FC2ブログ
お世話になっております。

昨夜は神楽坂に宿泊しまして明けて、神田へ出撃。

20190720_01.jpg

教室にいきまして座席を確保して、いつものドトールで、ツナチェダーチーズとブレンドコーヒーです。

20190720_02.jpg


何度も繰り返していますが、これで、日主の十干パターン×月柱の十二か月=60パターンの、一つ一つのパターン(日と月)がご説明に1,2時間かかって、1回で、一干支で約2~3か月分いくのかどうか、という内容が非常に濃い授業を進めていただいたことになります。もう、瞬間的にデータを見て天干地支の成り立ちや身強、身弱の判定などできてしまうようになっています。このクラスにいる方々は皆そうでしょう。

そして、今日が三十三回目の授業であったということです。なんとも意味深な数ですね。一回の授業が、10時~16時で休みは1時間毎に5分~10分程度で少なく見積もって5時間/回だとしても、165時間の授業です。次回をいれれば170時間ですが。凄すぎますね。しかし、ここまできっちりと、一回も休むことなく授業を進められた先生と参加されてきた皆様に深く敬意を表したいと存じます。そして、私もその末席に列していただいたことを誇りに思います。

今日は、最終の干の癸の夏月から秋月にかけて。本当に終盤の終盤にさしかかりました。内容は濃いーです。人間の意識ってそうやすやすと解脱できないというか、運命の設計書のままに行ってしまいがちなんだと、改めて感嘆するとともに恐怖を覚え、そして、申し訳ございませんが、こちらからすれば、珍妙な人間模様が見えてしまう歓喜を感じずにはいられません。これが易者冥利なのでしょうか。

私は元々、風水や紫微斗数、四柱推命、周易を自学していた期間がありましたが、小野先生のところに入ってからは、昔の学びは捨てて、まっさらな気分で赴きました。曰く、「汚れの付いたコップに綺麗な水は入れられない」、「如法に学べ」の精神です。
でも知らずと、いろいろな原書を読み漁ったこともあって、先生の教えで基本的な骨格が出来上がったせいで、あれか!と脳味噌の奥底に眠っている知識がつながる瞬間があり、知らずのパワーがあがってきていたのでした。また、有難いことにいろいろなお客様からの鑑定のご依頼もあって、より学んだことが実践されることによってより学びを深くできたのでした。本当にお客様、皆様にも感謝です。

「この力を自らの運命開拓のため、そして、ご縁のあったお客様の開運のため使い続けてものにしないと、お師匠様に顔向けができないぞ。やるぞ!」と更に邁進していく気持ち新たになりました。

そうそう、最後の授業の後では、さすがに軽く打ち上げをやろうということでした、有難いです!

さて、明日も断易の集大成である、上級科修了者のみしか入れない断易NEXT科です。明日も内容の濃い授業となるでしょう。

引き続きよろしくお願いいたします。


(ランキングバナークリック、記事への拍手をお願いします!)




スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://noriuemon.blog.fc2.com/tb.php/539-84db052c