お世話になっております。

レッドクリフって三国志の映画ありますよね。度々、引用させていただいておりますが。

で、キャストもそうですが、何か暗示的なものを感じておりました。ちょっと書いておこうかと。何か、この呉が日本をイメージして作られているのでは?というのがこの記事のテーマです。

実際、歴史的にそんなことがあるのか?と調べてみるとあるんですね。

(参考 Wiki様:倭人 /呉人としての倭人)

--------------------------------------------------------------------------------
現在では、紀元前450年頃の、つまり春秋時代(「呉越同舟」で有名な呉越戦争の時代で、呉が滅亡した時期)の組織的な大規模な水田跡が九州で見つかっており、又、「倭人は周の子孫を自称した。」という記録もあることから、長江文明の象徴でもある水耕稲作文化の揚子江一帯の呉人が紀元前5世紀頃、呉王国滅亡とともに大挙して日本列島に漂着していたという説も有力になっている。春秋時代の呉人は百越のひとつでもある。『宋書』楽志「白紵舞歌」というものがあり、その一節に「東造扶桑游紫庭 西至崑崙戯曽城」(東、扶桑に造りて紫庭に游び、西、昆崙に至りて曾城に戯る。)とある。この「(白)紵」というのは呉に産する織物であった。近年、遺伝子分析技術の発達によって、筑紫地方(『日本書紀』の「国生み」)と、呉人は極めて関係が深いということが明らかになってきた(日本人#系統参照)。1999年3月18日、東京国立博物館で江南人骨日中共同調査団(山口敏団長)によって「江蘇省の墓から出土した六十体(二十八体が新石器時代、十七体が春秋戦国時代、十五体が前漢時代)の頭や太ももの骨、 歯を調査。特に、歯からDNAを抽出して調査し、福岡山口両県で出土した渡来系弥生人と縄文人の人骨と比較した結果、春秋時代人と前漢時代人は弥生人と酷似していた。DNA分析では、江蘇省徐州近郊の梁王城遺跡(春秋時代末)の人骨の歯から抽出したミトコンドリアDNAの持つ塩基配列の一部が、福岡県太宰府の隈西小田遺跡の人骨のDNAと一致したと発表された。『日本書紀』の「国生み」での「筑紫」の国名の命名では、「漢委奴国王印」が発掘された志賀島一帯の地名香椎(カシ(現在は「かしい」)は、百越人地帯としての「越(コシ)」の訛りとされる。元明天皇の時代には、百越人の住む地帯を『古事記』でも「コシ(越)」と読んだことから、北九州で百越人の一部族である「(春秋時代の)呉人の住み着いた場所」とされる。また、「越」は山陰地方名として『日本書紀』の「国生み」で登場する。また、律令制度では越国(越後・越中・能登・加賀・越前)として画定された。「越」は「高志」「古志」とも表記された。
「越人」も「呉人」も、どちらも「百越人」と呼ばれ長江文明の稲作水稲文明を日本にもたらした弥生人の一種といえ、春秋時代末期に「越」によって滅ぼされた「呉」の海岸沿いの住人たちには入れ墨の文化があり(荘子内篇第一逍遙遊篇)、これは魏志倭人伝などの倭人の風俗と類似したもので、呉人が海路、亡命して漂着したという説も有力である(安曇族も参照)。
崎谷満はY染色体ハプログループO1b1/O1b2系統を長江文明の担い手としている。長江文明の衰退に伴い、O1b1および一部のO1b2は南下し百越と呼ばれ、残りのO1b2は西方及び北方へと渡り、山東半島、朝鮮半島、日本列島へ渡ったとしており[14]、このO1b2系統が呉や越に関連する倭人と考えられる。
--------------------------------------------------------------------------------

とまあ、学術研究でも関係性が深いことが明らかみたいです。とすると、古い漢文化は漢字と共に日本にあるが、今の中国には誰がいるんでしょうか?少なくても元の漢文化の持ち主ではないでしょう、元の支配以降のモンゴルなど大陸系の人々の可能性が高いです。

まあそれはともかく、何故そう思っているかというと、パート1のシーンで呉が初めて出てくる以下のシーンです。

(参考 youtube様:Seeking Zhou Yu )



なんと、城の本陣に鳥居のようなものがあります。

20170505_01.jpg

これは周瑜がのっている旗艦にも鳥居と太鼓があります。

20170505_02.jpg


はじめ、船の方は偶然だろうと思っていましたが、この本陣のシーンを改めてみて間違いないと思いました。明らかに鳥居を意識している。中国の大陸の方は鳥居に嫌悪感を示す方もいます。世界大戦と以降の反日教育の影響です。日本軍事国家=神道のような形です。

それにこの練習シーンのやけに統率のとれた感じ、どうにも日本的です。それと、この後、笛を吹く少年が現れたときに見せる周瑜の風流なところなど。漢文化を表していながら、なんとなく日本の匂いを感じてしまいます。最後に少年のおじいちゃんの牛が軍隊内の誰かが盗んだことを軍全体の責任として、個人の責任を問わせないところなど、わざわざそこまで描写するのって何だろうと冷静にみますと、本当日本的だなあと思ってしまいました。実際、諸葛孔明役は金城武さんですし、甘興(甘寧をモデルにした架空の人物に中村獅童さんがキャストされています。

その他にもいろいろと感じるところがあるのですが、誰かが作為的にメッセージを込めているしたら、こういうことでしょうか。
いずれ、三国志のような戦争がアジアに再発するかもしれない。その時、魏は勿論、中国でしょう。蜀は?中原たる中国から脱出して力をつけた国、そう台湾でしょうか。そして、呉は日本です。

などと妄想ですが、見るたびにそう思ってしまいました。

引き続きよろしくお願いいたします。

(バナークリックお願いします!)


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://noriuemon.blog.fc2.com/tb.php/141-473558a1