしまうリスク、課題があるわけです。そして、過ぎ去ったチャンスは二度ともどってこなかもしれない、寿司なら次の人が食べてしまうかも。(勿論、個別オーダで食えるじゃんという前提は置いておいての例え話ですよ)これまた、折角、その方の四柱推命で神様が用意してくれた好機の種を素通りし、残った忌神の時間帯でぎりぎりを過ごすというような、人生の無駄につながりかねません。

次に、皆様がお母様からこの世に生まれる瞬間の地球の磁場の組み合わせたる干支のエネルギーの組み合わせ、年月日時間はの組み合わせは、その方の運命の基本プログラムと呼ばれるもので、パソコンで言えば、BIOS(バイアス)やOS(オペレーションシステム)というような根源を司るところといえましょう。これは恐ろしくも基本書き換えることができない。

何故か?

それは、弘法大師の

「三界の狂人は狂せることを知らず 四生の盲者は盲なることを識らず 生まれ生まれ生まれ生まれて生の始めに暗く、
 死に死に死に死んで死の終わりに冥し。」

の生と死の真理を悟るには遠く果てしない姿をご自身の姿に重ね現されておられますが、この一説の暗いトンネルを抜け光の世界に出る体験、誕生と死という体験は人間の顕在意識、潜在意識ともに、強烈な体験であることは間違いありません。それゆえに、その時に刻まれた地球磁場の組み合わせたる四柱推命の配合セットは何もしなければそのままそのルールに従って現象をおこしてしまいます。この組み合わせを昨今の心理学の言葉で言えば、恒常性維持機能(ホメオスタシス)の組み合わせといえましょうか。

では、BIOSやOSは書き換えできないのか?いや、パソコンなら、読み取りのみ可能であるROM(リードオンリーメモリー)に書き込まれたBIOSのバージョンアップも、電気的に書き換え可能なのです。OSに至ってはソフトウェアプログラムの集合体に過ぎませんから尚更、バージョンアップ、つまり書き換え可能です。

四柱推命を書き換えることができるのか????

これを可能にするのが、四柱推命の合婚法たる人間関係術と、奇門遁甲を使った方位術と風水術による喜忌の制御なのです。
どちらも地球の地磁気を使った法術です。

四柱推命鑑定でその方の長所、短所を知り、長所を意識し短所を注意するだけで開運しますし、これが根源的であり基本的な作法です。ですが、実際問題、パソコンが自らBIOS、OSという基盤部分を書き換えることなんてできないように、生まれ生まれに暗い回廊からこの世に生まれた瞬間のエネルギーを客観的に知り、制御するというは中々、難しいことのようです。

そこで、合婚法で開運するビジネスパートナーとの相性を見たり、恋愛や特に結婚で開運する法を活用する方法があります。これは非常に強力で、何故なら、結婚し子供を作る行為は人類普遍の行動原理の一つで、先の誕生の根源であるからです。
このように結婚を重視し、相性を重視する方法は、天皇家のような王侯貴族や、中国系富豪である、華僑、若しくはユダヤ財閥のカバラなどの中で密かに継承されてきました。

しかし、このような四柱推命の大運を待っていたり(人によっては、死んでも喜神が来ない方もおられる)、結婚というイベントも早々あるものでないですし、そもそも、今が悪いのに開運する相手がさくっと結婚してくれることも中々あるものでありません。

