fc2ブログ
お世話になっております。

近頃は、大分、世情の気の乱れか、自分の運があがり自分の組織も大きくなるとその分反動というか、所謂、敵の気も増えるものでして、結構な邪気の被爆をしているようでしたので、意識して自宅神殿でも勤行をして気を高めるのと、全方位で奇門遁甲を併用して天地の気のパワーを賜りつつ、ご縁がある神々を訪ねて、感謝と守護をお願いする旅にでておりました。今回は栃木市の大平山に裾野にある豊川稲荷様と太平山神社、特に奥宮で破邪顕正の力を賜ろうと。

いつもの通り、奇門遁甲を利用。しかし、豊川稲荷さんは午前中のみしか祈祷をしていないのですが、この日は11時からしか良い方位がありませんでした。高速を使って何とか間に合うか?で、以外とスムーズに行って間に合いました。

○(参考:寳樹院太山寺) 

20220429_01.jpg

拝殿への階段をあがって、手水舎へ。

20220429_02.jpg

その日最後の祈祷の開始しかけに滑り込めました。間に合った!こちらの祈祷殿は非常に神仏習合色が強く、見ものですし、何より一つ一つ、阿闍梨様が、大般若理趣分転読(※1)をしてくれて、九字を切って祈祷してくれる有難さと丁寧さと、おまけにお御籤も祈祷中にとってくれて各人のお札につけてくれるというもので、これは是非受けた方がいいです。

ここの豊川稲荷様の特徴は阿闍梨様に以前伺ったところですと「雷のような迅速な救済」があるようで、あるご家庭で御危篤な方の手術中、急速に体温が下がって、脈拍も危機的な状況だと病院から連絡を受けたご信者が、阿闍梨にすぐに連携し、その場で祈祷を開始したところ、一気に体温、脈拍回復し、何もなかったように病気も治ったというお話を伺ったことがありました。

---------------------------------------
(※1:)大般若波羅蜜多経(大般若経)は六〇〇巻という巨大な巻数を誇るお経で、その心髄をあらわしているのが五百七十八巻目の理趣分(りしゅぶん)と呼ばれる巻で、『大般若波羅蜜多経巻第五百七十八第十会般若理趣分』といい真言宗などにおいて最も大切にしているお経の一つ。 轉讀(転読・てんどく)とはかつて、巻物であった経文を畳の上を転がし広げることによって読誦したと見なす唱え方で、現在ではこれをあたかもアコーディオンのように広げ、大音声で唱え奉る。この時、経本によっておこる風は般若梵風(はんにゃのぼんぷう)といわれこれを受けると一年間、無病息災を得られるされる。有名寺院の大法要では広大な本堂の最前列に座った極一部の篤信者のみが受けられる大変貴重で有り難いもの。
---------------------------------------

祈祷中は只管、豊川稲荷吒枳尼真天様のご真言や伝授を受けている様々な真言を聞こえない小声でマスクの中で唱え神を感じるようにします。ふと、熱い圧倒的な気の流れを感じ、天から真天様が降臨されるのを感じました。一気に体中が黄金の甲冑をつけたような気に覆われる感じがします。ありがとうございます。

20220429_03.jpg

ご祈祷は完了。結構、こられていました。それだけご神徳ありということでしょう。

その後は、奥宮でもお参りです。勿論、いつもの古神道の印と真言を唱えながら。清々しい気が流れています。

20220429_05.jpg

あらためて参道を引き返そうとちらっと右手をみると貴重なメッセージが。

「すべてのことに
 意味がある
 すべてのことを
  受け入れる
 恐れない人生こそ
  本当の幸せである」

まさにこれが人生の神髄でしょう。しかし奇門遁甲とはじめとする神の法術や真言密教などの神の法などのご神徳もまた、その人のもってうまれたご縁と陰徳のなせる業で知らない人は一生知らない、一生縁がないのもまた事実。
縁ある全てのものを受け入れ、フル活用し、全力で立ち向かうが人生ということでしょうか。

20220429_04.jpg

さて、また車で次は大平山の上の方へ向かいます。

(参考:太平山神社)

まだ桜が。。。美しいですね。こちらでも本殿中心に各社を拝んでいきます。

20220429_06.jpg

一通り拝みましたら、最後の奥宮へ。徒歩10分程度でしょうか。でも高低差があり山道で結構大変です。

20220429_07.jpg

つきました!ここは前に動画をYoutubeにもあげさせていただき良い気を皆様に感じていただたようでした。

(参考 Youtube様:太平山神社奥宮 剣宮 風の声)

-----------------------------------------
太平山神社奥宮(おおひらさんじんじゃおくのみや)
(劔宮(つるぎのみや)・武治宮(ふじのみや))
ご祭神:天目一大神(あめのまひとつのおおかみ)
ご神徳:天下太平・製鉄関係の産業の発展・諸願成就

