お世話になっております。

朝は神楽坂の珈琲館で朝食です。珈琲は400円ぐらいしますが、このセットはなんと160円!うまいです。

IMG_1189.jpg

職場最寄りの東京メトロ虎ノ門駅です。霞が関ビルディング方面に向かいますと、途中にエスカレーターと階段があり、階段の方には「史跡 江戸城外堀跡 地下展示室」などというものがあります。これは史跡見学しながら、出勤可能ですねw 今回はお昼休みついでに初めて行ってみました。

IMG_1190.jpg

ズバリ、この辺まで江戸城の外郭であったようですね。丁度、文部科学省あたりです。石垣は天下普請などにより拡張されていったようですね。何回か行われており、寛永期天下普請、寛永13年(1636年)に築かれたものだそうです。その際、全国の諸藩が手伝いにきておりまして、各藩のマークが石に掘られています。この図だと、丁場割されており、毛利家と戸田家が対応したようです。凄いですね、400年近くたってもまだ仕事の後が残っている。僕もこれ目指さないとなあw

IMG_1191.jpg

こちらが、遺構そのままの外壁です。各石に矢印マークが見えますでしょうか。

IMG_1192.jpg

なんと、伊豆半島あたりから石を切り出し船で運んだようですね。このような解説版があり、歴史好きにはたまりません。

IMG_1193.jpg

そもそも虎ノ門という名前ですが、虎ノ門交差点あたりにちゃんと門があったんですね。明治6年に撤去されたようですが。

IMG_1194.jpg

こちらは、拡大図です。今いる場所は、日向延岡藩内藤家上屋敷があったあたりのようです。外面反対側の先日ご紹介した金毘羅神社あたりには、讃岐丸亀藩京極家屋敷内の神社だったらしいです。あとはこの図には誰が普請をしたかの名前がはっています。戸田正安公、毛利高直公とかです。

IMG_1195.jpg

あら?何々?「四神相応の大道を表す「白虎」に由来すると言われる虎御門は、かつて外桜田門から続く小田原道が通っていたといいます。」とあります。やっぱり、風水思想が関係していたんですね。

堀の上の樹木も夏真っ盛りです

IMG_1196.jpg

こちらは、場所を変えて、文部科学省隣の史跡跡です。「地形を利用した江戸城外堀」とあります。そうです、野戦城で長篠の合戦で勝利した信長に学んだ、地形を使った野戦城こそ、家康公の真骨頂ではないでしょうか。つまり、自然そのままを利用する考え方です。この考え方で、(参考 Wiki様:小牧・長久手の戦い)で秀吉公を屈服させ、侵略を諦めさせ、五大老、そして秀吉公死後の天下への道が開けました。

IMG_1197.jpg

IMG_1199.jpg

そして、利根川東遷事業によって、泥だらけの湿地を日本最大の平地が続く豊かな大地に変えたのでした。これは確かに自然を変えていますがあくまで東遷です。つまり、自然の力に真っ向から逆らうのではなく、合気道のように受け流した。ずっと、家康公の生き方はそんな感じなんでしょうね。

(参考:風水都市『東京(江戸)』における四神相応と『五帝霊符』について )

石垣には先ほども書きましたが刻印があります。

IMG_1200.jpg

石工の。。。。職人?フリーメーソン? w というとすぐに思い出すのが、銀座和光ビルw 例のカード、イルミナティカード、和光ビル倒壊。

20170713_3.jpg

大丈夫すかね。日本新党が政権をとって阪神淡路大震災が起きて、民進党が政権をとって東日本大震災が起きてます。都民ファーストも、実は連合の支援が大きいようで、つまり、民進党関係のバックアップですね。しかも、小池さんは元、日本新党だしw

そんなことがあってもなくても、この石垣は残り続ける気がしますね。本当に良い仕事されてます、御侍の皆様。

お昼の連想ゲームの続きなのか、帰りに銀座により和光ビルを見上げ。

IMG_1201.jpg

ユニクロで洋服買いました。10階まで全部ユニクロってすごいですね。ともかく外国人の方が多い。

IMG_1202.jpg

引き続きよろしくお願いいたします。

(バナークリックお願いします!)


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://noriuemon.blog.fc2.com/tb.php/192-065661f3