そこで、方位術たる奇門遁甲で、立向盤を使った、旅行や引っ越し、座山盤による住居への造作で生きている、今を変えていくことが肝要になってきます。

ましてや、受験という日本中で戦いあうイベントには勝ち残るための方位術を駆使する必要があるでしょう。

更に、これに加えて、四柱推命といのは、まさにその方の人生の年輪を表すだけでなく、両親、祖父母、先祖をも暗示する家系の年輪をも表します。家系因縁という長い時間をかけてできた因果の種はやはり様々な影響をもたらすようです。
これは宗教心がなくても、お墓詣りはかかさず行くことが大切なだけでなく、できる限り、日本の長い歴史に裏打ちされた、因果消滅、供養にあたるようなことをやったほうがいいようです。それであれば、その世界では最もシステム化された密教が最強で、王侯貴族、武家が密かに受けてきた結縁灌頂のような、一撃で幸運の種をもらう儀式を受ける結縁灌頂のようなものにご縁をうけるのも大切なことだと思います。勿論、これを機に、大乗仏教、密教の仏法僧に縁を持ち、信仰心を持ち、陰徳を積み上げることが最も良い流れでしょう。

更には、皆様にご活用いただいている霊符、呪符は、天地自然の霊水を以って、日本国大小神祇の加護を祈って、密教の仏法僧のお力をお借りして、流されやすい不運の気に意識を囚われないようにするために、霊符が今の、傷ついた皆様の魂魄を護り、幸運の気を呼び、開運のご縁をもたらすことで、開運をサポートいたします。

いずれにしても、どちらも共通しているのは、自分の中での改善だけでなく、外界からのインプットによる改善を目指すところです。

パソコンのバージョンアップも、バージョンアップパッチプログラムをインストールすることで進化しますからね。

そして最も重要な開運の法術として、断易があげられます。

様々な過去経緯、因果、因縁、リスクが顕在化した課題などに巻き込まれている渦中で、かつ、合婚法や奇門遁甲をつかっていても、所詮は開運の仕掛り中の状態。目先の判断で動いてしまうと、実は落とし穴にはまって、先に進むどころではないことが人生です。元の木阿弥というやつです。

断易は、地球の長い歴史のエネルギーが天地、天は成層圏、地は大地の地磁気に刻まれた波動、言い方を現在風にいえば、ビックデータが蓄積されたコンピュータークラウドのようなものです。クラウドのビックデータでAI(人工知能)に様々な人間の判断を代行させる共同検証センターを試みる動きは世界に先駆けての日本の産学協同で始まってます。

しかし、所詮はコンピューター。コンピューターの原理たる、デジット(2進数)を生み出したライプニッツが易からデジット、デジタルを生み出したように、生みの親であり、天地の原理に直接答えを伺う法にはかなうわけがありません。

そして、東洋五術(命卜相医山)は帝王学であり、その他大勢の平均値たる統計学と異なり、絶対的勝利者となる覇道を法術としてもっています。個人的には更に、王道を目指すには密教が要となると思っていますが。

さて、受験の話に戻りますが、医学部に入学すれば、医者になれるのだろう?と思っていました。ところが、医師免許の国家試験に受からないとなれないようです。当たり前でしょうがw

で、皆さん、ご存知でしょうか?地元に自治医科大という大学があります。国家試験合格ランキングは1位、合格率99%。学費の免除制度と教育システムが良く、全国から優秀な学生が集まってくるからのようです。

では皆さん、知っていますか?東京大学医学部の国家試験合格ランキングを。

なんと、55位、合格率80%代。

国家試験も試験。大学受験の王者なのだから、簡単に合格できそうですよね?

ところが、医師免許の国家試験は、例えば、骨学とか人間の人体に関わるありとあらゆる体系の知識を只管、学ぶ必要があるようです。その姿勢は学者や研究者ですね。そして、医師免許を取ってお医者さんになっても、現実の患者さんの病気は予想もしない状態であることはままありますし、今回のコロナもそうでしょうが、現実と未知の病気と闘っているのです。だから常に研究する。死ぬまで現実の医術で戦いつつ研究する姿勢があるかでしょう。これはIT屋の私にも通じるものがありますし、信仰や神秘学の世界にも通じるものかと思います。

さて、では、受験の王者なのに医師免許に合格しない人はどういう人なのか?それは、受験は一種の決められたルール上で点数比べをする世界なのです。一種のクイズ大会といっては語弊があるでしょうが。

では、現実の世界はどうか?予想もできない未来と戦うためにありとあらゆる勉強を、研究をし続ける、それでも勝てるかわからないのが現実なのです。このために先人達の知識の体系を素直に継承することを目指しているのが、国家試験なのだと思われます。それは司法試験も同様でしょう。

決められたルール下でまさにクイズのように問題を解く快感だけで、能力発揮してきた方はどうなるか?

