お世話になっております。(一旦、29日現在、追記しました)

昨日、1月28日は、元旦といっても、陰暦、農歴の元旦です。ですが、皆さん、感じませんか?僕はやっと実感がわくようになってきました。間違いなく、現在の暦は何か変です。いずれにしても今日が地球上の生命体の年の始まりの日。

昨日は、前の記事でも書いていた、日光の(参考 日光二荒山神社:滝尾神社)に向かいます。

(参考:旧暦、正月近し!このタイミングで最高の霊水で呪符(霊符、護符)を作成、頒布します)

雪が多いので道に注意です。またこの時節、意外と車が多いです。この先の雲竜渓谷の冬のトレッキングで有名なのと、この神社がパワスポで有名になってきているためでしょう。

途中、東照宮奥の院、家康公の墓所の丁度、北東の裏鬼門にあたる場所に開山堂があります。ここでお祈りします。開山堂の駐車場から外山が見えます。こちらは毘沙門天の御山です。頂上に神社があります。正月なら輪王寺護摩堂でここの特別お守りを頒布しています。また融通金を貸しておりまして、100円かりて、1年頑張って、ご利益をいただき、100円を2倍にしてかえす。若しくは暫く預かる、返す。同じ額を返す。これは任意ですが、このようにして願掛けするのです。

日光最強霊地 開山堂から見る外山

ふと滝尾神社に連なる古道をみます。歴史散策路としてお勧めですが、今は雪が多いので、装備が必要ですね。

日光最強霊地 開山堂 古道看板

日光最強霊地 開山堂 滝をに連なる古道

こちらが(参考 日光山輪王寺様:開山堂)です。ここは普段は開かれておりませんが、お祭りがある時だけ開くようです。中には、日光山を開山した勝道上人象が祀られているとのことです。

日光最強霊地 開山堂

ちょっと前のテレビ番組でもパワースポットとして紹介されたのがここ。この崖の上は家康公の墓所です。なんとも果てしなき歴史を感じる岩仏達でしょう?

日光最強霊地 開山堂 仏岩

日光最強霊地 開山堂 仏岩看板

安産祈願の香車のコマがたくさんありますね。妊婦さんはこのコマを借り、安産したら元のコマと新たにつくったコマを奉納して願掛けします。増える一方みたいです。

日光最強霊地 開山堂 香車堂

さて、こちらが以前、記事に書いた、陰陽、男女和合の古代信仰の後と思われる遺構。この辺もパワーに満ちています。

(参考:初詣、1月3日は日光、一筆書きの芸術を堪能、ラストは那須へ )

日光最強霊地 開山堂 陰陽石

このエリアは、気の噴出点があるらしく、気功家の人はわかるらしいです。どこなんだ?と言われれば、機会があればそのピンポイントをご紹介しましょう。

さて、いよいよ滝尾神社を目指します。つきました、こちらが入口。

日光最強霊地 滝尾神社 入口

白糸の滝の案内です。

日光最強霊地 滝尾神社 白糸の滝の看板

駐日元米国大使の石碑が。日光を愛した外国の方は多いようです。

日光最強霊地 滝尾神社 駐日大使の石碑

お不動さんの先に二股の木があり、その先に滝が。以前、道教の道士さんをお連れして歴史古道を歩いていたら、東照宮近くで白い神馬にすれ違ってここに至り、この気から蛇がでてくるは、不思議な兆候がいっぱいでした。道士曰く「吉祥ばかりですね」とのことでした。

日光最強霊地 滝尾神社 白糸の滝の前のお不動さん

階段からみる、左手は谷であり渓流があります。川を挟んだ向こう側が、家康公の眠る恒例山ですね。なんとも清々しくなってきています。
日光最強霊地 滝尾神社 階段を上る


