FC2ブログ
お世話になっております。

いやー新型コロナの拡大、嬉しくもないですが、断易通りになっておりますね。来年の冬ぐらいまで、プランB発動、リバイバルプランつまり、コンティンジェンシーを発動し、危機に備えなくてはいけません。私も既に動き出しました。

(参考:「台湾の皆様、ありがとうございます!そして中国武漢ウイルス事件の行方を断易に尋ねる」)

さて、こちらはある日、地元、羽黒山神社にお散歩です。こちらは中腹にある駐車場の展望台からの風景。入道雲が凄いですね。

20200727_01.jpg

東京方面を臨みます。北関東の端、関東平野が始まる宇都宮の地より東京の平安を祈念します。

20200727_02.jpg

いつのも鳥居。この御山もデイダラボッチ伝説がありますが、元は海底で海底火山だったようですね。その御山も今では平野の中に突然出現する御山になっています。筑波山に似ていますね。基本、岩盤の御山に関東ローム層の火山灰がかかって樹木を育まれそして山頂に貴重な霊水を捻出できている、そんな不思議な場所です。

20200727_03.jpg

きっと、もののけ姫に出てくるコダマが出てきそうな雰囲気です。

20200727_04.jpg

木漏れ日が神々しいです。

20200727_05.jpg

本殿に到着です。この山頂の本殿の上だけがぽっかり空が開いている。いつもの古神道の印とご真言を。頭がスースーします。

20200727_06.jpg

本殿奥の北西の稜線沿いの道へ。紫陽花が美しいです。

20200727_07.jpg

なんでしょ?急に道沿いにお亀顔www

ふと、三菱グループ創始者の岩崎公のお亀のお面を思い出します。曰く「これから商人の時代なんだから、我々武士もしかめっ面はやめてお亀顔でいこう」というようなお話があったとか。(東京小石川にある三菱博物館だかに本物があるようです)そういうマインドセットがあの財閥を作ったと考えると、このお亀顔もお宝に見えてくるではないですか。

20200727_08.jpg

日光連山が見えますね。意識を中禅寺湖に飛ばして、中禅寺の愛染堂の愛染明王を観想し、印と真言でお祈りします。

20200727_09.jpg

さてさて、引っ張りましたが、件名の『日本古来の信仰復興講座シリーズ 「仏道講義」』の件についてです。

前にご紹介した密教セミナー(仮)を更に拡大し、在家の身でありながら、学びたいものは最終的には維摩居士(文殊菩薩双璧)を目指すという理念のもと、在家レベルで学ばねばならない基本から最高峰まで到達できる可能性があるカリキュラムを組んでいただきました。

(参考:「【(仮)初級 真言密教(選抜)ウェビナー1】募集いたします」)

かつて江戸時代末期までは連滅と継承されてきた日本古来の信仰、神道を核として仏教、神道、修験道、そして密教が織りなす日本独自の世界観、日本古来の信仰。これこそが天皇家や貴族、華族、武家、豪商、豪農などが普通に祀ってきた神仏と信仰であり、日本人のアイデンティティの核心と呼べるものといえるでしょう。

明治に至り、神仏分離令、修験道禁止令、廃仏毀釈などで神仏習合が破壊され、南方熊楠公が明治天皇陛下にこのままでは粘菌が住まう古来の寺社が破棄されると国家神道による強制的な神社統制を止めるようお願いしましたが、日本版、文化大革命と呼べる日本文化と信仰の破壊は、浮世絵がボストン美術館に存在しているのに代表されるよう、凄まじいものだったようです。

今存在する信仰が果たして、儀軌通り正しい継承がされているか?非常に怪しいのが現在なのです。

そして、天皇家三代でついに原子爆弾を投下され、外国軍の駐留を許し、表面上の国体保持は許されるも、GHQによって日本文化、信仰は激しく統制されるのでした。そして、戦後の「金」が全ての価値観によって、徹底的におかしくされているのが現在です。それを白人は、バブル全盛期の日本人を見て、「エコノミックアニマル」、金儲けをする動物と日本人を称した。白人は何を以って、このような卑下をするのかといえば、自分達の経済の中核には、神秘の源泉に神がいるという絶対的自信があるのです。日本人は戦後それを捨てた、魂を捨てた、だから、エコノミックアニマルだ、というのです。

そしてこのブログで再三、述べさせていただいているように、バブル崩壊、失われた30年を進み、新型コロナの渦中にある日本はまさに、エコノミックがなくなった「アニマル」への道を驀進しているといえるかもしれません。

失われた日本人の力、アイデンティティを取り戻せ!とかなんとかw

詳細はこうご期待です!

山を下りましたら、虹が!!吉祥ですね。

20200727_10.jpg

引き続きよろしくお願いいたします。


(ランキングバナークリック、記事への拍手をお願いします!)

スポンサーサイト



お世話になっております。

先日は久しぶりに、神楽坂マリアージュさんに伺いました。非常事態宣言からほんと何か月ぶりでしょうか。階段をあがると、消毒液など完備、もうアフターコロナの世界なのですね。

20200710_01.jpg

とりあえず生にて。

20200710_02.jpg

いつもの御通し。素朴な野菜をそのまんま鉄板焼きがうまいです。

20200710_03.jpg

チーズですね。蜂蜜とのシンクロが凄いです。

20200710_04.jpg

店内やしゃれてます。

20200710_05.jpg

今回の新メニュー実験君。マグロのハチの身、つまり脳天のことだそうで、貴重な部位らしいです。これを一部は、ニンニク薬味で刺身でいただきます。うおおお!うまい!こんなのはじめて!

20200710_06.jpg

からの~!残りは鉄板焼きでいただきます。すげーうまいし、これはドラマティックですw
マスターは「鉄板焼き屋で刺身なんてどうですかね?」と仰りますが、焼く前に刺身で堪能して、更に鉄板焼きでパワーアップしたハチの身をいただけるので、これはお得!

20200710_07.jpg

お約束の牡蠣をいただきます。とろけますね。

20200710_08.jpg

更に奥義を繰り出して美味しいものを作っていただきます。

20200710_09.jpg

やはり、夜の街、コロナに負けず、続いていただきたいですね。

さあ、アフターコロナ、僕も次のステージを目指していきます!

引き続きよろしくお願いいたします。


(ランキングバナークリック、記事への拍手をお願いします!)