上記のゴール、目的がことなるため、途端に彼は興味がなくなり、モチベーションを維持できなくなり、国家試験に受かることができない。

実際問題、一度、医師免許の浪人となると合格率はどんどん下がるようです。あと、国が、歯科医師の合格率を下げているように、医者も多すぎるということでさらにさげてくると追い打ちされることになります。

「世の中の変化はゲームの種類が変化するだけではない、レギュレーション(規制、前提条件)が変化することも忘れてはいけない」というわけですね。

そして、自分の人生でなんで、その時はうまくいったのに、駄目になったんだということを客観的に、俯瞰する法術がなければ、世の中の成功者になるのは難しいと思うのです。

更には、戦後、米ソ冷戦時代の戦後レジームの中であれば、変化のないルールの中やっていられた。ところが、レギュレーション自体がどんどん変化するのが当たり前の時代に突入してます。

こういう時こそ、温故知新、根源に戻って、世を俯瞰する必要があるのでしょうね。

引き続きよろしくお願いいたします。


(ランキングバナークリック、記事への拍手をお願いします!)

スポンサーサイト



お世話になっております。

うわーw Kiruna Magnetometersに怪しい変動発生!

20200219_01.jpg


見たことない波形ですね。。。。。波形によっては地震だったり、大雨になったりいろいろかもです。兎も角、この後のグラフの動きが重要でしょう。


(参考:コロナウイルスはイルミナティカード「複合災害」ダブルリーチの片割れか?)

このまま武漢ウイルスパンデミックで疑似連がかかっている中、地震予告の疑似連で「複合災害」鉄板リーチ、一直線なのか?

いつものカバラ数字で見てみますと、過ぎちゃいましたが、ちょっと地震ありましたね。

20200212=4+2+12=18(666)

あれ?20日以降の足し方が難しいですね。単純に数字だけで足して3でうまくいかないです。。。。ちょっと無理くりですが、

20200224=4+2+24=30(66666) んん?この計算方法だと、次が!

20200228=4+2+28=4+2+30=36(666666) げげ!これ怪しくないですか?悪魔の数字の6が6個。。。。

そして2月28日といえば、あのアニメ映画の巨頭、「AKIRA」にでてくる予言、147日後、を現実に置き換えると、今年の2月28日を指すのだそうでw kiruna変動がより激しくここまで続いたらかなり危険かもです。

20200219_02.jpg

次は3月。

20200311=4+3+11=18(666) うわー、これは3.11パタン。これが一番注意かもですね。
20200329=4+3+29=4+3+11=18(666)

4月です。

20200410=4+4+10=18(666)
20200419=4+4+19=4+4+10=18(666)

ともかく、(参考:都道府県別新型コロナウイルス感染症患者数マップ)を見て、外出時はマスク、帰宅後は手洗い、マスクを心掛けましょう。

引き続きよろしくお願いいたします。

P.S この記事をアップした際にFacebookシェアをかけたら、偶然にも「333」が揃いました。ちょっと不気味です。


(ランキングバナークリック、記事への拍手をお願いします!)


