お世話になっております。

浅間山の動きが気になるところですが、過去の浅間山の噴火は(参考wiki様:天明の大飢饉)を生み出しました。

------------------------------------------------------------------
東北地方は1770年代から悪天候や冷害により農作物の収穫が激減しており、すでに農村部を中心に疲弊していた状況にあった。こうした中、天明3年3月12日(1783年4月13日)には岩木山が、7月6日(8月3日)には浅間山が噴火し、各地に火山灰を降らせた。火山の噴火は、それによる直接的な被害にとどまらず、日射量低下による更なる冷害をももたらすこととなり、農作物には壊滅的な被害が生じた。このため、翌年から深刻な飢饉状態となった。天明2年(1782年)から3年にかけての冬には異様に暖かい日が続いた。道も田畑も乾き、時折強く吹く南風により地面はほこりが立つ有様だった。空は隅々まで青く晴れて、冬とは思えない暖気が続き、人々は不安げに空を見上げることが多くなった。約30年前の宝暦年間(1751年-1763年)の4年、5年、13年の凶作があったときの天気と酷似していた。被害は東北地方の農村を中心に、全国で数万人(推定約2万人)が餓死したと杉田玄白は『後見草』で伝えているが、死んだ人間の肉を食い、人肉に草木の葉を混ぜ犬肉と騙して売るほどの惨状で、ある藩の記録には「在町浦々、道路死人山のごとく、目も当てられない風情にて」と記されている。しかし、諸藩は失政の咎(改易など)を恐れ、被害の深刻さを表沙汰にさせないようにしたため、実数はそれ以上とみられる。被害は特に陸奥でひどく、弘前藩の例を取れば死者が10数万人に達したとも伝えられており、逃散した者も含めると藩の人口の半数近くを失う状況になった。飢餓とともに疫病も流行し、全国的には1780年から86年の間に92万人余りの人口減を招いたとされる。
------------------------------------------------------------------

恐ろしいですね。

この天明の大飢饉のころ、幕末にあって、荒廃する天皇陵、つまり古墳を調べのちに前方後円墳という名前の名付け親とされているのが、(参考wki様:蒲生君平)公。「寛政の三奇人」として高山彦九郎、林子平と共に良く知られている人物のようです。

後に、幕末の時代、宇都宮藩は天狗党などの尊王攘夷運動に巻き込まれ、宇都宮藩7万5千石を5万石に縮小、藩主・戸田忠恕を謹慎・隠居、さらに戸田家に奥州棚倉城(福島県棚倉町)へ領地替えの内命が出る事態にまでなったようですが、蒲生君平公の遺業により、幕末の宇都宮藩は大いに助けられたようです。

昼間の画像ですが、宇都宮二荒山神社に蒲生公を顕彰する石碑がたっています。

IMG_9787.jpg

------------------------------------------------------------
明治14年5月31日政府は維新の功により蒲生君平にたいし特旨をもって正四位を贈られた。これを受けて宇都宮東京の有志の間で二荒山神社公園内に一大記念碑を建ててその志操功績を不朽に顕彰しようとする議が起こり全国的な資金募集が始められた。発起人として東京は久我建通、東久世道禧、下野は戸田忠友、樺山資雄等知名の士が名を列らね遺族を含めて36名であった。その結果全国有志の賛同を得ていよいよ其の(その)業が進み、明治22年6月12日盛大なる式典のうちに除幕完成をみたものである。 以上
追記
蒲生君平は宇都宮が生んだ偉人である。
考古学の用語「前方後円墳」は君平の造語である。
寛政の3奇人とは、林子平、高山彦九郎、蒲生君平である。
------------------------------------------------------------

時代の裂け目の偉人の方の顕彰碑。何かしら、浅間山の躍動とつながる様で、我々も日々を過ごしながら歴史を振り返り、どう生きていくか考えていく必要があるのかもしれません。

さてさて、タイトル通り春の到来です。花開けば 蝶枝に満つ。。。

例の(参考 youtube様:和楽器バンド 暁の糸)の冒頭の詩吟ですね。

(参考 youtube様:暁の糸)



まさにその詩吟のとおりの絵かと思ってしまいました。こちらは宇都宮中心街の釜川。

IMG_9794.jpg

街の活性化で、このようなところで花見が楽しめるようです。付近の店にデリバリー可能だとか。丁度、ハンバーグみたいなのを運ばれる風景をみました。今週末、天気あれそうですが、もし晴れたら改めていきたいなあと思いました。

IMG_9792.jpg

さて、花見の誘惑を振り切り、(参考:二荒山神社)様に伺います。大通り沿いの町中の神社ながら、まだまだ木々があり気が良いです。正面のライトアップもなかなか。21時までは参拝できます。

IMG_9791.jpg

IMG_9790.jpg


拝殿で本日の目的、御祈願者のための法術のためにお水を賜ることなどをご報告し、ご加護を祈念いたしました。

IMG_9788.jpg

IMG_9789.jpg

例の明神の霊水をいただきます。

(参考:呪符の効果確かなようです )

奥の稲荷さんに一言ご挨拶してからいただきます。ばっちりです!

帰宅後早速、呪符を作成しました。今回は何かノリノリであり、多めの供物をあげたのと、般若心経も多めにあげておきました。

引き続きよろしくお願いいたします。

(バナークリックお願いします!)


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://noriuemon.blog.fc2.com/tb.php/120-6d7760a4