お世話になっております。

暑い!実は先ほどまで寝ていたのですが、目が覚めてしまい、ブログ記事書いております。昨夜は会社帰りに温泉に行きたくなり(参考:ラクーア)さんへ。

IMG_1379.jpg

施設は超充実。このフロアはレストランやマッサージ、リラックスコーナなど男女兼用のスペースです。サウナでローリュウ、アカスリ、都内とは思えない良質の温泉ですっきり!!!でした。

IMG_1382.jpg

ふと、昼間の会社の出来事などが頭をかすめます。あー彼は甲の人で、水が枯渇していたな、奥様共々。考えすぎ、メンタル注意だよ、あなたは勉強好きだし、また奥さんと色気があるウェットな気の場、例えば音楽好きだったね?ジャズバーなんかで夫婦水入らず呑んだりしなよ、といってあげましたが、とてもそういうオフを取っているように見えないw 案の定、机の上は抜け毛が一杯、俺より若いのにw 大丈夫かなあ。でも、私も管理職経験は長いのでそれとなく、リアルで見える情報と、四柱推命でわかる情報を併合しつつ、言動をコントロールして、彼にウェットを与えているのです。まあ、こーいうのもご縁でしょうから。

さて、タイトルの件ですが、四柱推命で大運を見ていますと、この人は思春期に大丈夫だったのか?と心配になる方がおります。それとなく伺っていくと、やはりなんかあったのでしょう。もっと早く見てあげていれば少しは防げたかと思うと申し訳なくなりますが、これもご縁、奇縁ですので仕方ありません。

何故、思春期が大切かというと単純な話、12-20歳ぐらいで混乱が大きいとリカバリーするので気が付けば30歳とかになっていたりする可能性があり、一方、娑婆世界というか、世間では年齢に応じた世界観があり、やはりリカバリーには一苦労するのが現実的という実際問題の話と、四柱推命的にはその後の喜神の大運がきてもその前の運でやっていたことや状況で選択権が多くある場合と全く選択肢がない場合があるのです。その選択肢には勿論、奇門遁甲もツールでありますが、何事も万能ではありません。

大運として忌神が降臨すると、様々な禍々しいことに巻き込まれやすくなったりします。例えば、水を忌む方がよりによって大運がよくないのに、水場にいけば事故が起きやすくなります。また、人間関係でも、特に若い女性は自衛がしっかりできるまでは親がしっかり見てあげていないといけません。いや男の子でも同じですね。悪友が忌神をもっており、エネルギーを吸い取られていき、気が付いたら鬱になっていたなんてことがあります。若しくは学校に行かなくなりその後の人生に禍根を残したり。やはり若いので経験がなくメンタル面は防備が薄いのです。

普段からコミュニケーションが重要ですね。食事はとれているか?学業や部活などをちゃんとやれているか?といった基本的なことから、言動が自発的なものでなく、誰かの影響を受けすぎていないか?お父さんでもお母さんでもどちらでもいいですが、何かあれば、どちらかは当人と腹を割って、話ができるようにしておくことが大切です。また、リスクケースとして、犯罪に誘導する人間が思春期からは遭遇しやすくなっていきますので、どういう結果になり、その後の人生にどのような支障をきたすのか?若い方は、現実に根差した想像力も欠落しているので、そうした注意喚起も大切です。いや被害者の立場だけでもありません。加害者にもならせてはいけません。どちらも茨の道です。といっても、忌神が来たときは邪魔が入りますから、普段のコミュニケーションに加えて用心深く、更に我々は、神仏に帰依しつつ、四柱推命や奇門遁甲などの占術、更に霊符、呪符などを駆使して人生を乗り切っていかねばなりません。

ずっと、神楽坂は御祭りでした。今日が最終日ですね。(参考:神楽坂まつり(ほおずき市・阿波踊り))

IMG_1378.jpg

踊る阿呆に見る阿呆、だったら、人生、晴れ舞台で踊った方がいいですよね。(引用しつつ、失礼ですが別にリアルに祭で踊りはしませんがw)より良い奇縁を得つつ、より良い選択可能性を増やしながら、一瞬一瞬の刹那を大切に生きていきましょう。

って、ぼちぼち二度寝しますw 

そうそう、今日は朝になれば「小野十傳先生 手相セミナー2回目」の日です。手相も重要です、楽しみです。

引き続きよろしくお願いいたします。

(バナークリックお願いします!)


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://noriuemon.blog.fc2.com/tb.php/205-ce838e5f