お世話になっております。

突然ですが、タイトルの件です。

(参考 Youtube様:(日+中)中国当局の新たな迫害手段「エレクトロニック・ハラスメント」【禁聞】家屬質疑國保「腦控」法輪功學員)



内容としては、中国は共産主義で神はいない、宗教否定が基本のため、宗教団体を監視するだけでなく、特に目をつけている団体に対して様々な実験の体でハラスメントを受けいてる、という内容です。その内容は、自宅の周りに得体のしれない人達が徘徊するようになり、異様な匂いのするガスを送り込まれたり、水道水が突然濁って汚い水がでるようになったり、拳銃を撃ち込まれたりと様々ですが、特に特殊な超音波、電磁波を浴びせて、宗教を諦め、共産主義になるよう洗脳するポイントをとって、エレクトロニックハラスメントと呼ばれているようです。

以下はあくまで妄想ですが、これも凄い内容ですが、日本国内のチャイナスクール系、保守系の政党の方も、こういう世界を期待して中国に媚びを売っているのでしょうかね?恐らくその方々が、アメリカをはじめとする旧西側世界がとっている姿勢である中国からの渡航者全面拒否にNOを言っている人間なんだと思っています。

ちょっとそれどころではない事態に進行中のようです。

(参考 MSN様:新型コロナウイルス、千葉男性は都内まで電車通勤)

----------------------------------------------------------------
千葉県は2月14日、新型コロナウイルスの感染が確認された県内の20代男性が発熱から肺炎と診断されて入院するまでの数日間、東京都内の勤務先まで電車で通勤していたと明らかにした。症状が出る前には外国人が出席する会議に2度参加していたといい、感染ルートを調べている。 NTTデータによると、この男性は同社の協力会社の社員で、東京都港区にあるビルに勤務。保健所などが調べた結果、男性と同じ職場にいるなどした14人が濃厚接触者と特定された。14人は今のところ発熱などの症状は訴えていない。 男性は13日に感染が確認され、千葉県内の感染症指定病院に入院中。発熱やせきの症状がある。
----------------------------------------------------------------

ともかく、「異様な匂いのするガス」といえば、今、話題のコロナウイルスの実験をしていなかったか?と疑わざるをえません。

中国国内でいえば、こうした宗教だけでなく、共産主義に反する人間、若しくは乗っ取りたい金や権利を持つ人間は全てターゲットでしょうし、ウイルス騒動の前におきていたといえば、香港問題です。更には、一つの中国を目指す上で台湾もターゲットでしょう。そのあとは、勿論、。。。。w

病気で死ねば、楽に乗っ取れる。

兎も角、ウイルスを自ら発明したのか、ハッキングして奪ったのか定かではありませんが、それを安易に使ってみるという考え方を逆手にみれば、自ら作り出しものならば、その危険性も十分承知でしょうから、そう考えると、使い方や危険性を熟知していなかったというこは間違いなさそうですね。

そして、イルミナティカードをみれば、こんなカードが。

◇ラボ爆発

20200215_01.jpg

ネットだと、この煙の赤いところが武漢市ににており、その周りの黄色いひし形の煙が武漢市経済圏に似ているというネタを拝見しました。そもそも、武漢には中国最大の疫病ラボがありますし。そこは安全性保たれているのかどうか。

◇悪魔の疫病

20200215_02.jpg

これはまんまですね。しかもウイルスの発生源だという蝙蝠まで書かれています。しかもこの建物が武漢市にあるホテル廃墟ににているといわれています。

◇人口削減

20200215_03.jpg

このビル群の夜景が武漢の夜景に似ているとか。

はてさて、全くの自然発生なのか、ハラスメントなのか、事故なのか?

発生原因は分からないまま、現在もパンデミックは拡大中です。

皆様におかれましても、手洗い、うがいを徹底して予防されてください。

引き続きよろしくお願いいたします。


(ランキングバナークリック、記事への拍手をお願いします!)

お世話になっております。

先日の休みはいつもの吉方位ドライブ、奇門遁甲で西方は日盤は、天地盤:癸戊(天乙会合)、八門:生門、時盤は、天地盤:丁甲(青竜援軍)格は、「丁奇昇殿」を形成、八門:休門と上々です。

東北自動車道⇒北関東自動車道⇒上信越自動車道で、松井田妙義ICでおります。降りた後は、妙義山に直結で、20分ぐらいで到着です。2時間弱ですかね。向かった先は、(参考:中之嶽神社)様です。

前に甲子日に前日からお祭りに参加したことがありました。なんとなく来たくなりまして。大黒様に呼ばれましたかね?w

(参考:陽遁に変わる甲子日 満月に向かう月を仰ぎ「中之嶽神社大黒天」に御参拝)

目の前の県立妙義公園大駐車場に駐車しますと、妙義山が圧倒的です!