天目一大神は、垂仁(すいにん)天皇の御世、東国を治めるために太平山に鎮座されました。武徳を以て国土を護治する天目一大神が坐す太平山神社の奥宮は「武治宮」と呼ばれました。また、天照大神の窟隠れのときに天利霊劔を造作した神様でもあるため、は劔宮とも呼ばれました。劔を作って神威を助けたところから、悪を制して善を育み、世の中を良くするご神徳があります。鋳物や製鉄関係の産業の安全・発展をおまもりする神様でもあります。
-----------------------------------------

こちらでも古神道印と真言を唱えつつ、深く深く意識を御山の地底深くマグマに至る深さに意識を落とし、そこから光の輝きと共に体の背骨をつきぬけて天に上る観想をいたします。おおお!天目一大神の破邪顕正の御力、悪を制して善を育み、世の中を良くするご神徳、まさに神の刀と弓と鎧を一気に身に着けたような圧倒感、破邪顕正の気を賜りました。

20220429_08.jpg

さて、神事(かみごと)はこのぐらいにして、娑婆世界に戻りましょう。お腹がペコペコでした。

また車で中腹、謙信平まで戻って、お店が並んでいる駐車場があるあたり。いつもの日の出やさんです。ここの御蕎麦と、焼き鳥、煮込み、お団子がお約束なのですw

20220429_09.jpg

これをかつて上杉謙信公が関東進出された際にこの御山で眺めたであろう絶景を見ながら食べる。最高の贅沢。

20220429_10.jpg

御蕎麦は一升にしました。意外とペロッといけちゃいますね。こしがありつるっとしていて、非常に美味です。

20220429_11.jpg

さて、前置きが長かったですが、このゴールデンウイークはひさしぶりに千葉の南端、安房神社の霊水を賜り、各種の霊符を作ろうとしています。ただ、霊水も深山幽谷より限られた量を遠方に進軍して賜ってきて、気が宿っているうちに迅速に霊符を作る必要があるため、たくさんは作れません。よろしければ、お早めにご連絡をいただければ幸いです。

(※)以下は仮称で、内容は以下の通りで細目は合体させる各霊符の名目やご利益を束ねる形となります。詳細は霊符送付時に利用マニュアルを送りますのでそちらをご参照ください。また今はお金がないので支払いは目途が立ってからなどのご依頼はご遠慮いただいております。予めご了承のほどよろしくお願いいたします。

○奇門遁甲霊力霊符 丁奇丁壬 総合開運霊符 作成数 3体
 ⇒総合開運霊符で、開運、人間関係など各種の霊符を2,3合体させてつくります。全体的な開運をお望みの方に。一体、送料込み2万円となります。

○奇門遁甲霊力霊符 丁奇丁壬 破邪顕正霊符 作成数 3体
 ⇒ご近所、学校、職場などの謂れのないいじめ、中傷、嫌がらせなどの身の回りの具体的な怨敵の物理的攻撃に加え、霊的に襲ってくる敵を撃破殲滅する霊符です。各種の霊符を合体でつくります。一体、送料込み2万円となります。

○奇門遁甲霊力霊符 丁奇丁壬 發財旺財霊符 作成数 3体 (※2:)
 ⇒今金運がない方が金運を得る、少しは金運がある方が金運を増強させる霊符です。その人によって發財の方向性は違いますが、大概の人は仕事を通して財運をあげますので、単に金運をあげるというよりは仕事運を上げる霊符もいれます。各種の霊符を合体でつくります。一体、送料込み2万円となります。


その他のどなたか意中の人とご縁を賜りたいとか、職場の上司をどうこうしたいとか、具体的な願望がある場合はご依頼の際できるだけ具体的にご依頼ください、上記でカバーできない願望はそれにあった奇門遁甲霊力霊符でたくさんの作法書から組み合わせて特注します。


(※2:)金運をあげるには、霊符も効果をすぐに感じている戴ける方も多いですが、その方の命運(四柱推命)の奇門遁甲による改良が必要な場合が多いです(穴の開いたバケツに水を入れてもたまらない理)。そもそもの10年運、1年運がどういう状態で、どういう配慮(特にマインドセットを切り替えるだけで運気が圧倒的にかわるため)リモート鑑定も併用をご検討ください。その他の込み入った悩みもご自身で対策を考えるだけでなく第三者の立場での意見が非常に有効(僧侶は遠方より来るの理)でありますので、鑑定の併用をお勧めします。(1案件、1時間程度1万円から、となります)

ご連絡はこちらのフォームからお願いします。

【紀右衛門へのお問い合わせ】


引き続きよろしくお願いいたします。


(ランキングバナークリック、記事への拍手をお願いします!)

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://noriuemon.blog.fc2.com/tb.php/722-4c3abc20