お世話になっております。

本日は、いつもの奇門遁甲の方位を取り南西へ。前から気になっていた国道293号線沿いの(参考:花之江の里)さんへ。山野草を中心にした植物園ですね。

IMG_1254.jpg

入口です。

IMG_1256.jpg

森林浴はいいですね。落ち着きます。

IMG_1260.jpg

今日は猛暑ですが、林の中では太陽も気持ちよく感じます。

IMG_1261.jpg

お地蔵さんにお参りです。400年前の仏様みたいです。

IMG_1259.jpg

IMG_1268.jpg

IMG_1262.jpg

今日は遅いお昼をとったので、ランチはいただかず次の場所に向かいます。

IMG_1270.jpg

次に実は、タイトルと違うのですが、この後、足利の(参考 足利市公式サイト様:名草巨石群)の厳島弁財天神社に行こうとしていたのです。
あの、和歌山、日本人の心の故郷。熊野の新宮、神倉神社を彷彿させる一枚岩の巨石の神社です。ところが、吉方の南西と西の境目あたりにあり、巨石群は西だけど、神社は南西で大丈夫だろうと軽快に向かっていたのでした。ところが、あれ?巨石群に向かっている?通り過ぎた?戻ってみるも何か変。ちょっと、停車します。
こういうときは易を立てましょう。スマホ版ですが、断易を立てますと「坤為地之坎為水」で六沖卦から六沖卦に往く大凶。更に世爻に子孫が付き日晨、月建をえているとはいえ、上爻にあるという不吉さ。これは事故るか、巨石から落ちるか、やはり、西の凶方にかかっている、天の凶のエネルギー(西方)を示しているのか、いずれにしてもろくでもないなと判断します。吉方はこのように一筋縄ではいかない現象が起きてこそ、吉方ですので、これでよいのですw

でも、そんなことをやっていると、スマホ上に「ワイナリー」の表示が。ええ?足利にあるの?知らなかった。正に怪我の功名です。しかもめっちゃ近くにあります、10分でつける!

着きました。(参考:ココ・ファーム・ワイナリー)様です。ワイナリーは山梨とかで行ったことがありますが、足利にあるとは知らんかったw

うわー山一面に葡萄畑。何か当たりの気が良いぞ。

IMG_1290.jpg

早速、ショップに参ります。

IMG_1273.jpg


IMG_1276.jpg


あら?ワイナリー見学&試飲は終わりか。あのような工場を見学ツアーして試飲ができたのに。10時、13時、15時だった模様で。ツアーは40分ぐらいのコース。

IMG_1283.jpg

でも、試飲は大丈夫とのことで体験してみます。連れに帰りの運転をお願いし、試させていただきました。

IMG_1278.jpg

IMG_1279.jpg

5種類のワイン。つまみもついて500円です。んん~私は単なるノンベなんでわかりませんが、香りよし、旨いのばかり。赤ワインの「のぼっこ」を買うことに決定です。

IMG_1277.jpg


奥にはレストランもあり、ここはいいですね。

どうも、心ある教育者の方が立ち上がり、知的障害を持たれる学生たちの働く場を作り、ここまでのワイナリーに立ち上げたようですね。以下は公式サイトの会社概要からです。

---------------------------------------------------------------
1950年代、栃木県足利市の特殊学級の中学生たちとその担任教師(川田昇)によって山の急斜面に葡萄畑が開墾されました。
1969年、この葡萄畑の麓で、指定障害者支援施設こころみ学園(社会福祉法人こころみる会運営)がスタートしました。 知的障害を持った人たちと葡萄畑でワインをつくることを考えましたが、社会福祉法人には葡萄をワインにするための果実酒製造免許が下付されないため、1980年、一般の事業所である有限会社が、こころみ学園園長 川田昇の考えに賛同する父兄たちにより設立されました。1984年、この有限会社が果実酒製造免許をいただきました。有限会社ココ・ファーム・ワイナリーは、知的障害を持った人たちをはじめ、みんながいきいきと力を発揮できるようにつくられた会社です。

---------------------------------------------------------------

年表を拝見しますと、長い不断の努力ののち、ついには国際線のファーストクラスで採用されるようになり、受賞歴も様々。

◆受賞歴 2000年第9回日本生活文化賞 2002年第1回渋沢栄一賞 2006年第1回 ソーシャル・ビジネス・アワード 2007年デザイン・エクセレント・カンパニー賞 2008年東京農大経営者大賞 2010年吉川英治文化賞

wikiも確認しましょうか。(参考 wiki様:ココ・ファーム・ワイナリー)

-------------------------------------------------------------------
特に自社生産ワインの販売が事業の中心である。同社のワインは、2000年、九州沖縄サミットの晩餐会での乾杯に用いられたことで著名になった。その他、椎茸や椎茸製品の製造販売、輸入食材の販売も行っている。 また、2008年には北海道洞爺湖サミットでの総理夫人主催夕食会で同社のワインが使用された。
-------------------------------------------------------------------

おお。サミットでもご用達でしたか。感動ものですね。あー来てよかった。ありがとうございます、弁財天様w

アメリカから醸造技師ブルース・ガットラヴを招聘とあり、書籍が置いてありましたね。

(参考 Amazon様:ブルース、日本でワインをつくる )

その他、いろいろと買い込みました。このワイナリーには上質な気が満ちていますね。これは、この気を持ち帰るためとっとと帰宅し、スーパーでちょっと高めのつまみでも買い呑まないと。

これから晩酌です。

引き続きよろしくお願いいたします。

(バナークリックお願いします!)


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://noriuemon.blog.fc2.com/tb.php/199-cea41ad3