20200211_01.jpg

強く良い気を感じます。鳥居にて一礼です。

20200211_02.jpg

大黒大神様!この不動明王と一体となった大黒様が稀有で、また力強いですよね。

20200211_03.jpg

橋を渡り、異空間へw 目の前にあるのは西方でしょうか、拝殿です。前に来たときはここで甲子日甲子の刻(0時)を迎えましたね。まずはこちらでお祈りです。

20200211_04.jpg

そして右手をみると、奥の院への道が。こちらも一礼をして鳥居をくぐります。凄い急階段が連なっています。

20200211_05.jpg

左手に登山道の案内が。明治以前は修験道の道場であり、複雑な山道が連なっていますね。今日は、今までいったことがない、見晴らしまでいってみようかと。奥の院から400メートルとありますが、山道の100メートルは10倍ぐらいに感じること多々ですから侮れません。

20200211_07.jpg

ここに前回来た際に霊符作成にいただいた不動霊水があります。徐にいただきます。美味しい!

20200211_08.jpg

その右手にここで長生道士様という仙人が修行して天に上った、つまり白日昇天したことを残した石碑が奥の院にあることを説明しています。上で見てみましょう。

20200211_06.jpg

ぜーはーぜーはーと呼吸を荒くしながら登ります。非常に急で辛いです。ですが、明らかに体の中の濁氣が抜けていきます。これがいいんです。そして一枚岩と合体した奥の院へ。こちらでもお祈りです。例の神道灌頂の真言、印を結び、天地に感謝します。

20200211_09.jpg

これが例の石碑ですね。

20200211_10.jpg

左手の轟岩を見て、いよいよ、右手の見晴らしの道へ。岩畳のきついのぼり道です。しかし風が強いですが、晴れ渡り、日差しが強いので暖かいです。

20200211_11.jpg

少し登っては休みを繰り返しながら、やっと真ん中ぐらいです。しかし、辛いだけだったのが、段々、不思議と楽になってきてる。これは邪気が体内からとれ、天地の気が入ってきた証拠です。

20200211_12.jpg

あの、果てしない空の彼方に。。。ですね。

20200211_13.jpg

いよいよ稜線に乗りました。左手は更に金洞山へ。このドライブ軽装では無理w 右手の見晴らしへ。

20200211_14.jpg

ついた!!

20200211_15.jpg

見晴らしからみる金洞山。圧倒です!まさに大黒天のご神体という感じ。山からの気が凄い。スマホの磁石をみると真北。

20200211_16.jpg

そして、南は条件が良ければ、東南方向に富士山が見えるかもですね。目の前に蝋燭岩がみえます。凄い景色です。

20200211_17.jpg

改めてまして、お参りです。ここでも真言、印を結び、天地に感謝します。

20200211_18.jpg

本当に大袈裟ですが、登山状態w 風はありますが、不思議と御山に守られているような気というか不思議な暖かさが体を包みます。暫し、この磐座でやすみます。目を閉じ、意識を地深くから天へ。圧倒的な気が入ってきます。

あっそういえば、下界では、コロナウイルス騒動でしたね。会社のことや世情のそういう喧騒も、すっかり心の中から消え去り、ふと大黒天と一体になった気さえします。我即ち、不動明王、我即ち、大黒天なり、の境地。 

イヤーすっきり!充実です!来てよかった!

