お世話になっております。

今日は断易高等科初日です。濃密な授業でヘトヘトでして、帰りの新幹線からのアップとなります。朝からの情景を振り返りながら。

さてさて、焦る気持ちは新幹線のスピードとシンクロしていきます。日本晴れの今日、宇都宮より進撃です。

日光連山を見ながら東京へ。すっかり雪も溶けた夏の男体山、女峰山が見えます。南無日光三所大権現!と、いつもつぶやいております。この角度からは三所の太郎山は見えませんね。特に大宮あたりにきますと、富士山と日光連山が両方パノラマビューで切るポイントがあり、パノラマ撮影を試みましたが、2枚に分割が必要ですね。今度チャレンジです。

IMG_0881.jpg


さて、東京駅から東西線へ、そして神楽坂。ちょっと筆箱を私の事務所に忘れたのでとってから、小野先生の事務所へ向かいます。神楽坂は流石、東京の七つの大地、北斗七星の一角を占めるだけあって清々しいです。この坂の隆起が龍が息づいている証拠でしょう。

IMG_0889.jpg

先生の事務所に少し早く着きました。早速、新しいテキストを賜ります。そう、黄金策のテキストを。これで小野先生の師匠であらせられた鷲尾先生のノートが全て継承される形となるようです。勿論、小野先生のオリジナルノウハウ、卒論科もその先に見え隠れしておりますが。早速ですが、先日、鴨書店様で購入した神蓍(しんし)と原書房様で購入した賽子をもってきました。そう、先生のお気概、いわば魂を入れていただこうかと。

(参考:「断易高等科に備え、占い師の聖地、鴨書店様にて神蓍、原書房様で断易賽子を購入 」)

先生にサインを入れていただきます。ありがとうございます!

IMG_0890.jpg

そして、はじめて象牙の賽子を入れる、いわば開眼をしていただきました。

IMG_0891.jpg

感激です!今まで学んだ事を徹底的に復習して、ズバリ当たる断易、九流術を身につけねばと心新たにいたしました。小野先生、本当にありがとうございます。

丁度、クラスの皆さんの前に神蓍(しんし)が出たこともあり、先生からは手製の円耆(えんし)の作り方のご紹介、また筮竹もお持ちなんですね、先生が持つとかっこいいですわ。

さっ引き続き徹底的に学び、この娑婆のあらゆる問題、この断易、神蓍(しんし)で説いていってみましょうぞ、という気概賜りました。

授業は久しぶりの6時間耐久で、ヘトヘトです。さすが黄金策。

IMG_0892.jpg

引き続きよろしくお願いいたします。

(バナークリックお願いします!)


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://noriuemon.blog.fc2.com/tb.php/159-a11c826a