お世話になっております。

本日は、いよいよ残り2回で終了となる断易中等科の日。新幹線より見る筑波山と太陽が美しいです。

20170305_01.jpg


ついに昨日土曜日、「鬼谷断易 天玄賦通解」がご講義完了。

十傳スクール断易中等科・通玄賦通解テキスト


(参考:本日は、十傳スクール断易中等科、下期の開始の日でした )


最期は官鬼用論。官鬼といえば、男、旦那、上司、悪霊、病気など様々な象意がございます。やはり興味深いのは家相や風水。
所謂、風水、ラントウも、実際にその土地に行ってみないと危ないみたいですね。気を感じないと。

勿論、引っ越しなどには、奇門遁甲による方位判断、四柱推命で当人にそれが合うのか(大運を含めたライフサイクル上、喜神になりえるか?それとも忌神となりえるか?)、家相もみます。そして、断易で最終決断です。
断易には、鬼や霊の動きがしっかりとレーダーとしてとらえます。そう、イージス艦のSPY1レーダのように。


(参考:精神的な攻撃への呪符による防御はイージス艦のSPY1レーダーと同じようなもの)

いよいよラスト一回を終えて、上級科に入ります。黄金策という奥義領域に入っていきます。気が付けば、断易から十傳スクール受講させていただき、2年半経つのかと感慨です。クラスを見れば、共に、頑張ってきた有志の方々ばかり。初等科AB、初等科C、そして中等科。更に上級科。ここで鷲尾先生のノートが完成されます。そして、その次は、小野先生の積み上げた卒論科?果てしなき、ですが、着実に近づいているような。

ふつふつと神秘学が身に染みてきたと感慨です。

クラスの節目毎に、お会いした方、お別れした方がいらっしゃいました。でも、この時間で過ごしたご縁は大切にさせていただきます。皆様ありがとうございます。引き続きよろしくお願いいたします。

おお、なんかグットきたw いい曲ですね。

(参考 youtube様:和楽器バンド / 「オキノタユウ」Full size music )




引き続き宜しくお願い致します。

(バナークリックお願いします!)


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://noriuemon.blog.fc2.com/tb.php/106-0f0f44c8