お世話になっております。

本日は、19時北西に鬼遁の時盤が出現する日でして、少し足早に神楽坂の部屋へ。早速、羅盤で方位を確認し、その方位に作法をしました。鬼遁ならではの。フー終わりました。ヒヒヒ。。。。

さて、先日記事にあげましたが、まだ余震が続いるようです。被害にあわれた方々、引き続きご無事を祈念しております。

(参考 youtube様:「10キロ先には御嶽山・・・震度5強の地震で住民不安(17/06/25) 」)




御嶽山噴火の際のビデオをyoutubeで拝見しましたが、本当に大変な災害でした。改めて犠牲になられた方々へご冥福をお祈り申し上げます。

(参考:「御嶽山注意が必要ですね、28日3時(三合火局、寅午戌)が気になります 」)

こちらは、当時のビデオです。有志の方々がたくさんの人々を救出するため、ギリギリの極限状況でご尽力いただいた至極のお話しでした。

(参考 youtube様:「<証言者が語る>御嶽山噴火の恐怖」)




先日、四柱推命を使った、災害予測というものを載せてみましたが、すっかり忘れていたのが、爆発当時の四柱推命盤です。こちらがそうです。

〇2014年9月27日11時52分

甲辛癸甲
午丑酉午

これをぱっとみて、気になるのは皆さんもそうでしょう、年柱と時柱の甲午ですよね。真ん中の月、日が挟まれているような。季節は月柱、酉で強い秋の気に移り変わっている状態。
それと午午で自刑になっているのでしょうか。凶害の現象としては自分で自分自身を刑する事から何事かが起きた時に突っ張り合う現象を起こします。うまり、中央の月柱と日柱を挟んで火で突っ張っているような状態とも見えます。中央にあるのは金と水です。まさに噴火口に溜まった水を熱する釜、水蒸気爆発を表しているかのように見えますね。では、全くこの根がない甲2つは何か。なんでしょうね、人かもしれません。恐ろしいです。

その様子を(参考 wiki様:2014年の御嶽山噴火)で確認しましょう。

------------------------------------------------------------------
〇噴火活動の概要

噴火1年前(左)および噴火翌日(右)の衛星画像、NASA Worldviewによる山頂の南西、地獄谷付近の地下にあった熱水溜まりが何らかの原因で過熱(あるいは減圧)したことにより急膨張の結果、突沸し噴出に至った。山頂付近で噴火に遭遇し生還した登山者によれば「最初の噴出は岩がぶつかるような音で始まり、爆発音は無かった」との証言があるが、気象庁V-net 観測点(田の原上:ONTA・田の原:ONTN)の空振計では 6Hz 以下の空振を観測している。新たな火口は、1979年噴火の火口列の南西250 - 300m付近の位置に平行に複数個が形成され、最初の噴火では火砕流も発生し火口南西側の地獄谷を約3km程度流下、火口北西側の尺ナンゾ谷にも流れ下った事が観測された。また、降下した火山灰を構成する粒子は大部分が変質岩片で構成され、マグマ由来の成分は検出されていないため、今回の噴火は水蒸気爆発と分析されている。
------------------------------------------------------------------

まさにこの四柱推命盤のような内容ですね。水火激沖、激しい火に水をぶっかけると爆発現象を起こす様を言います。これを起こしたようです。前回の並びに比べると今回の並びは更に火が強く、庚もあります。ちょっと、怖いかもしれませんね。

不思議なことに皆でジロジロ見ていると、やーめた!と予言が成就されなくなったりしますので、それ狙ってますw

引き続きよろしくお願いいたします。

(バナークリックお願いします!)


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://noriuemon.blog.fc2.com/tb.php/178-ddea113d