お世話になっております。

呪符(霊符、護符)、おまじない(お呪い)につきまして、たくさんの方からお引き合いいただいております。

(参考:お呪い、呪符、侮れません )
(参考:神殿に籠り呪符謹製。 )
(参考:呪符の効果確かなようです)

皆様におかれましては、呪符を通しての神仏、神仙とのご縁をいただいていただき誠にありがとうございます。全て神意に適ったことだと思っております。さて、ちょっと、個別オーダーメイドで対応しておりますが、一応、今までの対応実績からメニュー的に整理したいと存じます。よろしくお願いいたします。

また、年末年始に差し掛かり、もし、年始から欲しい方は早めにご連絡いただければ幸いです。

現在ですが、作成可能な呪符の大分類をすると以下の体系を保有しています。呪符には神道系、仏教系、道教系、民間伝承系があります。

〇鎮宅七十二霊符

鎮宅霊符神、秩父神社の祭神でもあります。(下の北極大帝、妙見菩薩とも習合している可能性もあります) 「鎮宅霊符七十二霊符」は富貴繁盛を将来する最高の霊符であり、弘法大師、空海によって日本に招来されたとの説があります。 中国漢王朝。劉進平という貧しい家に生まれた人が、仙人にこの符の伝授を受け、巨万の富を得たといいます。その奇跡を時の皇帝がわざわざ劉進平のところに伺い、皇帝一家に伝承していったといいます。 災厄を祓い富貴円満をもたらす最高の呪符であります。

鎮宅七十二霊符 最強の呪符(霊符・護符)で願望達成します

〇紫微北極大帝六十四化星秘符

北極紫微大帝(ほっきょくしびたいてい)とは、道教の神です。北極星を中心とした紫微宮に住む、北極星の化身。北極星は人の一生の命運を司るといわれています。 四御の一柱である。「中天北極紫微大帝」、「北斗真君」とも呼ばれることもあります。道教の最高神、玉皇大帝の命令を受けて、雨・風や星の動きなどの自然界の諸現象、さらには全ての鬼神たちを一人統括しているといわれます。この紫微大帝が生み出した呪符となります。日本では泰山府君(たいざんふくん)、妙見菩薩などにも習合しています。前者は安倍晴明が帰依した神であり、陰陽道と北斗七星は切っても切れない仲であります。中国の皇帝、日本においては天皇家、貴族に秘密裏に用いられてきた秘密、最高の呪符となります。

『和漢三才図絵』より (北極星を取り巻く星の図)

和漢三才図絵

〇武帝応用霊符 五十八秘符

道教の神、許真君、感天上帝の呪符となります。元々は、中国、生没年239~301年頃、江西省南昌生まれの方。仙道を修行し死後に神仙として祀られた方です。子供だったころ狩に出て母鹿を射ると、傷を負った母鹿は産み落としたばかりの小鹿をなめ続けて死んだ姿をみて、許遜は弓を捨てて仙道の修行に入ったと言われます。そして、三清の法を受け継ぐ呉猛という道士の弟子となり、仙道秘訣(ひけつ)のすべてを伝授を受けます。42歳のとき東晋王朝から旌陽県(せいようけん)の知事に任命されると、貧民の救済や疫病対策に大いに活躍し、生きているうちから各地に許遜を祀る祠(ほこら)が建てられるようになりました。知事を辞めて後、許遜は孝悌王(こうていおう)という神から秘法を授けられたとも。 民衆に絶大な人気のある神であり、12世紀に生まれた浄明道教団の祖師ともされていわれています。

感天上帝 許真君


〇霊宝神仙八景真君玉符

道教の神仙(人間が仙道の修行をして仙人、神になった)のうちでも、八仙(はっせん)は代表的な存在であり、日本における七福神のような存在です。そうした神仙達が神界からもたらしたといわれる呪符となります。 因みにの八仙のメンバーは、李鉄拐(りてっかい) 、漢鍾離(かんしょうり) 、呂洞賓(りょどうひん) 、藍采和(らんさいか) 、韓湘子(かんしょうし) 、何仙姑(かせんこ) 、張果老(ちょうかろう) 、曹国舅(そうこっきゅう)です。 八仙東遊記では、西王母の宴に出た八仙達が、蜃気楼を見るために東海へと遊びに出てましたが、藍采和が乗っていた玉版が東海龍王の太子に盗まれ、藍采和は捕まってしまいます。
剣術最強の呂洞賓は龍王と争い、藍采和を救い出しましたが、玉版は捕まったままでした。
龍王たちの行いに怒った八仙は龍宮に総攻撃を行います。そこで呂洞賓が東海龍王の太子たちを殺傷したため、東海龍王は軍勢を出して彼らを討とうとする。八仙がこれに応戦し、東海一帯を焼いたため、東海龍王は他の南海龍王・北海龍王・西海龍王と協力して戦い、八仙を破ります。ですが八仙たちが海に泰山を落としたため、龍王軍勢はまたもや敗北し、四人の龍王たちは天帝に八仙の行いを訴えました。かくして天界側からは趙・温・関・馬の四大元帥が派遣され、また八仙側には斉天大聖、所謂、孫悟空が加勢し、騒ぎは大きくなっていく、まさにドラゴンボールのような神話が道教にはあります。このような神々に匹敵する人間出身の仙人の呪符の力を一旦を感じていただければ幸いです。

