お世話になっております。

職場にもクリスマスムードが押し寄せています。

霞が関ビルディング クリスマス

しかし、プロジェクトは大炎上状態。

私はITコンサル、お客様の立場で、ベンダーさんに時に注意喚起したり、時に知恵付けしたりしながら、プロジェクト成功に向けて対応しております。

そんな中、正に古武士のような頼れるSEがいるのです。この方はベンダーではなくこちらのコンサル側にいる方。
そういう方って、それなりに話題をどう合わせようかと思ったりします。
ともかく腕に自信はあるし、実際、自ら手を動かして検証したり開発したりしてきているので、話す内容、説得感が半端ないです。それは僕もどちらかというと技術系なので同じです。完全なコンサル系の方は技術者を馬鹿にしたりしますが、結局、今目の前の問題にどう立ち向かうかにかかっています。IT構築での炎上を救うには概念(コンセプト)だけでは勝てない。事実(ファクト)が大切です。屁理屈こいてねーで、淡々と、やるべきことを積み上げろ!的な感じですかね。やっぱり機械は正直なんで手を抜けば抜くだけだめになります。しっかり心を込めて作ると、別物になる。それはドキュメントのようなものでも同じかと思います。

このような考え方は、どのようなことにも応用できそうな話ではあります。そういう意味でこういう方々と僕は相性は基本的によいです。

さて、それはそれですが、なんとなく私もミリタリーマニアで、youtubeで近頃みていたのがアニメ「ジパング」。

(参考 youtube様:第二次世界大戦の米海軍爆撃機40機 VS イージス艦 1/2 (ジパング21話より) )



とある呑みの時、この話をしたら、何故かこの方が食いついてきたので、アニメの1シーンの物まねをご披露。

「対空目標約40機確認!」
「目標群アルファ、13機、80度!」
「5マイルに接近!」
「目標群ブラボー、23機、170度6マイル!」
「ミサイルドーマント、最も近い6機に標準!発射管制は手動にて行う」
「発射管制手動に変更!」
「任意対空戦闘、撃ち方はじめ!」

などと、物まねしたら超爆笑されました。何か彼のシンパシーを得たのでしょうかね。気があったというか。
いや、男の子はいつになってもこういうの好きなんです。

っという、アニメネタはどうでもいいのですが、ガンダムにしろ、このエヴァにしろ、このジパングにしろ、リアル感に加えて、現場で戦っている男の美学的な雰囲気が見え隠れします。女性からみると単にキモイのかもしれませんがw、何かそういうのあるような気がします。やってやる!逃げちゃだめだw的なw
それがこうしたアニメにも根底にあるような気がして、そこが理想だったり、共感するものがあってみたりするんだろうなあ、と思ったりしました。

仕事で追い込まれても、逃げずにやり続ける現在の戦士、サラリーマン、SEの方々。あなた方は偉い!
きっと、サンタも微笑んでくれる?と思ったりします。

引き続きよろしくお願いいたします。

(バナークリックお願いします!)



スポンサーサイト
Secret