お世話になっております。

中国がかなり追い込まれています。間違いなく日本に武力行使するでしょう。彼らは沖縄まで自領と公言しています。既に中国に蹂躙され滅びている国もあります。チベットです。民族浄化が行われた。ある方から聞いたのですが、日本に来られれたチベット僧が「自分が死んだら、日本の聖なる土地に散骨してほしい」と言ったそうです。これは勿論、生まれ変わりたいというご意思でしょう。それほどに、勝てば官軍の現実が目の前に広がっているのに誰も気にしない。怖いっすね、これ。オカルトでなく現実です。

(参考 youtube様:中国人が侵略への本音を話す )



(参考 Wiki様:中国人が侵略への本音を話す2 )



【恐怖】 中国人 「日本を占領して東京大虐殺をやりたい」 【尖閣侵略】



皆さん、日本は技術大国で防衛も完璧とおもっていらっしゃる?

まず技術。どうなんでしょう?私が知る限り、IT、大企業、末期状態ですよ。分かりやすい例、例えば、福島原発を見ればよろしい。

(参考 youtube様:原発メルトダウン 危機の88時間 )



あれは、全電源断(これも津波の水が地下に電源があったため、電源断となった。欧米の原発は上層部にある)となったあと、原子炉圧力を下げるためベント(ようは大気中に放射能入り原子炉内空気を出すこと。一応、ろ過はする予定)して水素爆発しています。何故か?ベントをするルートは巨大な圧力に耐え、且つ、直線的できれいに吐き出す構造であることが大切です。また、つなぎ目などご法度。そこから漏れてしまいます。それが今回、バイパスがあり漏れてしまって、水素爆発した。
お粗末でしょう?最終手段のベントが爆発のトリガーだとは。更に、ベントルートもスイスなどは、原子炉近くは電源がなくても遠隔でやれるような作りになっているのに、フクイチは原子炉近くまで決死隊を送らないとバルブを緩めない構造だったとか。
スリーマイル島の事故を受けて世界的にちゃんとベントルートの見直しをしているのに、日本は面倒がってやらなかった。あり得ない、起こりえない、だからやらない。そうしたフクイチと同じ状態の原発が20個あるとか。そりゃ、再始動できないですよね。
(もっと根深い問題として、そもそも、欧米は原発に見限っている状況で一生懸命投資していたこと。最終処分場も確定せず、最終処分技術、ガラス固化技術も原発大国、日本の輸入元でも破綻していたこと。これって、前にも書きましたが、狂牛病と同じです。牛病の原因は、肉骨粉です。牛の死体をミンチ、粉にして牛に加えて、DNA異常が起きた。この事実を知った欧米は一斉にやめて、暫くして、アジア、アフリカに肉骨粉を売り始めた。原発と狂牛病は同じ病理です。今風にいえば、欧米の「養分」にされたっとことです。)

どうも、今の日本人は、正常性バイアスが強すぎると思います。正常性バイアスとは大丈夫、と思い込む心理のことですが、例えば、韓国の地下鉄の火事の事例がよく引き合いにだされます。黒い煙を吐きながらもうもうとしているのに、皆、恥ずかしいのか、大丈夫だと思っているのか、煙に巻かれているのに椅子に座っているのです。このため大勢死んだ事件がありました。

技術といっても物は物です。ちゃんと積み上げて、まさかの動きに備えなければ期待通りの動きなどしてくれません。更に、結局は人間が使うことになるのですから、最悪の状態での運用、訓練をしておかないとこれまたひどいことになります。

で、話を中国との戦争の話に戻します。彼らは核装備の大陸間弾道弾を日本の各拠点に打ってきます。
その時、あり得ないと思っている方、いるんでしょうね。誰がそれを防ぐのか。

(参考 youtube様:イージス艦「きりしま」・弾道ミサイル迎撃テスト成功! )



今、小さいながらも実験して訓練しているのは防衛省なんでしょうが、こういうのを見て、すぐに右翼だとか見る目になっている時点で洗脳されているんだと思います。アメリカではハーバード大学のゼミに湾岸戦争のシュワルツコフ元司令官が教壇に立つなど、国家の安全保障と経済は切っても切れないものです。自分の国の安全は自分で守る。スイスの原発のベントルートが優れているように、彼らの防衛に対する考えと実施は表裏一体です。

かつて日露戦争の時、何故、当時、最強のロシア艦隊に勝てたのか?武器の性能差に圧倒差はありません。何しろ戦艦が足りないので、両国あちこち買いまくっていたくらいですから。
大きな理由のうちあげたいのは、何にしても訓練が徹底していた。現在の韓国の鎮海湾での射撃訓練で、島が跡形もなくなくなってしまった。訓練で数年分の弾薬を使った、東京の軍本部と鎮海湾を電話線を繋げ緊密に連絡していた、など、そうした、リスクに対して準備を徹底的にしていたから勝てたのです。今の言葉で言えば、リスク管理、コンティンジェンシープランを立てて、実施できるよう備えているか。

あり得ない、想定外の事態を想定し、備える道具を準備し、ひたすら訓練する。それ以外に、リスクに立ち向かうことは困難です。国難の時代、正常性バイアスに洗脳されている方は時に死をもたらすと言わせていただきましょう。

神は自ら助けるものを助ける。そうした生きる意志を持ち、願い、少しでも行動しようとするものに、神は祝福し、占いも呪術も効くというものです。

(参考:「天は自ら助くる者を助く」 ユダヤ陰謀論に傾く前に知りたいこと 『六日戦争』)

引き続きよろしくお願いいたします。

(バナークリックお願いします!)



スポンサーサイト
Secret