20200211_19.jpg

降りるのは楽ですね。登る時より楽にこれました。ただ、滑ったり要注意。階段までこれました。

20200211_20.jpg

さて、神社を後にして、中腹にある(参考 富岡観光ホームページ様:妙義温泉「もみじの湯」)さんへ。駐車場から振り返ると、妙義山の正に中腹。

20200211_21.jpg

前にも来ましたがここは穴場です。

20200211_22.jpg

お腹ペコペコで食堂へ。関東平野を見下ろし、見晴らしもよいです。

20200211_23.jpg

群馬といえば、ソースカツ丼ですね。うまい!

20200211_24.jpg

そして温泉です。今日は満月を見ながらの露天風呂でした。最高ですわ!さて、17時から19時で、奇門遁甲の時盤根付け完了!
すっかり暗くなり満月がのぼっていました。

20200211_25.jpg

本当体がすっきりです。帰りのドライブも楽しいですね。

引き続きよろしくお願いいたします。


(ランキングバナークリック、記事への拍手をお願いします!)

お世話になっております。

さてさて、恐ろしい勢いで広がるコロナウイルスですが、恐れていた話が聞こえてきました。

(参考 Youtube様:テンパの裏側様 「新型肺炎・それが「人工合成であること」を認めた?!」)




米国に亡命した中国の実業家・投資家である郭文貴氏が以下の警告を流しています。曰く「自国のコロナウイルスの抑え込みの初動の失敗を棚上げし、全てはアメリカの謀略、戦争だ」となすりつけをしている、それも、中国共産党の公式軍事ポータルサイト「西陸網」でです。

きたきた~中国4000年、いつものThe「なすりつけ」戦法。こんなことを繰り返して、謙虚に内省、自省をせず、事大主義に陥り、自国の発展を阻害してきた愚かな歴史を繰り返すのかw アヘン戦争で香港を失い、清朝を崩壊させた。まさに、我々は、「脱亜論」を書かざるを得なかった、お悟りになった福沢諭吉先生の教えに従わなくてはいけません。

(参考 看中國 様:「これは戦争だ」郭文貴氏:中国共産党は武漢肺炎ウイルスが人工合成であることを認めた)

---------------------------------------------------------------------
米国に亡命した中国の実業家・投資家である郭文貴氏は2月3日、中国共産党が武漢肺炎ウイルスは人工合成の産物であると事実上認めたことを明らかにした。その根拠は、中国共産党の公式軍事ポータルサイト「西陸網」が、武漢の肺炎を引き起こす新型コロナウイルスが人工的に合成されたものであることを認めており、コウモリウイルスによる自然突然変異は不可能だと主張していることだ。

郭文貴氏は次のように述べた。中国共産党軍の最高権力機関である中央軍事委員会のウェブサイト「西陸網」で発表される情報は極めて重要で、最高位層の首肯を得たものだ。そのようなサイトが武漢肺炎の爆発を米国になすり付けた。 「西陸網」は1月26日に「武漢ウイルスの4つの主要蛋白質が交換され、中国人を正確に狙い撃ちできる」という文章を発表した。この文章には、武漢肺炎ウイルスが人工合成であることが書かれていた。

 文章の要点はこうだ。
「『武漢新型コロナウイルスは4つの重要な蛋白質を取り替えた』ことである。その目的は第一に、SARSウイルスに偽装し、医療関係者を欺くことで、治療の時間を遅らせることである」
「第二に、『人への感染力が強力』であるため急速に蔓延させ、伝染させることができる。人間を絶滅させるこの生物技術はコウモリやアケビが生み出したのでしょうか」
「これほど正確な『4つの鍵となるタンパク質』の『交換』は、自然界では1万年たっても不可能だ」
「これらの事実から導かれる結論は、武漢ウイルスは実験室が製造と生産に関与していることだ」

米国になすり付ける

 続いて、この中国共産党の権威ある軍事サイトの文章は米国に矛先を向け、「SARSから武漢新型肺炎まで、米国の人種絶滅計画を見る」という小見出しで、米国が生物兵器を製造し、中国人を攻撃できるようになったと非難した。
 文章のもう1つのゴシック体の小見出しは「もっぱら中国人を選んで殺している。このウイルスで死んだのは96%が中国人だ」と書かれている。

