FC2ブログ
お世話になっております。うわーコロナ超酷くなってますね。だから言わんこっちゃない。。。。。でも、今日も19時、先日は少々騒ぎたててすいませんが、ボチボチ地震などは大丈夫ですかね?

昨今、結構、横浜に行く機会が多くなり、個人的にはイルミナティカードの「Up Against the Wall」カードがあるから、チョイ怖なんですが。

ただ、中華街は好きですし、勿論、関帝様や媽祖様に会いに行くのは大好きです。今回は前回伺った際に、お姉さんに「お祭りのお札申し込みなよ」と凄いプッシュされ買ってしまいまして、次回取りに行く方式なんでもう一回きたのでした。

20200806_01.jpg

折角なので、関帝廟にも。御籤をひきましたら、これも上吉と良かったです。

20200806_02.jpg

東京駅の新幹線ホームから夜になるのを眺めて。

20200806_03.jpg

この日は、確か、水瓶座の満月?の夜だかで、満月が旺ずる、0:50ぐらい直前に撮影してみました。満月を見ると、光明真言を唱えたくなりますw

20200806_04.jpg

さて前置きはこんなところにして、ついに『日本古来の信仰復興講座シリーズ 「仏道」講義』のご案内です!
参加者の方!お待たせしました!!

-----------------------------------------------------------------------
『日本古来の信仰復興講座シリーズ 「仏道」講義』カリキュラム全体

●前弁
顕教と真言密教の違い
他宗教と真言密教の違い
 道教・神道・ヒンドゥー教・ハタ・ヨーガ・チベット密教
戒律の違い(小乗・大乗・密教)
日本の真言とサンスクリットについて
真言密教の境界(教学)
真言密教の事相について
なぜ真言密教が良いのか

●修行階梯
 ●在家

  ●仏前勤行次第の解説と読経(基本的な仏教の教学)
  ●仏前勤行次第のお授け
  ●諸作法(袈裟の着け方・数珠の扱い方・食事作法・下座行等等)
  ●霊場参拝
  ●写経
  ●受戒(十善戒)
  ●御宝号念誦次第等のお授け
  ●結縁灌頂(金胎両部)

 ●修験道
  ●得度(五戒・法名授与)
  ●各種作法伝授
  ●花供
  ●大峯奥駆
  ●修験道供養法・祈祷法各種
  ●柴燈護摩
  ●受明灌頂
  ●特別カリキュラム(非公開)

 ●神道
  ●神道基本作法
  ●神道行事作法
  ●諸祭
  ●神道祈祷法等
  ●特別カリキュラム(非公開)

 〇密教
  〇得度(沙弥戒・僧名授与)
  〇各種基本作法
  〇加持祈祷免許等
  〇受戒
  〇四度加行
  〇伝法灌頂
  〇諸尊法等
  〇特別カリキュラム(非公開)

※●は在家で修行可能(修験道は元々、在家のための道なので)。〇は一線が引かれており、出家が必要です。
-----------------------------------------------------------------------

大前提として、在家の方が、臨めば僧侶を目指すところまで導いてくださる壮大なカリキュラムとなっています。
また、カリキュラム全域をみていただくと、これをいきなり全部をすぐに習得できるわけはなく、神道一つとっても相当なものですし、修験道もしかりです。しっかりと伝授をうけて、一つ一つできるようにしていき進めていくことが大切なようです。

また伝授を受けるということですので、師匠からの許可をもって受けることが可能なことも大前提となります。

具体的な推進とましては、在家で対応可能な、神道と修験道を平行して推進していくことになりそうです。
勿論、前弁のレベルで檀家として立派な基礎構えができている状態ですのでそこでやめていただいてもよいですし、出家は敷居が高いけど、在家でありながら、神道と修験道はできるようになって個別に祈祷ができるようになりたい方、いやいや、ここまで学んだのだから定年後を活かして(勿論、若い方がいいです。加行で五体投地(所謂、ヒンズースクワットのようなもの)を数万回やるなど肉体的にハードになるためだそうで)出家の道まで行きたい!などいろいろな進み方、段階がとれるようです。

また今回、ネット公開のため非公開としているものの、神道関係、密教関係、修験関係にしても、更に様々あるという事で、非常に素晴らしいものがたくさんあり、それだけでも十分な伝授で単独で使えるものも多数あるようです。