階段を上っていくと、右手にかつての番所後や影向岩がでてきます。ここに弘法大師が訪れたとき、弁財天たる田心姫が下りてきたとされる岩ですね。軽くお参りします。

日光最強霊地 滝尾神社 弘法大師が田心姫とあった影向岩

さ、ここが有名な運試しの鳥居です。先日の春の写真と比べるとまた荘厳でしょう。

日光最強霊地 滝尾神社 運試しの鳥居と山門

あの鳥居の穴に石を投げ入れ通れば願望が叶うとされています。お陰様で通りましたです。

日光最強霊地 滝尾神社 運試しの鳥居

ついに、滝尾神社の山門まで到着。
日光最強霊地 滝尾神社 山門

本殿でお祈りします。更に奥に行きます。
日光最強霊地 滝尾神社 本殿

このアングルで昔撮影したら、ダキニ天が映りました。びっくりです。その後、急に神秘学の道が開けました。ご縁でしょうね。
日光最強霊地 滝尾神社 パワースポット

一番奥の場所でお祈りします。三本杉です。この無念橋は年齢の数分歩幅を刻めとかいてあります。

日光最強霊地 滝尾神社 無念橋

日光最強霊地 滝尾神社 三本杉 看板

日光最強霊地 滝尾神社 三本杉 正面

正面に来ました。ここは修験道者の聖地のひとつでもあります。軽く勤行させていただきます。また酒の泉でお水をいただくお願い、我が法術の成功を祈念させていただきます。
この直線上には、日光三所権現の阿弥陀如来のいらっしゃる阿弥陀岳があります。

日光最強霊地 滝尾神社 三本杉

清々しいです。ここで祈ると、そうした観想もありますが、思い出すのが熊野大社の大斎原(おおゆのはら)や高野山の奥の院の大師御廟の前に立った感覚を思い出します。熊野の場合、前の前に光るジェルのようなものをみえるというか感じたことがあります。あれは神様だったのか?

あれ?光が?差し込んできた。ありがとうございます。

日光最強霊地 滝尾神社 三本杉で勤行後、神様から光が

続いて、勧請されている伏見稲荷さん。ここのお陰様で我が家に京都伏見稲荷本山から分霊できました。こちらもお祈りです。

日光最強霊地 滝尾神社 伏見稲荷

こちらが酒の泉、その看板。日光の三名水の一つだとか。酒の味がするそうです。霊水中の霊水なのは間違いないです。

日光最強霊地 滝尾神社 酒の泉 看板

湧き水なので凍りません。呪符(霊符、護符)作成に必要な分だけ頂戴しました。

日光最強霊地 滝尾神社 酒の泉

一番奥地に子種石があります。元々、陰陽信仰の土地なんですね。

日光最強霊地 滝尾神社 子種石

ミッション終了!w

さて、帰路につきます。この水で呪符(霊符、護符)を作成します。我ながら楽しみです。

帰り道、山門を抜けて右手を見ると、木漏れ日が。何か春らしさを少し感じました。もうすぐ立春ですし、少しずつ木々も春を待っています。

日光最強霊地 滝尾神社の春の訪れ

引き続きよろしくお願いいたします。

追伸:追記させていただきました。

今朝方、ご要望いただいたお客様分の霊符に加え、折角なので、北斗七星信仰の深い日光ならではということもあり、鎮宅霊符外符である「北斗七星霊符」を少し多めに作成しておきました。旧正月、滝尾神社の酒の泉の水で、今朝方、我が家の神殿で勤行後、一気呵成に作成しました。

(参考:旧暦、正月近し!このタイミングで最高の霊水で呪符(霊符、護符)を作成、頒布します)

在庫は5部。額付きでの頒布となります。無くなり次第、終了予定です。それぞれの呪符(霊符、護符)は1枚の半紙に書き込んでいます。貪狼星(とんろうしょう)、巨門星(こもんしょう) 、禄存星(ろくぞんしょう) 、文曲星(もんごくしょう)、廉貞星(れんじょうしょう)、武曲星(むごくしょう)、破軍星(はぐんしょう)の七つの星です。北斗七星の霊力は7つの星、7つの諸願望全てに波及します。
財運・金運上昇、仕事運上昇、学力向上、恋愛・結婚縁上昇、身体健全、病気治癒、怨敵退散、悪縁切りなどの諸願成就にオールマイティに効果発揮を期待できるものです。特に家の家相、風水にも効果絶大です。徳川家康公も、平将門公も皆、北斗七星に帰依しています。いや、正確に言うと天皇家が最もその元祖であります。

さて、その設置方法は、例の小野先生から別伝いただいた「發財」=財運を爆発的に高める特別設置法を併せてお教えします。この呪符(霊符、護符)を神棚、もしくは、部屋のインテリアとしてお飾りください。

イメージはこちらです。(実際の物はイメージがことなります。写真撮影すると魂が抜けるという話があり、イメージを模写したイミテーション版となります)

鎮宅霊符外符『北斗七星霊符』

ご要望の方は、お早めにご連絡ください。よろしくお願いいたします。

(バナークリックお願いします!)


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://noriuemon.blog.fc2.com/tb.php/89-a9b2c336