 文章は武漢ウイルスが生物戦であることを暗示し、「生物戦というこつの文字は消えることはない」
 「原爆は強いでしょう。生物兵器の前では、原爆でも水素爆弾でも、まったく武器にはならないかもしれない」
 動画でこの文章のスクリーンショットを写したあと、郭文貴氏は、アメリカ人はまだ中共がどのような悪の政権であるかを意識していない。米国人は金銭を信じ、マスコミを信じている。しかし彼らのメディアの中でどれほど多くの人がすでに中国共産党に買収・浸透されているか思いもよらないだろう。その中で何人が民衆の側に立っているのか?真実の側に立っているのか?そのため、トランプ大統領が正しい行いをすると、アメリカのメディアはでたらめな偽ニュースを流す。

 また、「西陸網」は1月22日に邱崇畏という人物の文章「武漢新型肺炎は米国の生物戦の匂いがする」を掲載した。同様に、武漢の疫病発生の責任を米国に転嫁した。
 
この文章では、「米国は中国に対してもっと極端な手段に出るかもしれない」「米国はサイバー戦や宇宙戦を始めるかもしれない。しかし、皆さんが本当に無視できないのは『生物戦』です」と対立を煽動した。
 郭文貴氏は次のようにまとめた。「今は、米国人が目覚めるかどうかの歴史上最も重要な瞬間であり、現在武漢の疫病はまさに戦争である。この戦争は国賊である中国共産党と14億人の中国国民の戦争だ。そして中国共産党は14億中国国民を煽動して米国に戦争を仕掛けようとしているのだ。」
(翻訳・柳生和樹)
---------------------------------------------------------------------

以下の記述からはあくまで、妄想です。

これ、とんでもないこといってますよ。これはアメリカへの宣戦布告に等しい。しかし、コロナウイルスの危険性を去年の12月初旬で発見して危険性を訴えたお医者さんを無実の罪で陥れ、そしてそのお医者さんはなくなってしまったのでした。おいおい、初動で、防いでいればよかったものの、黙れ、しゃべったやつは逮捕するとそんなことやっているせいで今のパンデミックになっちまったんだじゃないのかい?また、これでも世界中に圧力をかけ、黙らせるのでしょうか?

まさに「Up Against the Wall」 「壁に手を付け!」と。

そう、もう間もなく日本も、東京オリンピック開催を護るため、そもそも日本国民を守るため、中国との経済関係があろうとも、封鎖せざるをえなくなる、その時に、中国は言いがかりをつけ、何かをしてくる可能性がある。これが核攻撃でしょうか?

(参考 Youtube様:「武漢の30代医師が死亡 新型コロナいち早く警告(20/02/07)」)



そう、イルミナティカード「Up Against the Wall」

奥に見える三日月はインターコンチネンタルホテル、右手の煉瓦は赤レンガ倉庫に核攻撃をうけ人が一瞬で蒸発してできた影絵。そしてこの壁の上の方に不規則にはがれているところを向きを右回りにすると、なんと、日本の三浦半島あたりの地図になります。更に下の方に核を示すプレートが転がってます。

20190122_2_01.jpg

核攻撃ターゲットは、アメリカ第七艦隊母港、横須賀か横田米軍基地の可能性です。特に横須賀はアメリカの空母艦隊の重要な寄港地のため狙われてしかり。横須賀に着弾し、爆風が横浜を襲った。という感じの絵ですね。

私は、どうやってこのシナリオが実行されるのかずっと謎に思い考えてきたのですが、なるほど~、自国の災禍を棚上げして人のせいにして、緊張が高まり勃発というシナリオですか。