因みに、我が家の道教壇には、斉天大聖、我らが孫悟空をお祀りしています。八仙のスーパーパワー加え、悟空のスーパーパワー(スーパーサイヤ人?w)をご堪能いただければ幸いです。

(参考 Wiki様:八仙)

八仙


(参考 Wiki様:斉天大聖)


〇修験道系の呪符

修験道は、役小角が開祖。日本各地の霊山を修行の場とし、深山幽谷に分け入り厳しい修行を行うことによって超自然的な能力「験力」を得て、衆生の救済を目指す実践的な山岳信仰です。この山岳修行者のことを「修行して迷妄を払い験徳を得る 修行して その徳を驗わす《あらわす」ことから修験者、または山に伏して修行する姿から山伏と呼ばれます。神道、仏教、密教、道教が長い歴史中で混ざり合い、独自の世界を築いてきました。彼ら山伏の用いた呪符となります。
一説にはユダヤ教のラビがつけているものと同じだとする説があり、ユダヤ失われた十氏族とのかかわりを示す説もあります。

(参考 Wiki様:役小角)

(参考 youtube様:熊野 奥駆修業 Google Video )



(第三次中東戦争、シナイ半島に世界大戦の米英中古戦車で突入する勇猛な兵士に祈願するユダヤ教ラビ、頭に修験道の頭巾(ときん)そっくりなものをつけています)
ユダヤ教ラビ、頭に修験道の頭巾(ときん)そっくりなもの

(参考:「天は自ら助くる者を助く」 ユダヤ陰謀論に傾く前に知りたいこと 『六日戦争』 )


さて、具体的な願意ですが、様々な願意に対応可能です。

〇開運系
心願成就、開運、出世運、ビジネス成功、商売繁盛、人気運、金運上昇、学業成就、才能開花(様々なバリエーションあり)、家族安泰、恋愛成就、復縁、健康、病気治癒、家相向上、方位守護、不運続きからの脱却 等々

〇破邪、鎮魂系
怨敵退散(いじめ相手、ライバル等含む)、死霊・生霊退散、死神退散、悪縁縁切り、(任意の)縁切り、死霊鎮魂、方位障り解除、方位除け 等々

各願望毎に数枚の呪符を組み合わせます。

(参考:精神的な攻撃への呪符による防御はイージス艦のSPY1レーダーと同じようなもの )

〇特別呪符系
五帝霊符一式(5枚セット)


五行のエネルギーをその手に入れる五帝霊符。人間の五行具現(具生)を即し、補正する最強の帝王の呪符。方位の神の力、東西南北そして中央、この力を全て取り入れる最強レベルの呪符。5つエレメントの青、赤、黄色、白、黒の五色に現れる五帝の力は、人間が生きていくために必要な5つのエレメントを5つの帝王が支配していて、それぞれの帝王の霊符をもつことにより、五帝の守護を得るだけでなく、因縁面から自らの八字(四柱推命)の五行具現を促進し幸福を得るとされるものです。
この呪符は五通、全部を作成し通して、一式でも持つことが推奨されているものです。

〇東岳霊符(青):
人の生死、昇進、官位、願望一切を司る神。この呪符を身につけると長命となり、官位が進み、一切の願望が叶う。

〇南岳霊符(赤):
世界の国土や星宿を支配するといわれます。この呪符を身に着けると無病で長く人生を楽しむことができ、身も心も安らかになり病気も快復するといわれます。体が弱い人におすすめです。勿論、健康な人には病気がかかりにくくなります。

〇中岳霊符(黄):
世界の山河、谷などを司る神。この呪符を身に着けると、貴人に引き立てられ、大衆も味方につけ位を高めることができる。政治家、リーダに重要な呪符です。帝王を目指す者に重要な呪符です。

〇西岳霊符(白):
世界の金言財宝を支配する神。この呪符を身に着けると金、財宝、食料の一切を手にするといわれます。

〇北岳霊符(黒):
世界の河川を司る神。水は最も力を持つといわれます。邪悪な敵や怨霊を撃破する力を持っています。

(参考: 風水都市『東京(江戸)』における四神相応と『五帝霊符』について )

こちらは、5つの領域の願望全てに効果を発揮する特別呪符で、一式での作成となります。

※各呪符のマニュアルはPDFファイルにてご送付しております。

以上となります。よろしくお願いいたします。

(バナークリックお願いします!)



スポンサーサイト
Secret