ただ、注意点としては、これらをちゃんとした伝授元の系譜が明確な伝授がまずあり、それを1つ1つ独立してしっかりと伝授を受けた方が、相当な研鑽を行って、体系立てて、在家向けのカリキュラムを組まれたのです。だからこのようなバラエティに富んだカリキュラムを組めるのであって、いきなりバックボーンがない方がチャンポンしてしまうと、そもそも信仰というのは精神に非常に密接な関係がありますし、それぞれのマインドセットというか、仏教用語でいえば境涯が違うため、おかしなことになりかねません。
ちゃんとした血脈を持った教師に従って、伝授を受けることが非常に重要になります。このような伝統の世界は。

是非、温故知新、古きを知って、皆様の日本国の文化を育んできた信仰のバックボーンを伝授いただき、改めてその眼で現世の荒れ狂う世界を眺めた時、何が見えるのか?どう新しきを知るのか?1200年爾来の血脈を賜ることがサバイバルに圧倒的に有利なことは間違いないでしょう。このマインドセットと法の力は、古くは聖徳太子が持った力でもあり、在家の政治家でありながら、様々な超常の力を発揮したことが残されています。正にこれが維摩居士、在家でありながら文殊菩薩の双璧といわれ、莫大な富も有し、神仏の知恵、神仏の祖の力を有する境涯に至り、リアルに示現したということです。

そのような娑婆世界、現実世界での勝利をもたらすことは勿論、更にそこに飽き足らず、この神仏の原理を体現することで、圧倒的な日本国のアイデンティティを自らの魂魄に刻むことが可能になるのです。これでさまざまなマインドコントロールが来たとしても鉄壁のアイデンティティがご自身やゆくゆくは一族、国家をも護り、現世で幸福をつかみ取りつつ、即身成仏を可能とするということらしいです。いやーマジに凄いです。

特に、はじめの段階だから、大したことがないのか?と思いがちな、「前弁」、「修行階梯」を侮るなかれ。

何故なら、この精神世界の世界観をちゃんと説明できる人は稀有だからです。しっかりとそこを明確にそれぞれの世界観を知らないといけません。基礎がしっかりしていないと、応用も全く効きません。これは皆さんの実業でもそうでしょうし、殊更こうした世界ではモロそうなのです。ちゃんとした「お家元」から伝授を受けていないと、「背中が透ける」、バレるんです。勿論、パワーもでないしw

そして、何度かこのブログでも言ってますが、基礎はお家元が握っており、世間には出回っていないのです。基礎こそが全ての応用の「鍵」だから、そうやすやすと伝授しない、という意味もあるでしょうが、鍵自体が本物であるため非常に力を有しているためです。これは実際に伝授を受けた私も非常に思うところです。中途半端な伝授や自己の勝手な模範でやっても効かない世界が伝統の世界にはあると体験させられました。
怖いのは世間には応用ぶって基礎を受けずに徘徊している人がたくさんいる。ですが、この「前弁」で語られる世界観の伝授を受けると、こうした方々がどの境涯にとどまっているか、俯瞰できるようになります。本物を見抜く目を手に入れる、そうしたものを避け、本当に稀有な縁を得る、これは非常に重要なことです。

これらの修行は非常にパワーがあり、またその分、本物であり、正しく伝授が必要なため、しっかりと着実に学び、身に着ける必要があるということなようです。是非、皆様の人生を拓く「鍵」を持っていただければと思います。

-----------------------------------------------------------------------
さてさて、今回の開講の講座のご案内は以下となります。

・開講講座名:『日本古来の信仰復興講座シリーズ 「仏道」講義/第1回「前弁」、「修行階梯(の一部)」の章』

※以前ご案内している内容とほぼおなじです。前提となる注意事項等こちらをご参照ください。
(参考:「【(仮)初級 真言密教(選抜)ウェビナー1】募集いたします」)

・日程:8月22日、29日の11時~16時
・開催方法:リモート開催(PC、Skypeが必要です)


以上、引き続きよろしくお願いいたします。


(ランキングバナークリック、記事への拍手をお願いします!)

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://noriuemon.blog.fc2.com/tb.php/651-5a95a564