中国は多分、大陸間弾道弾による米軍、自衛隊基地への攻撃に加え、空母艦隊、強襲揚陸艦による尖閣、沖縄、九州、中国地方への上陸を試みるなど、奇襲攻撃をしてくると思います。

勿論、その後、アメリカ本土から大陸間弾頭弾が攻撃を開始、多分、うまく空母は横須賀をでているのでしょう、真珠湾攻撃の時みたいに。戦争の天才ですからアメリカはw 結構な被害をうけつつも、米軍主力と残存の自衛隊が反撃を開始。国連が二分し、アメリカ、ブレグジットとなったイギリス、日本側の連合国側が多国籍軍となり反撃を開始するというシナリオでしょうか。

まあ、ここで保守側にいるチャイナスクールの方々が暴れて、中国側に日本がなびくと、アメリカに見捨てられ、また枢軸国、敗戦国になるでしょうけどねw

そもそも、太平洋戦争だって日本とアメリカが戦う理由はなかった。仲が良かったのですから。
それを一生懸命、中華民国が「田中上奏文」という日本が世界征服を目指しているという数か国語で作られた偽(フェイク)文書を世界中に拡散していた。日本は知らずに孤立化していく。そこに、鉄道王ハリマンが「日本よ、中国の鉄道利権は一緒に作ったのだから、半分よこせよ」といったら、大正デモクラシー、昭和初期までに調子にのっていた当時の日本人は、嫌だよ~といってしまいます。

その当時の日本があったのは、日露戦争に勝てたから。そして、勝てたのは、ユダヤ財閥、ジェイコブヘンリーシフ卿(後のリーマンブラザーズ)のお陰様。そして、一度はアメリカ奴隷となり抜群の英語力とガッツを身に着けた高橋是清公がシフ卿を口説いて日本国債をかってもらったから、そうした義理と縁をつないだ明治の人達のしぶとい苦労の上にあった世界なのに。

(参考:甲の高貴の気を持つ男、日本銀行第七代総裁、高橋是清公の気に触れ、〆は美女ダンスランチで妻財パワー全開!)

さて、これで、ハリマンは激怒し、「裏切り者のジャップめ殺す」と恨まれ、孤立化に拍車をかけ、太平洋戦争へ突入していきます。

日本人の愚かな失敗は、戦後も続き、次は、田中角栄氏のアメリカを出し抜いて中国と国交を結び同じセリフをある方が仰います。それはキッシンジャー氏です。「ジャップは最大の裏切り者だ」と激怒させました。その後、ロッキード事件として政界を追われましたが、今、IR法案で中国企業から賄賂をもらっていた議員の東京地検の容疑が「外為法違反」であること、ロッキード事件と被ることをお忘れなく。

その後、日本は、中国の人権弾圧、天安門事件で世界が経済制裁するなか一人味方になり暴利を得て、またアメリカを怒らせます。同時期のバブル崩壊。アメリカのファンドに食い散らかされました。その後、失われた20年。2010年代に同じように靖国問題でまたまた中国に孤立化させられ、中国は経済力を身に着けAIIBを起こしアメリカの同盟国を裏切らせた。唯一日本を除いては。安倍首相のアメリカ議会での奇跡の演説で流れが変わりなんとかトランプ大統領に従っていますが、ここで裏切るとどうなることやら。

トランプ大統領を示すといわれれるイルミナティカード「Enough is Enough もうたくさんだ!」で、またアメリカを激高させ、裏切り者ジャップとして敗戦へ向かうのか。

なるほど~、だから今、NHK大河が「麒麟が来る」で明智光秀を顕彰してるんだw 裏切りええじゃないか?って感じですか?いやいや、勘弁してくださいよ。あなたたちだけで私たちを巻き込まないでほしいw

とまあ、そういう意味で、中国の国家主席を国賓で迎える愚行をするのかが、日本の今後の占う踏み絵であると見ています。

楽しみですね~♪w

引き続きよろしくお願いいたします。


(ランキングバナークリック、記事への拍手をお願いします!)